Calendar

2010年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Comments

よっちゃん:"上から目線"の「選挙目当て」という言葉
玉石 05/07
匿名 05/07
ウー 05/07
hal2001 05/08
まんぞう 05/09
匿名 05/09
妹尾 05/10
妹尾 05/10
よっちゃん 05/11
zzz 05/11

« 元株や:政権奪還の意思が感じられない自民党
メイン
民主党が参院全国区で谷亮子さんを擁立も、現役続行発言で批判爆発 »

よっちゃん:"上から目線"の「選挙目当て」という言葉

──────────────────
【読者投稿募集中!】
──────────────────

 民主党政権の政策を"「選挙目当て」のバラマキ"と言う。新聞もニュースキャスターも評論家も野党も、更に有権者(国民)自身でさえも、そう言う。有権者に対して、いわゆる「上から目線」の非常に失礼な、有権者を愚弄する言葉だと思いませんか。

 「選挙目当て」と言われる政策には多々ありますが、ここでは子供手当てを例に論を進めたいと思います。

 批判の論調は概ねこうです。日本国は財政難であるにも関わらず、子供に一律26000円/月もの現金を支給するのは、「選挙目当て」のバラマキ政策である。なお、私は子供手当てを少子化対策と経済対策を兼ねる良策だと思っています。

 話を戻すと、この「選挙目当て」という言葉は有権者を愚弄した物言いです。

「選挙目当て」と言う諸氏は、「国民は馬鹿だから、金を配っとけば選挙に勝てるが、それでは日本のために良くない」という上から目線で発言されているに違いありません。ですから、有権者自身(国民自身)がそういう声を発するのは、その有権者自身も他の有権者を上から目線で馬鹿にしている人なのです。

 有権者の多くは現在の財政難を知っています。有権者の多数が自国の財政状況を立て直すために子供手当ては不要と考えれば、民主党は選挙で負けるのです。ただ、それだけの話です。

 政策は全て「選挙目当て」です。至極当たり前の話です。政策を判断して良い方に投票するのが選挙なのですから。有権者が子供手当て政策を愚策だと思えば、選挙で民主党に投票せず、子供手当て政策に反対する野党に投票するのです。

 私達有権者をバカにするのもいい加減にしてもらいたい。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/6907

コメント (50)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

””よっちゃん:"上から目線"の「選挙目当て」という言葉””・・・・・・・・に大賛成。 

NHKなどの討論会でも子供手当てに反対する多くの方が既に子育ての終わった中年以後の方か、独身の方の様に思われました。また、テレビで反対するコメンテイターや野党の政治家はお金に困らない方で庶民それも若い夫婦の低所得の方々の事を全く理解されていません。

小生の周りの若者は子供手当てを喜んでおります。

ガソリンが下がることも待っています。このところのガソリンの高騰は暫定税率の廃止になるまで上がりそうな勢いです。


野中氏が政治評論家やコメンテイターに官房機密費からばら撒いたと発言されが、民主党に対する攻撃はその様な胡散臭いお金をもらった連中の歪曲報道であったと思えばよく理解できます。


これを民主党政権はありとあらゆる所で国民に訴える必要があると思います。

民主党の中にもこの黒い金をもらっている議員が以外にいるのではないでしょうか?   これまでテレビに向かって小沢降しを画策した議員に以外にいるかもしれないと疑いたくなります。

私も「子供手当て」「ガソリン税制限」ありがたいです。節約のためETCもつけていなかったので、「新高速料金」も非常にありがたいです。
パーフェクトな政策なんてあるわけないのですから批判があって当たり前。けれども10対0の「批判一色」のメディアなんて信用できるわけありません。

最近の世相を見ているとしみじみ日本の教育を考えざるを得なくなる。
基本的に自己が確立していないことが手に取るように見えてくる。つまり自分で考えるという事ができないのだ。他人の情報に対しては批判どころか自己主張もしない。
マスメディヤはその最たるもので、基地問題をみればよくわかる。政府を批判する前に一度でも沖縄県以外の基地提供を社説でかかげたことがあるか。国の安全にかかわることは
政府だけに任しておいて、自分は高みの見物か。それを一言で言うと
「卑怯者」という。

バラマキ政策だとは思いません。

何の恩恵も受けない、増税になる世代があると言うことも事実だからです。

ところがマスコミはこれを報道しません。

野中広務氏の告発を取り上げるテレビ局もありません。

朝から晩まで同じ論調で、
民主党叩き、鳩山首相、小沢幹事長バッシングをしている横並びのマスメディアを、
異常だと感じる国民が
多数になることを願います。

子供手当てについて官僚が嫌がる二つの問題がある。
ひとつは額の問題、もうひとつは国民への直接給付である。

従来より地震時での救済でも直接給付はなく、プレハブによる救済で、米の9.11の保障とは大違いである。米は完全に国民個人への保障。日本は天下り団体を通して、さらに地方行政を通して、個人に渡る。個人補償は厳禁なのである。

直接給付では官僚の裁量の余地がないのである。それも現金ならなおさらである。一番官僚が嫌がる政策である。

国も地方も官僚への政治であって、国民は二の次が今までの体制である。
だから官僚迎合の仙谷などは半額は現物給付と言い出した。
直接給付は民主党の政策として官僚の権限削減、そして天下り先団体削減の効果的な政策である。
だから徹底的に批判されているのである。
直接給付を日本ではバラマキ、選挙対策というのである。
理由は官僚の裁量がなくなるからである。

民主党は自由主義経済である。
国民が自由に金の使い方を考えるのである。今の日本は官僚主義経済で、官僚が金を配分、使う先を指定しているのである。

国民とは個人であり、予算は国民が選んだ政治家が決めるのである。
民主党こそ自由主義であるし、今までは官僚主義すなわち社会主義なのだ。だから経済は沈没した。
この政策は官僚主導からの大転換の意味も持つ重要政策である。
もちろん少子化対策としても画期的な政策である。

