« 日本農政への代替案「CSA」─参加と負担が担い手をつくる
メイン

結城登美雄:「工業vs農業」という対立構造──篠原孝農水省副大臣とTPPの意見交換

101208_yuuki_shinohara.jpg
左:篠原孝農水省副大臣、右:筆者、丸ビルホールにて

 8日に東京農業大学と毎日新聞社が主催した「農and食─食料の安全保障と日本農業の活性化を考える」シンポジウムに呼ばれ、後半のパネルディスカッションでは篠原孝農水省副大臣とともに登壇しました。

 10月以降話題にのぼっているTPPについての問題意識を出し合う機会があり、私は小規模農家、農村の立場として発言をしました。

 TPPの議論をみていると、「工業(自由化推進)vs農業」という対立の構図が目立っているなと感じます。私はまず今の農業・農村の現場がどうなっているかを踏まえた上で、食料や農業の将来を考える必要があると思います。

 前原誠司外務大臣は10月に「日本の国内総生産(GDP)における第1次産業の割合は1.5%だ。1.5%を守るために、98.5%のかなりの部分が犠牲になっているのではないか」と発言しました。

 わが日本の農業の現場の問題をどれほどうけとめているのでしょうか。約260万人という農業就農者のうち約半分は70歳を超えています。39歳以下は約20万人。10年後に食料は誰が支えているのでしょうか。食料生産現場をどう考えているのか、食料の将来について無視した議論に持って行くことは関心ありません。

 映像はTPPについて意見交換した一部で、篠原副大臣の発言とあわせてブログに掲載します。

 今回はTPPについてですが、「戸別所得補償」政策の意見交換もあらためて伝える予定です。

 いずれの問題にしても、これからの食料をどうするんだ、誰が支えるんだという部分が抜けているように感じています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/7579

コメント (5)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。投稿される方は、投稿前に下記のリンクの内容をご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

TPPには参加する、TPPで潤った企業に重税をかけて農業に回す

それしかないじゃないか

田中侍 | 2010年12月13日 07:57 様

>TPPには参加する、TPPで潤った企業に重税をかけて農業に回す

TPPで資本の移動も自由ですから、私が経営者なら重税の日本から、税の軽い国に工場等は移転させます。

そうなると、国は軽々に移動できない国民にかける税を重くする手しか思い浮かばないのですが、
田中侍さま、貴方の一手、工場等が移転した時の次の一手をご指南願えますか?

このTPPに関する議論を目にするたびに、「まだこんな話を続けているのか」とがっかりする。

フリードマンの都合のいいところだけをつまみ食いしたインチキ新自由主義「小泉改革」の罪は大きい。最優先で取り組むべきは、郵政民営化ではなかった筈だ。

私は、「農家と一口に言っても、富裕な農家もいれば貧しい農家もいる。農家だから救わねばならないのではなく、貧しいから救わねばならないのだ」という主張については、フリードマンを支持する。

輸出製造業と一口に言っても、現場で働くのはワーキングプアであり、下請けの社長は自殺を考えるほど苦しんでいる。

「救うべきは個人である」
「大企業とその正社員で構成される組合が政治力によって市場を歪めている」
「農業の価格維持政策は、生産者のみを優遇する不平等政策の一種である」
「関税と法人税を撤廃。企業の利益は株主に帰し、その所得に課税せよ。貧困者は負の所得税導入で救済すべし」
そういった主張については、フリードマンを支持する。

 1.5%を守るために、98.5%を犠牲にしてもよいのか,といった趣旨の前原大臣の安易な発言には,うんざりさせられます。

 12日日曜日,菅首相は,山形県を訪れて,特に米については,農地の集約化がポイントだと発言されたそうです。

 菅政権においては,全国土地改良事業団体連合会の野中広務理事長会長に,仙石官房長官がお世話になっているそうですが,さもありなんといったところです。

 農業の保護といっても,菅政権でできるのは,農家の保護ではなく,農業土木・農協の保護にとどまるのでしょう。

 もし農地の集約化をいうならば,寺田補佐官(秋田1区)のお膝元,秋田県大潟村(秋田2区)の干拓農地を活性化させてみせてはどうでしょう。

 いつの時代も,1つ1つの農家は,堪え忍びながら生き続けてきました。それは,TPPに入っても同じです。そして,これからも生き続けます。 
 
 そう考えるならば,むしろTPPについて心配した方がよいのは,いみじくも小沢さんがニコ動で指摘されていたように,金融・保険を中心とした産業分野です。

 日本の経団連に集まる経営者の力量が試されます。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

結城登美雄(ゆうき・とみお)

-----<経歴>-----

1945年中国東北部(旧満州)生まれ。
民俗研究家。
仙台で広告会社経営に携わった後、東北各地を10年以上歩きながら、住民を主体にした地域づくりの手法「地元学」提唱する。
「食の文化祭」などの地域づくり活動で、1998年「NHK東北ふるさと賞」、2005年「芸術選奨芸術振興部門文部科学大臣賞」受賞。
「増刊現代農業」「グラフィケーション」など、雑誌や新聞を中心に農と地域づくりについて多数執筆中。
現在、宮城教育大学・東北大学大学院非常勤講師。

BookMarks

-----<著書>-----


『地元学からの出発―この土地を生きた人びとの声に耳を傾ける』
2009年11月、農山漁村文化協会


『東北を歩く―小さな村の希望を旅する』
2008年8月、新宿書房


『山に暮らす海に生きる―東北むら紀行』
1998年11月、無明舎出版

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.