Calendar

2009年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Comments

« 赤虎頭巾:United States! Where are you going?
メイン
吉田巌:米国国家の歪みと日本への影響 »

豊後の小兵衛:ことばを失った日本人(5)

 さても間延びした連載で、諸兄には忘れられているとは思うが、役目がら書いてみたい。
 「いま日本人はものごとをどう考えたらいいかわからなくなって、途方に暮れている。日本語のことがあれこれ取り沙汰されるのは、そのせいではないか」と書いているのは、作家の丸谷才一氏で、「考えるための道具としての日本語」と題する新聞記事の一節である。
 ここでは、初回から「漢字制限」の不都合について記してきたが、丸谷氏は「思考の道具としての日本語についてはちっとも配慮しないのが近代日本の言語政策であった」と断じている。
 ことばとは、事象の伝達の道具という役割とともに、「思考の道具」という性格がある。人はことばを使うからものごとが考えられる。その「ことば」に優劣があったらどうなるかは自明でもあろう。
 繰り返しになるが、漢字制限とは「思考の制限」そのものともいえるのではないか。以上について、日本語研究家の大野晋氏は、戦後の国語政策に関し、(引用始め・中公文庫、対談 日本語を考えるより)漢字の形はいじった、かな遣いはきちんとしていない。そういう状態で、しかも原稿書けば、この字はないからと削られて、「僻地」と書けば「辺地」に勝手になおすというわけでしょう。新聞社はそれをやってきた。そういう状態のもとでは、言語は体系としてぐずぐずになる。言語がぐずぐずになるということは、なぜそれを哲学者や評論家たちが問題にするかといえば、それは認識がぐずぐずになるということだからですよ。(引用終わり)
 と発言しているが、今の私たちは「ぐずぐずになった日本語」でものごとを考え、国家の行く末を論じているのだが、その認識をどれほどの人が有しているのだろうか。
 同じく、同著の中で江藤淳は、(引用始め)私が間違いなく日本人だと証拠立ててくれるものは一体何だろうかと思った。そのとき、自分の内的言語は日本語以外にはない、と思ったのですね。その日本語が空間を超えて日本にいる友人や同胞と自分とをつなげているものであり、また、時間を超えて記紀(日本書紀と古事記=筆者注)、『万葉』の時代と自分とをつなげ、おそらく未来の日本人にも自分を結びつけているものであるという感じがしたのです。(引用終わり)
 因みに、存命中の江藤淳は小沢一郎氏の良き理解者であったことが、世川ブログ
http://blog.goo.ne.jp/segawakousuke)に採録されているので、参照願いたい。

 さて、新聞報道によれば「常用漢字表」の決定が間近である。相も変わらずいくつかの漢字を出したり入れたりと、まったく以てご苦労なことである。今時、まとまった記述はパソコン全盛期であることから、その使用については文章を書く人が決めればそれで良い。難解で不都合であれば、私の投稿と同じで読む人は少なく、かといって、どなたかの「ひらがな」ばかりの文章では、これまたバカにされたようで読む人も少数だろう。
 ことばを「思考の道具」と定義するなら、そのルールをお上が決めるのではなく、それぞれに任せるのが民主主義の原則でもあろうと思うし、新政権も、ゆくゆくはこんな小さな無駄さへも洗い出して排除するように願いたい。
 「いま日本経済はあやうく、政治はひどいことになっている。一方、日本語に対する関心がすこぶる高い。この二つの現象は別々のことのように受取られているけれど、実は意外に密接な関連があるはずだ。というのは、誰も彼もが国を憂えているが、しかし何をとう考えたらいいか、わからない。何も頭に浮ばない。」とは、先に引用した丸谷氏の締めのことばであるが、ネットにはびこる文章に、この危機感を有しているのが見えないのが寂しい限りである。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/6112