昼のニューススクランブルで民主党の川内博史議員が初めて普天間のグアム移転を言及していた。
高速道路上限制で小沢の了解のもとに前原に噛み付いた議員だ。徳之島には反対と言う鹿児島県連の会長でもある。
7日にケニアンの市長と会う予定という。小沢がいよいよ動き出したのか。
期待したい。

よっちゃん。

素晴らしいです!よく言ってくれました。子供手当てはもちろん大賛成ですし、マスコミの反対論者のお馬鹿発言に対しても同感です。

この国の20年後、30年後を考えれば、このまま少子高齢化を対策も打たないで緊縮行政を続ければどんな日本になるのか?全く判っていないようです。

今さえ良ければ自分さえ良ければ良いという、現状が恵まれたコメンテーターや政局でしか考えられず、子供手当ての意義を野党議員、その支持者達は判らないのか?

先日、テレ朝でフランスの少子化対策を2日間に渡り特集を組んで放送していました。

先ず今と2050年の状況
今の受給と保障だとして

年金支給45兆円が150兆円必要になる。

医療等社会保障が
28兆円が70兆円となる。

当然、負担させられる未来の人間に払いきれるはずが無くどちらも破綻が見えている。

労働力も生産力も消費力もすべて
減り続け、税収も減る悪循環。

子供が居ない家庭で、結婚もしないで老後、誰が面倒を見るんですか?その頃今の介護制度も破綻しているでしょう。想像するに年を摂るのが恐ろしいという酷い世の中でしょうね。

それに引き換え、ヨーロッパ諸国の老後はかなり恵まれた国が多い。国のトップや国民の考え方が違うんでしょうね。安心した老後が暮らせるようです。

国力を上げるには、人口を増加させる政策を打つべきなのです。その為には人生において手厚い政策と環境を作るために税金を使うことです。

それが投資と成り、将来の税収アップ、国力アップになることが見える方が政治や行政をすべきです。それをばら撒きなどと言う方は将来を見ることの出来ない政治家失格者でしょう。

フランスでは、子供手当て一人22000円。それに2人目にプラス15000円、三人目19000円と増えていく。

一方、子育て環境面でも
0~3歳 認定保育ママ 無料
保育学校無料 延長最高五千円
高校まで 安心して働ける環境を国が造り上げている。

GDPで3%、6兆円を掛けた子育て政策。当然雇用も生まれる素晴らしい国造りです。

日本は民主党の政策を入れてもまだ0.8%(今年4兆円)しか掛けていないそうです。

前政権は一体何をしてきたんだ?


官僚は、常に自分たちの力が、何らかの形で働く事を志向します。
何か「指導」しようとします。
そうすると、そこに大いなる「中抜きの大河」が出現するのです。

彼らにとって「税金」とは、彼らの売り上げであり、国民の為に使う「資金配分」は、営業経費なのです。
ばらまきとは、奥野さんが語られるように、彼らの指の間をすり抜ける、「無駄」なのでしょう。

本来「ばらまき」こそ、政府支出の根っこでなければならないのかもしれません。

選挙目当て、結構じゃないか!
もっと、選挙目当てに、国民を納得させる政策を考えて貰おうじゃないか。
マスゴミの言う事など、どうでもいいですよね。

では定額給付金は何だったのでしょうか?政治家までが平気で貰える、大会社の社長まで貰える、これも選挙目当てのばらまきではなかったのでしょうか?
人が遣るとバカマキ、自分達がやるとバラマキではない?何とも理屈に合いません。
私は、これは他の国でも遣って居る事。少子化、教育の公平化、景気回復に効果をもたらすと思います。ただ心配なのは、間違いなく教育に使われるかだ。悪い親も居る。パチンコ代に消える様な事の無い様なシステムを作る必要がある。自民党の政策は、企業を支援して、献金を貰うと言う、利権中心の政治。道路でもETC装着車のみと差別化し、金の無い人には効果は無い。ETC作る会社、そしてそれを取り仕切る独立法人に儲けが回る。悪徳代官に金が回るシステムだ。国民は騙されている。

よっちゃん様

 『バラマキ』の何処がいけないのでしょうか?

 種をばら撒かなければ芽は出ず、何の果報も得られません。

 『因果の道理』を否定するのは邪見に過ぎず、『バラマキ』を否定するにしても肯定するにしても非難するにしての、如何ような芽が出てそれを育てれば如何なる果報が得られるかを論じない限り、”目線が逸れている”としかいえないと、私は思量します。

そもそも、(1)国民の耳に痛い政策はよい(国民のためになる)政策である。(2)ばらまき政策(国民に直接的に配分する政策)は悪い政策である。という前提がまちがっているのではないでしょうか。現在のデフレギャップが、供給の過多から生じているのでなく、需要の不足から生じているのであれば、需要を増やす政策は基本的に望ましい政策であるはずです。国民は目先の利益だけで誘導されるわけではなく、ときには耳に痛い政策のもっている倫理的な響きにも呼応することがあります。耳に心地よいか、耳に痛いかは、どちらにしても、それ自体は、政策の正しさを担保するものではありません。たとえば、消費税のことを持ち出すと(票にならない正論を述べる)良心的な政治家、財政再建と言うと(将来のことを考えている)よい政治家というイメージもあるかと思いますが、根拠がないと思います。国の借金は国の資産とのバランス・シートのなかで判断すべきで、借金の勘定だけ取り上げて議論しても仕方がないと思われます。また、支出の構造をそのままに税制だけを言っても、旧い構造を温存することになるかもしれません。社会保障等のセーフティネットに関して、国民のあいだに一定のコンセンサスがあれば、必要な消費税は受け入れられるはずです。国民も政治家も小泉政治(最悪のポピュリズム)の呪縛から脱け出る必要があると思います。

