Calendar

2012年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 鳩山由紀夫:小沢一郎は日本に不可欠な政治家
メイン
佐藤優:裁判で明らかになった特捜部の「デートバック」疑惑 »

新しい政策研究会:陸山会事件は捜査当局の犯罪

民主党の小沢一郎元代表が会長をつとめる「新しい政策研究会」は26日、小沢氏の無罪判決を受け「我が国の検察・司法そのものの在り方について根本から検証し、必要な改革を断行するべき」との声明を発表した。詳細は下記の通り。

■新しい政策研究会ホームページ
http://www.shinseiken.jp/index.html

───────────────────────────

声 明

 本日平成24年4月26日、東京第五検察審査会の「起訴議決」による「小沢裁判」に「無罪」の判決が言い渡された。至極当然の判決であり、裁判長の公正な判断に敬意を表するものである。

 しかし、そもそもこの裁判のもととなった「起訴議決」自体が無効であり、裁判は中止すべきであったと言わざるを得ない。その第一の理由は、東京地検特捜部が検察審査会に提出した「捜査報告書」が捏造されたものであるということが、公判において、事件を担当した現職の検事により証言されたからである。その捏造部分は「起訴議決」の主たる理由になっており、この一点をもってしても「起訴議決」は無効であると言える。そのような事実が公判で証言されたにも関わらず、裁判が続いてきたことは誠に遺憾である。

 更に、提出された他の5通の「捜査報告書」でも捏造が発覚した。検察は約2年間に渡る執拗な捜査の結果、証拠が無く起訴出来なかったにも関わらず、例えば、水谷建設の裏金疑惑について「大久保隆規(元公設第一秘書)の指示で石川に現金5000万円を渡している事実がある。」と断定している。これは、捜査当局による「有印公文書偽造」であり、明らかに犯罪である。公判で、事件を担当した元検事が「見立て違いの妄想」と証言したように、陸山会事件そのものが虚構であったことの証左である。

 捜査当局のこのような犯罪行為は、日本国憲法に規定された正当な選挙で選ばれた国民の代表であり、国権の最高機関の一員である国会議員を不当に弾圧するものであり、議会制民主主義の根幹を揺るがすものである。同様なことが一般国民に対して行われていると考えると震撼せざるを得ない。無辜の市民が容易に犯罪者にされることになり、我が国の民主主義、法治国家としての存立基盤さえ危うくする。

 検察審査会については、既に有志により衆参両院議長に対して「検察審査会の実態調査を目的とする法務委員会秘密会の開催について」の要請がなされたところであるが、上記のような捜査機関による犯罪行為が明らかになった以上、我が国の検察・司法そのものの在り方について根本から検証し、必要な改革を断行するべきである。同時に、そもそもの発端となった、西松建設事件や陸山会事件に対する検察等の対応についても検証するために、新政研として「司法と国民の関係についての特別研究会」を設置し、精力的に調査研究を行い政策を提言していくことが既に決定された。

 我々は、この国に、真の民主主義を実現するために、これからも力を合わせていく。

平成24年4月26日
新しい政策研究会 有志

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/8432

コメント (14)

まさに以下の言葉通りです。
「無辜の市民が容易に犯罪者にされることになり、我が国の民主主義、法治国家としての存立基盤さえ危うくする」
この言葉にこそ、すべての意味が込められています。これは簡潔ですが、この問題の、あるいはこれに先立つ戦後の日本の構造の問題点の的確な要約です。あきらかに司法官僚機構を断罪しない限り、ここで完結はしません。

この投稿は、本旨とは少し離れるとは思いましたが、、、以下、記しました。

指定弁護士の「強制起訴」は、検察審査会の「起訴すべき」との議決に依っているのでしょうから、控訴するか否かの専権は、指定弁護士にあるのではなく、「検察審査会」にあるように思われるのですが、どうなんでしょうか。

