Calendar

2010年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Comments

Chura:「沖縄人=基地反対」ではない
satocotori 05/25
深淵到達者 05/27
深淵到達者 05/27
sirokuma 05/27
tatsuya 05/28
けん 06/03
774 06/03
青皿 06/04
しち 03/17
しち 03/17

« 菅野芳秀:夢の続き
メイン
【意見募集中】鳩山首相・小沢幹事長が辞任。この判断をどう思いますか? »

Chura:「沖縄人=基地反対」ではない

──────────────────
【読者投稿募集中!】
──────────────────

 沖縄の基地問題で、怒りを覚えるのは歴史的に本土中心の政策で沖縄人の思いを一つとして顧みてくれないところです。島を蹂躙して現在を作ったのは本土人ではないのか。沖縄人=基地反対論者ではないんですよ。

 今は戦争を経験した世代と、生まれながらにして基地と共存してきた世代との思考のギャップが大きいのです。歴史的風俗と風習が、高齢の人をことのほか尊敬しており、先人の言葉に追従する姿勢が見られますが、だからと言って決してそれが若者の本意ではなく総意でもないのです。選挙の結果=基地反対ではないです。選挙は地域性と一族血縁のしがらみであり、政策は二次的なものにすぎません。

 何故日本本土の人たちは、沖縄人には純粋に真理と正義の中で生きろと強制するのか。私達も都会並みとはいかなくても金銭的に豊かな生活がしたい。これが偽らざる心です。沖縄人を経済的に自立させる事、またそれを支援する事が本土人が考えるべき戦後の贖罪ではないのか。

 そんな真実の姿を理解せず、ワンパターンに沖縄は基地反対だと書きたて騒ぎを作るのは間違いです。基地分散論で沖縄の痛みを分かち合おうとしないのは本土人ではないか。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/6959

コメント (48)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

そりゃ、基地で食っている人もいるでしょうよ。そもそも、何で沖縄が経済的に自立できなかったのか。その要因に基地の存在があったのでは。それと、米軍人と沖縄は共存出来るのですか?基地が無い経済的に自立した沖縄を作りましょうよ。

Google航空写真で沖縄本島をよく見てみて下さい。
現に生活や経済発展の障害になっていることが、一目瞭然です。

「土地を返還して下さい!」ということです。

「沖縄人=基地反対論者ではない」という、なんだか、またまた、誤ったイメージをもたれそうなタイトルですが、もう、そういうことよりも、
「私の地域で基地を受け入れられない理由」などといった観点から、全国各地の皆様の意見を聞きたいものです。

沖縄基地問題の本質というのは「少数民族問題」だと思ってます。
要するに少数民族居住地域に迷惑施設を押し付けている現状がある→リベラル政党が少数民族票の欲しさに施設の移動を公約→「何でその問題をいじくるんだ! 少数民族地域に押し付けとけば全て済む問題じゃねーか! 少数民族どもやそれに肩入れする連中にガタガタ言わせるんじゃねえ!」と多数派支配民族が激怒→でもその本音を大にして言うには流石に気が引けるので「抑止力」とか色々と理屈をコネて正当化・・・ということだと思います。
先住少数民族の問題は基本的に少数民族の満足するような解決することはほとんどありません。少数民族がひたすら我慢を強いられるか、問題の地域からの強制移住か、多数派民族の政策移民による少数民族の同化・絶滅しかありません。
多数派民族の1人として恥ずかしいとしか言い様がありません。でもどうにもならないと思います。

米軍に対しての思いは?分散を超えて、米軍を日本から撤退させ、占領状態を解く必要がありますよ。米国という負け馬に追従したらババ掴みます。

  沖縄県の経済的自立に向けて。
 自公政権下で基地存続と引き換えに行われた地域振興策 まさに沖縄の持続的経済発展を求めるのではなく箱物建てることであつた。沖縄県を経済財政金融特区として、関税0化 、沖縄県だけに通用する地域通貨の創設、台湾・香港・中国本土との交易において 相手国が認めれば地域通貨を用いての決済など、また県内及び上記三地域での交易での法人・自然人の所得には課税しない、本土との移出、移入には本土おなじように課税し円貨で払う、地域通貨での交易に地方税賦課するさい地域通貨での納税を認める ことなど
 役人の小手先の改革をこえるもの導入すればよいと思う。
  沖縄県が先導してやるべきと思う。

自民党の山谷えり子先生に、統一教会・日本勝共連合本部より力強い支援が届きました!!!!!!!!!!


自民党の先生方は皆 コンナ感じ!!!!!!!!!!!


栄光在天


(前略)


さて、来る7月の参議院選挙でございますが、勝共本部(統一教会日本統括本部) 青津和代本部長より資料等 届いているかと思いますが、


"山谷えり子" 先生


の 「必勝」 のため ご尽力よろしくお願いいたします。


6年前の選挙では西日本の "食口(工作員)" の皆様にお願いしましたが、このたびは全国あげてお願いする形になるかと思います。


前回以上の票数が必要になると思います。


青津部長の話では25万から30万票と読んでおります。


(中略)


『山谷先生、安倍(晋三)先生なくして私たちの "み旨(日本朝鮮化計画)" は成就できません。』


山谷事務所も30万票必勝体制で臨んでおります。
ここにきて日本会議、仏所御念も票がばらけるようでございます。

なおさら私たち "食口(工作員)" が1人5票、二、三家庭を固めていただくことが "み旨" 成就にとって必至でございます。


どうか "教区長を先頭に!" 名簿づくり、声がけ下さいますようお願いいたします。

又 一番重要なことですがくれぐれも

"個人名「山谷えり子」"

と二枚目の投票用紙に記入することを何度も何度も徹底して下さい。

自民党、党名、ではだめです。

なお資料等 足りない場合は本部 青津部長まで連絡ください。


『対策上、直接 山谷事務所に連絡することはやめて下さい!』


『又 青津さんも自民党の先生方を集めた全国教育問題協議会の事務をしている関係上 "名前を変えて" います(ココ等辺、大変に工作員の親玉としてリアルですナァ!!!!!!)!

