Calendar

2011年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メイン

元株や アーカイブ

2010年5月 3日

元株や:政権奪還の意思が感じられない自民党

──────────────────
【読者投稿募集中!】
──────────────────

 4月26日の日本経済新聞社の世論調査によると、内閣支持率が24%になったとある。実に12%の急落である。そして副題にあるのが、「普天間問題未決着なら退陣」が57%とある。鳩山内閣の支持率が下がってきた事の理由には様々な材料が有るだろう。鳩山氏のリーダーシップの欠如、首相自身のお金の問題、幹事長にかけられたお金の「疑惑」問題、予算作成における歳入不足とそれを埋めるための無駄の削減の不足、マニフェストの不実行などなど、数えるのに指が足りない。

続きを読む "元株や:政権奪還の意思が感じられない自民党" »

2010年4月12日

元株や:私が民主党を選んだわけ

──────────────────
【読者投稿募集中!】
──────────────────

 普通国債と財投債の残高推移をみなおしてみた。

 昭和50年から徐々に増え始め、60年ごろまでが第一期の上昇期と言える。15兆円から135兆円程度へのカーブだ。

 第二の上昇期が平成4年ごろから始まり、平成18年ごろにかけての上昇となる。175兆円から676兆円へのカーブだ。平成21年12月の残高が705兆円だから、19年以後のカーブは、持ち合い状態と云っても問題はないだろう。第二期の増加は約500兆円、異常な増加と言える。

続きを読む "元株や:私が民主党を選んだわけ" »

2010年1月 6日

元株や:なぜ、経済を考えないの

ジャーナルには、経済を書く執筆者がいない。
(現状の)経済動向を、解り易く解説する執筆者がいない。
多くが、政治で占められている。
そのほか、農業だったり、マスコミ論だったり。

経済という言葉は、もともと経世済民、そのものずばり「政治」としての意味を持つ言葉だった。

続きを読む "元株や:なぜ、経済を考えないの" »

2009年12月17日

赤虎頭巾:タイについて(7) ── タイの歴史3 アユタヤ王朝・前

 アユタヤはバンコクから北へ約150km、メナムデルタのほぼ真ん中にあり、タイ国を貫いて流れるメナム川(チャオプラヤー川)の下流域の始まりに位置しています。

 この地点は、ラオス、カンボジア北部と国境を接する広大な台地である東北地方(イサーン)から流れ下る川のメナム川への合流地点でもあり、川が主要な交通路であった時代においては、タイの農産物の一大集積地点でもあったのでしょう。

続きを読む "赤虎頭巾:タイについて(7) ── タイの歴史3 アユタヤ王朝・前" »

2009年11月19日

元株や:報道機関の劣化

ここJOURNALでも、たびたび目にする「マスゴミ」という言葉。
いちいち、例を示す必要もないだろう。日本の報道の劣化を国民が感じ取った言葉だ。
しかし、今回の「サンデープロジェクト」には、恐れ入った。
ご覧になった方もいることと思うが、西川元日本郵政社長を迎えてのインタビューだか、討論だかわからないコーナーについてだ。

続きを読む "元株や:報道機関の劣化" »

Profile

日本語の「ヨロン」という言葉には「世論」と「輿論」という2種類の漢字があります。実は、この2つの言葉は大きく意味が異なっていて、「世論(セロンとも読みます)」とは「感情的な世間の空気」のことで、「輿論」とは「議論を積み重ねてできあがった公的意見」のことを指します。《よろんず》が目指すものは後者の「ヨロン=輿論」をつくることであり、そのために、《よろんず》では情報のプロ・アマに関係なく自由闊達に議論を交わすための場所を提供します。メディアの調査で発表される「ヨロン=世論」とは違う真の「ヨロン」をつくるため、執筆者・出演者・読者のみなさんに、この新しい“知の共有空間”に参加いただけるよう呼びかけます。

読者投稿募集中!
↓ ↓ ↓
《よろんず》への投稿はコチラから

必ずお読みください!
↓ ↓ ↓
コメント投稿についてのお願い

BookMarks

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.