Calendar

2012年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Recent Trackbacks

« 2011年5月 | メイン | 2012年7月 »

2012年4月27日

佐藤優:裁判で明らかになった特捜部の「デートバック」疑惑

 作家の佐藤優氏は27日、小沢一郎民主党代表の無罪判決を受けて都内で自由報道協会主催の記者会見を行った。佐藤氏は、公判の過程で明らかになった田代政弘検事による捜査報告書偽装問題について、偶発的な事故のか組織的な改ざんだったのかについて解明すべきと述べた。会見の冒頭で語った内容は下記の通り。

──────────────────────────

佐藤優氏(作家)
(※下記の記事は記者会見の内容を編集部が再構成したものです)

 佐藤優です。雨の中、足を運んでいただき感謝します。昨日の小沢さんの無罪判決なんですけれども、これ、面白いですよね。鈴木宗男さんの有罪が確定して収監が決まった時、テレビで放送された街の声はだいたい半々ぐらいでしたよね。新聞の論調も両論併記でした。ところが、今回は小沢さんは無罪であるにもかかわらず、朝日、読売、毎日、日経、産経の社説はいずれも非常に厳しい社説を立てています。

 ただ、ここでちょっと違う社説を一つ見つけました。私がいろいろしゃべるよりも、こういう社説があるということで、読み上げたいと思います。沖縄の琉球新報の社説です。


■「小沢判決/検察の「闇」が裁かれた 全面可視化しか道はない」

 裁かれたのは検察の深い闇だ。そう受け止めざるを得ない。政治資金規正法違反罪で強制起訴された小沢一郎民主党元代表への判決で、東京地裁は無罪を言い渡し、検察の手法を厳しく批判した。

 供述を検察が「ねつ造」したことが明らかになったからだ。大阪地検の証拠改ざんもあった。断罪されたのは検察の体質そのものと言える。もはや検察の調書は信頼できない。取り調べを全面可視化するほか信頼回復の道はない、と法務当局は認識すべきだ。

 今回、「ねつ造」された供述はそのまま検察審査会に送られ、強制起訴の根拠になった。検察審査会の在り方も議論すべきだろう。

(※編集部注:引用ここまで。続きは下記URLからお読みください)
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-190529-storytopic-11.html


 こういう社説をたてているわけで、記事もこの社論にのっとった組立になるわけです。だから、沖縄に行って日常的に沖縄の県紙を読んでいる人たちと話をすると、ベースがここなので本質的な議論ができるんです。

 たとえば、こんな議論ができます。

 田代検事は(偽造された捜査報告書について)記憶が混同したと言っています。混同した原因として、石川さんの著書を読んだことを理由の一つとしてあげています。この捜査報告書は5月につくられています。ところが、石川さんの著書は8月に出てるんです。G2に魚住昭さんが書いた論考に石川さんの手記が出てるんですが、これが6月なんです。そうすると、(田代検事は捜査報告書を)5月の取り調べから数日以内につくったと説明していますが、ありえないことになるわけです。

 昨日、新党大地・真民主の勉強会で魚住昭さんが説明していましが、「デートバック疑惑」(※報告書作成の日付を偽造すること)が出てくるわけです。捜査報告書自体が、実は5月につくられたものではなく、それ以降につくられたものであってデートバックしているのではないか。こうなると、また深刻な話です。

 ですので、今回の小沢判決で、これが政局になるかどうかというのは本質からずれていて、むしろ問題は捜査報告書には虚偽があった。違法で不正なことが行われたことについて、それをどういう風に是正するのか。なぜこれが起きたのか。これは一人の検事の偶発的な事態なのか。それとも組織的な関与があるものなのか。この辺を明らかにすることだと思うんです。

 それから、今回の判決要旨を読みましたら、私は良識が働いた判決だと思います。というのは、「無罪推定の原則」「疑わしきは被告人の利益に」というのは、民主主義社会を守る最期の砦なんです。この良識も今の世の中では守れないことが多いのですが、"そこを守った"という一点での良識です。

 ただ、内容については、私が理解している限りにおいては事実と相当違うのではないか。"秘書たちの犯罪"というのが前提で、小沢さんの関与を切っている。ようするに(判決要旨は)共謀を切っているというだけの話で、判決自体は問題がある。