勝共の青津は使ってません(ヤッテル事は朝鮮総連のスパイと一緒!!!!!!!)』


本部に連絡して "選挙" と言って下さい。青津部長に必ず伝わります。地区名を伝えて下さい。


有田(民主党の対立候補)対策ですがくれぐれも宜しくお願いします。

相対的に "有田退治になる" 全国足並み統一行動(ハハァ、それで "統一教会" か!)を取って下さい!


選挙直前に "指示" が届きます。

基地が無い経済的に自立した沖縄(笑)

まずは外国軍基地が無い軍事的に自立した日本からでわ?

現在,県経済的に基地への依存度って何パーセントなんですかね?

沖縄県民が基地反対でないならなぜ、基地反対集会に9万人も集るのか。あなたは沖縄県民の本当の気持を知っているのか。
沖縄に基地を押しつける論理を、沖縄に基地を受入れても良いと考えている一部の人意見を全体の意見のようにいうのは誤りだ。個別的事例を一般化するのは止めろ

【県民総所得に占める基地関係収入の割合は約5%で観光収入の半分以下】


『本土には「基地から経済的な恩恵を受けているからいいじゃないか」との意見も一部にあるが、県民総所得に占める基地関係収入の割合は約5%で観光収入の半分以下だ。むしろ立地条件のいい場所を軍用地に取られ経済発展を妨げている側面が強い。経済的利点を強調する人は自分の地元に誘致すればいい。』(5月23日 琉球新報 社説 より)
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-162483-storytopic-11.html

上記の社説のとおりではないかと思います。
当然、基地によって経済的利益を得ている人もいるが、多数はそれを得ていない。基地のために製剤する経済的発展が阻害されている。これも現実。

9万人の超党派による県民大会は県内の新基地建設移設反対、普天間基地早期返還の県民の民意が示された。

在沖米軍のほんの一部である普天間基地を何とかしろ!といっているのであって、米軍はすべて出て行けといっているわけではまったくない。

しかし、沖縄に過重な基地負担を押し付けて、何もしようとしない、沖縄をきわめてバカにした日米両政府、または、ヤマトに対し、県民が怒るのは当然のことであるだろう。
どう考えても、《沖縄差別》である。

Churaさんの
【島を蹂躙して現在を作ったのは本土人ではないのか。】
【沖縄人を経済的に自立させる事、またそれを支援する事が本土人が考えるべき戦後の贖罪ではないのか。】
【基地分散論で沖縄の痛みを分かち合おうとしないのは本土人ではないか。】など、その内容にまったく同感しますが、

【「沖縄人=基地反対」ではない】という題名は、その内容に誤解を招きかねないものと思え、違和感を覚えます。

鳩山総理の底なしの愚かが、証明された。

最後の希望を見事に打ち砕いた、鳩山政権。

全てが、謎解きのように、読めた。

小澤氏の不当な捜査、検察、マスコミへの、恐怖に脅える、及び腰。

すべてが、この普天間基地の結論で証明された。

この、アマチア民主党幹部、鳩山、平野、管、7ブギョウ、一度も政権与党の権力の強力さを認識せず、行使もできず、狂犬にかみつかれ、妥協~の、今日の結果である。

琴美氏が早々、鳩山に見切りをつけた、先見性に驚く。

最後の望みを、見事に鳩山総理は裏切ってくれた。

参院選、の国民のしっぺ返しに驚愕し、その責任を、小澤氏の「政治と金」の責任に転嫁。

鳩山、7ブギョウは完全に手を組んだ。

哀れ!鳩山ボンボン!

鳩山ヘタレ首相(新売国奴)は、「日米関係を良好に保つことが、何よりも大事」だと言って、そのために辺野古移転が必要だと言いました。

それならば、その論理を逆手に取ればいいのです。
つまり、沖縄に米軍施設を残すことが、かえって日米関係を悪化させるという形に持っていくのです。

具体的には、沖縄県民が露骨に反米・嫌米を示すことです。今のタイミングが、反米・嫌米運動を本格的に始めるチャンスです。例えば、各店舗が「米軍お断り」「米軍人出入り禁止」にするのです。
政府側が行政指導だ何だと圧力をかけてきても、反米・嫌米を押し通すのです。

アメリカだって、沖縄が暮らしやすいから出て行くのを渋るのであって、在沖米軍家族から、「こんな米軍差別が酷いところで暮らしたくない。一日も早くアメリカに帰りたい。」という声が大きくなり、米軍の間で「沖縄、あそこだけは御免だ。」という噂が広がれば、さっさとグアムに移転してくれるでしょう。

まあ、極端な話をしてしまいましたが、米軍に対して「思いやり」を持っている限りは出て行ってくれませんよ、ということです。それが真の意味での思いやりでなくても、形として「思いやり」になってしまっているのです。そして、その一例が、米軍を目当てにした商売だというわけです。なぜなら、これによって米軍家族の生活が、より豊かになっているのは確かなのですから。

沖縄が経済的に自立したいのなら、米軍依存の商売を止めないと駄目です。今がその切換をするチャンスです。ここで、ズルズルといってしまったら、いつまで経っても自立できないでしょう。

江戸時代の大阪の名経営者兼当時の世界的自由主義経済学者山片バントウ(※漢字が出ないためカタカナで失礼)が封建制とは地方分権、律令制とは中央集権、封建制が最高の政治体制と論及していた。
その結果江戸以上に全国各地に都市ができ、偉人が生まれ、文化と産業が花咲いていた。

