Calendar

2010年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Recent Comments

« 《意見募集中》郵便不正事件で村木厚子被告に無罪判決!
メイン
BB:民主党党首選後、衆院解散すべし »

戸田邦司 :これからの日本はどこに!

──────────────────
【読者投稿募集中!】
──────────────────
 日本一新の会顧問 戸田邦司

 民主党代表選も、いよいよ投票日を迎えた。候補者二人の政策もある程度見えるまでになったように思われるかもしれないが、問題は、政策そのものの他に二点あって、第一点は具体性があるかどうか、第二点は実行する力量・胆力があるかどうかが問われている。

 いま喫緊の円高問題にしても政府が何か手を打った気配は感じられないし、政府部内で検討された形跡も全くない。野田財務大臣は記者会見で「極めて注意深く見守って行きたい」とのことであったが、見守るけれども何もしないと顔に書いてあったし、菅総理は「場合によっては断固たる措置をとることも考えている」といいながら「断固たる措置とは何か」との記者の質問に、何も答えられず、不謹慎にも愛想笑いをするばかり。円高は、私が再建した会社にとっても、一円上がると決算にどのような影響があるか判っているだけに、怒りがこみ上げる思いであった。がその前に、あの、つかみ所のない愛想笑いは、何だったのだろうかという不快な思いが頭から離れない。菅総理は、菅流第三の道を求めて、強い経済、強い財政、強い社会保障と言い、一にも二にも三にも雇用と絶叫するが、何の具体性も無く可能性も極めて低いことに虚しさを感じるのは、私一人ではあるまい。「強い社会保障」とは何のことやら。国民が望んでいるのは、「確かな社会保障」であって、消費税に言及するなら、少なくとも確かな社会保障制度の枠組みぐらいは、示さなければならないはず。

 かつて、私は日本一新運動の創世記に、平野代表とともに自由党政調の副会長として、「日本再興へのシナリオ」なる党の基本理念と総合政策の作成に参加した。時の自由党党首であった小沢一郎氏は、80頁にも及ぶ原稿の全ページに、ペンで詳細なコメントを書き込んできた。今回の代表選まであまり知られていなかったが、政治家としては当然のことながら、政策の議論は飯よりも、酒よりも、何よりも好きである。そして、導いた結論にはこだわる。コロコロと変わることなどはありえないから、時に始末が悪いこともないわけではなかった。

 私は、政治にかかわって以来、政策は政治の基本であり、政党の命であると信じてきた。ここで言う政策とは、党の綱領なり基本理念なりを確立した上での国民との約束事である。それだけに、12日のテレビでの細野豪志氏の、党の綱領作成の必要性の発言は重く受け止めたい。ある意味で、綱領作成の成否は、民主党の今後を占うリトマス試験紙でもあるから。

 野党時代の民主党では、自由と称して勝手気ままな発言が許されていたと思う。しかし、政権政党となったいまは、許されるべくもないことである。が昔の勝手気ままさに対するノスタルジーは忘れがたく、政権政党の責任などどこ吹く風、菅総理の独断で消費税発言に至ってしまったと観るのは誤りだろうか。その責任追及もほとんど無いままによしとしたのだから、またぞろ宿痾の如く次の問題をひきおこす可能性も高いと見なければならない。とすれば、それこそ、本人の為にも、党の為にも、国民の為にも、国家の為にも、代表には当選しないで頂きたいと願うのは当然ではなかろうか。

 巷間、就任三ヶ月で総理を変えるのは如何なものか、という情緒的な義論が盛んである。一方、政策論では小沢氏がはるかに勝っていると。だとするなら、ここで問題にすべきは、国家国民の為に、よりよい政策を可能にする人物を選ぶべきで、現代に生きる政治家なら、そこには好き嫌いや情緒論が介在する余地はないはずだが、民主党国会議員諸君の良識に期待する。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/7349

コメント (11)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。投稿される方は、投稿前に下記のリンクの内容をご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

驚きの目で見ているのは!議員が投票相手を決めかねて様子を見ている等と報じられる事。
議員になって国会に参画したいと言うのは、唯なりたいだけで、選挙に出ている程度の人達なのか?
自分の国を、どういう国民に喜ばれ、幸せに感じられる理想の国家に導こうと思って、一人では出来ないから同士を求めて、所属したのだと想像していた。
さすれば誰をリーダーに選択するのだとすれば、瞬時に決まっているわけだ、突然その空間に放り出させたわけではない。
巷のオジサン、オバサン、ニイチャン、ネエチャンと同じと判って、私はあきれてショック死しそうな気分させられいる。

消えたい気持ち様

まったく同感です。今日2時からの最終討論を聞いてから決断すると平気でのたまっている議員たちを見るにつけ、そんな能天気な人たちを私たちの代表として選んでしまったことを恥じます。

