Calendar

2010年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

Recent Comments

民意の一滴:そこで一席、床屋政談
1077 02/15
荻原 理 02/15
老人党ミスターx 02/15
ho-dai-san 02/15
vega 02/16
梅光 02/16
1077 02/16
vega 02/17
1077 02/17
vega 02/18

« 赤虎頭巾:キャンベル米国務次官補来日で気になったこと
メイン
冨田秀隆:石川議員の起訴は不当! »

民意の一滴:そこで一席、床屋政談

──────────────────
【読者投稿募集中!】
──────────────────

床屋政談とは、次元の低い政治談議を指し、プロがこう評されると恥ずかしいとされる。でも、プロでなければ、なんの躊躇いも無用、好きなことを好きに言える特権がある。

そこで一席、床屋政談といこう。なんせ浮世床の登場人物と変わらない、紛れもない庶民のはしくれとしては、まさに次元の低い与太話で終始することを、あらかじめご承知願いたい。

検察は、去年の大久保秘書の取り調べに入った時点で、小沢氏にチェックマークを付けけたと思った。しかし、衆院選は、民意が検察の付けたチェックマークを無視した格好になった。民意を代弁して権力に対峙しているつもりの検察には、これは我慢できないことだった。そこで、今回の騒動が、第二弾として勃発する。

ここからがプロでないから言えることなのだが、少なくとも我が家では、それまで購読していた新聞を換えた。TVで小沢関連ニュースが報じられると、チャンネルを即座に変えた。もっとも、大相撲番組も、朝青龍が出てくるので他の番組に切り替えていたから、我が家が一風変わった庶民感覚だということは認めざるを得ない。

なぜそこまでこだわるのかと、不審に思われるだろう。

黒か、白か、あるいは灰色か(江戸時代の着物の色には灰色に100通りの種類その辺があったそうだ)、その辺も勘案した上で、民意は民主党に政権をゆだねた。恐る恐る投じた1票が、実はほかの多くの方々の判断と同じだったと知ったとき、うん拾年生きてきた人生でも、数少ない快哉を感じた瞬間だった。「政治を俺たちが作った」、こんな感慨は、それ以前の選挙では絶対湧かなかったことだ。

そこへの第二弾である。積み上げた積み木細工を、無神経に一つづつ抜かれていく。我が家では、そんな気持ちだった。

民意は決して騙されたわけではない。その上で下した決断だったのだということを、多分、検察も、マスコミも、まだわかっていないようだ。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/6621

コメント (40)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

同感です。
我々の民意の一滴一滴が集まり大河となりました。
少なくとも、4年間のスパンで成り行きを注視していきたいと思っております。
「国民の生活が第一の政治」になるように。

正直、疲れてる。オウムにキリスト教を語ってるというかシー・シェパードに鯨肉を薦めている感じかな。「信者」には何を言っても意味無いんだなあと

「小沢批判」自体は、20年以上前から続いているわけですが、
今回については、
福田総理との大連立構想あたりから、実際の「小沢批判」は、始まったようですね。
日銀総裁問題でも、党内の乱れを利用しようとしたし、党首選では、なんで野党の党首選にここまで騒ぐのか、と思われるほど騒ぎました。
選挙が無いのは、民主主義的でないと云いました。
(民主主義の大原則である多数決については、数の論理は民主的じゃないとも・・・・、彼らは云いますが)
この間、じっくりと「小沢」を調べたのでしょう。
調べた結果が、「岩手県のダム・・・西松」と、「政治団体による土地取得・・・水谷」の二つだったのでしょう。
しかし、二つとも役に立たない事にも、同時に気づいちゃったんですね。
なぜなら、「小沢」は、野党だからです。
そこで、「政治資金規正法」なんて、筋の悪いネタを持ち出したんでしょう。
衆議院議員選挙の大敗北が、「何でもいいから、行くしかない」という気持ちにさせたんでしょう。
(田中・金丸と検察に持って行かれた小沢さんは、金については人一倍気を配っていましたから)

こんな経過の中でも、夏の参院選はなんとか勝つんじゃないか・・・と、思っているんですが、
本当の最終戦は、その後に民主党内で起きるんだろうなと思って心配しています。
どっちが勝つんだろうな、
菅は、こっちだが、
鳩ポッポはどっちにつくんだろうな、
新聞・TVが味方するのはあっちだろうし、

きつい戦いの中で、規制改革・行政改革なんか本当にやっていけるかなと、余分な心配をしています。
小沢さんには、体だけは大事にしてもらいたい。

ああ、意味ない
あんたはあんたの信じるものを信じろよ、俺は俺の信じるものを信じる。正直疲れただと あんたひとを洗脳するつもりだったのか
  

いやあ、良いスレが立ち上がりましたね。我が家にぴったり当てはまりますので!

自営業で、数百人の様々な支持政党のお客様との会話をして いろいろな裏話が聞ける私としては、今迄も少しずつここで生の声を乗せてきました。

勿論、専門家ではなく次元の低さや偏見意見、中には針小棒大な話も沢山有ります。しかし多くの意見を聞けば聞く程、現実の世界がテレビで流されている世界と乖離していて真実を知らせたいという気持ちがこのサイトに住み着かせています。


vega さん

ここの小沢信者・民主党支持者が天動説であり、必死に捏造され世論誘導された調査の数を掲げて多数だから?というあなた達が地動説だと思いますよ。

天動説の方たちは、どちらの理論も見聞きし、研究して判断しています。

地動説の大多数の方々は一方的な情報だけを当てつけられています。正しい判断が出来ていないのだと理解して、その方達に如何すれば正しい情報を与えることが出来るのかだと。

その両方の理論を聞かせることにも反対でしょうか?