沖縄の問題は我々がどうこう言うより、日本の政治体制にある。
沖縄は完全分権制で、沖縄のことは沖縄で決める体制にすれば良い。東京政府の官僚が全て決める限り、何も進まない。
今起こっているのは沖縄の独立運動である。
沖縄に基地がなくなって心配なら、ヤマト内で解決すればよい。
関西に住んでいても東京政府に腹が立つのだ。まして国が違った沖縄ならなおさらである。
今大阪のゴリモンの日々というプログで私が大阪衰退論を投稿したら、大盛り上がりとなった。
一例を書くと
 本社の東京移転の現実は 
   昭和45年との比較
①銀行大手13 本社大阪3現在0
②商社  10 本社大阪8 0
③百貨店 5 3 0
④量販店 5 3 0
⑤建築  5 2 0
⑥鉄鋼  5 3 0
⑦繊維  大半本社大阪
    現在東西本社社長東京
⑧住友系白水会30社 
  大半本社大阪、現在3社程度

ここに書いていない他の業種も同様である。
更に
⑨商品取引 大阪シェア70%
現在   3%
本日のニュース 中部取引所と関西取引所の合併 政府経産省が反対、中部は東京と合併を命じた、商品取引は全て東京へと。
全てに政府が関与しているのである。

その結果、京阪神国立三大学、関関同立の新卒就職先は大阪・関西80%が東京70%に。

言うなら
東京は大から超特大に
大阪は大から中に
名古屋は中から中に
その他の地方は小から極小に

なっている。

関西に住んでいても日本という国がいやになるのである。沖縄ならなおさらだ。
私も本社移転で大阪から東京へ移ったのでより実感する。現在は関西在住であるが。
本社移転は決して企業の自主判断でない。政府の筋書きである。
沖縄は完全分権、その他の地方も地方分権をしない限り、世界の趨勢から遅れる一方である。
一国家一制度など悪法である。
世界の先進国は帝国主義国家から地方分権更に都市国家へと完全転換したのに、日本だけいまだに帝国主義を更に強化しているのである。
民主党になってもなんら変わっていない。
沖縄だけでなく、今大阪も地方分権を目指して知事を中心に静かに戦っている。名古屋もしかり。
いずれ全国各地に広がると見る。
民主主義の先進地方沖縄は直接米国と交渉すれば良いのだ。

<Chura様>
こんにちは。いつも沖縄発の生の声を届けて頂き、ありがとうございます。
さて、基地がいる、いらないではなく、Chura様の本意は、経済を何とかしていれ、若者にビジネスチャンスをくれ、という事ですね。
元々、普天間基地の移設については、橋本総理・小沢新進党代表によってSACO合意がスタートです。(閣外協力の社会党からの反対にあい、橋本氏が小沢氏に相談)平野貞夫・与謝野馨両氏の手により合意文書がつくられました。
小渕時代も、辺野古沖合いに撤去可能で小さなヘリポートをつくり、訓練の一部を残すことで合意していました。
それが、なぜ大規模埋め立てになったのか?森総理時代の沖縄サミットで、結構沖縄が潤った体験に味をしめた、という側面があったといわれています。
ところが、辺野古埋め立て容認の対価である北部振興予算も、役人天下りの海洋センターなど巨大ハコモノに使われ、名護の町はひと気のないシャッター通りです。
沖縄の産業に占める建築・土木の割合が高い事は良く知られていますが、沖縄の産業構造が今のままなら、一時的に工事代金は入るも、持続的な経済活動は望めないのです。
Chura様、基地があれば経済的に自立できるのですか?
基地があろうが、なかろうが、医療・スパ特区やカジノ特区構想など、沖縄自立経済確立の為に、島人の声を政治に届ける必要があるのではないでしょうか?

<琉球王国の尊厳>
以前にも述べさせて頂きましたが、沖縄県民は琉球王国の一つの民族なのです。薩摩藩の侵略から日本の隷属となり、常に犠牲を強いられてきたのです。太平洋戦争では唯一の地上戦で日本軍と米軍に蹂躙されました。そして戦後日本が生きるために米国に売り渡したのです。その歴史は厳然たる事実です。普天間基地の辺野古移転で米国と合意し、自民党政権のペテン合意を実行するのが民主党政権ならば、沖縄県民にとっての希望を踏みにじる行為と言わざるを得ません。「沖縄県民の合意を得られず」と鳩山総理を攻撃するマスコミは問題外で、日本本土で基地誘致の声が多く上がる事こそ沖縄県民に対しての答えなのです。そして鳩山総理は、あくまで県外移設が沖縄県民の意志であり、日本国内の米軍基地縮小が将来の目標であるとの交渉をしなくては成らないのです。ただただ、県外移設が出来ず「申し訳ない」と謝罪しても、何の展望も示さないのであれば、ただの失望を与えただけです。裏切り以外の何者でもありません。民主党を取り巻く既得権益米国と利権の温床、官僚の意のままに成っただけなのでしょうか。時間をかけての交渉を望んでいた沖縄の人々に民主党としての将来の基地に対する展望を示さずに押し付けることは、自民党と何処が違うのか教えて貰いたい。何時まで踏みにじられるのか琉球民族の尊厳は。

語弊はありましょうが、それを奴隷根性と言いませんか?。
自立した国民の仰ることではないでしょう。
兵隊さんに飴玉をねだる姿を彷彿とさせます。
元の太田知事さんが素晴らしい振興策を構想しておられたようです。
何かと羨ましい限りの立地環境にあると思いますがね。
因みに、米軍のための国からの年間経費が沖縄県の財政を上回ってると聞いてます。
前向きに進めば先は明るいものと確信しますよ。

