メイン

日誌 アーカイブ

2010年7月 8日

参院選注目の候補者、岡崎友紀氏を直撃レポート

yokota100702_1.jpg

 参院選に民主党比例代表で出馬する女優・岡崎友紀(おかざき・ゆき)氏にインタビューし、女優時代から今回の選挙出馬に至る経緯を聞きました。

* * * * *

─選挙戦も終盤にさしかかりました。商店街では「あら、岡崎ゆきさんだわ」「テレビでよく見てたわ」などとシニアの方々から大人気でしたが、手応えはいかがですか?

続きを読む "参院選注目の候補者、岡崎友紀氏を直撃レポート" »

2009年8月 9日

すでに始まった官僚と民主党の戦い

「もはや政権交代は既成事実です。焦点は、どの程度民主党が勝つかということに移っている。それで、我々の身の振り方も変わってきますから」
 こうした意見が霞が関官僚の間では共通している。いささかのんびりしているようにも聞こえるが、違う。公僕である以上、どの政党が政権与党になろうとも面従腹背でお仕えするのが、彼ら官僚の仕事だ。
 とはいえ、民主党は当初、官僚たちのパワーの源泉である人事権や予算編成権などを奪取し、「脱官僚」を旗印に「霞が関を解体する」と対決姿勢を鮮明に打ち出していた。彼らとしては、当然ながら迎え撃たなくてはいけない。しかし、すでに戦術は出来ているようで、エリート官庁になればなるほど焦りは少ないようだ。

続きを読む "すでに始まった官僚と民主党の戦い" »

2009年6月26日

与野党逆転

すごくバタバタしていて、ごぶさたしてしまいました。

ここのところ暑いですね。みなさんは体調など崩されていませんでしょうか。

さて、前回に引き続き、またもや文科省ネタで恐縮です。

3週間ほど前ですが、自民党無駄プロジェクトチーム(PT)と構想日本が作夏より行ってきた政策棚卸の取材に行ってきました。ほんとうはもっと早く書こうと思っていたのですが、原稿に追われて、気がついたらこんなに時間がたっていました。すみません。

続きを読む "与野党逆転" »

2009年6月 1日

麻生補正予算14.7兆円で甦る政・官・財のトライアングル

今世紀最後の愚策とも呼べる補正予算が成立しました。

麻生総理が「リーダーシップ」を初めて発揮する絶好の機会になるはずだったこの経済対策、むしろ、西松事件やどこかすっきりしない代表選の影響で、停滞気味だった民主党の反転攻勢のきっかけになることは間違いありません。

若い官僚たちの間からも、強い失望感が聞こえてきました。

続きを読む "麻生補正予算14.7兆円で甦る政・官・財のトライアングル" »

2009年5月23日

女性議員の品格

しかし、今回の代表選挙って、何だったのでしょう・・・。

あまりに期間が短くて総括すらできなかった気がします。せめて土日をはさむべきでしたし、若手から第三の候補者が出るべきでした。そうしたら、メディアも国民ももうすこしこの選挙に注目したと思いますし、メディアジャックだって可能だったはずなのに・・。

前回の自民党の総裁選もひどいものでしたが、たとえ「ゴレンジャー」と小馬鹿にされようと、女性や若手を出馬させることで注目をひきつけることに成功しました。

それに比べて民主党は…わたしが知っているだけで、名前の売れている中堅議員がふたり担ぎだされるという動きがありましたが、本人が逃げてしまいました。

いっぽう女性議員は…小池百合子議員のように批判の対象にすらならないのが現状なのではないでしょうかと残念になりました。

誰か思い切ってフレッシュで政策通な女性議員が挙手してみてもよかった気がします。

さて、すこし前に、共同通信の「きららぎ会 ハイタイム」でこのような講演をさせていただきました。

みなさんは、日本の女性国会議員や女性初の宰相に対して、どのような考えをもたれていますか?

続きを読む "女性議員の品格" »

2009年5月10日

官僚政治の復活?

大型連休が終わり(いつの間にという感じですが・・)、官僚たちも次々と出勤してきて、霞が関も(ついでにわたしも)通常の生活に戻りつつあります。

今週、出席した会合で話題になっていたことのひとつに田母神元幕僚長が、講演で大忙しだということがありました。なんでも、年間で150回近い〈講演予約〉が入っているとか。1回、4~50万円で計算したら・・・羨ましい限りです。

まさに、局地的な保守バブル。

最近保守系は論壇も政界もリベラル系におされて肩身の思いをしていたようですから、田母神さんがガス抜き的な存在になっているのでしょうか。

余談ですが、安倍元首相の何事もなかったかのような活動ぶりに怒りを感じます。清和会の内輪もめに危機感を抱いた森元首相が存在感のある安倍さんに依頼して、あちこちの国に〈親書〉を持たせて訪問させているとか。あのような辞任の仕方をした安倍さん、一度バッチを外して民意を問うべきだったはずです。

続きを読む "官僚政治の復活?" »

2009年5月 2日

「諸君!」休刊に思う

気持ちのいいお天気ですね。

ようやくきょうから本格的なお休みという方も多いのではないでしょうか。

わたしは、次に出版する予定の本の原稿をこのゴールデンウィークですこしでも書き進めようと頑張っています。

そんな中、「諸君!」の最終号が届きました。「論座」、「月刊現代」につづき、とうとう「諸君!」までもが休刊に追い込まれました。巷では雑誌ジャーナリズムの危機が叫ばれてはいますが、こうして手にとってみると、改めて胸にせまるものがあります。

続きを読む "「諸君!」休刊に思う" »

2009年4月29日

はじめまして

みなさま、こんにちは。ルポライターの横田由美子と申します。

普段は、主に、霞が関周辺をうろうろとしています。趣味はクラシックバレエとワインと書きましたが、官僚と女性政治家の生態研究と言ったほうが正確かもしれません。

そんなわたしの日々の取材のこぼれ話をお届けしたいと思います。これからよろしくお願いいたします。

ちなみにブログタイトルは、個人ブログ「ペコちゃん日記」の姉妹版ということで、深い意味はありません。

続きを読む "はじめまして" »

Profile

横田由美子(よこた・ゆみこ )

-----<経歴>-----

埼玉県出身。
96年、青山学院大学卒。在学中より、ライター活動を本格化。
以後、フリーランスを貫く。
新聞、雑誌で主に、女性、官僚、政治をテーマに記事を執筆。
趣味はクラシックバレエとワイン。

-----<連載>-----

朝日新聞be「読み解く」

日刊現代「霞が関の掟」(毎週木曜)

-----<出演>-----

『ザ・インタビュー』
(BS11)
アシスタント・キャスター

『ニュースの深層』
(朝日ニュースター)
サブ・キャスター/月・水・金担当

BookMarks

ペコちゃん日記
http://blog.livedoor.jp/yumikoyokota/

-----<著書>-----


『官僚村生活白書』
2010年6月、新潮社


『ヒラリーをさがせ!』
2008年1月、文藝春秋


『私が愛した官僚たち』
2007年2月、講談社




→ブック・こもんず←

当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.