すみません、先ほどのコメント天動説と地動説間逆にしてください。まだ寝ぼけてますね。

vega様(2010年2月13日 01:59)

 貴方様は、キリスト教の崇拝者で、オウムにキリスト教を語り、シー・シェパードに鯨肉を薦めた経験がおありのようですが、そのとき相手の反応は:

 {1} 私は、貴方様が崇めるものを崇めない:
 {2} 貴方様は,私が崇めるものを、崇める者ではない:  
 {3} 私は、貴方様が崇めてきたものの、崇拝者ではない:  
 {4} 貴方様は、私が崇めてきたものの、崇拝者ではない:
 {5} 貴方様には、貴方様の良心・信教・思想があり、私には、私の良心・信教・思想がある:

 といわれませんでしたか?

 政冶活動や政冶活動に資す金品の授受・運用・管理に関して、貴方様とは、日本国で通用する「法律の範囲内で許容される随意の行為」の範疇での議論しか出来ないようですが、『政治資金規正法』の制定目的と基本理念を、貴方様はご存知ですか?

また、『政治資金』は政冶団体や公職の候補者などが政冶活動に資すために、日本国籍の民衆・企業・団体が『浄財』として供出する金品と見做されますが、『浄財』という日本語の意味と、『浄財』の授受・運用・管理についての法律と慣習について貴方様は如何ようにご存知ですか?

 もし、貴方様が、キリスト教の教義をしらずに、オームにキリスト教を語り、反捕鯨の思想や慣習を知らずにシー・シェパードに鯨肉を薦めたとしたら、物事の道理を弁えない愚痴に由来する『我ん張り行為』に過ぎないでしょうね、たぶん。

Vega様
 相手を一方的に変えてやろうという態度では正しいか正しくかに関わりなく、相手の気持ちを変えることはできないものです。
 まあ、自分にしろ相手にしろ何か変化が起こったらラッキーぐらいな気持ちで気長にやることじゃないでしょうか?

<民意の一滴様>
床屋談議いいですね。私は女なのでさしずめ美容院談議?ネイルサロン談議でしょうか?
さて、我が家でも、キー局は観ない。新聞は読まない。という日々で何とか正気を保っていました。
元株やさんの指摘の通り、鳩ポッポはどちらにつくのでしょうね。共同通信で、ついに支持率が30%代になりました。
鳩山さんが、支持率低下の原因を検察とマスコミのギルドによるものと捉えればいいのですが、小沢・石川氏に主原因があると勘違いしない事を祈るばかりです。
民主党とはいえ、一枚板ではなく、民主党支持者もしかりです。
小沢さんの「改革」が勝つのか、旧民主党の「改良」が勝つのか。依然、波乱含みです。
参議院選挙で大勝し、統一地方選挙で大勝して、小沢さんに政界再編のフリーハンドを持って欲しいというのが、私の今の望みです。
鳩山さんは人柄は悪くないのでしょうが、人事は全くダメですね。トップとして、人を見る目がないのは致命的です。
こんな事を書くと、また民主党の分断作戦に手を貸していると反感をかいますので、美容院談議は、これにて失礼。

法の平等をねじ曲げ、小沢氏のみピンポイント捜査してきた検察捜査にうんざりですが、自民党幹部で献金、その他の資金で土地含めて不動産を購入している例が散見されます。入念に調べてほしいと国民は思ってます。!!!!!

また、与謝野馨氏の巨額の迂回献金問題と不当な減税はどうみても黒ではないのでしょうか。ならびに森喜朗氏と深い関係にある渡辺喜美氏の迂回献金なども限りなく怪しい。!!!!!
http://kikko.cocolog-nifty.com/

私は前の衆議員選挙で、これまで投票し続けていた自民党をあきらめ、「国民目線」、「脱官僚」を目指す民主党に投票しました。ここ数カ月、自民・検察・マスゴミが小沢氏を標的に、意識操作を企て、民主党を分裂、崩壊させようとする戦術に、嵌まりそうです。
ところで、100年に一度と言われる世界的大不況、国内では労働者の給与の大幅カット、リストラ、仕事を求め右往左往している失業者、不況に喘ぐ中小企業、
数々の課題があるのに今の国会は何をしているのでしょう。呑気な国ですね、特に政治家は。
私にとって「政治家の金」など興味がありません。こんな事で政治が混乱し、停滞すれば、日本は取り残されます。政治家の皆さんに
今一度国民が何を求めているのか考えて国民の為の政治をして頂きたい。次の参議員選挙、マスゴミには騙されません、国会の運営を正常にしない党には投票しません。

去年から、殆んどテレビを見なくなりましたが、なんの痛痒も感じません。長い間購読していた読売新聞を去年解約いたしました。いくらかいいかな、と思った東京新聞でしたが、似たり寄ったりでした。日本のマスメディアって、それはそれはひどいもんですな。ネットで充分用が足ります。