あれれ?
去年の定額給付金の時に民主党と支持者は「選挙目当て」と批判してませんでしたっけ?
その他いろいろ、旧与党の政策については事あるごとに「選挙目当て」と言ってましたよね。

それもやっぱり”上から目線”でした。
と、まずは自己批判してから言うんべきじゃないの?
それとも「綺麗なばら撒き」と「汚いばら撒き」があるとでも。

目先の批判をかわすことだけ考えてこういう理屈をこさえるから、過去との整合性が取れなくなるのです。

こーいうダブルスタンダードを自覚できないということを、前から疑問に思ってるんですが、原因は何なんでしょうかね?

定額給付金の最大の欠点は、一回だけの支給と云う点です。
1万だろうが、5万だろうが、一回だけの継続性の無い支給は、悪しきばらまきです。

ただし、継続的な支給の恐ろしさは、言うまでもなく、財源が付いてくるかと云う1点につきます。
財源を確立するために予算に切り込み、特定財源に切り込んでいかなければならないはずだったと思うのですが。
いやいや、どうにもこうにも「仕分け」などと浮かれ騒ぐようでは・・・。
後は、党が行っているはずの特定への切り込みに期待してはいるのですが。
何度でも書きますが、7000あまりにもなる独立行政法人だの公益法人だのの7割から8割を潰していかない事には、「ばらまき」を続けるのは無理でしょう。
国民一人一人への直接的な「ばらまき」に、私は大賛成です。
なんとしても、財源の確保をしっかりとやっていただきたい。

外国籍の養子がドウノコウノ、金持ちへの支給は・・・などは、今後の改正論議に任せればよいと思います。
年収1億円の人にまで支給する必要は、私も感じてはおりません。

とにかく日本の大マスゴミはテレビ、ラジオ、新聞、雑誌すべてを動員し民主政権の転覆に全精力を注いでいます。だれが見ても明らかですね。テレビ局のあほどもの血走った眼。ほんと気持ち悪いですね。私はその最大の理由として民主党のマニフェストにあると思います。ずばりマスコミ改革です。具体例として電波オークションです。欧米先進国ではこのオークションによる国家収入が数千億に上るらしいのですが、日本では国家の共有財産であるこの電波を既得権化したマスゴミどもがただ同然で使用しています。低能芸能人どもが法外な高額ギャラを手にするはずです。まさに税金ドロボーです。民主党はこの電波オークション制度を導入しようとしているのです。マスゴミは一般国民に知られないように全くこのことに触れようとしません。情報統制しています。結局日本の5流マスゴミは私利私欲のかたまりで国民や国益などどうでもよいのです。まさに国民の最大の敵ですね。

ついでに

民主党の良き「ばらまき」政策は、単純に素晴らしいモノとは思いません。
このような政策(マニフェストに有るような)で「セイフティネット」を作った後に来るのは、「自己責任」の社会だと思っております。
そして、消費税の最低10%切り上げくらいは覚悟しておく必要が有ると思っております。
(ばらまきが上手くいけばですが)

「自己責任」については、よく考えておかなければ、その時になって、そんなこと知らないよでは済まないだろうと思っています。
もっとも、民主党の政権が、その時点まであれば、さらに政策が実行できていればですが。

奥野様
 官僚が子供手当てに反対する理由が良くわかりました。確かに直接支給では中抜きも裁量行政による旨みも味わえないということですか。
 権力はまさに自由裁量権にあるわけで、公訴権を独占し、マスコミを支配下に置いている節度のかけらも無い特捜検察こそが法務大臣が全く機能していない現在では最強の権力者となっています。
 ところで、川内議員の動きに期待を持たれていますが、私が鳩山さんを見限ったのは「抑止論」を述べたことです。川内議員がいくら海外移転で努力されても、これによって国民の多数が望んだ道を自ら閉ざしてしまったのではないでしょうか? 自分で八方塞がりにしてしまったのです。
 小沢一郎、亀井静香、鈴木宗男、田中康夫議員など胆力のある政治家に権力を行使してもらいたいと思います。

おやおやさん

政治家が他党の政策を批判するのは、政局を争う戦いですから致し方ありません。

問題は、その尻馬に乗るマスコミ評論家ですよ。おやおやさんは、野中発言でばれちゃった今でもマスコミは民主党擁護などと言うつもりですか?

定額給付金は、その前の地域振興券と全く同じ、明らかに選挙対策です。元株やさんの言われるとおり継続性が無い、死に金となり易い政策です。2兆円を使ったんですから経済効果が無いとは言いません。

その点、子供手当ての意義を真剣に議論してみませんか?日本の近い未来に訪れる今以上に深刻な納税者不足、労働力不足、介護ほか社会保障の供給者不足という現実。

それとも移民、数千万人の方が良いと?

