Calendar

2009年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Comments

新聞が書かない民主党の「公約破り」
へえ〜 09/19
しんじ 09/20
しんじ 09/20
kouseifam 09/20
。。。 09/22
森本祐二 09/24
K.N 09/28
かむ 12/13
民主党の本性を暴露する動画 01/21
222222222 06/01

Recent Trackbacks

《21時からLIVE!!》週刊朝日UST劇場!!  ライター・上田千春さんがゲスト出演!!
  └ ★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ★isao-pw★ 05/06
  └ ★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ★isao-pw★ 04/28
  └ ★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ★isao-pw★ 04/19
  └ ★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ★isao-pw★ 04/15
  └ ★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ★isao-pw★ 04/11
《21時からスタート》山口一臣週刊朝日編集長が視聴者の質問にこたえます! 『週刊朝日UST劇場』
  └ ようこそイサオプロダクトワールドへisao-pw 10/09
村木裁判は氷山の一角 ── 世の中を混乱させた検察への怒り
  └ ようこそイサオプロダクトワールドへisao-pw 10/05
  └ psw_yokohamaの第2ブログ 09/23
  └ psw_yokohamaの第2ブログ 09/13
  └ 棒に怒る日本人 09/12
  └ psw_yokohamaの第2ブログ 09/11
小沢一郎が「起訴相当」となった理由
  └ psw_yokohamaの第2ブログ 09/23
  └ 静かなる革命2009 06/29
  └ ようこそイサオプロダクトワールドへisao-pw 06/26
  └ ステイメンの雑記帖  05/07
マーケットは一足早く政権交代
  └ ブログ拾い読み 09/12
  └ ようこそイサオプロダクトワールドへisao-pw 08/18
  └ Keynotes 08/06
  └ とおめがね 08/05
  └ ステイメンの雑記帖  08/03

« 民主党小沢支配はなぜ、悪いのか?
メイン
官邸の記者会見もいずれ開放される!? »

新聞が書かない民主党の「公約破り」

民主党の鳩山新内閣がきょう正式に船出する。「官邸主導 一進一退」(朝日)、「準備不足の船出に」(毎日)、「鳩山人事は『安全運転』」(読売)、「無視できぬ『小沢』」(産経)と各紙の紙面は関連ニュースで埋まっている。だが実は、この新政権発足にあたって新聞がまったく触れていない重大なことがある。

 それは、歴代民主党代表が約束してきた「政府会見を記者クラブ以外のメディアにも開放する」という方針が一部メディアの圧力と党内守旧派によって握りつぶされたという事実である。数時間後に行われるであろう新内閣発足の記者会見も閣僚の会見も、「民主党革命」といえる今回の政権交代を象徴するかのように、本来はすべてのメディアに対して開放されるはずだった。それが直前に撤回され、従来どおり官邸記者クラブである内閣記者会に対してのみ、行われることになりそうなのだ。

 総選挙が終わった直後から、実はこの問題に関して水面下で熾烈な戦いが繰り広げられていた。記者クラブを形成する既得権メディアが経営幹部から一線記者まで動員して、さまざまなルートで民主党の各層に働きかけを行っていた。鳩山由紀夫代表に直接、電話を入れた大手新聞社の首脳がいれば、秘書や側近議員の籠絡を担当した記者もいたという。

そのときの共通する殺し文句が、「新聞、テレビなどのメディアを敵に回すと政権が長く持ちませんよ」というものだったという。政権発足前からさかんに行われていた「小沢支配」「二重権力構造」批判といった実体を伴わないネガティブキャンペーンも、実はこの延長線上にあったのではないか、とわたしは疑っている。

 こうした既得権メディアの意を受けた党内抵抗勢力の中心が、藤井裕久@新財務相と平野博文@新官房長官だった。とくに平野氏は官房長官として内閣記者会とのパイプ役となる立場だけに、取り巻きの記者に対して「『記者クラブ開放』は俺がツブす」と息巻いていたという。平野氏にとっては民主党のDNA(by神保さん)であり民主党革命の真髄といえる「情報公開」(ディスクロージャー)よりも、目先の自分の仕事をやりやすくすることのほうが重要なようだ。こんなことで既得権の牙城といえる霞が関に本気で切り込めるのか、先が思いやられるというものだ。

 そもそも、民主党が政府会見を記者クラブ以外のメディアにも公開する方針であるということ自体、既得権メディアはほとんど報じていない。民主党の歴代代表が記者会見で明確に約束しているにもかかわらず、新聞、テレビは(産経新聞がオンラインメディアで扱った以外)いっさい伝えてこなかった。ちなみに、週刊朝日は4月10日号で上杉隆氏のリポートを載せている。当時代表だった、小沢一郎氏の会見でのやり取りだ。公約の証拠として以下に引用する。質問者は上杉氏自身である。

「ジャーナリストの上杉隆と申します。3月4日の記者会見以来、代表は説明責任を果たそうと、わたしのようなフリーランス、雑誌記者、海外メディアに記者会見を開放し続けてきたことについて、まずは敬意を表したい。一方で、自民党、首相官邸など全官公省庁は、わたしのような記者が質問する権利はおろか、参加することすらできない。そこで質問です。仮に、政権交代が実現したら、民主党政権は今までと同じように記者クラブを開放し続けて首相官邸に入るのか。あるいは、これまでの自民党政権のように記者クラブをクローズにしてしまうのか?」
 これに対して小沢代表は、こう答えた。
「わたしは政治も行政も経済社会も、日本はもっとオープンな社会にならなくてはいけない。ディスクロージャー、横文字でを使えばそういうことですが、それが大事だと思っております。これは自民党の幹事長をしていたとき以来、どなたとでもお話をしますよということを言ってきた思いもございます。そしてまた、それ以降もとくに制限はまったくしておりません。どなたでも会見にはおいでくださいということを申し上げております。この考えは変わりません」
 会見後、小沢氏のこの「答弁」を引き出した上杉氏の前には、海外メディアやフリーランスジャーナリストらが握手を求める小さな列ができたという。「ありがとう」「素晴らしい質問だった」と称賛の言葉が飛び交った。小沢氏の答弁は、それほど重要なことなのだ。