今日のきつこのブログに、与謝野と渡辺の巨額迂回献金の話が載っています。
両名とも面の皮の厚い政治家です。
田中氏の言うとおりです。

民意の一滴良い話ですね。
しばらく民主党政権でこの国の形が変わると期待していたのにマスコミと検察にわやにされてしまいました。関西弁ですみません。つぶされかけています。


これも民主党政権中枢自体に政権後の覚悟がなかったのでしょう。
記者会見オープン化回避であれという思いでスタートしてそのうちという思いどころか、総理の子供手当、第二次小沢事件と民主党自体何もしなくて振り回されています。
すぐ臨時国会を開いてマニフェストを実行していたら、流れは変わっていたのに、財務省の言いなりで、日程だけ気にして、今年の6月までマニフェストの実行は無為無策となってしまっている。
6月は選挙直前、マニフェスト実行の床屋談義ののんびりした話ではなくなった。
全く残念。

>検察は、~第二弾として勃発する。

ここが与太話なんですね。

vegaさん

shousiminjpさんがいいこと言ってますね。

vegaさんがここへ書き込む目的は知りませんが、ここに書き込んでいる信者(に見える人)なんて、ここを見ている人のごく一部です。
その人たちではなく、何も書かず見ているだけの人に見てもらおうと思えばいいんじゃないですか。

匿名 2010年2月13日 17:40 さん

>何も書かず見ているだけの人に見てもらおうと思えばいいんじゃないですか。<

そうですね。自分の意見を言うこと自体は【反民主のコメント】をすればいいんです。それでここに集まる圧倒的多数の民主党支持者・小沢信者を議論で打ち負かすなら見事なものです。是非やってください。

政策で民主党より良い案を出しているとか、民主党の今の政策では不十分だとか、民主党自体の不甲斐なさや、鳩山総理の資金管理の甘さなど存分に突っ込んでくださいよ。

しかし、ve◎◎さんや、おや◎◎さん、そして匿名さん(貴方か知る由もない)達がここでのコメントを見ると目的・行為は違う見たいですね。

反民主党の方の共通する特徴なのですが、何故だか上から目線で民主党支持者を標的にして馬◎・基◎外・オウム信者だとか 罵る言葉を使いながら煽るんですよね。

支持政党が違うだけで、同じ人間の筈なのに、尊厳無視・人格否定したコメントを平気で使う。その時点でそのコメントを出す人間の人格が透けて見えてしまう。

もう何を書いても拒絶されるから討論にすらならない。子供の口げんかのような口論は、こんな良いサイトが台無しに成ってしまう。

もしかしてそれが目的でしょうかね。

昨日の国会を見ていても国民生活を無視してほとんどの方は如何でもいいと思っているだろう【政治とかね】しか口論していない。

それを見せられる国民に、野党に期待することは絶対無いと感じています。皆さん本気で自民党の質問に怒ってますよ。事実・五人の生のお客さまの声です。

>>投稿者: ウー | 2010年2月13日 18:47
何を書いても拒絶されるってのはわたしのことなのでね。目的もなにもない、正論を言ってると叩かれてるわけで
ちなみにわたしはノンポリです。自民も民主もない。ときの政権がダメならダメと言うだけです。

床屋政談だから思うことを書けばいいように思います。
子供の喧嘩でも良いんじゃないですか?
ここのサイトの他の記事はともかく
今回は民意の一滴氏も
「次元の低い与太話で終始することを、あらかじめご承知願いたい。」
と記されて又その記事を編集部でも了承したからこそ、ここに載っていると思います。
只短い文章で頭ごなしに否定するのは、次元が低い以下になってしまい。
違う視点の意見に
「そんな風に思うんだ」と言う
新しい視点が広がらないように思い
民意の一滴氏や編集部の方々の意を汲んでいないように思いますが、如何でしょう?

自分は正論を言ってると思ってるんだ

語るに落ちるってやつだな。
私も自民も民主もない自民がダメだと思ってるだけだけど何か。

内閣の支持率低下を小沢氏及び石川議員のせいと言う民主党議員が公の場で言うという浅はかさ。何を根拠に言うのかわかりません。はたして民主党は政治主導に切り替えられ
たのか?マニフェストを粛々と実行出来ているのか?参議院選挙でもう負けたのか?国民にどれだけアピ-ル出来ているのか?民主党は一枚岩になているのか?もし私のこの疑問が全て達成されているのなら受け入れます。本来は民主党が全て粛々と実現に向かっていると国民が認めるなら、小沢氏の問題で支持率が落ちるはずが無い。議員たちは自己保守の為、政治家は党に一丸に成って身を捨てる覚悟が無ければ改革はむりです。一人で何が出来ますか?意志、方向を一つにしなければ何も出来ない。言いたい事言っていられるのは野党の時。鳩山首相を一丸となって支持して行かなければ民主党の政権は短期で終わるでしょう。


コメントの確認
H.MIYAUCHI 。様に大賛成!!