その説によれば、以下のようなものも国民をバカにしたもの、ということでよろしいでしょうか。

"抑止力論の罠"に絡め取られた鳩山首相 ── これでは普天間問題は解決しない!
日本を破滅に導く検察とマスコミ
毎度バカバカしい日本のメディア


有権者は、そういった「上から目線」の報道なども含めて、「選挙目当て」と言われる政策を判断すると思います。
「上から目線」で言いたい人には言わせておけばよいのではないですか。


子ども手当については、言われるとおり少子化対策と経済対策を兼ねる良策と思います。

おやおや様(2010年5月 5日 16:12)

> あれれ?
> 去年の定額給付金の時に民主党と支持者は「選挙目当て」と批判してませんでしたっけ?<

 おやおや様、去年の去年の定額給付金をばらまいた目的は何でしたっけ?オヤオヤ…。

 それで、おやおや様は去年ばら撒かれた低額給付金をどのように使ってどんな芽がでてきましたか?オヤオヤ…。

 おやおや様、結局、自公旧与党は壊滅的な敗北を喫したから、選挙目当ても裏目に出たようだが、オヤオヤ…。

> その他いろいろ、旧与党の政策については事あるごとに「選挙目当て」と言ってましたよね。<

 おやおや様、そもそも、政党が『選挙目当て』の政策を唱えて、政権を獲得したら実施することがどうしていけないのですか、オヤオヤ…。

> それもやっぱり”上から目線”でした。
> と、まずは自己批判してから言うんべきじゃないの?<

 おやおや様、『上から目線』てどんな目線ですか? 覗きが趣味と思しきおやおや様は『下から目線』が常習ですか、オヤオヤ…。

> それとも「綺麗なばら撒き」と「汚いばら撒き」があるとでも。<

 おやおや様、ばら撒きで『綺麗/汚い』の判断基準は何ですか?オヤオヤ…。

 でも、おやおや様、時節外れに種を蒔く無駄なばら撒きと、時節に合わせて種を蒔く有効なばら撒きはありますよ、オヤオヤ…。

> 目先の批判をかわすことだけ考えてこういう理屈をこさえるから、過去との整合性が取れなくなるのです。<

 そうですよね。
 でも目先の物事だけは見えているということですよね、オヤオヤ…。

 ということは、おやおや様のように、鼻先の物事に捉われて、本質も見ずに口先だけ非難するよりは、少しはマシではないでしょうか、オヤオヤ…。

> こーいうダブルスタンダードを自覚できないということを、前から疑問に思ってるんですが、原因は何なんでしょうかね?<

 それは、おやおや様に、スタンダードが存在しないことに起因するのでしょうね、オヤオヤ…。

>元株や | 2010年5月 5日 16:22 さん

定額給付金は一回だけでしたが、当時の需要失速状況の起爆剤としては、それほど間違ったものじゃなかったと思います。
ちなみにうちでは合わせてカミさんのネットブックを買いました。

>ウー | 2010年5月 5日 17:06 さん

マスコミ評論家なんて、自公時代も今の民主でも変わらず尻馬に乗ってますよ。ここ最近が酷いとかそういう話はありません。
野中氏発言、これって野党にも配ってたらしいですが、その認識が抜け落ちてません?
また、同じく今の政権の機密費がマスコミに配られている可能性もあるということですよね?
正直、あんまり持ち出さない方がウーさんの持論のためにもいいんじゃないですかね。

>mochizuki | 2010年5月 5日 17:26 さん

すみません。
感心したり納得したりすることもなく、さりとて腹が立つこともなく、ただただ読みにくいです。

おやおやさん

>野中氏発言、これって野党にも配ってたらしいですが、その認識が抜け落ちてません?<

知ってますよ。だからこそです。全て喋って頂こうじゃありませんか。

政治家以上に、政治評論家やマスコミがお金を貰い政権党を擁護し、野党批判してきた事の重大性を理解していませんね。

選挙に影響の有る言葉、記事、映像で世論を操作してきたのですよ。判ってるのかな?難しすぎました?

>また、同じく今の政権の機密費がマスコミに配られている可能性もあるということですよね?<

ありえる話ですが、金額が少ないのかその効果は全くありませんね。民主党批判が止まりません(笑)

おやおやさんに子供手当ての意義は無理な難題でした。そんな方でも大丈夫です。恩恵は直接、間接はあれど受けられると思いますよ。良い政権に代わって良い政策が次々と実現して行ってますね。

おやおやさん

定額給付金については、悪しきばらまきとは言いながら、貴殿の言われる通り、一定の効果が有りました。それは認めます。

私が許せないのは、そのあとの14兆円でしたか?の「ばらまきです」。
これこそ「悪しきばらまき」の典型でした。
何でもいいから、金を使えればいいからと、霞が関に「いい加減な政策」を総動員させて何だか解らない補正を組みました。
中抜き大作戦とでも言いますか。
上から目線でも、下から目線でもいいから、こういうのを攻撃しない国民・マスゴミ・政党・政治家・・・は、駄目です。

回ってきた予算で、国債を買って利息稼ぎをした公益法人なんてのは、ごくつぶしの典型です。複数年予算だからなんてのは言い訳にもなりません。今、使う事を要請された金ですから。

こういう奴らを潰しましょうよ。
首切られたら、明日からどうするの?
そんなの知った事じゃないでしょ。勝手に路頭に迷えばいいじゃないですか!!

子供手当賛成

爺さんは後期高齢者です。
健康のため毎日散歩し公園にも行きます。 休みでない日でも子供連れの家族にあいます。 必ず声を掛けるようにしています。子供は国の宝だから大切に育てて下さいと言います。 皆さん、有り難うございます、頑張りますと声を返してくれます。 老人にとってこの一声が嬉しくて励みにもなります。 子供手当が支給されることにより子供に無関心であった国民が他人の子供さんにも感心を持つようになるでしょう。 近所付き合いが少なくなった日本社会にとって「隣人助け合い」の心が再度芽生えること切に願っていまます。 子供手当を無駄に使う親への世間の目は厳しくなるはずです。 子供のいない社会は不健康ですよ。

子供手当賛成

爺さんは後期高齢者です。
健康のため毎日散歩し公園にも行きます。 休みでない日でも子供連れの家族にあいます。 必ず声を掛けるようにしています。子供は国の宝だから大切に育てて下さいと言います。 皆さん、有り難うございます、頑張りますと声を返してくれます。 老人にとってこの一声が嬉しくて励みにもなります。 子供手当が支給されることにより子供に無関心であった国民が他人の子供さんにも感心を持つようになるでしょう。 近所付き合いが少なくなった日本社会にとって「隣人助け合い」の心が再度芽生えること切に願っていまます。 子供手当を無駄に使う親への世間の目は厳しくなるはずです。 子供のいない社会は不健康ですよ。

上から目線で、有権者を愚民扱いする勘違い連中もやはり国民。
生き残りを賭けて変化を望む、志士も国民。
自分達の利益だけ考え、時計の針を戻そうとする者も国民。
からこそ、生き残りのために争いが生まれる。負けるわけにはいかない。

おやおやさんは偉い!