コメント (14)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

<豊後の小兵衛様>
こんにちは。言葉は、大切ですよね。ロシアもドイツも日本も占領地の人々に自国語を使う事を許さず、ロシア語、ドイツ語、日本語を使うように子供達を教育して、同化政策を行いました。
言語は民族の誇りと歴史を繋ぐものです。
漢字をお上に制限されたくない、大賛成。
たぶん豊後の小兵衛様は、反対されると思いますが、私はギャル語も大好きです。言葉は生き物です。
森鴎外は英語のLOVEを愛としました。愛しいなどの言葉はあったものの、日本には存在しなかったキリスト教的な概念のLOVEをどうするか、愛は森鴎外のイマドキ言葉でした。夏目漱石は東大の学生を前に「牛耳をとる」という言葉を「牛耳る」というイマドキ言葉を創り演説しました。
その時代を生きる日本人が、その時代に相応しい言葉を創りだし、自由自在に操ること、それが私の日本語に関する考え方です。

当に!
社会がマニュアル化され、
言葉に限らず、その意味が失われているような気がします。

昨今の検定ブームも
要は昔のハウトゥを高度にして数値化した様に感じます。
答えありきの、問題ですよね?

そう言う教育を受けてきたからと言えば簡単ですが・・・

世の中の選択肢が増えて一見、能動的な社会のようですが、
選択肢自体に決められた枠があって、ジツは受動的な社会のような気がします。

恵美さんも触れられていますが、
夏目漱石をはじめ当時の文化人は
数多くの言葉(漢字)を作っているんですよね?
最近知って驚きました。

当時の社会が如何に高い文化だったのかと思います。

振返って今は、常識等に囚われて
世の中(世界)の早い流れに思いっきり取り残されている気がします。

当に! 

それは言葉で考える部分が置き去りになっているからだと思います。
今は言葉で無い部分(イメージ等)での思考が先行しているような気がします。

日本が占領地で母語の使用を禁止し、日本語を強制したという事例はないはずですが?
朝鮮・台湾・満州その他も。
(かろうじて琉球の日本語教育の「方言札」の話くらい。それも現場での実施)

別に責めはしませんが、自分の知識を時々虫干ししてみることをお勧めします。
(判断基準にも影響することがあるので)

あと、「自国語」という呼び方に何か疑問は感じませんか?

世川ブログ、ありがとうございました・。
わたしは、氏より、10歳したですが、日本改造を、読んで以来おもっていたことを、あこまで、的確に文字化しておられる世川氏のブログを拝見させてもらい、感謝しております。
放浪の貧乏作家に、いくばくかの(ほんを、買った)振込をさせてもらいたくおもいます。

【恵美さま】へ

先日も申しあげましたが、いつも、この『ザ・ジャーナル』の投稿欄を読んでいて、途中から【貴女の文章だ】ということは、私には直ぐに分かります。
それは、どんなテーマに関しても、貴女が≪書き慣れれていらっしゃる文章≫に、私たち読者を(納得させられる明快な論旨)であること、このことは勿論ですが、
貴女しか書けない特有の文脈の流れというか、文章の香りというか、貴女特有の感性が、私には伝わってくるからです。
これはもう【一流の文筆家】と言うべきでしょう。そして、今回は私の知らなかった鴎外や漱石の逸話を初めて知り、うれしく思っております。早速「言葉の備忘録」にノートしておきます。

私は1930年生れ、太平洋戦争(日中戦争)を小学生入学前から内地で経験した後期高齢者です。つまり戦争については、極めて関心の高い年齢です。
また年甲斐もなくワープロ・パソコンをブラインドタッチで書いていますが、大漢和辞典には載っていても、所持するパソコンには内臓していない(漢字)は、どうしても必要なときに【文字】を作成して書いています。

最近、昨年は日本の「文化勲章」を受賞し、日本人より日本語に堪能なドナルド・キーンの『日本人の戦争』を読みました。それは戦争前後に書かれたの日本人の作家の日記(高見順・伊藤整ほか……)を縦横に引用しながら、しかし書物の原文は≪自国語の英語≫で書かれていて、それを日本人が日本語に翻訳して上梓した書物です。

今年8月、朝日新聞の「書評欄」はこの書物の「日本人でも考察出来なかった内容の深さ」など、絶賛していますが、そうした書評は別として、今回のテーマ『豊後小兵衛・ことばを失った日本人』を読んでみて(引用する日本人の日記は日本語ですが、考察する自分の文書は英語でという)ドナルド・キーンの執筆態度から、改めて、私は≪自国語・日本語の言葉≫の大切さを知らされた一人です。
 