 上杉氏は、鳩山氏の代表就任会見でも同様の質問をした。それに対する答えは、
「(前略)わたしが政権を取って官邸に入った場合、(質問者の)上杉さんにもオープンでございますので、どうぞお入りいただきたいと。自由に、いろいろと記者クラブ制度のなかではご批判があるかもしれませんが、これは小沢代表が残してくれた、そんな風にも思っておりまして、私としては当然、ここはどんな方にも入っていただく、公平性を掲げて行く必要がある。そのように思っています」

 小沢前代表、鳩山現代表がここまでハッキリと打ちだした方針を、一官房長官の平野氏が自らの保身のために撤回してしまっていいのだろうか。

ついでに、これはわたしは現場にいなかったので、あくまで取材記者からの報告だが、民主党のマニフェスト発表会見でも同じ質問が確認されている。質問したのは、たぶんTheJournal執筆者でもある神保哲生さんだと思う(違ったらゴメンなさい)。質問者が、マニフェストに「記者クラブ開放」が書かれていないことを指摘した。それに対して、鳩山代表はこういう趣旨のことを述べたという。
「マニフェストは国民のみなさんとの約束です。記者会見にどなたでもお入りいただくというのは、記者のみなさんとのお約束なのでそこには書いてありません。しかし、その方針自体はなんら変わることはありません」
 会見に出席した週刊朝日の記者の話によると、鳩山代表がこの発言をしたとたん、場内にざわめきが起こり、マニフェストに対して批判的な質問が急に飛ぶなど、それまでの和やかな雰囲気が一変、険悪なムードになったという。なんだかなぁ......。

 そもそも、いずれも重要な記者会見でのやりとりであるにもかかわらず、新聞、テレビがいっさい扱わないことからして異常ではないかと思う。鳩山代表の就任会見はNHKが生中継していたのだが、ある民主党関係者が後日、わたしに明かしたところでは、こんな信じられない工作がなされていたという。それは、中継の時間中は上杉氏が質問の手をあげても指名しないという密約がNHKと現場を仕切る党職員との間でできていたというのである。なにしろ「密約」なので真偽のほどは定かでない。ただ、事実として、上杉氏の質問は中継されることもなく、新聞記事になることもなかった。

 わたしや上杉氏(やたぶん神保さんも)がこのことにこだわるのは、単にフリーや週刊誌記者だから、会見に出られないからといった次元の話でないことは理解してもらえると思う。また、わたしは新聞社の子会社で働く者として、記者クラブ自体の存在を否定するものではない。既得権を持った者が既得権を維持しようと努力するのも理解できないことではない。残念なのは、民主党の職員や藤井氏、平野氏といった幹部までが既得権者の利益代表となり、歴代代表の方針を握りつぶしてしまったことだ。「公開と公正」(オープン&フェアネス)は民主党政権にとっての魂ではなかったか。

まあ、徐々にということかもしれないけれど、とり急ぎ状況をTheJournal読者のみなさまにご報告させていただきました(来週号はすでに誌面がいっぱいで合わないので、さ来週発売の週刊朝日でも取り上げるつもり=社内の圧力がなけばね=爆=)。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/5895

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 新聞が書かない民主党の「公約破り」:

» 記者クラブ開放の夢はうらぎられるのか? 送信元 PiichanのBlog
livedoor ニュース - 民主党と記者クラブが密約、首相会見出席は特例かつ限定的にと via kwout 今回の総選挙では記者クラブ全面開放の夢をた... [詳しくはこちら]

» 民主党と内閣記者会の密約問題、一般人の自分に出来るのはマスコミの黙殺を伝える事かな 送信元 平凡でもフルーツでもなく、、、
政権交代で密かに期待していたこと、それは民主党がやっていた記者会見オープンの取り [詳しくはこちら]

» media:相変わらず記者クラブが仕切る首相会見 送信元 Matimulog
なんだか、口先だけだったのかという思いを禁じ得ない。 J-Cast:首相会見の出 [詳しくはこちら]

» あきらめないよ、みずほ。 送信元 性・宗教・メディア・倫理
“流動層を取り込もとする過程で、「世論と政策の政治」よりは、政党と候補者への「認識を操作する政治」が盛り上がったのである。”        ... [詳しくはこちら]

» マニフェスト守るのってそんなに大変なの?素朴な疑問 送信元 ろばの穴
{/hiyoko_cloud/}日本ってほんとは怖い国なのかな〜? 何かマニフェストを守れない見えない力やら外圧やら、庶民には分からぬ怖ーい力が働いたり... [詳しくはこちら]

» 民主党「やっぱ記者クラブ残すわ」 送信元 痛いテレビ
民主党が記者会見を記者クラブ以外にも解放するという約束を反故に。鳩山代表の廃止するという言葉を信じ、これまで民主党を応援してきた人た [詳しくはこちら]

» [政治] 民主党政権はすべての記者会見をオープンにせよ 送信元 日録(不定期)
 民主党政権がスタートしたこういう日に民主党の批判をしたくはないが、政権の本質にもかかわることなので、あえて書いておきたい。 「新首相就任会見、雑誌記者... [詳しくはこちら]