基地を押し付ける政府を批判している人が、基地反対を押し付ける。
自分は正しいと思うと気付かないものですね。

<鳩山退陣を勧告する>
総理が国民との約束を果たせなければ、退陣すべきである。
「辺野古の海を埋め立てるのは、自然への冒涜だ」と語っていたのは、つい一月前。
私は一生懸命やりました。でも、できませんでした。ごめんなさい。と、言葉であやまって済まされるのは、子供だけ。
一国の総理は、国民の生命・財産を預かっているのである。
こんな総理が参議院選挙でいくら国民にパラダイスな未来を語ろうが、いったい誰が信じるだろう。
国民の信は地に落ちた。鳩山は、衆議院選挙で「最低でも県外」と約束した。その上で下された民意を踏みにじった。選挙という国民が唯一行使できる民主主義を踏みにじった。
その上、辞める気配すらない。総理番の記者によれば、毎日良く眠り、良く食べ、すこぶる元気だそうな。神経回路が切れているのではないか?宇宙人のETの様な可愛さはなく、人の思い・情が理解できない不感症人間である。
感性が鈍い人間は、周りの人を不幸にする。
今すぐ小沢氏に大政奉還すべきである。
党内民主主義を重視するなら、サポーター・党員選挙でも結構だ。
岩手四区傘下の党員・サポーターは過半を占めるほど膨れ上がっていると予測できるからだ。
それに、小沢グループの議員票が加われば、まず負けない。
仙谷・菅・鳩で週一で食事して、新トロイカを結成したとか・・・。参議院選挙で大敗し、小沢に責任を押し付け、菅か仙谷に総理を禅譲するつもりなら、小沢シンパ600万人を敵に廻すと思え。

仲井真沖縄県知事の普天間基地に関する辺野古への移設反対表明は, 「沖縄県民の意向と一致した見解」 と見なしていい。 稲嶺名護市長の移設反対意見も同様である。 ただこの問題を論じる投稿者のコメントの中で, 「琉球民族」 と 「大和 (和人) 民族」 という民族の違いが強調されたり, 「琉球王国」 が 「日本国」 から独立した国家である, という歴史観が主張されたりすると, 議論が現前の政治政策論から逸脱する憾を否めないのである。 定説がないからには, 「民族差別」 等の問題は, 混乱を避けるために, 触れないほうが賢明だろう。 それ以外の点では, 多く論じられるように, 日米安保条約が存続している以上, 沖縄県民がその条約を日常生活において, 苦痛に思い, 負担に感じて, 憎悪する悪感情を, 除去するように, 鳩山政権は最大限の措置を講じなければならない。 しかしながら, 現時点における鳩山首相の発言は, 妥当性を持つものではない。 可能な処方箋すら想起させない。 私達は反対の意思表示を言論および行動で示すしかない。 

そんなに反対運動がしたいなら、一度、自分のところで受け入れてからアメリカに帰ってもらう運動すればいいのにね。

「国民の意見を聞き、アメリカと交渉する」のが政府の仕事。

「アメリカの意見を聞き、国民と交渉する」鳩山さん。

日本の総理大臣というのは、アメリカの外交官補佐でしたっけ。

鳩山さん、道を間違えましたね。辞職して家で遊んでいて下さい。
あなたが口を開くたびに、みんな迷惑しています。

これでオバマ政権は米議会に予算を計上できるということですか? だけど辺野古に建造物を作ることは現実には不可能。訓練などは多少国内他地域にもっていける。遅くとも2014年にはグアムには移る。最悪は避けられた!? (永田町異聞さんより抜粋のつもり)

こと恵美様に賛成!!

川内議員達がテニアンに行って、あちらの了承を取り付け、市長らがわざわざ総理に会いに来ても、会おうとしない。

川内さん達の国外移転の件は本当に検討されたのでしょうか?5月の4日総理があの様に言っていても、かすかな望みを抱いていましたが、昨日の総理の言葉で、もう民主党を応援する気が無くなりました。

あの日、いきなり始まった鳩山首相の「泣き節」に、駄目だ~~~~~、
メディアの後を着いていく首相って、いったいなんなんですか!
リーダーたるもの「我に続け~!!!!!」と先陣を切って進まなくてどうしますか。
もっとも、日本の場合は唯の世継ぎ製造機としての、つまり2世・3世を送り込むためだけの装置だから・・・殿は安全地帯に逃げ廻ればいいのかも。 敵に遭遇したら、ごめんなさいと頭を下げ、民が飢えたら籾を食べなさいと言う。


沖縄住民にとって辺野古の海は、稲作農民にとっての種籾でしょう。
それを取り上げ、自分の命乞いに敵に差出し、「いい方法が見つかって良かった」
と部下に感謝する。

だから鳩山さんは「てつがくのライオン」なんです。哲学ではないのです。

≪Chura≫さま

あなたの言いたいことは、こうではありませんか。
小さい時から、フェンスの内側の世界は憧れの世界でもあった。広い芝生の中の白亜の平屋の米軍住宅、基地内は免税なので何でも安い。日米の経済格差の大きかった時代のアメリカ文化への思いは今も残る。

中途半端な解決をするくらいなら、今すぐにできること。 沖縄住民(移住した人ではなく)の所得の免税。日曜日のベースキャンプの開放。基地内のお店での限度つきの買い物。救急時における基地の病院の受け入れ要請。

こういったことを即座に解決しつつ、ゆっくり考えてくれ、と言うことではないですか?