 しかし、司法というのは「まあ、そんなものだな」ということで、別に驚きもしないです。問題は、本件をきっかけとして日本の民主主義をどうやって強化していけるのか。あるいは民主主義的な秩序というのがどんどん崩れていくのを、どうやって阻止するか。そのあたりに置くべきでないかと思います。

────────────────────────

■《THE JOURNAL》有料メルマガスタートのお知らせ

《THE JOURNAL》では、サイトの運営を安定化させるため、2011年11月に有料メルマガをスタートしました。本記事も有料会員の皆様の支援によって制作されたものです。多くの方からのご支援をお待ちしております。よろしくお願いします。有料メルマガ購読の詳細は下記URLをご覧くださいm(_ _)m
http://www.mag2.com/m/0001353170.html

※今月末までにお申し込みいただければ、今月配信済のバックナンバーはすべて無料で配信されます(申込月は無料)。詳しくは下記URLをご覧下さい
http://www.mag2.com/read/charge.html

2012年4月26日

新しい政策研究会:陸山会事件は捜査当局の犯罪

民主党の小沢一郎元代表が会長をつとめる「新しい政策研究会」は26日、小沢氏の無罪判決を受け「我が国の検察・司法そのものの在り方について根本から検証し、必要な改革を断行するべき」との声明を発表した。詳細は下記の通り。

■新しい政策研究会ホームページ
http://www.shinseiken.jp/index.html

───────────────────────────

声 明

 本日平成24年4月26日、東京第五検察審査会の「起訴議決」による「小沢裁判」に「無罪」の判決が言い渡された。至極当然の判決であり、裁判長の公正な判断に敬意を表するものである。

 しかし、そもそもこの裁判のもととなった「起訴議決」自体が無効であり、裁判は中止すべきであったと言わざるを得ない。その第一の理由は、東京地検特捜部が検察審査会に提出した「捜査報告書」が捏造されたものであるということが、公判において、事件を担当した現職の検事により証言されたからである。その捏造部分は「起訴議決」の主たる理由になっており、この一点をもってしても「起訴議決」は無効であると言える。そのような事実が公判で証言されたにも関わらず、裁判が続いてきたことは誠に遺憾である。

 更に、提出された他の5通の「捜査報告書」でも捏造が発覚した。検察は約2年間に渡る執拗な捜査の結果、証拠が無く起訴出来なかったにも関わらず、例えば、水谷建設の裏金疑惑について「大久保隆規(元公設第一秘書)の指示で石川に現金5000万円を渡している事実がある。」と断定している。これは、捜査当局による「有印公文書偽造」であり、明らかに犯罪である。公判で、事件を担当した元検事が「見立て違いの妄想」と証言したように、陸山会事件そのものが虚構であったことの証左である。

 捜査当局のこのような犯罪行為は、日本国憲法に規定された正当な選挙で選ばれた国民の代表であり、国権の最高機関の一員である国会議員を不当に弾圧するものであり、議会制民主主義の根幹を揺るがすものである。同様なことが一般国民に対して行われていると考えると震撼せざるを得ない。無辜の市民が容易に犯罪者にされることになり、我が国の民主主義、法治国家としての存立基盤さえ危うくする。

 検察審査会については、既に有志により衆参両院議長に対して「検察審査会の実態調査を目的とする法務委員会秘密会の開催について」の要請がなされたところであるが、上記のような捜査機関による犯罪行為が明らかになった以上、我が国の検察・司法そのものの在り方について根本から検証し、必要な改革を断行するべきである。同時に、そもそもの発端となった、西松建設事件や陸山会事件に対する検察等の対応についても検証するために、新政研として「司法と国民の関係についての特別研究会」を設置し、精力的に調査研究を行い政策を提言していくことが既に決定された。

 我々は、この国に、真の民主主義を実現するために、これからも力を合わせていく。

平成24年4月26日
新しい政策研究会 有志

鳩山由紀夫:小沢一郎は日本に不可欠な政治家

民主党の鳩山由紀夫元首相は26日、小沢一郎民主党元代表に無罪判決が出たことを受けて記者団からのぶら下がり会見に応じ、「日本の政治にとって不可欠な政治家」と述べた。コメントの詳細は下記の通り。

──────────────────────────

鳩山由紀夫氏(元総理大臣)

Q:小沢元代表に無罪判決がでました。どのように受け止めていますか?