» 『1日目にして民主党の課題が見えてきた。記者クラブ制度維持と国民を騙す味付け』神保哲生さん/武田記者に失望した。 送信元 ラジオ映画館Le Monde ヴェロニカヘの道
神保哲生さん:ビデオジャーナリスト (http://www.jimbo.tv/、http://www.videonews.... [詳しくはこちら]

» 情報インフラ(古い方)の劣化が激しい 送信元 リデアラボ
今、これから始まる全賃さんの連載で情報インフラとしてのgoogleの話を書いているんですが、一方で既存の情報インフラである新聞テレビをはじめとするマスコミ... [詳しくはこちら]

» 民主党、早速「公約破り」か 送信元 日日是生日
 昨夜の6日は10時過ぎまでテレビを見ていましたが、いつもの寝る時間が来たので、鳩山新首相の最初の記者会見も各閣僚の会見も見ないで寝てしまいました。 [詳しくはこちら]

» 鳩山民主党、記者会見オープンの公約破り マスコミは報せず 送信元 黒猫通信
「民主党はどこまで国民のための公約を守るのだろうか」 [詳しくはこちら]

» 国民の知る権利を侵すのは 送信元 スロー人ロハス-自由と資本主義と礼節
 民主党がようやく政権をとった、と報道する新聞やテレビは多い。国民は民主党の動きに注目している。そんな第一日目で先行きが不安視される出来事が起こった。 ... [詳しくはこちら]

» 民主党の公約破り…はじまる 送信元 Men @ Work
 今回はいつもと全然違う記事でスミマセン。しかし、こういうのは「一気に盛り上がる」ことが、統治権力に警鐘を鳴らす意味で重要だと思うのもので。  とりあえず... [詳しくはこちら]

» 大手マスコミが報じない鳩山新内閣の公約違反 送信元 billabong
昨日の閣僚会見をNHKで亀井大臣のところから
生放送でみていた。
今まで大臣が自分の言葉ではなすことなどなく、
... [詳しくはこちら]

» 記者クラブ 送信元 白鯨戦艦
本当は今日あったことを書こうと思ったけれど、 今現在ネットで頻繁に話題になる民主党の公約破りについて書きます。 民主党の鳩山さんが今日内閣を立ち上げまし... [詳しくはこちら]

» 平野官房長官がヤバイ、ヒドイ 送信元 vanacoralの日記
■新聞が書かない民主党の「公約破り」(山口一臣の「ダメだめ編集長日記」)  こうした既得権メディアの意を受けた党内抵抗勢力の中心が、藤井裕久@新財務相と... [詳しくはこちら]

» 民主党大丈夫か? 送信元 ちっぷのメモ書きブログ
 政権交代が現実のものになりましたが、いきなり漂う不安感。初めての事が多すぎてドタバタしてるってだけならいいんですが。 これに関する報道もちょっと違和感が... [詳しくはこちら]

コメント (151)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

このメディア開放は、私個人的には暫くはこのままでいいかと思います。

逆にその方がメディアの論調が親自民・反民主から親民主・反自民へ180度転換されるのが確認でき、それによりいかにメディアが利権化されているのかが明らかになると思うからです。

メディア開放は満を持して行えばよいと思います。

また、民主党が他にも公約破りをするのならば、その時はその時。
政権を剥ぎ取る手段を国民はつい先日確認した所です。

こんにちは。

これからは「国民が政治に責任を持つ時代」とはいえ、こんなしょっぱなから、教育してかなならんのですか?

開放しないならしないで良いですけど、

・開放しなくなった理由。(果たしてそれで国民が納得するのか)
・こんな約束なんて守らなくてもいいと思っているのか。

是非聞いてください。

さっそく、自民、公明に「ウソつき」と言われるぜ!

私もこの点に関して少々がっかりしたのですが、直ちに行わなくてもよいのかなとも思い直しています。

というのは、今は政権後退が起こったばかりということもあり、またメディアが不安を煽っていることもあって、国民の多くは不安と期待の入り混じった目で見ているような気もするからです。

ですので、これから民主党がマニフェストを着実に実行していく中で、国民の支持と安心を勝ち取り、多少のメディア批判にも耐えうる内閣となったときに、国民の支持をバックに実行するということでもよいのではないかと思います。

>政権後退 訂正⇒政権交代

失礼致しました。

これが、平野、藤井ラインで決められた事なら小沢氏は閣僚では無いので口出し出来ないでしょうね。しかし、これが事実なら、何故かという事を国民にオープンにすべきだと思います。理由があるなら国民に説明するのが、民主党のスタンスでは無いか。選挙はもう始まっている。初めの失望は大きい。国民の期待が無くなったら政権は続か無い、大手マスコミの批判、脅しより国民の不信の方が怖いはずです。

> そのときの共通する殺し文句が、「新聞、テレビなどのメディアを敵に回すと政権が長く持ちませんよ」というものだったという

まあ、これは 部分的に真実を語っているように思えますね。 ここは、あまり敵を作らず、官僚支配からの脱却にまずは力を注いだ方が得策という戦略的思考が働いたかもしれないですね。 


で、要は、大手メディアが 「新聞、テレビなどのメディアを敵に回すと政権が長く持ちませんよ」に言ってきたときに、それに対抗しうるメディアがあるのかということです。それがないのに、この状況で 民主党を批判しても どうですかね。 つまり、記者クラブを開放したことによって、実際に 大手メディアが 官僚と組んで民主党批判に回った場合に、
そのようなことをする大手メディアに対抗するような メディアが記者クラブの外に存在するのかということです。

もしもあるのならば、そういう中小のメディアがスクラムを組んで、「民主党さん、だいじょぅぶです。大手メディアがそんなことしても、私たちがしっかりと支えます」とかなんとか言って 民主党を支える態勢をとればいい。つまり、大手メディアに対抗する べつの記者クラブを結成すればいい。
そういう大手メディアに対抗する別のメディアがないときに、民主党が日和ったからといって、なかなか 民主党を非難する事はできないかなという感じですね。
  