渡辺周とか玄葉アホとかの発言を聞いていると、貴方達は民主党政権が続かないほうが良いと思っているかと言いたいです。

完全にマスコミに舐められている。本来政権党ならもっとマスコミをリードして行く筈。国民をリードして行く筈。国民に選ばれた政権党のはずです。

自民党がどんなにあがいても4年間は民主党政権が続くんです。

野田氏の財務省の受け売りみたいな発言は民主党を応援して来た者にとっては「頭に来ます」。

民主党政権の立役者小沢氏に対して中からマスコミに向かってあ~だこ~だ言うのは困った事です。参議院選挙に負けるとか世論調査の結果とか内閣支持率がどうのとかおたおたするのは子供より始末が悪い。

どうころんでも後3年半はやれるんです。元気を出して、政治主導で官僚を、国民を引っ張って行って下さい。

予算の付け方がどうだとかいう愚か者があちこちにいますが、民主党を応援した者、これから応援してくれる者を優遇して何が悪いかと言いたい。当然です。

最近のニュースに診療報酬が出ておりました。歯科の初診料は上がり、病院の再診料は上がり、開業医の再診料は下がる。

当たり前です。歯科医師会は早々に民主党支持を打ち出し、比例区も民主党からでるとか・・・。それに比べて日本医師会は頭の切り替えが悪く、民主党でなく自民党を相変わらず応援し、参議院の比例区も自民党からだすとか・・・。その上、日本医師会長のノー天気は自分の愚かさも分からずに三選を目指すとか・・。本来、衆議院で自民が負けた時に民主党に頭を下げ、日本医師会会長を辞任すべきであったと思います。

医療行政は政権が変わるたびに左右されるべきでないと医療関係者は言う。日本医師会は学術団体で政治・経済などを云々するところでないとお偉い先生方はのたまうそうです。

もし、そうならこれまで自民党に沢山政治献金してきたのは何ゆえか?参議院でも自民党から立候補する人を応援するから宜しくとはどうしてか・・・?

政治に関与しない、中立が良いというなら、少しばかり再診料が減らされたからと文句を言うな!

勝てば官軍。勝者民主党の傘下の団体に有利な予算を組むのは当然です。

小児科・産科だけでなく病院の救急・手術は大変みたいです。そこに手当てするのは当然です。愚息も10日は夜中まで手術がかかり、翌日の11日の建国記念日には朝から回診。親としては倒れなければ良いがと思います。

午後から孫を連れて、近くの公園へ。子供連れのカップルに声を掛ける。子供手当てはうれしいそうです。ガソリンの暫定税率廃止は期待していただけに残念だと少し怒っていました。以外に高速道路無料化は問題にしていません。

このTHE JOURNALに参加させて頂いて、皆さんの評論家顔負けの投稿や豊富な学識・経験豊かの論文を読ませて頂き、認知症になりかけのスカスカ頭のリハビリに役にたっている様に思えてきました。特にem5467-2こと恵美様の物は毎回楽しみにしています。

このTHE JOURNALではありませんが、植草氏や天木氏や山崎行太郎氏などのブログも楽しみの一つです。

 鳩山邦夫氏が「母が由紀夫は子分がいて大変のようだけどあたはいないのね」といっていたのを聞いたとかで、衆議院予算委員会で与謝野元財務相が首相に「平成の脱税王」とわめいていた。
 邦夫も邦夫だが、与謝野という男も情けない男に成り下がったものだ。
 麻生内閣では三つの閣僚を兼務するほどの経済財政通だった筈なのに。
(自民党も哀れだな、を実感した。) 贈与とは民法を紐解くまでもなく贈与者と受贈者が「あげる」「いただく」の契約をすることで成立する。由紀夫さんが全く知らない(邦夫さんも同じ)のだから「贈与」は成立していない。ということは贈与税の課税要件がない。
 それを鳩山兄弟は、贈与税を自発的に「申告・納税」した。
 なぜか。
 3桁の「億円」に及ぶ資産家には相続税も贈与税も税率はほぼ同じ、だか
らいつ払うかは「課税の繰り延べ」の技術的問題でしかない。とすると、政治資金規正法との衝突をどう回避するかを考えた?。
 でもこれも秘書が「母からの貸付」と説明している。ここがポイント。
 秘書が貸付金として収支報告書にきちんと記載していれば秘書も法違反にはならない。(自民党笹川氏も貸付処理で問題なかったといっている。)
だが貸付金にするには借主として返済期限や利息の定めが無かったのだろう。だから「面倒くさい。税金だけ払って片付くならいいや」で、理屈に合わぬ 納税をしたものと想像する。
 与謝野氏から「脱税王」呼ばわりされてさぞ悔しかろうが「自業自得」とはこのこと。こんな負い目を作って民主党内閣が迷走することになったら(既に迷走しているか)その責任はとてつもなく重いといわねばならない。
 井戸塀政治家が「政治家の鑑み」だった時代とは違う。有能な会計士をつけ、政治資金の出入りにもう少し神経を使わないと、周りが(いや国民が)迷惑する。

