鳴子の米プロジェクト─「消費者」から「当事者」へ
2010月03月19日

100514_yuuki.jpgのサムネール画像

地元学は、その土地の人びとの声に耳を傾け、そこを生きる人びとに寄り添って展開されるものであるが、ときに時代の課題に相渉り、格差社会に抗って展開されるものでもある。たとえば宮城県旧鳴子町で2006年から取り組まれている「鳴子の米プロジェクト」は、大規模化を進める日本農政が切り捨てた小農の米づくりを地域の力で支援する「米の地元学」である。

 2007年、自公政権下の日本農政は、「品目横断的経営安定対策」の名のもとに、戦後農政の大転換に踏み切った。グローバル化によるWTO、FTAなどの外圧などを考慮し、少数精鋭による大規模効率農業の推進がその判断の根拠だが、果たしてそれでうまくいくという保証はない。しかもこれによって中小農家の大多数が政策対象外になり、農政の支援がなくなるということになった。
 中山間地農業はどうなるのか。とても人ごとではいられない。「4ヘクタール以上の認定農業者に本当に展望はあるのか」「規模も耕作条件も年齢も異なる多様な農業者をむりやり20ヘクタールにかこって、村にどんな未来像を描くのか」「切り捨てた小農への対応はどうするのか」「もしこの政策に失敗したら誰が、どのように責任を取るのか」等々、問いつめても問いつめても無表情な役人たちから答えは何ひとつ返ってこなかった。この人たちは課せられた数値目標の達成以外はまったく関心がないのだ。
 農村はたんなる食料生産の場ではない。小さくても支え合って生きる暮らしの現場である。不安に揺れる中山間地の集落を訪ねながら、冷酷な農政に抗しうる方法を模索していた。
 東北有数の温泉地として知られる宮城県旧鳴子町は3100世帯、8000人の人びとが暮らしている。1995年には738戸の農家があったが、米価の低落などで、この10年間で118戸が離農し、耕作放棄地が4.5倍の94haに増えた。かつて小林秀雄は「世捨て人とは世を捨てた人の謂ではない。世が捨てた人のことだ」と言った。離農者も同様だと思う。条件不利地域で懸命に私たちの食料を支えてくれた人びとを、私たちが見捨てたのではないか。それに今度は国が見捨てた。
 鳴子町に現在いる農業者620戸のうち、政策支援が受けられる4ヘクタール以上の農家はわずかに5戸のみ。国の支援から外された大半の農家を離農者にしてはならない。
 論理ではない。ひとりの人間の感情である。口では食が大切、農が大事といいながら、こんな大事なときに口をつぐんでいてよいものか。
 隣人が苦しいときに、他人ごとですませない村の心が地元学の原点である。その心が通じるところは、すべて「地元」である。この呼びかけに鳴子町はもとより多くの人びとが協力を申し出てくれた。旅館の人びと、工芸の職人、農家の人びと、たくさんの食を支えてきた女性たちが、自分ができる米の支援に力を貸してくれた。市場では米の生産者価格が1万3000円にまで下がってしまった時代に、5年間1俵1万8000円を農家に約束し、それを食べ手には1俵2万4000円で買ってもらい、その輪を広げようという「米の地元学」─「鳴子の米プロジェクト」。
 安くて安全であればよいという「消費者」から、農と自然と暮らしを大切に思う、食の「当事者」になる人びとが増えている。人も時代も、まだまだ捨てたものではない。


コメントなどは
[*]「よい地域」であるための7つの条件
[#]地域が「ぐずぐずと変わる」ための「地元学」
[1]メールを送る
[2]Mobile@THE JOURNALへ
[0]トップへ

結城登美雄の「地元学からの出発」
Copyright