でも、今回のことでメディア改革は ほぼ不可能であることが実証されましたね。
それと、大手メディアは 官僚と結びついているので、 メディア改革が出来ないことで 
官僚支配を打破するというのも掛け声倒れになるかもしれない。
だから、本当は 陰で 民主党は 大手メディアに対抗する 第二の記者クラブを結成するための仕掛けをしておくんでしたね。 力には力で対抗しなければならないわけで、そういうものがないのに いきなり 大手メディアを敵に回すことは政権といえでもできないということが示されたということです。

民主党はようやく今日、船出を迎えるのです。一朝一夕で物事が急転していくとは考えられません。

煽らないで様子を見たいと思います。
「メディアへの開放をしない」というのがはっきりとわかった時はもちろん反発しますが・・ね。

この国のメディア改革は、他の全ての政策よりも重要であると私は考えています。新聞、テレビから多面的な情報を得られるようになることで多くの国民が情報を選別できるようになるからです。

政権交代によって最も実現して欲しいことでしたが、鳩山氏が当初から毅然とした態度で望めないことを非常に残念に思います。

小沢氏が代表であったらと今更ながらに思いますが、山口様を始めとする良識あるジャーナリストの活躍に期待しています。

だんだん腹が立ってきました。

これから結婚しようというだんなが

「もう浮気はしない」

といってたのに、式の当日から「浮気」なんて、結婚生活成り立ちますかねえ?

自民のおかげで国民は寛容を捨て去ったと思ってるんですが。

悪評はすぐに広まりますよ。

「100日間停戦」を要望します。

大慌てで、帰ってきました。

>そのときの共通する殺し文句が、「新聞、テレビな
>どのメディアを敵に回すと政権が長く持ちませんよ」
>というものだったという。


国民の支持がなければ、そういう絵図も描けるでしょ
うが逆のパタ-ンもあります。記憶に新しい小泉政権
の頃です。

あの時は、さすがの大メディア様も逆に自分達のラッ
パに主権者が乗ってくれないリスクに恐れをなして、
面白いように、提灯記事パタ-ンに陥っていきました。

やっと首班指名が数時間後に行われる、おのおの法律
一つ変更してないうちから、ダメ出しですか。

「100日間停戦」を強く要望します。

安定政権による政権交代は、私達現在の国民は史上始
めての体験です。


投稿者: ホーリー | 2009年9月16日 11:39 様、

>また、民主党が他にも公約破りをするのならば、そ
>の時はその時。
>政権を剥ぎ取る手段を国民はつい先日確認した所
>です。

おっしゃる通りです。

政権に力を与えるのも、潰してしまうのもその力は皆
さん主権者のものです。これは皆が生きていく先を繋
ぐための政権。ロ-マには一日ではなりません。

 この件に関しては、こうして民主党の尻を叩き続けることも必要だが、根本的には、国民がこういったブログ等で、大メディア側(記者クラブ)こそ叩き続けていくことが一番必要だと感じます。

 約束違反だと民主党だけを叩き、「失望だ」、「裏切りだ」と騒げは騒ぐだけ、結果的に民主党と国民を分断させ、既得権側の思うツボになると思います。

 それに、権力を持ったから、無条件でただ「つぶしてやる」と簡単にはいかないと思います。
 それでは独裁になってしまいます。

 これからも既得権益側とのいろいろな戦いが続くと思います。
 根気よく、国民側も一緒に戦っていく姿勢を見せ続けることが必要なのではないでしょうか。「世論の後押しこそが一番効果的だと思いますが。

何事も、はじめが大切。
「終わりよければすべて良し」と、言う言葉もあるが、政治に終わりなんか有りはしない。
この程度のことが出来ないのでは、何が脱官僚であるか、との声が起こるのは当然。
山口さん、徹底的に書いてください。

3カ月後にやったところで、そのころにはもう興奮は醒めて、それこそ大手マスコミのいいように「言論の敵」にされてしまいますよ。
今だからこそ、マスコミが何を言っても国民が守ってくれるのです。

大手マスコミこそが、官僚の犬だということはある程度の国民は知っているのだ!!

*記者クラブへの部屋の貸し出し止め
*記者会見は、すべての報道に解放
*ぶら下がり廃止

自分たちだけの「記者クラブ」を残したければ、大手マスコミが勝手に残せばいい。
部屋は、永田町にいくらでもあるだろう。
自分らで部屋代くらい払えや…と、言いたい。

私もしばらく様子をみることにします。

改善が認められない場合には、「メディアを敵に回すのか、国民を敵に回すのか。二者択一だ。民主党はどちらを選ぶつもりか。」と民主党宛にメールします。

ホーリー様、K.o様

確かに、先の自公政権のようにメディアのフィルターを通してもダメとわかるような酷い状況であれば、賢明な有権者は政権を変えようとすると思います。

しかし、政治を考えるための情報が今のまま一元的であれば、郵政選挙のときのように有権者は適切な判断ができなくなるのではないでしょうか。

現状では、新聞、テレビからのみ情報を得ている国民は多いと思いますし、鳩山氏には何とか踏ん張って欲しいところです。

これは信じられません。なんとも不愉快な気分です。上杉氏の質問も、神保氏の質問も民主党本部のライブで見ていました。小沢代表(当時)と鳩山代表の答弁も覚えています。内閣発足前から公約破りですか。嘘は絶対に赦せないですね。当然政権に就く資格もないと思います。何も期待できなくなりました。ハッキリした時点で国民が判断するでしょう。来年にも選挙がありますので。