いつも孤軍奮闘大変ご苦労様です。

おやおやさんの論にちゃんとした形で反論できないようでは正しい論議とは言えません。皆様、清く正しく民主党を導いて行きましょう。

できれば我々も、おやおやさんを見習って、大マスコミの渦中に切り込んで行きたいものです。己の正しいと信ずることを行うのは気づいたものの義務でしょう。

子ども手当てと公立高校実質無料化は去年の総選挙の公約だし、工程表にも4月から、と銘打ってあったから、今回の参院選目当てに当たると思っていること自体、私には不思議でならない。百歩譲るなら本来4ヶ月に1回支給を今回は4月と5月分を6月に支給するから、が当たるかもしれないけど、これも去年の総選挙時に決まっていたことで、今更参院選目当てという論調自体、誤報もいいところだ。
去年の定額給付金はいきなり決まったから選挙目当てと見られても仕方ないけど、子ども手当て、公立高校無償化と同列視するのは変な話だろう。まず持って目的が違う。一万歩譲ってバラマキじゃないとすれば定額給付金は景気対策だったはずだ。まあ一回こっきり12000円で景気対策になると思っているのはおめでたい話だとしか思わんが。
それに対して子ども手当ては皆さんが仰ってるように『少子化対策』だ。
目的が違うのはだから比べようがない。比べるなら自民党公約に掲げていた3歳~5歳の一回こっきり36000円とだろう。
民主党案と自民党案のどっちが少子化対策になっているかは贔屓目なしに民主党案であることは間違いない。ウーさんが仰っているようにヨーロッパで成功した施策なのだから。
つまりは『選挙目当て』とか『政権浮揚のため』というお題目を付けることにより、大手マスコミが『成果』を『成果』として扱わず、パフォーマンスにしたいだけなのだ。
少なくとも該当する子どもがいる家庭は、子ども手当て等について新聞テレビというお下劣媒体よりは詳しく知っているので問題ないと思うのだが、問題は新聞テレビというお下劣媒体しか知らない連中だ。(特定したら突っかかってくる輩いるので)どの世代とは言わないが、そういう連中はもうちょっとでもいいから、施策について踏み込んでもらいたい。そうすればパフォーマンスかどうかくらい理解できるだろう。

おやおや様(2010年5月 5日 17:41)

 おやおや様に、お読んで頂いても感心や納得はされず、むしろ、お読みになることに抵抗感や不快感を与える内容ではないかと危惧しておりましたが、とにかくお読みいただけたようで、ありがとうございました、ヤレヤレ…。

>ウー | 2010年5月 5日 18:06 さん

ん・・・、何て言えば良いかな。
いちいち「マスコミは旧勢力応援団」とかいうエクスキューズって要ります?
何でそこまで過保護ママみたいな擁護するんですか。そりゃ、自分の支持する政党が批判されてるのを見ると、腹が立つの気持ちってのはわかりますけど、そこまで庇必要あります?しかも陰謀論的な理由まで持ち出して。

あと、子供手当てについては私は愚策だと思います。保育所の充実などにしてもらいたいです。配られたお金は、ゆくゆくは更に過熱する塾費用になるんじゃないですかね。

>元株や | 2010年5月 5日 18:08 さん

無駄の削減についてはまったく異論はありません。
ただ、なかなか難しいんじゃないでしょうか。いろいろ立場があるし。
少なくとも政権与党なら、バラマキの批判は常に甘受し、事実に間違いがあれば、冷静に説明するという態度が必要だと思います。
「マスコミが攻撃してる」などとは政治家はあんまり言うべきじゃないと思います。

おやおやさん

難しいことを平然とやるのが政治家です。
その結果、人非人の、人でなしのと言われてはじめて政治家かもしれません。
マスゴミが何を言おうが、関係有りません。
100万人といえども我いかん。これが、「漢」と云うモノです。(俺、まだ55だけど、書いてる事は65だな)

結局のところ、
今、この時代と云うのは、日本の次の100年を決定する「時」なのだと思う。
なにもモノを考える事のない日本人。
だから、自分でやれる事を全てやっておこうと思う。
実際、他人の波の中で行動するのは疲れる。
ここで書き込みしているだけなら、何の意味もない。

結構、酔っています。
ごめんね。

55歳の俺が、何を期待しているのか、よく解らない。自分でも解らない。
はっきり言って、どうでもいいような気もする。
生活に困るわけでもないし、自民党でもたいして変わるわけじゃないし。
みんなの党なら、株が上がってよいかもしれん。

でもね、子供たちの未来はどうなるのかな、なんて考えると、たまらないんだよね。
小泉、竹中、ふん冗談じゃない。
アメリカ、ふざけるな。

酔っ払いのたわごとです。
高尚なご反論はご勘弁!!

