« 「よい地域」であるための7つの条件
メイン
結城登美雄:「工業vs農業」という対立構造──篠原孝農水省副大臣とTPPの意見交換 »

日本農政への代替案「CSA」─参加と負担が担い手をつくる

100731_yuuki3.jpg

 作り手は食べものを作りながら、自分で価格を設定できない。テレビやカメラと同じようにメーカーでありながら、メーカー希望小売価格は存在しない。市場に出してみなければ値段が決まらない。

 そんな農業の世界で、どうして後継者が育つのだろうか。

 21世紀を目前にした2000年、我が国にはまだ389万人の農業者がいた。そのうちの66%が60歳以上の高齢世代で占められていたとはいえ、懸命に田園に立ち国民食料を支えていた。しかし、その後も毎年10万人ほどが田舎を去り、2009年には289万人までに減ってしまった。10年足らずの間に100万人もやめていく仕事が日本の農業だ。

100731_yuuki.jpg
1970年の農業人口は1000万人を超えていた(出典:農水省 農業構造動態調査結果)

 1億2,742万人(2010年7月現在)分の食料を、わずか289万人、全体の2.26%が作っているということになる。期待の後継者について言えば、39才以下の若き農業者が3年間で6万人近くも減り、わずか23万人ほどになってしまった。

 10年、20年後、次世代の食と農はどうなってしまうのだろうか。


《 はたして日本で「前払い約束社会」は根付くか 》

 グローバリゼーションの名の下に大規模農業を展開した食料輸出大国の米国。その米国で小規模農家を消費者が買い支える「CSA(Community Supported Agriculture)」という取り組みが90年代以降に広がった。

 CSAとは地域ごとに農家が地域住民など消費者と結びついた運動で、1年分の農作物を前払いで契約し、収穫した作物が消費者の手に届く仕組みだ。2007年に米農務省が初めて調査したところCSAに取り組んでいる農場の数は1万2,549にも上っていた。

 買い支える側は"Share Holder"と呼ばれている。"Share"とは一般的に「分かち合う」と訳されるが、その他に「参加する」「負担する」の意味を持っている。

 自然を相手にする農業は天気など環境に左右されやすく、農家はリスクと隣り合わせだ。CSAでは消費者は農家と年間契約しており、不作時に返金することもない。作物だけでなく、冷害など不作時のリスクも分かち合うのだ。

 日本において、果たして前金を支払う消費者がいるのだろうか。消費者はいまだに「良いものができたら買ってやる」という姿勢で、先払いしたところで「不作だったらお金を返せ」とはなりえないだろうか。

 旧自民党政権下の「戦後農政の大転換」で画一化や効率化が加速され、ますます生産者と消費者の距離が開きつつある現在、食と農もイチから考え直す時期にきているのではないか。

100731_yuuki3.jpg

 100軒の消費者が集まって月5,000円(年間6万円)でも生産者に直接前金を払うようになれば、作り手は100軒を喜ばせるために安心して農業に取り組める。霞ヶ関が机の上でつくる政策に乗るよりも、よっぽど「担い手」がふえるのではないだろうか。

 作り手と食べ手が向かい合い、お互いが"Share Holder"としてリスクを負担、共有することで初めて良い食べもの、良い農業、良い農村、良い都市生活がうまれてくる。参加と負担の気持ちを持った"日本型CSA"が日本各地で広がることを心から願っている。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/7218

コメント (3)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。投稿される方は、投稿前に下記のリンクの内容をご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

<情報社会下における農業>
結城様こんにちは。農業問題はインターネット社会を抜きにして考えられません。情報革命は流通革命に結び付きます。
則ち、農協や卸しの中抜きがあるから、農民は価格を決められないのです。
ただ、都会の核家族において年六万の負担は大きいし、アメリカに比べ日本の食生活は多彩であり、食材の野菜も多種になることが問題です。
まずは、流通革命から先行されたら如何でしょう。流通IT企業ではなく農民自身の手によるネットの巨大サイトの構築です。今も産直サイトはありますが、チマチマと個人レベルです。
そこにアクセスすれば、地元の鮮度が高い野菜を割安に買える、そんな日本全国の直販サイトを運営されたら如何ですか?

 結城登美雄殿
 家電製品等の消費財は殆んど海外製であり、『メーカー希望価格』は実際には『ブランド希望価格』である。
例えばブラビアはサムソンではなく、のソニーが希望価格を設定している。
米国通販向け製品に携わったが、価格は全て販社の設定であった。
携帯電話も通信会社の価格設定だ。
市場占有無しに、価格設定はできない。
農産物が例外ではない。
私は『流通ブランド輸入農産物』の方が将来性が有ると見ている。
流通と外食チェーンが価格設定力を握る。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

結城登美雄(ゆうき・とみお)

-----<経歴>-----

1945年中国東北部(旧満州)生まれ。
民俗研究家。
仙台で広告会社経営に携わった後、東北各地を10年以上歩きながら、住民を主体にした地域づくりの手法「地元学」提唱する。
「食の文化祭」などの地域づくり活動で、1998年「NHK東北ふるさと賞」、2005年「芸術選奨芸術振興部門文部科学大臣賞」受賞。
「増刊現代農業」「グラフィケーション」など、雑誌や新聞を中心に農と地域づくりについて多数執筆中。
現在、宮城教育大学・東北大学大学院非常勤講師。

BookMarks

-----<著書>-----


『地元学からの出発―この土地を生きた人びとの声に耳を傾ける』
2009年11月、農山漁村文化協会


『東北を歩く―小さな村の希望を旅する』
2008年8月、新宿書房


『山に暮らす海に生きる―東北むら紀行』
1998年11月、無明舎出版

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.