山口様

前回の論評で「民主党政権が新聞業界にとって面白くないことをしようとしている」ことを今後お書きになると予告されておられましたが、その第一弾がこれなのですね。ありがとうございます。
 日本の「民主主義の敵」の姿が徐々に明らかになってきました。

今やらずしていつやるんですか?
今できなければ、この先できる訳が無いと思うのは私だけなのか。一年前の麻生じゃないんだから。
米軍基地の県外移転ができなくなっても相手のある事だからしょうがないと思いますが、メディアへの解放は単に覚悟の問題だと思います。
小沢さんも鳩山さんも解っていたはずです。
この半年、マスコミはあからさまに敵だったはずです。それでも国民を味方につけて勝ち上がってきたのに、政権を獲ると忘れてしまうのかな。
森政権以来民主党に投票してきたけれど、ゆらぎますよ、これでは

 おそらく鳩山さんは平野から「雑誌や外国メディアに記者クラブは解放されました。」と報告されているものと思量します。
 一つの方法として、幹事長記者会見で山口さんとか上杉さん神保さんあたりがこの件で直接小沢さんに正してはいかがでしょうか。
 それにつけても、この御両人に対するコメントが事実であるなら全く本質を無視しようとするものではないか。
「政権がつぶされることを恐れて」とはあきれてものが言えません。
 政権が行き詰まるのはメディアの批判ではなく政策が失敗したり、約束したことができなくなっり国民の支持が失われた場合です。
 今から既存メディアの批判を気にするとはよっぽど自信がないのですね。残念です。
 既存メディアとの裏取引が『二重権力批判』とは恐れ入りました。
 直接小沢氏本人に代表辞任を提言せずメディアや稲盛氏を通した辞任要求に嫌悪した小沢さんから遠ざけられた官僚出身者と自らの権益保持にまい進する商人塾出身者の浅ましい心根の本性が出たようですね。悪徳側用人になる可能性が。
 官僚出身者を出身官庁の大臣にすること及び情報を操作する可能性があり謹言ができない側近を登用することは危惧されます。
 鳩山さん裸の王様にならないよう、平野氏以外の情報強者を2、3人選び手許に置かれたほうが、裸の王様にならないように。
 蛇足ですがすでに藤井さんの発言を聞いていると財務官僚に取り込まれている感じがします。
 ネットメディア等内閣記者クラブから排除された方は民主党の幹事長記者会見で直接思いをぶつけれ場良いのではと思います。
 今回のことで怒りや変化を望む読者はメール等自分自身の手段を使い「記者クラブ開放を」要求しましょう。

共通する殺し文句「新聞、テレビなどのメディアを敵に回すと政権が長く持ちませんよ」

ほんま、日本は既得権主義メディア党が一番でんな、編集長はん。

せやかて、ここのサイトや週刊朝日ではこの件知る事ができますねんけど、わてら国民の大半は知り得ないわけでっしゃろ?

わてら商売してるもんには、編集長はんの営業かなと、とれますねんけど。ほんで、保険まで掛けとかはんにゃろ。「圧力かかればごめん...」

やっぱりかなわんな。商売上手の編集長はんには(笑。わてらも見ならわなあきまへん。
編集長はんには、座布団三枚 ☆みっつ!

がっかりした。
民主党にもだが、大手マスコミの品性の下劣さにだ。これまでの経緯で十分覚悟する時間はあったはずだ。にも拘らず恫喝してまで既得権益を守ろうとするその姿勢!最悪だ。

民主党はHPにupする時に使用しているカメラを会見場に入れて(ライブを含めて)希望する全てのメディアに配信するべきだ。その上で各マスコミから質問を寄せてもらいクラブ主催の会見で答えればいい。記者クラブを事実上意味の無いものにしてしまえばいいだけの話だ。

個人事業主さん

> 今できなければ、この先できる訳が無いと思うのは私だけなのか。

まったくそうですね。 できないでしょぅね、日本の場合は。
というのは、大手メディアの力が日本では依然して強すぎるからです。

ただ大手メディアに対抗するメディアにがない状況では、 大手メディアを敵に回すのは民主党にとって
リスクが高いとも言えますね。 ということからすると、やむおえない面があるとおもいます。

問題は、大手メディアと官僚が結びつきやすいということだと思います。今の熱狂が覚めて、後1,2年して鳩山内閣の支持率が下がってきたときに、官僚が 政権に不利な情報をメディアへ流すこともありえます。それに野党の自民党が乗っかってくる。さらに、支持率が下がるという悪循環に嵌る。

ということで、この記者クラブ問題は 極めて重要です。

日本は大手メディアの力が依然して強すぎるので、なかなかこの壁を打ち破るのはむずかしいでしょうね。

韓国が ノムヒョンのときに 記者会見の開放を、大手メディアによる猛烈な反応の中で断行しましたが、
韓国の場合は 日本ほど 大手メディアの力が強くないことと、 それに対抗するものとしてのネットメディアがあったから可能だったのでしょう。

この事例を参照すると、 
記者会見の開放は、
大手メディアに対抗する 別のメディア集団が必要だということだと思います。
それは、週刊誌から ネットまで 雑多なメディアを糾合して、 記者会見の開放により 大手メディアが敵に回った場合において、 民主党を支持する メディアを集団を結成することが必要だということだと思います。

市民が参加する・引き受ける政治だったんでしょう?
その絶対条件は情報公開ではありませんか。
今までマスメディアがどのような見識でどのような報道を垂れ流してきたか、我々は忘れていない。
ガッカリしたぜ民主党!