今回の裁判については三つの問題点を究明しないとこれからも同じことが起こる。
①検察の虚偽記載が誰の意向で行われたのか。
なぜそれに対して検察当局は起訴し、真相究明しないのか。
②検察審査会が闇に包まれているのをきちんと解明すること。
私は審査会は開かれていなかったと考える。判決当日審査員がテレビ出演するとTBSが放送している。ぜひ政治家は本人を国会に呼び真相解明すべき。
③マスコミ報道に対して責任をとらせること。特にTBSの金銭の受け渡し報道。これについても放送について責任を取らすべきである。

有罪が無罪であるのではないかと審査会で審査するのは良いが、逆の今回のケースでは被告はすべてを失うのである。安易にこういうことができるという制度に問題がある。しかも今回は虚偽記載の検察調書をもとに判断したのである。全くの市民が有罪と判断するのは当然であり、こんなことがまかり通るなんて異常な国である。
今回の裁判で審査会の議決が有効としたのはおかしい。
政治家は制度を作る仕事である。
是非すべての問題点を解明して普通の国にすべきである。
それにしても小沢氏だけでなく、国民の失ったものは大きい。
小沢氏が総理で民主党政権交代時マニフェストを80%実現していれば国民はこの国に希望を持ったのであるが、大半が破棄され、マニフェストにない増税に政治生命をかけるなんて国民の政治に対する失望は大きすぎる。取り返しのつかない事件である。

今の民主党政権で、司法の改革を誰もやらない。新政妍こそ、小沢氏ののぞむ改革の推進者として期待する。小沢氏は裁判に於いて、司法の膿をおもてにさらした。この功績は大変な物だ。是非国民の安全の為に司法改革を望みます。警察、検察は国民を犯罪者として初めから扱う。法治国家と言えるか?司法は原点にまずもどし、主権在民、推定無罪等法の平等に立ち返って作りなおして欲しい。

今回の判決の要点は、指定弁護士に対し、「控訴は思いとどまるという結論をしていただくことを強く期待する」に凝縮されています。

「有罪」「無罪」は裁判所として判断しなければならなかったが、この事案は有罪無罪を超えた政治的な意味合いが強いので、控訴を思いとどまらせようとして、指定弁護士に最大の敬意を払った判断であったと高く評価したい。

今後検察審査制度の強制起訴の妥当性はしっかりと議論してほしい。少なくとも、検察に大きな過失が認められず、一方の権力に加担するような政治家がらみの案件を取り扱うのは、この国の制度を歪めるものであり、手直ししてほしいものです。

収賄等の犯罪行為ではない限り、政治家をどうするかは、司法が判断するものではなく、国民が投票によって判断されるものであることを強く求めたい。訂正すれば済む秘書の記載ミス程度を公判で判断するより、選挙民に判断させる方が、民主的なあり方ではないか。権力闘争の悪用は今回限りにしてほしいものです。

「無罪」を喜べない「不当判決」であると考える。
「無実」の者を、罪に問うような内容でもない事実を「犯罪行為」として不当に強制起訴し、裁判所は、判決のなかで言いたい放題。“極めて黒に近いグレー”と言い放ち、「無罪」にしてやったのだから判決に不満を言うなって事か?
法廷での会計学の専門家の証言は何だったのか? 期ズレが罪かの議論は? いずれにせよ動いた金は4億、収支報告に記載すべきは4億(そもそも仮受や借入は記載義務無し、正直に記載したのが虚偽なのか?)、とても犯罪とは言えない事を、裁判長は大袈裟に重罪の如く扱っている(裁判長に重罪の意識がなくっても多くの世論はそう思わされる)。
「無罪」故に、不当判決に異議を唱える手立てはなく、「黒に近いグレーの政治家」の「説明責任」が、生涯ついて回ることとなる。実に腹立たしい限りだ。
指定弁護士が控訴すれば、不当判決を正すことが可能となるが、復権への道筋が大きく狂ってくる。
こうなった以上、三人の秘書の二審で、犯罪の事実がない、虚偽記載と言われている行為は犯罪ではない、三人とも完全「無罪」、否、「無実」を勝ち取る為に、最大の努力をするしかないのでは?
三人の秘書が「無実」なら、小沢一郎も「グレーな無罪」でなく犯罪の事実がない「無実」となろう。