恵美さんが仰るように『言葉は生き物』ですが、国立国語研究所が誤用も繁用されれば正当化する態度は容認し難く思います。「ら抜き言葉」や、単語では、薬の「坐薬」を「座薬」を正とすることなど、意味を取り違える恐れのあるものは是正すべきと思います。

私は、言語や漢字の専門家でもありませんし、“ことば”に関して特別な研究をしたことも無く、戦後教育を殆ど疑いもせずに受け、一般的な社会生活を送ってきた人間です。
また、私は、豊後の小兵衛様のお説を、全て拝読しているわけでもありませんので、論点違いならご容赦いただきたいのですが、ご寄稿の感想を申し上げると、丸谷氏、大野氏、江藤氏の言を引きながら、要するに「決定が間近に迫った常用漢字表は、お上が決めるべきでなく、漢字は使う個人個人が自由に判断すべきだ」とのご主張に聞こえました。
日常使う“ことば”と、それを表記する手段としての“漢字”とは、その役割が、その時々の社会を決定的に破壊しない範囲で、その時々の社会を反映した形でなら、変化しても容認すべき、と私は考えています。
ご専門の方々が、膨大な資料をベースに各々のご持論を展開されることに対して、敬意は表しますし、文明文化の発展のためにも、大変重要だとも思います。しかしながら、この論議は、もしかすると、司法における判断基準や法の淵源として判例の重視などが陥っているような、超超専門世界に入られていらっしゃるのではありませんか。
氏のこれまでのご寄稿を、何篇か拝読する限りそんな印象を持ちましたが、考えすぎなら幸いです。
その意味で、《em5467-2こと恵美》様の『その時代を生きる日本人が、その時代に相応しい言葉を創りだし、自由自在に操る』というお考えに一票投じたいと思います。
失礼を承知で、素人の勝手な言い分を申し上げましたが、『原稿書けば、この字はないからと削られて、「僻地」と書けば「辺地」に勝手になおすというわけでしょう。新聞社はそれをやってきた』という下りは全く同感で、何十票も入れたい、と言うのが本音です。
数々のご無礼、許されたく。

豊後の小兵衛さま

こんにちは。いつも胸のすく思いでお説を拝見しています。

>ことばを「思考の道具」と定義するなら、そのルールをお上が決めるのではなく、それぞれに任せるのが民主主義の原則でもあろうと思う

町名の変更についてもそうなのですが、誰がどういう権限でどれ程の文化的素養のもとに何を判断基準に「常用漢字」の出し入れをするのかその根拠を知りたいものです。「義務教育で習得するべき範囲」ということならまだ納得できますが・・・ついでに白川静氏の意見も聞いてみたいです。

江藤淳氏の引用部分は心に響きました。確かに「日本人だと証拠立ててくれるもの」ですね。
奥様を亡くされ病を得て自ら命を絶たれましたが、その時残された遺書があまりにも凛としたものであったので一層悲しかったことを覚えています

豊後の小兵衛さまが仰るとおりことばは「思考の道具」です。漢字はその思考に広がりをもたせてくれます。
例えば「青」「蒼」「藍」、これがもし「青」に統一されたらイマジネーションの貧困をきたすことは間違いありません。

もちろん時代と共に言葉は変化していきますが政治が文化の方向性を決めたり規制するというのは別の話で傲慢なことだと思います。

半分ひらがなで半分漢字の熟語が新聞の見出しやテレビのニュースでテロップとして表示されると、気持ち悪いです。
難しい漢字だからとひらがなにしたために、却って意味が解り難くなってしまっています。

漢字は、一目みただけで意味を汲み取れる優れた文化です。
文字であると同時に絵でもあるという素晴らしい機能を無視し、「難しいから」という理由で常用漢字以外の漢字のひらがな表示を許してしまった学者連中の浅はかさにはがっかりしています。

どうしても読み難いというのであれば、ルビを振ればいいだけの話です。わざわざ、かなで表示する合理的な理由を、私には見出せません。

<ひろこ様>
本当にそうですね。日本の伝統色、大好きです!
紅色とか、朱色とか、赤にも微妙な違いがあって・・・。やはり、微妙な違いを感じ取る感性が日本人は優れているのでしょう。
以下、日本の伝統色のサイトを貼り付けてみました。ご参考まで・・・。
http://www.colordic.org/w/