投稿者: 街角の爺さん | 2010年5月 5日 18:29 のご意見に賛同します。

子供が増えると、自然と子供と大人のふれあいも増え、社会全体が優しくなるように思います。昨年、パリ旅行をしましたが、市内バスに乗ってくる沢山の赤ん坊をのせたベビーカーを見かけました。乗客達は、自然に赤ん坊に目が行くし、その近くの大人と赤ん坊が触れ合う光景をみて、車中全体が和む感じがしました。これが自然な人間の社会だと感じました。

また、子供手当は、最初から完璧とは行かないでしょうが、まず始めることが大事です。問題があれば、改善すればいいじゃないですか。 一度決めたら、改善できないんですか? そんなことないでしょう。

子供手当をバラマキと呼ぶか、再分配と呼ぶかはその人の価値観で決めればいいことですが、民主党のマニフェストを見渡した時に、やはり悪い意味でのバラマキ精神が見て取れるのです。政権交代を明治維新以来の革命だと主張するなら、最重要のマニフェスト項目は地域主権にもつながる霞が関改革になってしかるべきです。しかしこれが子供手当や高速無料化など再分配に属するマニフェスト項目と同一レベルに並べている所に民主党が真の意味での改革に乗り気でない兆候が見て取れるのです。事実、霞が関改革はその全体像を示すことなく先送りされ、夫婦別姓や外国人参政権など支持団体に好都合な制度の方が優先されそうな気配です。現状の民主党に関しては政権交代でその役割はすでに終わっており、真の改革は政界再編後に期待するしかないと考えます。

おやおや様(2010年5月 5日 20:37)

> 少なくとも政権与党なら、バラマキの批判は常に甘受し、事実に間違いがあれば、冷静に説明するという態度が必要だと思います。<

 いやしくも大衆通信媒体が『ばら蒔き』を批判するなら、何故『ばら蒔き』が悪いのかを論理的に解説した上で、では何時、何処に、如何ほどの種を蒔けば善いのかの提案をする態度が必要だと、私は思量します。

> 「マスコミが攻撃してる」などとは政治家はあんまり言うべきじゃないと思います。<

 マスコミにしろおよやさんの投稿にしろ、因果の道理を否定するような攻撃は『増す塵』に過ぎないと、私は思量します、オヤオヤ…。

ここが参考になります。http://sun.ap.teacup.com/souun/2704.html

よっちゃん、上から目線の選挙目当て~本当にそうです。バラマキと言う言葉もそうかも。選挙に勝つと言うことが政党・政治家の第一歩なのに軽んじるのはどういう風潮か。野中さんの暴露発言が凄い!これまでのコメンテーター・キャスターの発言、新聞・雑誌等の論旨の文脈を再検討しながら評価しないといけなくなりました。桜井さんもかな。最近ヒステリックでしたし~。参院選に勝つと言う目標を持って現政権内部の身体検査しなきゃいけないのでは?

選挙とは政治家による卑しい行為といった前提でものを言うマスコミの影響ですね。
政治不信をあおる象徴的な言葉ですね。
有権者から選ばれる政治家は、選挙を意識するのは当たり前。「選挙目当て」等という言葉が浸透してしまうと、結局は選挙とは無縁の官僚役人が政治をするのが一番良いと言う事を間接的に言っているのですね。>マスゴミたる所以。
だから小沢は叩かれるんだなあ・・・

<よっちゃん様>
よくぞ、言ってくださいました。
マスコミはどういう訳か、消費税が20兆円で、14兆円が主に輸出大企業の減税に使われ、経団連を通して自民党国民政治協会に献金として還流している事は取り上げない。
こういうのは、バラマキとは言わないのか?
それら企業の大株主は外資で、マスコミの大スポンサーである。
株主配当と役員報酬を肥大化させ、子育て中の若夫婦に月額2万6千円の援助をする事がどれほど悪い事だろう。
選挙とは自身の生活の照らし合わせて、どの政党に任せればいいのか、を選択する民主主義の根幹であり、政党は多数の国民の支持を取り付ける為に政策を掲げる。
当たり前である。選挙目当てのバラマキとは、民主主義の判らない人間の戯言か、もしくは判っていて国民には痛みだけを押し付けたい外資・大企業側の人間の世論誘導にすぎない。

「子供手当て」は第一義的には社会保障政策であり、経済効果は副産物でしかない。
一方、「定額給付金」は景気浮揚を狙った経済政策である。
経済政策であるからには経済効果でその是非を論じるべき。
約7割は貯蓄に回ったというデータから言えば、当初危惧されていた通り、「地域振興券」並の経済効果しか得られなかったということである。

先の総選挙で民主党は「子供手当て」を掲げ大勝した。
国民に支持された政策を民主党は粛々と実行しているに過ぎない。
これを非難する者は、先の選挙結果を軽視していると言わざるを得ない。
一方、「定額給付金」は国民から支持された施策ではない。
経済浮揚を大義名分に窮地の麻生政権がバラ撒いた「アメ玉」以外の何者でもない。
選挙目的のバラ撒き政策という非難は、「定額給付金」にこそ当てはまるのである。

周知の通り、若い世代は正社員の比率が低く、収入が不安定な者が多い。
彼らが結婚し子供を育てていくことは、大変なことである。
今の時代だからこそ、「子供手当て」を支給することが有効なのである。

そもそも日本の教育予算は先進国中最低水準にある。
先進国中最高水準の公共予算を減らし、教育予算を増やすことが間違いのはずがない。

みなさま
よっちゃんです。様々なご意見を頂き、ありがとうございます。
まず、お断りしておくと、私はこの投稿で「子供手当て政策」の是非を問うているわけではありません。
どんな政策でも賛成、反対があるのは当然ですので、それで結構だと思います。

新聞やTVのマスコミ(あえてマスゴミとは言いません。)は、
「マニフェスト」で具体的な政策と工程を示せ!とさんざん唱えていたはずです。
そして、民主党は「子供手当て」を衆院選マニフェストの二番目の重要政策に掲げて戦い、
圧倒的な勝利を収めたのです。
マニフェストにちっちゃく書いてたわけではなく、二番目ですよ!