沖縄の土建やさんは過去50年は基地によって潤ってきたのですから、今度は、迷惑ばかり押し付けられた住民に主導件があるのではないですか。 その主導権のお手伝いをしますと言って票を集めた鳩山(首相)が、やはり土建やさんと組みます。貴方たちは我慢するのが日米同盟のためになるのですから、未来永劫基地とともに暮らしてください。
ごめんなさい。

こんな風に見えるのですが。。。

《2010年5月24日(月)ムネオ日記》を読みました。

【何よりも、米海兵隊の沖縄県道104号線越実射訓練の本土移転を受け入れることを、私はいの一番に決意し、北海道別海町の矢臼別演習場への移設を決めた。】と。
私は鈴木宗男さんのこの決断と行動に深く敬意を表します。

ただ抑止力の考えなど、私とは違っていますが。
この抑止力とは何か、について、多くの国民を巻き込んで、いろいろと議論していくことが今後も重要であると思います。

いかなる結果に導こうとしても、それを議論せずしては、この問題は決着しないと思います。

でも自民党は大嫌い

tatsuya>それにしても、これほどまで日本はアメリカの属国扱いだったのかと。脳天気な鳩ソーリでも屈してしまった。そして、マスコミは「それ見たことか」と嬉々として報道する。彼らの売国根性には情けない思いでいっぱいです。別スレ(田中さん)で「小口は大口に乗り、おこぼれを頂く。これがセオリーなんだ」という投機についてのコメントをいただきましたが、小口=防衛省・外務省が大口=アメリカに乗り、そしてマスコミが「おこぼれを頂く」。鳩ソーリはそのような「セオリー」を何とか打破しようともがいたんだけどね。

今日の一番!
自国民を米国に売り渡してあがりをはねてよろこんできた人たちより、真剣に交渉する姿勢をみせた鳩山さんのがはるかにえらいです。それが理解できない蒙昧な頭のものたちはおのれの馬鹿さ加減と破廉恥な性格を恥じるといいです。
http://shadow-city.blogzine.jp/net/2010/05/post_5ee5.html#comments

 あなたのいおうとしている事はよく分かる。
今からずっと前沖縄を訪れた時、ちょうど今問題になっている辺野古岬で地元の青年のジープに拾われてヤンバル方面を案内された。
この時かわされた会話は今でも耳に残っている。
 当時、沖縄返還からかなり時間が経過していたが、反基地闘争は盛んんで嘉手納基地のある読谷村の戦いは日本国中に報じられていた。その青年はそんな事ばかりが沖縄ではないと一生懸命説明していた。私は自分の意見は確固としてあったが、黙って聞き役に徹して一切意見を言わないでおこうと思った。ただ自分と沖縄の方との個人的な付き合いは語った。
 政治は個人の想いを突き抜けて全てを政治次元の事に抽象化して伝播してしまう。そこでのやり取り、力関係が残念ながら個人の生活さえ制約してしまう場合が多い。政治の力は物凄いモノがある。だからこそ政治は人を醜悪にもするし、崇高にもする。
 沖縄は歴史的にそんな理不尽な事態が最も象徴されて現れたところである。これを変えるためには政治がカギを握るのはまぎれもない事実である。
 しかし、以上のような思考に限定されない空間時間があるという方は沖縄にも多いと思う。
 それはある意味正しい考え方である。無数にある様々な想い生活文化を政治的言語で省略してよいわけがないし、そのような傾向が大手を振ってまかり通る世の中であってはならんと考える。
 おそらく、ここの投稿者の大半はあなたの意見に深い理解を示す人だと思う。気にせずそういう方向からの意見もどしどしこれから述べて欲しい。
 いろいろな方向からの意見がないところに一番重大な過失が生まれる。

米軍出て行け!沖縄の負担を減らせ!と叫ぶのは簡単。
でも、現実は甘くない。軍事で言えば、中国。実際に米軍撤退後、領土を軍事支配された国がある。経済等では、国際舞台でちっぽけな日本が発言できるのは、裏にアメリカがいるから。
沖縄の人には申し訳ないが、中国の海軍を抑えるにはどうしても地理的に沖縄がベスト。この事実は変えられない。幾らハイテクをそろえても韓国の哨戒船の事件をみれば、尚の事。
奇麗ごと抜きに米軍に出て行って欲しいなら韓国のように自国で守れるように憲法を変えなければいけない。また、その場合、兵役の義務も生じるかもしれない。当然、防衛費も増えて増税になる可能性もある。
ここで、沖縄に同情して、米軍反対を唱えている人は、そのような覚悟はあるのか?国土を守るとは、簡単な事ではないと思います。嘗て日本人の若者が命を懸けたが、結局負けてしまった。今、戦争に負けて日本が分断されずにいれたのは、蒋介石がいたおかげで、本来は分断されていた。本当に奇跡的な事だ。何度も奇跡が起こるものではない。
俺は、へたれだから簡単に米軍出て行けとはいえない。沖縄の方には本当に申し訳なく思う。だから、国には特に地位協定を変え、危険除去を行い、沖縄が、本位ではないが納得できる形で共存出来る環境を目指して欲しい。
沖縄の人には、お願いするしかない。本当に申し訳ありません。

また内地の人が沖縄を戦場にしてますね。玉砕してでも戦えと。自分は安全地帯で。聞く必要ないですよ。

「沖縄に同情して、米軍反対を唱えている人は、そのような覚悟はあるのか」 お前みたいなへたれに偉そうな口を利く資格はないよ。「戦争に負けて日本が分断されずにいれたのは、蒋介石がいたおかげ」 お前は阿保か? 「また内地の人が沖縄を戦場にしてますね。玉砕してでも戦えと。自分は安全地帯で。聞く必要ないですよ」 聞きゃしないさ。俺達沖縄人が勝手に闘うんだ。内地人にでっかいとばっちりが飛んでも知らねえぞ。沖縄よりも先に本土が木っ端微塵になるね。お気の毒様。

投稿者: 匿名 | 2010年5月24日 23:45 さん

ほぼあなたの言う通りです。

でもここの人達は客観的に考えられません。ヒステリックにさえ思えるほどです、昔の非武装中立論を思い出してしまいます。

アメリカの核は悪で、中国の核は正義みたいな論理の亡霊が出ているみたいです。

地位協定の改善が、ウチナの世を改善する第一歩だと思います、ただそのためには刑事訴訟法を先進国なみにする必要がありますが、それに反対なのは誰なのでしょうか?!