 みなさんへ

 拙い文章に、コメントをいただき恐縮のきわみです。おちあいさんご指摘の「専門世界」に入っているつもりはないのですが、舌足らずであればご寛恕願います。

 事実関係として、國語問題協議會(http://kokumonkyo.jp/)の物故役員の項目を参照願うと分かるかと思いますが、昭和35年前後、実に多くの方が国語問題に発言していますが、その層の広さ、厚さには驚くばかりです。
 この会は現在、ごく一部の方々で形式的に維持されているばかりで、当時に比べ、作家を含む識者の関心の薄さに危機感を覚えます。

 一方では「日本語が滅びる時」など、異質なベストセラーもあります。

 小学校低学年では、鼻血を「はなじ」、地面を「じめん」と書かせ、語源を無視した公教育が平然と行われています。

 ドナルド・キーンさんの一文は私も読みましたが、要は自分が生まれ育った国のことばでないと正確な記述にならない、と私は解しました。

 要するに、「当座の役に立っているのだから、いいではないか」と、漢字を制限されている事実や「におい」と「にほひ」は、音は同じでも、そのイメージの違い、そしてまた、国歌への思いは違っても、「巌(いはほ)となりて」を「岩音(いわおと)鳴りて」と解している子供たちなど、今のままで良いとは思えないのですが・・・。
 丸谷才一氏は「知は暮らしの現場から遠くなり、思索は専門家に任せられた」と述べていますし、関心を持っていきたいと私は思います。

  次を書こうか、止めようかと迷っているのが「日本人の脳」(角田忠信著)です。
 秋の虫の聲を愛でるのは、この地上で日本人のみで、右脳、左脳の違いを立証した書籍です。外国で生まれ育った日本人は外人の脳になり、日本で生まれ、日本語環境で育った外人は日本人脳になり、それは生涯変わらないそうです。

恵美さま

サイトのご紹介ありがとうございました。日常生活でここまで細かく色彩を識別することはありませんが和色というのは日本の伝統的和服の色を言い表す時になくてはならないものですね。「和の文化」の素晴らしさをここにも見る思いです。染色に興味を持ち膨大な色見本を完成させた画家の和田三造氏など日本には誇るべき先人が沢山います。日本の文化を大切にしたいという気持ちを今の若い世代にもってもらえるような国造りを小沢さんには是非頑張って進めて欲しいですね。

 ことばっていいね。「わしょく」とは、「和食」のみしか知りませんでしたが、ひろこさんの「和色」(この場合「ワイロ」じゃまずいですよね)、いいな。
 同じ灰色でも、「利休ネズ」というと、明るいグレーをイメージしますね。

 染色といえば、草木染めの大家・吉岡常雄先生を思い起こします。文学的な染織家で、蜀江錦を再現されましたし、瀬戸内寂聴の私小説「比叡」に登場する**(失念)教授という、若はげの熱血漢でした。

 因みに、今でも寝間着代わりに愛用している紬の袷は、その昔、手紬の正絹糸に藍を存分に使い自分で染め、機織り機で自分で織ったもので、およそ半世紀になろうとしていますが、未だに型崩れしません。古くても、良い物はやっぱり良いと思います。
 夏物はというと、およそ200年前の琉球織物で、正絹でありながら汗を吸い、風通しの良いしゃきっとした上布です。(麻ではない)

 中身がいいともっと映えるのでしょうが・・・。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

日本語の「ヨロン」という言葉には「世論」と「輿論」という2種類の漢字があります。実は、この2つの言葉は大きく意味が異なっていて、「世論(セロンとも読みます)」とは「感情的な世間の空気」のことで、「輿論」とは「議論を積み重ねてできあがった公的意見」のことを指します。《よろんず》が目指すものは後者の「ヨロン=輿論」をつくることであり、そのために、《よろんず》では情報のプロ・アマに関係なく自由闊達に議論を交わすための場所を提供します。メディアの調査で発表される「ヨロン=世論」とは違う真の「ヨロン」をつくるため、執筆者・出演者・読者のみなさんに、この新しい“知の共有空間”に参加いただけるよう呼びかけます。

読者投稿募集中!
↓ ↓ ↓
《よろんず》への投稿はコチラから

必ずお読みください!
↓ ↓ ↓
コメント投稿についてのお願い

BookMarks

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.