政策が選挙の勝利という形で支持を得たのですから、それを実行するのは当然でしょう。
"Revolution | 2010年5月 5日 19:36"さんや、
"uchi-uchi | 2010年5月 6日 09:22 "さん、
"玉石 | 2010年5月 6日 15:25"さんも、おっしゃるように、
そのマニフェストの政策を粛々と予算化したに過ぎないのです。
それを「選挙目当てのバラマキ」と批判するのはどうかしています。

サンプル数千数百の世論調査より、選挙の結果が正しい民意である事は間違いありません。
新聞やTVのマスコミが選挙の民意を無視し、あたかも国民の代表のような"したり顔"で、
民主党政策を批判する事が許せないのです。
「マニフェストを支持して民主党に勝たせた貴方達は馬鹿だったね。」と言われている気がするのです。

仮に、今現在の有権者の過半数が子供手当てを愚策だと思うなら、
そのマニフェストを支持して政権交代させた(させてしまった)有権者自身が愚かだったと猛省すべきなのでしょう。

たぶん「看板の付け替え」とのマスコミの表現然り、
何らかの増税とセットでおそらくはいわゆる全体でプラス収支となりえる家庭はどのぐらいなのか。

おそらく損する家庭が多いような気がしますね。
何処かの市がモデルケースをシュミレートして、赤字でしたよ。

それと、「再配分との子供」手当てなんてものは、聞こえが良くて目からウロコのように思えるわけです。
貰えるというように仕組んだ表現であれば、当然貰えると思うことでしょう。
本来父兄が仕事をしていて収める所得税などを、子供の居る家庭では、少々(2.6万なり)年一決済でも源泉徴収時でも良いからそこで調整させるとのやり方でやるべきようなものです。

元財務大臣の議員さんが、かなり前の時事放談で、結果的に経済対策になりえたとしても趣旨が違うんだ、と言うことは純粋に子供の養育等に使用されるべきとの発言ですか、そういったわけです。

それならば、今回出た、半分は現物支給と言わないで、何らかの上手なシステムにおいて、極力子供のための予算になるべきものです。

果たしてどのようなスタイルで子供を持つ育てる家庭が子供手当てによって恩恵を得てプラス収支になるかということを考慮すべきでしょうね。

貰える貰えるそれしか思いつかないのは、財政の豊かなジャブジャブのお国の話でございます。

財政のほとんどが借金で国民の金が、銀行や郵貯から知らずの内に、国債と言うものにされて、予算、財政がやっと捻出されているような国だとした場合は、増税か他の予算を削るか借金をするか金を刷るか等、また、看板の付け替えの税金等で出されるのであって、とんでもない愚策であるとは感じませんか。

みそは、まとめると

あげる、貰える
配る

「子供 」手当て

聞こえが良くて輝いて聞こえますね。

実際はプラスかマイナスか?
さてどういう家庭のスタイルがプラス収支でしょうかね。
フタをあけてみなければ不明ですね。


特段に不公平極まりないとの意見は、ジャブジャブの財政から出されるわけではないようなので、負担が生じます。子供の有る無しで・・・とんでもないですね。

>新聞やTVのマスコミが選挙の民意を無視し、あたかも国民の代表のような"したり顔"で、
>民主党政策を批判する事が許せないのです。

おっしゃる通りだと思います。
私の周囲にも「子供手当て」に期待する若い人達はたくさんいます。
彼らの声を無視し、反対者の声だけを取上げて批判することは情報操作以外の何ものでもありません。

匿名 サン| 2010年5月 7日 03:07

>果たしてどのようなスタイルで子供を持つ育てる家庭が子供手当てによって恩恵を得てプラス収支になるかということを考慮すべきでしょうね。<

よっちゃんが子供手当ての是非を問うているスレではないと言われるので一言だけ。

我が家も子供手当てによる恩恵はありません。十年前ならもっと良かったとの思いがあります。それは家計の損得ではありません。

そんな子育て援助を示す国なら、もう2~3人子どもを増やしていただろうということです。

経済的理由で、子供を諦めねばならい国ではいけません。どんな仕事、少ない収入の家庭でも胸を張って子供を生み育てられる国造りこそ少子化対策ですよ。

学歴社会という、塾や習い事にお金をかけ、高学歴が高収入の仕事に付ける社会も見直したほうが良い。学歴だけで人間を品定めなんて本来するべきではない。

現実不可能でしょうが、高卒で就職した方が大学卒より高給を与えるべきです。大学はもっと勉強したい特殊な分野・仕事を目差すものだけが進学すれば良いかと。

匿名 | 2010年5月 7日 14:12
は ウーです。何回目だろ、スミマセンでした。

<よっちゃん様へ>
いやぁ、恐れ入りました…ただ“脱帽”でございます。貴兄は只者ではありませんね…手練のコラムニストだったりして?
貴兄の「透徹した視野」と躊躇や留保を捨象した「曇りのない論理と覚悟」に、不肖私は感動すら覚えます。私が言いたいことの本質を物の見事に「簡潔に」仰って下さいました。バカメディアの妄想社説や保身論説を垂れ流している似非リーダー連中に、是非とも読ませたいし、反論できるものならやってみろ…って思うんです。
で、「子供手当て」と「定額給付金」の違いが分からない方々は(バカメディアも含めて)率直に言って“無知”か“認めたくない”ってだけのことです。不肖私に言わせて頂ければ、「子供手当て」と「公立高校授業料の無償化」は政策的には“セット”なのです。その先に民主党が見据えているものは「国立大学制度改革」と「私学助成金」の見直し…つまり、大学の事業仕分けってこと。日本の小・中学校の義務教育水準が落ちた、だとか、へちまだとか言ってるのは単なる「文部科学省のマッチポンプ」に過ぎないのです。最も疲弊し腐りかけているのは「大学」なんですよ。“学歴偏重社会”がバカ官僚をつけあがらせただけでなく、ディズニーランド化した、或いは、モラトリアム症候群用病院化した大半の「大学」は最早、社会の“深刻な重荷”でしかないのです。