前略

 小沢氏への「無罪判決」おめでとうございます。
 この2~3年間の小沢氏の苦闘と憤怒を思えば、支援者の方々の喜びも一塩ではないかと存じます。本当にご苦労様でした。

 さて、その上で今回の「無罪判決」を私は以下のように見ています。
第一は、最高裁・司法官僚-東京地裁の自己防衛・保身判決
第二に、検察敗北-「トカゲのしっぽ切り」判決
第三に、小沢氏の「勝利判決」

 今回の無罪判決の特徴は、指定弁護士の論告をほとんど最大限に認めながら、それでも「共謀」の具体的証拠が足りなから「無罪」というものです。そして特筆すべき特徴は、「検察審査会」の強制起訴手続きそのものを適法と認定し、一方、虚偽・捏造の捜査報告書を検審に提出し、違法な捜査や取り調べを組織的に繰り返した検察-東京地検特捜を「断罪」していることです。
 つまり、検察の行為は問題だらけ(違法不当)だが、最高裁-司法官僚のテリトリー(検審)は適法かつ正当だという自己防衛です。検審の手続きを護持するのですから、それに基づく指定弁護士の論告に最大限に沿うのは自明です。逆に言えば、これ以上、検察審査会の過程における「闇」=不手際・違法不当性・捏造・作為などは絶対に暴かれてはならないという観点からすれば、「悪いのは騙そうとした検察だ」という判決以外は出せなかったものと推認されます。もし、「有罪」にしようものなら、今度は、検審の「闇」にもメスが入れられる「控訴審」が避けられないからです。従って、私は、指定弁護士による控訴は、「断念」すると見ています。これが第一です。
 第二は、紛れもなく検察の全面敗北です。本来なら、検察不起訴-検審起訴裁判での「無罪判決」は、検察「不起訴」判断が「妥当」との認定になりますが、今回は、検察のエース東京地検特捜部による「有印公文書偽造」「偽計業務妨害」などの組織的犯行が「認定」され、検察の同盟軍にして広報屋たるマスゴミ各紙社説からも「猛省」を促される結末に至りました。
こうなると、一連のプロセスの一番の悪者はどうしてもあぶり出し処罰されなければ収まりません。それが「世間」というものです。まさに、権力サイドというものは、「ドジを踏んだ者」への「情け」などありません。「トカゲのしっぽ切り」以上の仕置きは当然です。
この点を抜きにした小沢氏への「説明責任」や「道義的責任」なるものの連呼は、検察犯罪そのものを容認しその共犯者であることの自己暴露になるでしょう。
 すなわち、貴「新政研」様の当面する最大の課題は、今回の、声明文にもある通り、東京地検による組織的犯罪への断罪と追及に徹底的に標的を絞り込むべきかと思います。この点については、裁判所もマスゴミも、従って「世論」も異論を挟むことは慎まざるを得ないでしょう。本来の国民のために、手を抜かずに、徹底的に追及してください。
また、それとは別に、最高裁事務総局-検審への究明・改革の取り組みも期待しております。
 さて、第三の点についてですが、まずは、小沢氏の胆力、識見、人望に心から敬意を表します。この点を抜きにして、今回の無罪判決はありえません。通常の政治家ならこれほどの十字砲火を浴び「刑事被告人」にされれば潰れてしまうでしょう。その負のプレッシャーやストレスの大きさたるや、宿命の金メダリスト・谷亮子氏への正のプレッシャーとも比べようがないでしょう。(失礼)、また、その支援者や同志の方々の陣形をも見事に守り抜き、むしろ強化されました。敬服の限りです。
 今回の判決を限りなく黒に近いグレーな「無罪判決」などと、負け惜しみや悪意からのコメントもありますが、とんでもないことです。些末でテクニカルな事項は省きますが「証拠がない」「犯意が認められない」なら、正々堂々の無罪です。
 もちろん私は、小沢氏らが「無罪」以前に「無実」であり、起訴そのものも、裁判そのものも不当だと認識しています。しかし、たとえ不当でも一度、権力の土俵に上げられたからには、そこでの軍配は決定的なはず。まさに、小沢氏と小沢弁護団に軍配です。
 しかも、私のように、今回の一連の「小沢氏抹殺事件」の前には、どちらかといえば、「反小沢」とまでは言えないにしても、「菅さんか小沢さんか、どちらが好きか」と聞かれれば、「一応菅さん」と答えていたような、頼りないゾーンの私にまで、小沢氏の正しさを示して頂き、一方、検察・司法官僚をはじめ「霞が関」官僚の実態とマスコミの正体を完膚なきまでに暴きだしていただきました。こころより御礼申し上げます。
 今後は、息つく暇もなく、「国民の生活が第一」の民主党への回帰をかけ、国家国民のために国難に立ち向かい内政・外交を始め壮大な課題に御尽力いただけるものと祈念しております。
 微力ながら、小生もその隊伍の末席にて頑張りたいと存じます。
                                             草々