[ 日本一新の会顧問 ]  戸田邦司氏の発言に初めて接し, 会員として, 発言内容に賛意を表したい。 現在14日12時58分だが, 代表選の成り行きは, 戸田邦司氏の結語どおり, 民主党国会議員の良識に期待するしかない。 それにしても, 民主党国会議員の中には, 信じられないような不逞の輩がいるらしく, 不愉快極まりない心情である。

消えたい気持ちさん | 2010年9月14日 11:27
鈴木優子さん | 2010年9月14日 12:11

彼らの未熟を前提にして、私の観方はは全く違いますね。
未熟なこと故褒められたものではないが、彼らは健気にも、両陣営からの誘いを拒んで、「最も良い決断」をしようと苦しんでいると思う、勿論約30人の中には例外はいるでしょうが。

私には、「先の選挙で大変にお世話になった、その義理は重い」と世間的には立派に聞こえるが、政治家が採るべき冷徹な判断を放棄して思考を停止して選択を決めた政治家と比べれば、格段に立派だと思いますが・・。此の悪しき例は極端で稀有な例だと思いたいが・・。

戸田様
代表選は党の政策でなく、代表の実行力の是非についての党選挙であるべきである。
超円高一つ解決できない菅内閣は完全に消費期限が切れている。
それでも民主党議員は菅に投票するというのだから、情けない。
菅支持者は円高を解消してから発言してもらいたい。
今の円高なら雇用、雇用、雇用も嘘になるのだ。
いかに政治家が自分の身の安泰だけを考えているかである。
政治と金は個人の問題である。小沢氏の期ズレで国民は何の害も受けていない、こんなことは政治家として話題にすることではないのだ。マスコミのネガキャンに左右される政治家は引退すべきである。
まして今回の代表選は政策が違いすぎる。こんなどちらが勝とうと代表選なら党を分割すべきである。

国家国民の将来を思い、志のある200名の議員同士と野党にもこの国「日本」の行く末を憂う議員日本人がいるはずである。
 ここまで腐れ切った悪の組織の蹂躙を許してはならない。
 これからの奮起と戦略を持って闘って行こうではないか。希望を捨てないで。

マスコミの恐ろしさを見せ付けられた選挙結果でした。


国民の多くが新聞やテレビの捏造により、大本営発表を信じ、いつか来た道に戻らなければ良いですが・・。


民主党議員の質の程度の低さには程ほど愛想が付きました。


出来る事なら200票に協力して頂いた皆さんは一致協力してこの難局を乗り切って下さい。


場合によっては、連立も視野に入れて陰湿で無能な管政権を打ち破ってください。


同時にこれを支持した議員のところには是非刺客をお送りください。例え共倒れでも・・・。

戸田様
今日、小沢氏に投じた党員は、日本の政治になにが必要かを身にしみて感じている政治家の諸氏です。この場でコメントする応援者もまた、小沢氏の政策を理解し、采配をふるってもらいたいと切に願っている人たちです。今回小沢氏の本当の姿を理解した日本国民は沢山いたと思います。日本を良くするという夢を実現するには、私も努力して身の回りの人たちに伝えていきます。輪をどんどん広げていきましょう。テレビ、新聞のネガティブ報道の呪縛から少しずつ眼を覚ましてかけてきた人たちに、真実を広める活動を積み上げていきましょう。これからもかんばりましょう。

戸田さん。お元気ですね。時流にへつらわず、時流に流されず、ときには、時流に逆らう「時代遅れ」も必要ですね。「論理」が清新であれば「年寄りの冷や水」とは言われないでしょう。物事の本質を見抜く力は、「ダテに年を食っているんじゃねー」と言いたくなりますね。日本のために、これからも、言いたいことを言いまくりましょう。 自由人 二見伸明

戸田邦司様

小沢一郎は、今回は敗れてしまいましたが、必ず再び立ち上がり、歩き始めるでしょう。

「泣かない小沢一郎(あいつ)が憎らしい」を地でゆくことでしょう。

林 邦之

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日本語の「ヨロン」という言葉には「世論」と「輿論」という2種類の漢字があります。実は、この2つの言葉は大きく意味が異なっていて、「世論(セロンとも読みます)」とは「感情的な世間の空気」のことで、「輿論」とは「議論を積み重ねてできあがった公的意見」のことを指します。《よろんず》が目指すものは後者の「ヨロン=輿論」をつくることであり、そのために、《よろんず》では情報のプロ・アマに関係なく自由闊達に議論を交わすための場所を提供します。メディアの調査で発表される「ヨロン=世論」とは違う真の「ヨロン」をつくるため、執筆者・出演者・読者のみなさんに、この新しい“知の共有空間”に参加いただけるよう呼びかけます。

読者投稿募集中!
↓ ↓ ↓
《よろんず》への投稿はコチラから

必ずお読みください!
↓ ↓ ↓
コメント投稿についてのお願い

BookMarks

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.