>勝てば官軍。勝者民主党の傘下の団体に有利な予算を組むのは当然です。

 いつも冷静な梅光さまの意見とは思えません。現場で診療しその現実に従事する医師は政治的な行動はしません。何故なら、そんな余裕はないのです。医師会という団体の曖昧さは理解されないと思いますが、公益的な医療活動のためには医師会に入らないとおそらくは実行できないように行政的な枠を作られているので多くの開業の臨床医は医師会に参加するのです。そして政治的な団体は、実は別に医師連盟と言う組織があり、いかに医師会にいようとも、個々の医師は政治的にはまったくフリーです。もし医師に政治的な意図をそこにこめろというのなら、保険医総辞退という対応の正当性を言わざるをえません。それこそが正しい政治的な行為と言うことになります。少なくとも医療が権力闘争の結果でいいのなら、医師階級を撲滅するという中国共産党のような意味での主張とされるべきです。現場、とは小児科や産科だけではありません。また、今の医療現場が疲弊する意味は、実は報酬の多寡であるはずはありません。それは余りに現場の医師の倫理感を置き忘れています。そして、おっしゃるようなご子息のような勤務は少なくとも今年老いて時を過ぎた臨床医の多くは当たり前のようにこなしていたのです。ご子息の生活など、かつての医師にとっては当たり前の責務だったのです。確かにそれがいいことではないことは当然ですが、しかし、やや感情的ですが、医師は、医療を政争の具として欲しくは在りません。権力闘争の果てに医療が語られるのは、許せません。ご一考ください。

>>投稿者: アホか | 2010年2月13日 21:51
匿名で他人を誹謗中傷できるなんて素晴らしいね
それがネットの最大の利点だね。誰もが卑怯にも、恥知らずにもなれる
全く素晴らしいよ

南の光 様
 ""
いつも冷静な梅光さまの意見とは思えません。現場で診療しその現実に従事する医師は政治的な行動はしません。何故なら、そんな余裕はないのです""

スカスカ頭の高齢者のため、小生の言いたい事が上手く伝わらず、南の光様に指摘され反省しております。

小生が言いたいのは、開業医個人が政治的にどの政党を支持するかも自由だと思いますし、仕事に追われ政治や経済を考える余裕も無いのも当然かと思います。

ただ、医師会組織として考えれば、少なくとも会員の上に立つ会長初め執行部は例え会員が選挙に無関心であっても会員のために少しは診療報酬の事を考えて上げても良いのではと思います。

少しでもその努力をしないで、この経済状況下で開業医の団体が黙っていてもお上から報酬を引き上げてくれる事は無いでしょう。

であるなら、下げられたからと文句を言うべきではないと思います。

政治は切実なものです。

国家の経済政策や福祉公共政策が国勢を通して家計と生活に影響するところから始まって、外交安全保障政策が国民の生活と生命の安全を左右し、はてまた、権力(特に警察検察と言った国家暴力を伴う権力)の行使の仕方が直接国民個人個人の基本的人権の実際を決定していきます。

それであるからこそ、私は昨年の選挙において、民主党に一票を投じました。それは、今までの自民党政権において行われた政治が私ならびに私の周りの人々を少しも幸せにしないばかりか、その血のにじむような努力にもかかわらず私たちの生活は、その将来は暗澹たるものとなっていたからからです。

そう、私はこのような国のあり方を変えたいと思って投票しました。私は、議会制民主主義を信じていますから当然野党第一党に投票したのです。そして、私と同じように投票した国民が絶対的多数であったと言う事実に国の形すなわち政治を変えようという国民の切実な願い(意志)を感じました。

ですから、私は、一部の人々が繰り返し主張して貶めようとするようなマスコミの報道によって洗脳されて投票したわけでも、そのような人々が決まって言い訳のように自己言及する自民党と民主党のどちらも支持しないような中立でもありません。私は民主党を支持する一国民です。

もしこのような私を信者と言うならばいったい何の信者なのでしょうか。議会制民主主義を信じ、投票を通して政治を変え国のあり方を変えようとすることがそれでも何かの信者であると言うならば、私は民主主義の信者(支持者)です。

このコメント欄に集う民主主義者の皆さん、もういい加減、「おやおや」とか「vega」とかの挑発を相手にするのは止めましょう。彼らは始めからまともに議論する意思などないのです。彼らにとって政治は他人を小ばかにしたり揶揄したりするネタであっても切実な現実ではないのです。

昨年の選挙において示された国のあり方を変えたいという国民の選択は危機に瀕しています。国民の政治的意志が検察と言う国家の独占的暴力機関によって圧殺されては民主主義ではなくなってしまいます。今が日本の民主主義の正念場です。日本の民主主義が書かれた理念であることを超えて生活に根ざした現実となるかどうかの瀬戸際です。その意味でこれは日本の歴史初めての市民革命なのだと思います。

この市民革命の只中で私たち一人一人の日本人はその良心を問われています。私たち一人一人の言動はやがて歴史の審判を受けるのです。したがって、つまらない挑発は相手にせず真摯な議論を行いましょう。The Journalという場をそのような市民革命の思潮のゆりかごとしましょう。日本民主主義の思想を生み出しましょう。

私たちの言動が強くて美しいのなら、ただ並んでいるだけでおのずと挑発やつまらないつじつまあわせの議論やはたまた復古ファシズム思想を打倒して、多くの人々の共感と支持を受けるようになっていくでしょう。それが民主主義でありその強さのはずです。