  大手のメディア以外に情報を解禁するかどうかは、今後民主党が本格的な公約遂行が出来、国民本位の政策を実行できるかどうかの試金石と見ていました。初っぱなからこの体たらくの民主党では、残念ながら期待できそうもありません。
 記者クラブは官僚が国民と政治家を操るのに最良のシステム。官僚の不利になる情報は出さず、世論を誘導していけたわけです。自民党政権で行われていたことがそのまま温存されるわけで、これでは民主党に期待しても?マークが付くようになりました。
 この政権交代で、やっと日本も本格的な民主主義が訪れ、脱官僚が実現すると思っていただけに、残念ですね。来年の参議院選、大丈夫なのかな。

はじめが肝心です。

皆で民主党に確認を求めるメールを出しましょう。

>『握りつぶされた』という事実である。

>内閣記者会に対してのみ、行われることに『なりそうなのだ』。

>なにしろ「密約」なので『真偽のほどは定かでない』。

こういう文言に接した時は黙って事態を見守るのが僕の習慣。

私は官僚主権国家としての最大の力の源泉が、この記者クラブ制度によるなれ合いシステムだと思っていますが、しょっぱなからここを突破できないというのは非常に問題ですね。

せめて段階的開放などの戦略があるなら良いのですが、どうやらそれもなさそうですし。
神保さんは丸激などで「鳩山さんに正確な情報が伝わっていない可能性」を言っていましたが、それはちょっとナイーブな見方だと思いますね。やはり、大手メディアの脅しにビビったのと損得を考えて尻をまくってしまったんでしょう。
本当はクラブ開放が政治主導を進めるうえでの最大の武器にもなり得るのに、楽な道を選んでしまったというか・・・

でも、これから変わる可能性もあると思います。山口さんに期待したいのは、雑誌(他社や海外のジャーナリストとの連携も含めて)やネットを横断的に使った、記者クラブの開放をうながすキャンペーンをやってもらいたいという事です。それも単発ではなく長期的にネチネチと(笑)

あと、高野さんや二木さんもそろそろ腹を決めて、孤軍奮闘している上杉さんや神保さん達を横眼で見ているだけでなく、記者クラブ開放を主導する立場になられた方が良いと思いますよ。(まあ、地上波から干されちゃうのを心配する気持も分かりますけど)


↓上杉さんと神保さんの「前夜祭のつもりがお通夜みたいになっちゃった」に思わず苦笑

民主党が記者クラブ開放公約を反故に?!(1/6)
http://www.youtube.com/user/fotosintesi114ii#play/uploads/7/kdi_xB0_c4o
ダイジェスト
http://www.youtube.com/user/fotosintesi114ii#play/uploads/8/3giK2W7Ivbo

浅山 in 武蔵野の大地さんの意見に賛成!

民主党は早急に『第2記者クラブ』を立ち上げなければいけない。今すぐにでも募集を掛けるべきだ。

今ある記者クラブに情報の独占を許してはいけない。
会見の様子は彼らに自由に編集され、全く反対の意味に取れるようにもされてしまう。

民主党に期待したのは、フェアネス(公平性)とクリアネス(透明性)。そのための政権交代であったのに、代表が約束した記者クラブ制の廃止をあっさりホゴにして、従来の特権をそのまま認めてしまうとは開いた口が塞がらない。マスコミの抵抗は予想されたはずなのに、権力を手にした途端、腰が砕けて既得権を守ろうとする側につくとは、官僚相手の改革など望むべくもないだろう。いくら側近でも抵抗勢力になれば、泣いて馬謖を斬らないと、国民の期待は絶望に変わり、4年後どころか来年の参議院選挙で臍を噛むことになる。

爆笑!

マスコミ各社は、なぜ「民主党のマニフェスト破り」を報道しないのでしょうか?

できるわけがないよね~~大爆笑

「それが直前に撤回され、従来どおり官邸記者クラブである内閣記者会に対してのみ、行われることになりそうなのだ。」

何か勘違いされてるようですが、人数の制限はあるものの今回初めて雑誌記者と外国人特派員にも開放されますよ。

やっぱり、小沢じゃないとだめだな。平野や藤井のような君側の奸が民主党政権をダメにするのだろう。少しがっかりしたね。

 今の段階で「やっぱり民主党はダメ」とか「すでに約束違反」との類の非難を始めてしまうと,間接的にではあっても記者クラブを温存したい勢力を応援することにもなりかねないし,結果として既得権を手放したくない勢力を喜ばせることになる可能性があると考えます。
 100日とは言わないまでも,もう少しの間は我慢,あるいは叱咤・激励しつつ応援するスタンスをとりたいと思います。

ほうどうくん 様

マスコミ各社は最初からこの話題に触れたくない。というか隠匿している。自分たちの既得権益にまつわることだから、最初からそんな話題をなきことにしているのだ。そうして記者クラブ解体などという世論がわき起こることを押さえている。マスコミにとっては最初からないとしている話題なので「民主のマニフェスト破り」報道もない。

mokodai  様

内閣記者会の「雑誌記者と外国人特派員」枠については元からその枠がある(ある程度の解放)説と、今回が初めて説の二通りが情報として流れている。どっちが真実だろう。過去から枠はあっても誰も入れなかったというところだろうか。

想定通りの圧力は有るだろうが、

昨夜のTVで上杉氏と神保氏の会話を聞いていて、漠然とクラブ解放を訴えていただけなのかと、唖然とさせられた。 慣例を崩すのだから崩す側には当然、理路整然とした新ルールの提案等、下準備が必要であって、フリーの代表格である両氏は、水面下でそれらの事をこなしている上で開放を訴えているものと思っていたが、どうもそうではなかったようだ。それでは掛け声ばかりの市民運動家と何ら変わらず、壁は崩せない。