判決は重く受け止めるべきだと思っています。個人的には良識的な判断がなされてホッとしていますし、良かったと思います。

大事なことは、民主党として今こそ政権交代の原点に戻って一致団結をはかり、国民のための政治とは何なのかを考え、国民の皆さんの信頼を回復するために全力を注ぐべきだと思っています。

小沢元代表は今の日本の政治にとって不可欠な政治家ですので、今こそ、国民の皆様のために「国民の生活が第一」という信条をぶつけていただいき、大いに国民のために働いていただきたい。

Q:党員資格停止についてはどうするべきか?

個人的な考えはありますが、大事なことは(民主党の)代表と幹事長がしっかりと判断をして常任幹事会にはかり、結論を出すことだと思います。

私としては、小沢元代表に大いに頑張っていただけるような状況を作っていただきたいと思っていますし、政権交代を成し遂げた彼の功績もしっかりと評価すべきだと思っています。

Q:東京地裁は、強制起訴については有効だと判断したが?

その事に関して申し上げるべきではないとは思っていますが、二度も検察によって不起訴になった事例が、検察審査会で短時間のうちに「強制起訴」という形になる。それが今回の判決で一つの結論が出たことを考えれば、何らかの考える余地が出てくると思います。

Q:党員資格停止を下した当時の執行部の判断については?

裁判は結論が出るまでは推定無罪という判断が当然あってしかるべきだと思います。にもかかわらず、この政権を遂行していくために不可欠な人材を党員資格停止にしたという判断が正しかったのかどうか、当然、常任幹事会やその他でも議論されるべきことだと思います。

Q:政権交代から2年半だが、小沢問題が政権交代、民主党に与えた影響は?

そもそもこの問題が起きたのは政権交代直前でした。その結果、小沢代表が代表を退いて私が代表になり、政権交代を実現し、私が総理になった。こういう事件がなければ小沢総理が誕生していたはずです。その意味では、この事件が及ぼした民主党への影響は極めて大きかったと思っています。今からでも再び「国民の生活が第一」という状況を取り戻し、国民が政治に何を期待をしているかを考え、特に東日本大震災もありましたので、こういうときにこそ政権が一つにならなくてはならないと思います。

(※本記事は、26日午前に開かれた鳩山元首相のぶら下がり会見の内容を《THEJOURNAL》編集部が再構成たものです)

────────────────────────

■《THE JOURNAL》有料メルマガスタートのお知らせ

《THE JOURNAL》では、サイトの運営を安定化させるため、2011年11月に有料メルマガをスタートしました。本記事も有料会員の皆様の支援によって制作されたものです。多くの方からのご支援をお待ちしております。よろしくお願いします。有料メルマガ購読の詳細は下記URLをご覧くださいm(_ _)m
http://www.mag2.com/m/0001353170.html

※今月末までにお申し込みいただければ、今月配信済のバックナンバーはすべて無料で配信されます(申込月は無料)。詳しくは下記URLをご覧下さい
http://www.mag2.com/read/charge.html

Profile

日本語の「ヨロン」という言葉には「世論」と「輿論」という2種類の漢字があります。実は、この2つの言葉は大きく意味が異なっていて、「世論(セロンとも読みます)」とは「感情的な世間の空気」のことで、「輿論」とは「議論を積み重ねてできあがった公的意見」のことを指します。《よろんず》が目指すものは後者の「ヨロン=輿論」をつくることであり、そのために、《よろんず》では情報のプロ・アマに関係なく自由闊達に議論を交わすための場所を提供します。メディアの調査で発表される「ヨロン=世論」とは違う真の「ヨロン」をつくるため、執筆者・出演者・読者のみなさんに、この新しい“知の共有空間”に参加いただけるよう呼びかけます。

読者投稿募集中!
↓ ↓ ↓
《よろんず》への投稿はコチラから

必ずお読みください!
↓ ↓ ↓
コメント投稿についてのお願い

BookMarks

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.