私は今この日本の民主主義市民革命にめぐり合わせたことを大変幸せに思います。

旧勢力の象徴として自民党が出てきますが、
個人的には既に、蜃気楼化しているんじゃないかと思います。
パソコンのメモリーやディスプレイに当たる自民党(自民支持の方変な例えですいません)今までは官僚組織と言うハードディスクのお陰で、パソコン(日本の運転)機能を維持出来ましたが、政権交代してハードディスクとの相性が悪くなりエラーが頻発して情報精度も下がり只の箱になっているのが現状なのかなと思いました。
経済通、外交通等々もハードディスクあっての事
なのでハリボテの風船(自民支持の方変な例えですいません)批判に余り意味が無いのかなと思います。
又現政権が一枚岩である必要も無いんじゃないかと思います。
戦後日本は国を挙げて国民一丸となって、今日の日本を形作ってきましたが
昨今は個人の思考、生活スタイルが細分化し
多様化した社会を形成しています。
多様化した社会に挙党体制の政治スタンスはバランスが悪いように思います。
より、多様化した政治スタイルの確立ないし同等(方向は違っても)の変革が革命と言うのに相応しいように思います。
奇しくも、安倍元総理の言った戦後レジームからの脱却
(安倍氏が何を指して言ったのかは、抽象的過ぎて凡人の私には未だ理解できませんが)何だと思います。
世の中は矛盾だらけで、
最大多数の幸福で、国の未来を切り開いてきた過去の論法の行き詰まり、
今の閉塞感は、そんな社会と実際に生きる多様化した人との摩擦の結果なのかもと思います。
今日の発達したコンピューターネットワークと高度化したシステムを取り入れていけば、より透明化して、多様化した政治及び社会システムの構築は可能なのかもしれないと思います。
(あくまで理想論です)
現政権のスタンスは、それまでの政権が長すぎたせいで、今のところそのルールの上で改革をしようとしているように見えます。
法務大臣の指揮権発動等、過去のタブーを打ち破る気概が欲しい
マニフェストは政権運営に実際に立った上で、やる、やら無い、後回しを国民に向って伝える事は、民主党に投票した私達に対する
責務だとも思います。
無理をしてマニフェストを縮小実行しても、システム全体として機能するプロダクトもあるので、

人気取りと言う過去からの踏襲にしかならないし
そんな事を望んで投票した訳でも無い

国士となるか否か

只、今は見守るのみ

梅光さん植草、天本、山崎さんと、永田町異聞さんです!

メディアも野党も、紙面や画面に大写しで「民意、民意」とヒステリックに叫んでいるが、これらワンパターンの手法は耳障りになってきた。
皆さん『民意』は本当にそこにあるのですか?
生活の向上こそが本当の民意ではないかと思います。
メディアも野党も、もう攻め手を欠いている事は見え透いています。
本当の民意を探しに町に出る時期ではないですか?
記者クラブの小部屋で権利を主張しても多数の庶民に理解を与える事は出来ません。収益の上がらない部門はやがて整理されます。それはメディアも含め企業社会の常です。

海辺のマー君さん

心に染み入るコメントをどうもありがとう御座います。気持ちがこもった熱意が文面からひしひしと伝わります。

私も、ここに集う民主党支持者も、そして日本中の民主党に投票した多くの方も、おそらく貴方と同じ思いで、この国を変えるためにどこに入れるのがベストかを、真剣に調べ、考慮した上で一票を入れたと思います。

その国民の民意を無駄にして、検察組織は自分たちの利権システムを死守しようという穿った目的の為、前政権とマスコミを使った間違った正義を盾にした世論誘導操作を行い、民主主義をゆがめた。これこそ大罪でしょう。

私は小沢さんも起訴されると半分諦めていました。目的が小沢排除と民主党支持低下が目的であれば勝算なき強引な起訴で充分。

後は無罪であろうと、マスコミに連日連夜の民主党バッシングで国民は簡単に騙せると。

ネットがなければ、恐らくそうなっていたと思います。しかし今の真実を見ることが出来るネット社会の追求や非難の声を 検察トップの人達はびびってしまったのではないのかな?

今日も高野さんは、サンプロで「これだけ小沢批判を毎日繰り広げれば、支持率が下がって当たり前だ」と検察の言いなりで自分たちの考えが書けないマスコミに一太刀、バッサリと浴びせてくれました。

民主党が野党時代、当然政権党の悪を追求してきました。
しかしそれだけではなく、政権を獲ったら国民生活を良くして行く
公約をして、マニフェストにまとめているからこそ国民は期待した。

勿論、完全に達成できるとは思えないが党が目指す政治が見えたからこそ託すことが出来たんでしょう。しかもまだ出来るかどうかは判断できる時期ではない。改革はこれからが本番であり、民主党を見限る時期ではないはずです。

しかし、自民党には全く目指す未来が見えない。
国民を幸せに出来る党だと言う期待する政策が一つもない。
ただ、行っていることは自分たちのことは棚に上げた
「政治とかね」追求だけで、与党バッシング以外何もない。

そんな政党に政権交代しても、幸せになれると思っている方は
以前利権、おこぼれを貰っていた限定的な方々でしょう。

自公支持者には、信者だとかマスコミに誘導された数字が正論だとか、外国人参政権が怖いとかどうでもいい事(少しは大事ですが)ではなく、政権が何をしてくれるのかを書き込んでくれるほうが、バッシングの数倍 自公党に投票する方が増えると思いますが、いかがでしょう。