手腕を見ないと何とも言えないが

多分『日本の政治家』と言える方は

小沢さん以外にはおらないのでは・・・。

良し気につけ悪しきに付け・・・。

『そもそもこの裁判のもととなった「起訴議決」自体が無効』
⇒・・・。
昨日のニコ生【陸山海判決を読み解く】で、松木けんこう議員が斜め前にいたので、きっと同席の人は、まるで私が松木けんこう議員を怒鳴りつけているように見えたんでしょうね。私は、元来声がデカイだけなのに「噛みついていた」って、下記のスレで言われちゃいました。
どうして声を荒げたかと言うと、「起訴議決自体が無効」の前に、「石川氏等の逮捕自体が無効」だと未だに気が着かない人達ばかりで悲しくなったからです。
虚偽記載は、まったく無いと言うことを、これを見て悟って頂きたい。

小沢判決の真相。でも、“どこがどうして”虚偽記載なの?真実の失われた日。
http://www.asyura2.com/12/senkyo129/msg/336.html

新しい政策研究会様へ

小沢氏の無罪おめでとうございます。これからの小沢氏はじめ新政研に皆様にお願いします。
国民に希望を持たせる政治をしてください。
民主党が政権を取って以降、景気はさっぱり、マニフェストは放棄、自民党以上に官僚天下で絶望的です。
株価はリーマンショック前の高値は東京はNYに4000円以上高かったのに今や3500円も低いという有様です。
政府も日銀も景気回復にやる気なし、今日の日銀の金融緩和もおざなりでやっているだけ、米とは大違いです。今や世界の笑いものなのに、新興国に円借款だけでなく、ミャンマーに債権放棄までする大判ふるまい。頭がおかしいのではないかと思える。
まずは一刻も早く党員資格停止を解除して小沢氏が復興や原発問題、景気回復、地方主権に取り組むように段取りをつけることです。
間違っても小沢氏を選挙屋にすべきでない。
選挙は政権の成否が問われるのであり、いくら小手先を弄しても政権が今の状態なら選挙対策など取りようがない。小沢氏は尻拭いをすべきでなく、政権の中枢で活躍すべき。
国民は民主党に対して爆発的な怒りを持っている。それを解決するのは小沢氏しかいない。
今の世の中で増税なんて気違い沙汰であるし、国民とのマニフェスト違反である。前原や岡田がいまだに小沢氏に対してあほなことをいっているが、こんなバカを政権交代時に大臣にしたのが民主党のつまずきのもとである。
仙石始め民主党を潰した七奉行は党員資格停止にしたうえ、党から追放すべきだ。
罪状は国民に対する裏切り罪。
とにかく新政研は民主党を国民に対する希望を持たせる等に変えることを切にお願いする。


