結城登美雄の「地元学からの出発」
最近の記事
結城登美雄:「工業vs農業」という対立構造──篠原孝農水省副大臣とTPPの意見交換 (12/13)
左:篠原孝農水省副大臣、右:筆者、丸ビルホールにて  8日に東京農業大学と毎日...

日本農政への代替案「CSA」─参加と負担が担い手をつくる (07/31)
 作り手は食べものを作りながら、自分で価格を設定できない。テレビやカメラと同じ...

「よい地域」であるための7つの条件 (05/15)
 2009年8月、劇的な政権交代がおきた。新政権がどんな地域政策を展開していく...

鳴子の米プロジェクト─「消費者」から「当事者」へ (03/19)
地元学は、その土地の人びとの声に耳を傾け、そこを生きる人びとに寄り添って展開...

地域が「ぐずぐずと変わる」ための「地元学」 (03/16)
 自分が暮らす地域をよくしたいと思うのは、誰もが抱く願いのひとつだが、この国で...


過去の記事
「ないものねだり」から「あるもの探し」へ (01/09)

[1]メールを送る
[2]Mobile@THE JOURNALへ

Copyright
携帯アクセス解析