ウー様

>反民主党の方の共通する特徴なのですが、何故だか上から目線で民主党支持者を標的にして馬◎・基◎外・オウム信者だとか 罵る言葉を使いながら煽るんですよね。

勝手にウー様とは考え方が近いと感じている者です。だからこそ、上記のようなコメントもよくわかるのですが、逆に私は民主支持の方の荒い物言い、コメントが目に付きます。相対的なコメント数はおそらくそうでもないのかもしれませんが、目に付きます。

理由は、「今の自民支持者であれば、政党そのものがあんな感じになっちゃってるから、支持者がネット上で荒れても仕方ないな」と思っているのに対して、民主支持者が同じ温度で罵詈雑言をはいているのを見ると、「お前らがそんな言い方しちゃうと、まともな民主支持者までお前らみたいに見られちゃうじゃないか」と感じてしまうからです。

「信者」などと言われること自体、不快です。理性的な判断で支持しているつもりの者からすると、妄信的に小沢氏を支持しているように見受けられるコメントを見ると、「いかんなぁ」と思ってしまうのです。

下野して死に物狂いの人々の物言いに対しては、いたわりの心を持って、紳士的に接してほしいのです。「君たち、そんな事だからだからいかんのだよ…」と。

どちらかというと自民OR民主というより「匿名」というお名前で投稿される方に、過激な表現をされる方が多いように感じますね。


vega様

>ちなみにわたしはノンポリです。自民も民主もない。ときの政権がダメならダメと言うだけです。

現政権の悪いところも踏まえたうえで、私は自民より民主を選びました。(今回は)

現政権が完璧だなんて思っている人はここには独りもいないでしょう。そんなことはわかりきっています。だめなところをダメということも必要です。結構なことでしょう。

しかし、日本は政党政治です。「この政策は自民だけど、こっちは民主がいい。」と思っていても、一票を投じなければなりません。

さぁ、あなたはどっち?(投じなければならんこともないし、二択でもないが)


はっきり言って、「朝青龍」「献金問題」何か、どうでも良いです。くだらな過ぎます。

疑問なのは、「職務権限を持っていた」自由民主党議員を対象に、東京、名古屋、大阪各地検特捜部は捜査をする気は無いと言う事です。

こうなったら、「他の地方検察庁」に告発状を出しまくるしか無いのでしょうか・・・。

森喜朗氏は石川県、尾身幸次氏は群馬県、麻生氏は福岡県と言う風に・・・。

私個人として、国会でやって欲しいのは、「たまゆら火災死亡事件」ですね。入居者に加え、経営者も高齢で、しかも借金まみれ、生前に返済はこれで不可能に成り、始末に負えないのは、経営の才能が無いのに、幻想に浸って、周囲の冷たい視線に気が付かない、「経営者の特殊な性格」が際立っています。

どうしてこんな人が、理事長であり続けたのか、疑問です・・・。

「姥捨て山」にした、東京都の対応や全く監督をしない、群馬県の対応も問題ですが、NHKスペシャル「無縁死・・・」の衝撃と相まって、「明日は我が身」の感がします。

一方で、「癌の病み上がり」の与謝野氏や仙谷氏は、消費税率を上げろと、唱えています。

彼等の治療費は、どの位だったのでしょうか。生活保護受給者では、払えない事は言うまでもありません。

彼等の金銭感覚って、そんなものかと「諦め切れぬと、諦める」・・・。

他には巷で話題に成った、埼玉・鳥取の不審死(よく考えれば、「トリカブト殺人事件」から気付くべきでしたが)で露に成った、死因制度の前近代性だの、過剰な歯科医を、監察医を含め、産婦人科医や小児科医等の足りない分野に、研修をやり直して配置する事だの、国会で議論して欲しいのは山程あります。

「歯科医の再研修」は、根本的な解決には成りませんが、税金の使い方としては「八ッ場ダム」「諫早湾干拓事業」よりはマシだと思いますが・・・。

朝刊一面を見て、唖然とした。  「子ども手当」の首相発言て゜ある。つい先日も、野田佳彦氏が(満額支給のハードルが高い・・云々)とあったが、このときも真意を訝ったのは私だけだろうか。  「政治とカネ」国会で難儀しているこの時期、鳩山総理の発言は余りにも軽すぎる。  マニフェスト選挙の公約「1~5」の内、ムダづかい、子育て・教育、年金医療、の三つは目玉の約束であったはず。 (子ども手当はありがたいが、将来、子供に借金の不安が・
・?)との質問なら、即座に、(米軍基地の思いやり予算を削ってでも・・)と、言うぐらいが、首相としての度量でないか。  マスコミが喜ぶのは当然のことである。  有権者がどう反応するか?  ますます心配である。  "口は災いのもと"  猛省を促したい!