そもそも、鳩山代表はそうも大層に考えておらず、上杉氏に官邸に入ってもらい、その辺の事はよろしくねという、思いであったように想像出来るが、上杉氏が断ったのであれば、フリーを受け入れる際のルール提案をフリーの側から行わないといけないでしょうね。

まぁ自分が官邸等要人を警護する警備の責任者であれば、官僚の壁云々以前の問題として、上杉神保両氏なら顔パスで入れるが、ただ胸にカメラをぶら下げ、フリーのジャーナリストですと、見たことも無いようなのが、ぞろぞろ官邸に入れろとやって来たら、かんべんしてくれと言うだろう。

上杉氏は大手メディアのパスの管理がなっていないと言うが、それが元で問題が起こった時、大手はペナルティーを受けれる器があるのだから、フリーが受けるセキュリティーチェクとは同列に扱えないだろう。

いずれにしても漠然と訴えているだけではダメだ、官邸に入場することから政府専用機に搭乗するまで、フリーにどのようなセキュリティーのフィルターを通すか、会見の場で問題を起こした場合や捏造記事を書いた場合のペナルティーはどうするか等々、フリーの側が原案を作り、鳩山総理に提出せねばなりませんね。

くどいが、こんな事は、当たり前のように、既に行われているものとばかり思っていた。


記者クラブ廃止について
私はこれまで、余りこの件に関心を持っていませんでした。言うならば民主党支持者からとして見ていたため、当然今までは野党の目線で与党の政策の不備を探し出していた。だから当然、記者クラブという大手マスコミだけが既得権も有るのももちろんだか、2~3流それ以下の記者の下品で鋭い質問は避けられてきた。自民党に対して公の場で「上杉さんならこう聞いてくれるのに」なんて歯がゆい思いもありました。だから小沢さんが記者クラブ廃止を言い、鳩山さんも党首に成った時もそう言っていたことにはまったく依存も無く、今に至っていました。

然し今、冷静に考えてみると。

上杉さん達の様な優秀で真の有るフリー記者ことではなく、更に酷い自称ジャーナリスト、パパラッチみたいな方、お金を握らせればどんな事でも行う方を想像してください。

順調に政権が運営されていれば問題は無いのでしょう。然しいざ、問題が噴出した場合、野党が金を握らせた4流ジャーナリスト群が一斉に質問攻めを行えば、窮地に陥ることは必定です。
毎回総理の定期会見時に炎上していたら・・・
支持率はあっという間に落ちてしまいますよ。

確かに【記者クラブ廃止!?】は公言していましたが、公約破りと騒ぐのではなく冷静に考えて 信頼の持てるジャーナリストを大幅に加える。既得権の廃止を考える。外人記者も入れるという門戸拡大で【新記者クラブ】に改革ということで良いのではないでしょうか?質問順序も自由にするとかなど、柔軟に考えればいいのでは。

政策が全く駄目、マニフェストが実行できない。それなら民主党に非難を浴びせ、バッシングは理解できます。でもそれ以前に、このような形で【自民側に遥かに有利なことになる】支持者が簡単に離れてしまって良いのでしょうか?

もし仮に記者クラブを廃止しても、改革した新記者クラブを作ったにせよ、もう一度自民が政権を取り戻せば、きっと【旧記者クラブ】は復活させますよ。自民党って そんな党ですから。

「数多の覚醒した民有り。」
「而して、民主党にも覚醒せざる議員有り。」
ということでしょうか。


小沢一郎ウェブサイトには、従来のメディアからしか情報を得られない高齢の方々の投稿も多数寄せられています。
それども、既存マスコミの偏向報道ぶりに怒り、小沢氏を中心とする民主党を政権党へと押し上げました。
「大洪水のような」既存メディアの反民主キャンペーンにも拘わらず、です。

元々良識ある日本人がベースとして存在しており、またメディアのプロパガンダで「右往左往」する有権者が確実に減ったということでしょう。
「ノンポリ」でいる限り、自らの生活が何も変わらないことを、「思想」ではなく「生存」という現実で身に染みた若者たちも増えました。


無論、一気呵成に民主化が進むことが理想ですが、最大の敵=既存メディアは解体されず生き残っています。反撃力は選挙前となんら変わっていません。
利権を貪ってきたものが易々とその権益を手放すはずはありません。
生存欲求が強いからこそ、必死なパンチも返してきます。
1ラウンド目の試合開始早々に、1発2発パンチを喰らったからとうろたえていては、これから4年の長丁場の闘いなどできません。
鼻血を拳で拭って、ニヤリと笑って、ファイティングポーズをとりましょう。そして、有効なボディブローを叩き込むチャンスを窺いましょう。


有権者よりも意識が遅れている議員、或いは既得権益に丸め込まれた議員が淘汰されていくことを、今回の選挙が証明したのですから。


かわら版屋が何を書くかではなく、新政権が成果を1つずつ愚直に形にすることが、最も説得力をもった唯一の「言葉」なのですから。

こういう時こそ、冷静に成行き見定めた方がよいと思います。どこまで真実なのかを確認する必要があります。エキセントリックに騒げば騒ぐほど、敵の思う壺になります。まずは冷静な行動を。

さきほど、わたしは メディア改革は 記者クラブ開放が出来ない民主党では無理だと書きましたが、
その意見はしばらく保留しておきます。下記の二つの民主党の政策ですね、これは かなりメディア改革としては重大なものを含んでいると思います。これは、民主党の政策として公にされているものですから、その点では 記者クラブ問題とは違って、党としてより積極的に関与しているということになまりますね。

民主党政策
■通信・放送行政を総務省から切り離し、独立性の高い独立行政委員会として通信・放送委員会(日本版FCC)を設置し、通信・放送行政を移します。これにより、国家権力を監視する役割を持つ放送局を国家権力が監督するという矛盾を解消するとともに、放送に対する国の恣意的な介入を排除します。