また 今まで基地利権は、一部に偏っていたようですが、負担を強いる以上大多数のウチナーチュが受けられるようにすべきです。
たとえば住民税を半額、いや三分の一とか。

>「戦争に負けて日本が分断されずにいれたのは、蒋介石がいたおかげ」

この部分何の根拠で言ってるのかな?
中正は毛沢東との内戦の都合、アメリカの圧力で武装解除後の日本軍の送還には協力したし、賠償金放棄もアメリカの圧力だったのでは。

竹槍の本土決戦までいかず分断されなかったのは、色々あると思うけど、広島と長崎の人達の犠牲による要因が大きいのでは。

【普天間と振興策/アメとムチもはや通じず 経済発展阻むのは基地】(琉球新報 社説 5月25日)

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-162577-storytopic-11.html

投稿者: 匿名 | 2010年5月25日 01:11

投稿者: 匿名 | 2010年5月25日 10:30

あなたは、沖縄の人ですか?
沖縄の人ならあなたの言葉を
100%受け入れます。
あなたの言う通り、安全地帯にいる本土の俺が、えらそーに言える立場ではない。そんな事は、100も承知で書いている。
でも、あなたが本土の人なら、あなたも俺と同じで、へたれですよ。それ以上に、現実から逃避して鳩山首相みたいに夢ばかり語っている。そんなに偉そうに言えるのならあなたは、沖縄の為に何をしてますか?この掲示板で、反対意見に文句を言っているだけですか?この問題は、とても難しい問題であまり茶化す内容ではないはず。茶化すということは、あなた自身沖縄の事を真剣に考えていないただの偽善者ですよ。


投稿者: 匿名 | 2010年5月25日 11:14

>「戦争に負けて日本が分断されずにいれたのは、蒋介石がいたおかげ」

違っていたらすいません。本来は日本は戦勝国によって何個かに分断されそうなところを蒋介石の一言で分断されずに済んだとの事を過去に何かの本で読んだことがあるのと、ちょっと前にテレビで元森首相が言っていた。

<本土の地方だってそんなに良くはないですよ>
Churaさん、正直何がいいたいのか、さっぱり解りません。では、基地を置いたままどう経済活性化して、どういうところを本土の人に協力してもらいたいのかを明確にしてください。

>沖縄人には純粋に真理と正義の中で生きろと強制するのか。
強制などしません。では、基地を置いておいても良いのですね。ならば、反対などしない。それだけです。
>私達も都会並みとはいかなくても金銭的に豊かな生活がしたい。これが偽らざる心です。
どこもそんなに地方は良くないですよ。内陸でも過疎化して産業のない県だっていっぱいあります。むしろ基地をなくして外資を突っ込んだ方が、沖縄は観光資源がある。ただ沖縄の上層部経済人が楽して稼ぐことを覚えたから、県のために苦労してベンチャーをしようと言う意識がないのでは。だから基地建設賛成なんですよね。そもそも税金を当てにするようでは、自立なんて出来ないんですよ。無尽蔵に金を入れたってアイデアと経営手腕がなければ所詮は無駄金です。
>沖縄人を経済的に自立させる事、またそれを支援する事が本土人が考えるべき戦後の贖罪ではないのか。
これは他力本願も甚だしい。では戦後六十年一体沖縄は何をしてきたのか?自立は自分でするものです。せめて青写真くらい出してください。どこでも国からお金が欲しいのは、地方なら同じです。ただ、それをやり続けたから国家財政がヤバいのも解っている。基地の問題と経済問題を一緒にするからおかしくなる。
こう言う観点からの沖縄問題には私は同情しない。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%88%86%E5%89%B2%E7%B5%B1%E6%B2%BB%E8%A8%88%E7%94%BB
日本が分断されずにすんだ訳

竹槍交戦にならづにすんで、ほんとによかったです。もし敗戦受諾があと1ヶ月遅れてたら、
今頃北日本共和国の在日ソ連改ロシア軍福島いわき基地問題とか、中華民国を継承した中華人民共和国が四国の領有権を言い出したり
、色々あったかも。  いや北が潜水艇で南に魚雷撃ってたかな。

ルーズベルトがあの時期死んだ、ほんとにすれすれでした。

本土の対ドルレートが360円だった頃、そうウチナーがアメリカ世だった時、軍票B円は120円で本土の3倍でした、1958年までのことですが、その後はUSドルになりましたがウチナーの産業が空洞化した理由が分かると思います。http://ja.wikipedia.org/wiki/B%E5%86%86


国境の地の宿命かもしれませんが、琉球処分に始まって大和人の論理で敗戦まで振り回されてきたのも事実だと思います。南樺太もそうですが、地上戦でたくさんの犠牲を強いられました。その際ウチナンチュを守らなかった、逆に殺した日本軍もいたのも事実です。

その後のウチナーの世はhttp://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Lake/2917/zatsu/tobihikaku01.html
を見てもらえば判ります。


沖縄がアメリカの戦略に重要な事は大方の沖縄の人々はわかっています。石油や原材料を輸入し、冷戦下360円というレートで高度成長を遂げた本土、日米同盟の抑止力に保障された安全が確保されていた事が大きな要因だったと思います。

さてこれからは、
世界中の人達はみんな豊かになりたいのです、美味いものも食べたいし、車も欲しいし、エアコンも欲しいし、エネルギーもたくさん使いたいのです。人間の本質です。衝突は無いでしょうか?

軍備がなくても大丈夫でしょうか?アメリカ軍が沖縄、日本から出て行けばうまくいくのでしょうか?