…っていう風にグダグダ書いちゃうから、不肖私は、<よっちゃん様>にはいつまでたってもカナワナイノカナァ?なんて反省しきりです。

マスコミが子供手当てを悪く言うのが理解できません。
定額給付金も、仲間と近所に食事に行き、レストランのウェイターにコレをこの街で、又使ってくれとチップとして全額渡しました。使われたどうかはは解らないですけど。箱物行政よりはましだが、悪い意味のほうの部類のバラマキだと思いましたが、せっかく時の政権党の自民党の人達が行った政策です。彼らだってこの政策は悪いと思ってやったとは思っていませんでした。

そして、子供手当ては、フランスのパクリですよね。これでフランスの少子化が治まってきたのは、事実でしょう。政策なんて言葉を変えれば、バラマキでしょう。子供手当ては相当良いほうの部類だと思いますがね。
そんな簡単な事を、単なるアンケートで半数の主婦が貯蓄に回すからと批判をしてる。逆だろうと思う。マスコミの一部でも何故、政府が主導した政策を、「これは税金です。国民のみなさん使いましょうと!」と啓蒙していかないのかが僕は不思議です。

僕は現在の日本を前よりは危ないと思いますが。国難などとは思っていません。国難などと言って煽ってるマスコミが更に悪くなる事を行っている。こういう件では自民党も民主党も一緒になってくだらないマスコミを戒めればいいと思う。

近づいてくる足音が今後のメディアの収益を左右するような初動の一手だと危機感で恐れているのかもなんて大袈裟だけれど

社会主義とか全体主義とかの靴音が・・
子供は家庭のものではなくて、国が育てる、大真面目に選挙の票集めでと言わずに、考えたらそんな感じに思われても仕方ないじゃん

あの中国だって勢いはあるけど、
家の下の土地は国有地で「出て行け」と号令が下されれば黙って従うしかない

そのような社会を目指していると少しでも思えてくれば、局は資本主義の鏡みたいなもので、スポンサーに頼っている
その収益は企業などの収益による

しからば、競争力重視の社会を脱してそのようになれば、生き残れるのはごく一部と・・・

たぶん考えすぎだけど、何かにつけて社会・全体主義傾向の初動は防ぎたいと思えないかな?

「子育て手当」同時に「高校教育無償化」も賛成です。私の子育て等は終了しており恩恵は全く受けられず控除の見直しで逆にどちらかと言えば不利益を生じます。しかし子供が生まれてから高齢化ししぼうするまでの一生が活きている人間に優しい社会になればと思っています。
 ここで財源のことを言われる人が多数います。そして所得制限の導入を言われる方が数多くいます。
 これに対する対案として高額所得者に対する所得税率の漸増、利子所得、や株式配当等に対する租税特別法の廃止、納税者背番号制度の実施を行なうべきです。高額所得者に対する所得税の漸増は所得制限に匹敵します。更に高額所得者は医療費の負担についても保険料の負担についてもいづれも限度額があり高額所得者ほど所得に対する負担割合が少なくなっており消費税と同じ構造です。
 これまでの増税分は概ね企業と高額所得者の減税に回っています。行き過ぎた勝組に対する税制優遇は見直すべきで所得氏配分機能の活性化を図るべきです。

 訂正(最終行)
 誤 所得 氏 配分
 正 所得 再 配分

hal2001 | 2010年5月 8日 03:14 さま
最上級のお褒めの言葉ありがとうございます。私、普通の43歳サラリーマンです。
もう一言言わせて下さい。
有権者のみなさんの過半数は衆議院議員の任期が4年間だという事を知ったうえで民主党、鳩山代表に政権を任せたんですよね。総選挙に勝てば鳩山首相である事は明白であり、自民の総裁選で選ばれた安部、福田、麻生とは違うのです。直接ではないにせよ、鳩山さんを我々有権者が選挙で首相に選んだのです。であれば、民主党に投票した有権者は、批判もあるでしょうが4年間は応援すべきではないでしょうか。結果はともあれ、鳩山首相はマニフェスト実現のために頑張っていると思います。鳩山さんが辞めれば普天間問題が解決するわけでもありません。

よっちゃんさん


先の衆議院選挙での民主党の得票率は、小選挙区47.43%・比例代表42.41%です。
(与党の合計でそれぞれ、50.73%・49.78%)

有権者のみなさんの過半数が民主党、鳩山代表に政権を任せたとは言えないと思うのですが。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日本語の「ヨロン」という言葉には「世論」と「輿論」という2種類の漢字があります。実は、この2つの言葉は大きく意味が異なっていて、「世論(セロンとも読みます)」とは「感情的な世間の空気」のことで、「輿論」とは「議論を積み重ねてできあがった公的意見」のことを指します。《よろんず》が目指すものは後者の「ヨロン=輿論」をつくることであり、そのために、《よろんず》では情報のプロ・アマに関係なく自由闊達に議論を交わすための場所を提供します。メディアの調査で発表される「ヨロン=世論」とは違う真の「ヨロン」をつくるため、執筆者・出演者・読者のみなさんに、この新しい“知の共有空間”に参加いただけるよう呼びかけます。

読者投稿募集中!
↓ ↓ ↓
《よろんず》への投稿はコチラから

必ずお読みください!
↓ ↓ ↓
コメント投稿についてのお願い

BookMarks

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.