皆様の仰る事はごもっとも。


ただ、この国における最高権力者は官僚等国家公務員機関並びに公務員機関、法で守られた資格を持つ集団等であります。


言うだけでは事は進まないのが現実です。


日本人に足らないのは戦国時代、戦争時代みたいな行動して戦う事が出来ない事であります。


不言実行です。

<歴史に残る司法官僚の犯罪>
平成24年4月26日に出されたこの新しい政策研究会 有志による声明文を全面的に支持させていただきます。
主権者国民によって選ばれた政治家を明白な犯罪事実を示す事無く国家権力が捜査を行うこと自体があってはならないことです。
2009年3月3日の大久保秘書の突然の逮捕から始まった東京地検特捜部を使った司法官僚による小沢氏攻撃は支配化にある記者クラブメディアを利用した悪辣極まるものでした。
この司法官僚による政治干渉がなければ8月の総選挙を経て小沢内閣が成立し、翌2010年の参議院選にも民主党は負ける事無く、国民が政権交代に託した政策が遂行されていたはずです。
それ以上に私が残念に思うのはこんな絵に描いたような政治弾圧が眼前で行われていながら、多くの政治家、知識人が検察批判をするどころか、メディアに登場し臆面も無く小沢氏パッシングを行っていることです。
思い起こせば2010年10月24日、私は生まれて初めてデモに参加しました。その後は支援集会やデモに極力参加しました。私は参加者以上のことはしませんでしたが、毎回一生懸命準備をして下さったスタッフの皆様やご高齢をものともせず、いつも先頭にたって下さった二見伸明先生には本当に頭が下がりました。
特にこの3年間、過酷な状況に耐えられた小沢氏によって本当に日本には民主主義を破壊する沢山の病巣があることがわかりました。
とりわけ、最高裁事務総局の存在を一般人が知ることになったことはとても大きいと思います。
ソ連を解体したゴルバチョフ氏が民主化実現の為に唱えたのは「グラスノスチ」すなわち「情報公開」でした。腐敗は闇の中で進行します。
原発問題でも日本はいかに情報が隠蔽されているか、記者クラブメディアがその隠蔽にいかに加担しているかに国民も気付き始めています。
失われた時は返ってきませんが、禍転じて福と為すとすべく、小沢氏をこれからも懸命に支援していきます。

打出氏が投げかけられているように控訴の判断は件の東京第五検察審査会の
委員(1回目、2回目の双方)にて審議されるのが筋というものではないでしょうか。すでに解散しているなら再度召集して任に当たらせるべきと思います。巷間噂されるような疑惑を払拭する上でも最高裁事務総局としては絶好の機会でしょう。指定弁護士はあくまで代理人ではないのですか。

小沢氏の無罪判決は、もし控訴しても有罪になる可能性はほぼゼロであるから、もし控訴するなら控訴権の濫用になるだろう。

なぜ「ほぼゼロ」なのか。それは、この判決は、小沢氏は「秘書からの説明で記載内容そのものは認識してしたとしても、その記載内容が虚偽であることまでは認識していなかったから故意がない、さらに、故意を前提として認定される共謀もない」という理由で無罪としている。このように故意もなく共謀もないと認定されている以上、控訴しても新たな証拠が無い限りこれに反して「故意も共謀もある」と認定されることはまず在り得ないからだ。

小沢一郎氏の無罪判決については、既に弁護士の方々が適切な解説をアップしており、これを読むといかにTV、新聞が低レベルか分かる。例えば次の2つ。
http://esquire.air-nifty.com/blog/2012/04/post-ddfa.html

http://yamebun.weblogs.jp/my-blog/

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日本語の「ヨロン」という言葉には「世論」と「輿論」という2種類の漢字があります。実は、この2つの言葉は大きく意味が異なっていて、「世論(セロンとも読みます)」とは「感情的な世間の空気」のことで、「輿論」とは「議論を積み重ねてできあがった公的意見」のことを指します。《よろんず》が目指すものは後者の「ヨロン=輿論」をつくることであり、そのために、《よろんず》では情報のプロ・アマに関係なく自由闊達に議論を交わすための場所を提供します。メディアの調査で発表される「ヨロン=世論」とは違う真の「ヨロン」をつくるため、執筆者・出演者・読者のみなさんに、この新しい“知の共有空間”に参加いただけるよう呼びかけます。

読者投稿募集中!
↓ ↓ ↓
《よろんず》への投稿はコチラから

必ずお読みください!
↓ ↓ ↓
コメント投稿についてのお願い

BookMarks

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.