使うかもしれない力が抑止力で、また日米同盟では結果、使わないから抑止力の価値が保てるのかもしれません。
ただ、使えない力は抑止力になりません、交戦権を認めてない自衛隊には抑止力はありません。

世の中そんな簡単には変わりません、重要なのはバランスなのでは。

ちゅらさんもそんな感じで本土に呼びかけているのかな。

地位協定改善で、本当にいちゃればちょうでい。なんくるないさうちなの世。


そうですよね、私も沖縄の人達は実際どう思っているのかなと気になっていました。ニュースって結局自分たちの見せたい様にしか流しませんから...インフルの時もマスクしてない人もたくさんいるのにマスクの人取り上げていかにも大変!みたくしていたし。。
選挙の時もいつも賛成派/反対派に分かれてて、でも、それは割と半々くらいなのかな、と思って見てました。だから単純に「基地出て行け」ではないと言う事ですよね...?私の住んでる県も基地があって、毎日上空を飛んでます。それほど気になるレベルの音でないけど結構低空です。あと施設反対運動なんかおきたりしてますけど基地反対というところまでは行ってないと思います。
ただ、私としては辺野古や高江、その他の場所(日本中どこでもですけど)とにかく『新規基地、施設』は絶対反対したい立場です。これだけ自然破壊が激しいのにこれ以上闇雲な開発、建設はしてはいけないというスタンスです。で、特に辺野古など沖縄の自然は、この地球の宝だと思うので、もう絶対にそれだけは止めてもらいたいと強く願っています。
あと、基地に変わる沖縄振興策ですけど、もし普天間返還されたら真っ平らな開発された広大な土地が手に入るのですから、いろいろ思い浮かびます。私はゴルフ場開発も反対ですが、そこならいいなと思います。藍ちゃんもいるし。丁度今日「沖縄にスポーツ基地を」なんて言う記事も目にしたし。。それに沖縄はいろんな芸能人もたくさんいるから、大きな施設を作ってそこに来れば会えるよ的なイベントをもっと広げるとか。。辺野古辺りは自然やジュコンをもっと生かして欲しいなとか。。。
それからすごくやってもらいたいのが「月桃」をパインやサトウキビにつぐ産業にするということですが、どうでしょう...?月桃って素晴らしいですよ!化粧品、消臭、抗菌、虫除け、リラックス用として相当用途が広くて大のお気に入りなのですが、いかんせん高いのが悩みなので。。。
長々すみませんが、私は沖縄の伝統、文化、自然、人々どれも大好きで、沖縄製品や食品日常的に使用してます。もっともっとアピールして行きましょう〜。でも大企業の手は入れず、県独自の産業としていろいろ作って行けるのがいいですね。その方が品質がいいと思います。大企業が入るととたんに味気なくなりますし。。
沖縄も八重山も自然を生かして(私は竹富島や西表の外部リゾートにも反対してます。すみません、、)素敵で豊かな地域に出来たらいいですね!


なんか、9万人集会がなんたらとか言ってるけど、全部沖縄県民だと思ってるの?マスコミに誘導されたらダメでしょ。全国から、なんかの団体が召集したに過ぎないじゃん。きちんと映像には、映ってるよ(笑)本当に民意かどうか知りたいなら、沖縄に行っておいで、それからものを言いなよ。基地関係の収入がって、何を基準に考えてるか分かってるの?そんなもの誘導しようと思えばいくらでも出来るよ。どこまでを基地関係に入れるかで全然違うし(笑)
それに沖縄県のHPには
依然として県経済を支える大きな収入源であることに変わりがなく、県の経済活動の中で重要な要素の一つとなっています。って書いてあるんだよ。そもそもこの数字には、基地に物を納めている業種は含まれておらず、直接基地関係だけで、間接的に基地に恩恵を得ているものはカウントされていないんだから。

なんか、9万人集会がなんたらとか言ってるけど、全部沖縄県民だと思ってるの?マスコミに誘導されたらダメでしょ。全国から、なんかの団体が召集したに過ぎないじゃん。きちんと映像には、映ってるよ(笑)本当に民意かどうか知りたいなら、沖縄に行っておいで、それからものを言いなよ。基地関係の収入がって、何を基準に考えてるか分かってるの?そんなもの誘導しようと思えばいくらでも出来るよ。どこまでを基地関係に入れるかで全然違うし(笑)
それに沖縄県のHPには
依然として県経済を支える大きな収入源であることに変わりがなく、県の経済活動の中で重要な要素の一つとなっています。って書いてあるんだよ。そもそもこの数字には、基地に物を納めている業種は含まれておらず、直接基地関係だけで、間接的に基地に恩恵を得ているものはカウントされていないんだから。

民意はどこにあるのか⇒普天間国外移転か?県外移転か?安全と騒音が解消されれば県内でもよいのか?…etc.米軍基地賛成派・反対派双方とも結局は選挙結果による勝敗のみでしか民意を語らない。そして二言目には沖縄の人々の苦しみ…。この時点で沖縄の民意のどちらか一方が全く無視されてしまう。
Churaさんは、そういう所に不満を覚えているのだと思います。多くの国民がそうであるように多くの沖縄県民も政治とは無縁のところで生きていると考えているのでしょう。そして、その傾向は若年層⇒未成年者になるほど顕著なのであろうと思います。そういう風潮は全国的なものであるにも拘らず沖縄の人々には、過去に受けた苦しみとか抑止力とかいう紋切り型の言葉とともに賛成であれ反対であれ意見を一方的に押し付けられると言う不満も理解できます。
実際、60年という歳月は歴史の眼で見れば一瞬だけど生活者にとっては人生そのもの呼べる長さになっているわけで、多くの米軍関連の事業従事者(現役・OB)がいてまた、米軍兵との血縁関係も多く生まれておりそういう人たちにとっては、まさに生活そのものが基地とともにある訳ですから。「沖縄の苦しみ…。」等の定見にはうんざりと言う人も多いでしょうから、そういう人たちの意見をもっと真摯に聞く必要があります。沖縄問題の主役は次世代へと変わってきているのですから彼らの意見を知らないとこの問題に解決はないと思います。
マスコミの偏向報道や作為的な世論調査に対するジャーナルでの批判のコメントは正鵠を得たものが多く常々感心していますが、ここでのChuraさんへのコメントはちょっと辛辣な感じがします。皆さんは非常に政治意識が高く日米安保等についても確固たる信念をおもちですが、戦後60年いまや沖縄を筆頭に全国の基地の街では生まれたときにはすでに基地があり米兵がそこここに居たと言う人が大半なのです。そして、それが日常であり、幸運にもこの60年間日本が戦火に見舞われずに来たこともあり、それらの人の大半は米兵に悪感情など抱きようが無かったのだと思います。そこに、理屈では簡単に割り切れない基地問題の根深さや複雑さがあると思います。
沖縄の問題は、先ず現在の民意のありかを正確に知ることから始めないと解決するわけがありません。民意と日米関係(安保)と経済問題などいくつかの課題を個別に考え全体を考える事も大切だと思います。
Churaさんのような地元の人の率直な意見や疑問をもっと聞きたいと思います。