Ho-dai-san
このサイトを初めて訪れてから、ざっと半年になります。今では投稿の始め辺りを読みながら、これは恵美さまかな、元㈱やさまかな、などと当て推量するのも楽しみの一つになっています。今回の梅光さまの投稿は、最初、「恵美」さまかなと思ったことでした。さて
「新聞紙 四つにたたんで八つに折り ありし日の父は 鼻かんでいた」
これは私が愛してやまぬ山崎方代の短歌であり、現在、私が新聞(大手メディア)に抱いている気持でもあります。鼻をかめば顔が黒くなるでしょうから、皆さまには勧めませんが、もはやそれくらいの価値しかないのではないかと、悲しく思います。
メディアはどうして自らの間違いを認めないのでしょう。第二次大戦のとき、戦争参加をあれだけ煽った朝日新聞社で、戦後すぐ、社をやめた記者は「むのたけじ」氏だけと記憶しています。いまの悲劇は、日本のジャーナリズムに一人の「桐生悠々」もいないことです。
とにかく「恵美」さまがしばしば嘆息するように、鳩ぽっぽさまの人事のひどさと、阿波だぬきを筆頭とする民主党内部の「反・非」小沢一派の言動には、検察と同等の怒りを感じます。もう「ぬらりひょん」防寒腸管の顔もみたくありません。
同様のことをお感じの皆さまと、これからも床屋清談ができたらと思います。少なくとも自分が投じた一票の価値を、見も知らぬ他人に汚されたくないのです。
最後に検察の方々に一首。
「人間が人間をさばくまちがいを 常識として世は移りゆく」(山崎方代)

>>投稿者: 1077 | 2010年2月15日 02:49
白票を投じるか、自分の名前書くよ。いまさら自民に入れる気はないし、かといって民主の投票要員の落下傘に入れる気もしないし。一生に一度は共産に入れてもいいかと思い始めてるところです

偏向番組テレビタックルで一般の参加者の全員が子供手当てに反対と言っていた事に何も反論できない渡辺周はこれからテレビに出さないで頂きたい。三宅氏が渡辺周の事を昔からの友達と言っていたが、常々彼の発言を聞いていると「貴方は自民党?」と言いたくなります。

参加者に子供が居るのか?、子供が居ても成人か?中学生以下か?
何も分からないのに全員が子供手当てに反対だと言う様にもって行くのは本当におかしい。小生の周りには「欲しい」・「助かる」・「当てにしている」と言われる方が多いです。

このところの民主党の議員の発言はその前後を省かれて、新聞・テレビに利用され、偏向報道されてしまう。民主党議員の皆さんは政権を維持していくつもりですか?
 それともちょっとだけ政権与党になれば、直ぐにでも気楽な野党に戻りたいのですか?

今度の参議院選挙の争点だけしゃべれば良いのであって、4年後の消費税の事は次の衆院選の争点であるから、何も今更こんな時期に話さなければならないのか?

マニフェストを守らなくても言いと言うのは小泉さんさんだけにして欲しい。努力して努力してどうしても出来ない時は選挙民(特に民主党を応援してくれた)に謝れば良い。許してもらえなければ、次の選挙で落選するだけですから・・・。

vega様

なんか、アナーキーな感じですねぇ。気持ち、わかんないでもないですけどね。

しかし、結局「より良いのはどちらか」ということだと思うのですが…あなたにしてみると、ホントにどっちもどっちなのでしょうね。

投稿者: 1077 | 2010年2月16日 17:12
ウチの選挙区の民主候補が素人のオネーチャンな訳ですよ。県連は「新鮮だから」とか言ってるけど、ンなモン支持できますかね

参院選はどうでしょう?全国区の比例代表ですし、候補者名書かなくともいいわけでしょう?

まぁ、タレント議員の擁立合戦みたいになって、これはこれで問題ありなんですけどね。

私は、自民党が大仁田厚を擁立して、政見放送で小泉が一緒になって「ファイヤー!」と叫んでいるのを見て、今日の衰退を予見していました。

今のところは「自民よりましな民主」という人が民主党支持者の大多数なのではないでしょうか。4年間まかせてみようという気持ちにもなりませんか?

投稿者: 1077 | 2010年2月17日 09:22
ちょっと危ないな、と思いつつも民主にいっぺんやらせてみてもいい、と思う人が多かったから政権交代が実現した訳です。もちろん私も衆院選では民主に投票しました
民主に入れたはずですが、国民新党にも社民党にも入れた覚えはない。民意を得ていない少数政党に振り回され、かつ小沢氏一人に我々が選んだ選良はモノも言えず、代表者(首相)は浮世離れした言動を繰り返す
とりあえず4年任せてみよう、という気持ちは当初はあったが、これで4年持つのか?という気持ちの方が今は大きいですね

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日本語の「ヨロン」という言葉には「世論」と「輿論」という2種類の漢字があります。実は、この2つの言葉は大きく意味が異なっていて、「世論(セロンとも読みます)」とは「感情的な世間の空気」のことで、「輿論」とは「議論を積み重ねてできあがった公的意見」のことを指します。《よろんず》が目指すものは後者の「ヨロン=輿論」をつくることであり、そのために、《よろんず》では情報のプロ・アマに関係なく自由闊達に議論を交わすための場所を提供します。メディアの調査で発表される「ヨロン=世論」とは違う真の「ヨロン」をつくるため、執筆者・出演者・読者のみなさんに、この新しい“知の共有空間”に参加いただけるよう呼びかけます。

読者投稿募集中!
↓ ↓ ↓
《よろんず》への投稿はコチラから

必ずお読みください!
↓ ↓ ↓
コメント投稿についてのお願い

BookMarks

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.