メイン
「諸君!」休刊に思う »

はじめまして

みなさま、こんにちは。ルポライターの横田由美子と申します。

普段は、主に、霞が関周辺をうろうろとしています。趣味はクラシックバレエとワインと書きましたが、官僚と女性政治家の生態研究と言ったほうが正確かもしれません。

そんなわたしの日々の取材のこぼれ話をお届けしたいと思います。これからよろしくお願いいたします。

ちなみにブログタイトルは、個人ブログ「ペコちゃん日記」の姉妹版ということで、深い意味はありません。

さて、「昭和の日」のきょう、どのような休日をお過ごしですか?

わたしは、朝日ニュースターの「ニュースの深層」という番組にサブ・キャスターとして出演する予定です。

今夜は、最近の皇室報道やこれからの皇室について、MCの宮崎哲弥さんとじっくりお聞きするので、お時間ある方は(視聴できる環境にある方は)チャンネルを合わせてみてくださいね。

じつはわたしの周囲には、「お妃候補」として名前を挙げられた経験のある女性がふたりいます。

そのため、雅子妃が現在置かれている状況を複雑な思いで見てしまいます。

もし、雅子妃が天皇家に嫁がず、外交官を続けていたとしたら・・そんなことを考えることもあります。

今後は、女性外交官が抱えている問題点なども、このブログでふれていくつもりです。

とりあえず、今晩8時からの生放送をご覧くださいね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/1467

コメント (11)

個人的な宣伝は無意味でこの紙面が勿体ないと思いますね。

記事の内容、切り口で勝負をして下さい。

朝日新聞のB欄でときどき拝見して注目していました。切り口の斬新さはお見事でした。
この欄においでいただいて大いに期待します、どんどんわれわれ大衆を啓蒙してください。

>>ishidaさん
それも個性であるし、横田さん出演の番組を拝見することで記事を多面的により深く理解、解釈することができるのだと思います。

横田さんの著作や記事に感嘆し共感し学習すること多々です。今後も期待致しております。

ishidaさん、初登場で自己紹介しているんだからそんな言い方はしない方がいいですよ。あなたの心のゆとりのなさが露呈します。

横田さん、はじまして。こちらこそ、一読者として、よろしくお願いします。
いろいろなことを教えてくださいね。楽しみにしています。では。

横田さん

はじめまして。
いつもゲンダイにて記事を拝見させて頂いております。
横田さんの“視点”色々ご教授いただけるのを楽しみしております。

何卒よろしくお願いいたします。

記載して少し経って自分の文章を眺めてみますと、きついなーと我ながら思いました。

心のゆとりの無さを指摘され、見透かされるような文章は最悪だと自戒するところです。

そうした中で、フォローする内容や期待する文面が多数あることはこのブログの良識さを示しているのか知れませんね。

反面教師的に言えば私の記載がリトマス紙となって横田さんへの期待が顕わになったとも言えるのかと思います。ジャンルンを問わず
素晴らしい記載を期待しております。

リトマスと言えばマスコミもリトマスの世界に曝されているような気がします。結局は小沢さんの辞任話を垂れ流すことに全てのマスメディアは集結しているようですが、少なくとも良識ある人人に対しては見透かされているような気がしますね。

 週刊新潮4月23日号掲載の「高橋洋一教授の「窃盗報道が少ない」と怒る「植草元教授」」
 「元センセイの裁判を傍聴し、ご本人に直接取材したこともあるルポライターの横田由美子氏が言う『彼の拠り所はもはや「冤罪」と言い続けることしかないんです。もてはやされた分、過去の栄光が捨てられないのでしょう。活躍している評論家に嫉妬の気持ちを持っているのは間違いないと思います』一度、ご自分の姿を手鏡に映してみてはいかがか。」


直接取材もせず、なおかつ裁判における公判記録もまったく読んだ形跡もなく、さらに、罪刑法定主義のような基本的な原則も知らずに、思いつきでコメントするようなルポライターに対しては、The Journalの読者は厳しい見方とコメントを寄せることを覚悟の上で、説得力ある記事の掲載を期待しています。

「ご自分の姿を手鏡に映してみては」の一節には、求刑・判決文の「手鏡没収」と同類の違和感を感じました。隠された真実に迫るジャーナリスト、という気概は微塵も感じられません。

大変失礼致しました。「ご自分の姿を手鏡に映してみては」は横田氏ご自身のコメントではありませんでしたので、上記の私のコメントを撤回するとともに、横田様には謹んでお詫び申し上げます。

「手鏡に映してみては」は新潮の記者の文章でしょう。読んでませんが。

とはいえ、横田氏のブログの4月18日の記事(上の方のコメントにも転載されています)を読む限り、擁護に値するようなジャーナリストではないと思いますが。

http://blog.livedoor.jp/yumikoyokota/archives/2009-04.html#20090418

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

横田由美子(よこた・ゆみこ )

-----<経歴>-----

埼玉県出身。
96年、青山学院大学卒。在学中より、ライター活動を本格化。
以後、フリーランスを貫く。
新聞、雑誌で主に、女性、官僚、政治をテーマに記事を執筆。
趣味はクラシックバレエとワイン。

-----<連載>-----

朝日新聞be「読み解く」

日刊現代「霞が関の掟」(毎週木曜)

-----<出演>-----

『ザ・インタビュー』
(BS11)
アシスタント・キャスター

『ニュースの深層』
(朝日ニュースター)
サブ・キャスター/月・水・金担当

BookMarks

ペコちゃん日記
http://blog.livedoor.jp/yumikoyokota/

-----<著書>-----


『官僚村生活白書』
2010年6月、新潮社


『ヒラリーをさがせ!』
2008年1月、文藝春秋


『私が愛した官僚たち』
2007年2月、講談社




→ブック・こもんず←

当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.