”いろいろな方向からの意見がないところに一番重大な過失が生まれる。”
wacwacさんのこの言葉に尽きると思います。

鳩ソーリ、そんなにマズいか??
だいたい、僕は民主党ならば普天間の解決ができると考えて、先の衆議院選挙で民主党を応援したわけではないし。
「辞任せよ」とか言ってる本土の人たち、民主党に投票した理由って普天間の解決なの?馬鹿言ってるんじゃないよ!
まあ、自公政権ではできなかった解決を押しつけられた形になったのと、これを政局にしてしまった鳩ソーリの政治手腕には確かに疑問符は付くけどね。
防衛省・外務省の役人のサボタージュ,売国マスコミの煽り,アメリカの恫喝…といった今の現状では、僕は中間報告として辺野古案でも仕方ないと思うけど。鳩ソーリは懸命に活路を見いだそうとしてるんじゃないのかな。あと半年頑張ってね!
それから首相の意図が外部に漏れるのはよくないね。手の内が敵に知られるのはまずい。情報の透明化よりも優先するべきだと僕は思う。
それから社民党を切り捨てたのは失敗だね。せっかくアメリカにノーと言える切り札になるべき存在を、みすみす切るなんて。辻元はどうなるんだろ?

小沢さんが議員辞職してくれない限り、
こういう派閥政治みたいな報道をされ続けるのでしょね・・・
これでは支持率が上がるどころか逆効果。まるで自民党ですよ。
こういうのを見ていると小選挙区制なんて何の意味も無い事がよくわかります。
とりあえず田中眞紀子さんなんて報道がされている事には驚きました。
大臣の時にどうだったか、国民が忘れたとでも思っているのでしょうか?
また短期間で総理が変わるような可能性が高い候補は勘弁してください・・・。

>>まあ、自公政権ではできなかった解決を押しつけられた形になったのと、これを政局にしてしまった鳩ソーリの政治手腕には確かに疑問符は付くけどね。

いや押し付けられたんじゃなくて自分でこうする!って言ったんじゃなかったっけ、一応自公政権時代地元も同意させた案を無駄にして、しかもそれが自公案よりよかったものだから沖縄の人たちも期待しちゃってそれをいまさらダメだったとか失望させたのはさすがにダメだけど

なぜ、一国の首相の「県外」という主張が、迷走などという怪しげな言葉で語られ、最後は自滅してしまうのか。なんとか「県外」へというプロセスは批判の的になり、日米合意がなされると、一斉に「なんだよ、国民を騙しやがって」的な批判の嵐。マスコミは「沖縄の気持ちを踏みにじった」と正義面しているけれど、「沖縄の気持ち」が判るんなら、「県外」や「国外」移転のキャンペーンぐらいやったらどうだ。そして、キャンペーンが盛り上がれば、米国に対し、アピールぐらいできたはず。
政権の揚げ足取りなら居酒屋談義で十分だ!駄情報ばかり垂れ流しに終始。
ご多分に漏れず、自分も沖縄に積極的な関心があったとはいえない。だから沖縄自身について知ったようなことを言える立場ではない。
でも、大手マスコミの報道に関しては強い怒りを感じている。官邸内部や外務、防衛の官僚と米国側のやり取りは闇の中。それは仕方が無い。
しかしテレビ、新聞の報道は垂れ流しであり、善良な市民に直接かかわる。

注)垂れ流し=結果がマスコミ報道により生じたことが明白にできない限り、責任は問われない。

もう一度、大手マスコミの報道を遡ってみてほしい。公正中立であり、「批判」や「揚げ足取り」では決して無かったか。ジャーナリズムの視点はあったか。本当に「沖縄の気持ち」を伝えていたか。

自分は沖縄に住んでるけど基地はあってもらわないと困る
中国も沖縄を取ろうとしてるし
基地の方がそこらへんの会社より給料も高いなので全員が反対しているわけではないよ<”#”>ウェーハ

自分は沖縄に住んでるけど基地はあってもらわないと困る
中国も沖縄を取ろうとしてるし
基地の方がそこらへんの会社より給料も高いなので全員が反対しているわけではないよ<”#”>ウェーハ

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日本語の「ヨロン」という言葉には「世論」と「輿論」という2種類の漢字があります。実は、この2つの言葉は大きく意味が異なっていて、「世論(セロンとも読みます)」とは「感情的な世間の空気」のことで、「輿論」とは「議論を積み重ねてできあがった公的意見」のことを指します。《よろんず》が目指すものは後者の「ヨロン=輿論」をつくることであり、そのために、《よろんず》では情報のプロ・アマに関係なく自由闊達に議論を交わすための場所を提供します。メディアの調査で発表される「ヨロン=世論」とは違う真の「ヨロン」をつくるため、執筆者・出演者・読者のみなさんに、この新しい“知の共有空間”に参加いただけるよう呼びかけます。

読者投稿募集中!
↓ ↓ ↓
《よろんず》への投稿はコチラから

必ずお読みください!
↓ ↓ ↓
コメント投稿についてのお願い

BookMarks

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.