■同時に、多様なメディアが存在する現状にかんがみ、表現の多様性を確保するために、クロスメディア所有(同一の者が新聞・テレビ・ラジオなど複数のメディアを所有すること)の是非も含めたマスメディア集中排除原則のあり方を検討します。

1) 通信・放送委員会(日本版FCC)の設置 2) マスメディア集中排除原則のあり方の検討

特に1)については、はっきり実行を確約していますので、 実現性が高いと見ていいのでしょうね。
(日本版FCC)の設置は、 これが実現すれば 放送は 政府の影響力を受けなくてもよくなり、 より自由なスンタスを放送できるようになるはず。

マスメディアのあり方に大きな影響を及ぼすと思いますね。

民主党に期待します。

要は「内閣記者会が譲歩した」とみるか「民主党が記者クラブにあしらわれた」とみるかですね。
 前者なら「先ずは民主党の四球出塁」後者なら「民主党一番打者の三振・一死」かな。
 小沢前代表、鳩山代表が約束した「メディアへの開放」が、政権発足当日から実現しなければ’うそつき’なのか、4年間?の政権運営の中で100%達成できたとき’契約履行’となるのか、の問題ですね。
 どちらにしても、試合は始まったばかり。たとえ後者の1回表ワンアウトを取られたとしても、試合全体から見れば、どうということはないのではないですか。発表された閣僚・党役員の重量打線なら、しぶといメディア・官僚連合軍などコールドゲームで粉砕でしょうね。

9月からの報ステの古館氏を見ていて「えらくこっちに擦り寄ってきてるな。改心したのかな」と思っていたのですが、擦り寄ったのが逆だったのなら悲しい限りです。

でも、待ちに待った日が今日から始まるのだから、大きな期待を持って応援していきますよ。あきらめるにはもったいない

日本の閉鎖的な記者クラブは世界でもガボンと北朝鮮だけに残存する制度なそうな。誠に恥ずべきことだ。
そこで、まず手はじめに「国会記者クラブ」が独占、占拠している国会記者会館の開放を進めてはどうか。この記者会館は、国の最高機関に付属する国有財産なのだ。これを新聞協会の加盟社だけに差別的に、不公正に独占使用させる合理性はない。内閣記者クラブや警察、各省の記者クラブも国の施設を無償使用していることに違いないが、民主党主導の国会から開放に着手すべきではないでしょうか。

国会等で取材出来るメディアを、政府が選別しても良いんでしょうかね。具体的にどのラインで、取材者の可、不可を決めるのか、そんなことを政府が決めたら、駄目でしょう。
どんなメディアにも無制限に取材させることは不可能でしょうしね。
フリーのジャーナリストとか言う人は、民主党に記者クラブ制度の文句を言う前に、先ず、自分たちで自主的に取材のルールを提案するのが当たり前なんじゃないでしょうか。

国会等で取材出来るメディアを、政府が選別しても良いんでしょうかね。具体的にどのラインで、取材者の可、不可を決めるのか、そんなことを政府が決めたら、駄目でしょう。
どんなメディアにも無制限に取材させることは不可能でしょうしね。
フリーのジャーナリストとか言う人は、民主党に記者クラブ制度の文句を言う前に、先ず、自分たちで自主的に取材のルールを提案するのが当たり前なんじゃないでしょうか。

神保さんの番組を見て、そのあとの神保さんのザジャーナルの記事へのコメント欄に、情報公開と、記者クラブの廃止があやしくなっているということへの危機感を書きました。
その時点では、数人の方が、「そんなことにはならない。」と書き込んで下さいましたが、ヤッパリ、ヤッパリなのでしょうか。
ものごとには、譲ってもよいことと、絶対譲れないこととが、あります。
情報公開は、民主党の政治理念の根幹であり、これなしには、すべての政策の実現はおぼつかないし、政権交代の意味さえ、あやぶまれます。
なぜなら、「お任せの政治から、市民が参加する政治へ」という鳩山氏の呼びかけに市民が応えるには、情報公開が必須だからです。
小沢氏のいう、「本当に議会制民主主義を定着させる」ためには、情報公開が必須だからです。
現に、記者クラブ独占による、偏向報道の恐ろしさと強力さを、西松事件以来、国民は身に染みて感じたのです。
もし、今日の記者会見が、記者クラブだけに開かれたものとなる
のであれば、国民は、裏切られたと感じても、当然です。
情報公開こそが、政権交代の一町目位置番地です。
もちろんここで、いたずらな民主党批判などして、政権交代に水をさしたくはない。
しかし、しかし、です。
記者会見での、鳩山氏への神保氏の「マニフェストに情報公開、記者クラブ廃止が、入っていないが、」という質問に対して、鳩山氏が「マニフェストに書き込むまでもまでも、ないことです。」と答え、またべつの場面で、フリージャーナリストの上杉氏に「上杉さんいつでもいらしてください」と応えていたこととの整合性は、つきません。
私は、それをちゃんと見ていたし、覚えているのです。
マニフェストにいれなかったのは、あとになって、反故にできるようにするためだったのか、国民を騙すためだったのか、
といわれても反論できないでしょう。
情報公開は、「おいおい、実現」ではだめだと思います。
政権に一番力があるのは、政権取得直後です。そこで、いっきにやってこそ、既得権権を守ろうとする巨大マスコミに打つ勝つにことができる。
しかも、それは最初の記者会見で示さなくて、どうするというのか。
後になって、取り返しがきかないのが、マスコミによる情報操作というものです。

最初の記者会見が、大事です。
記者会見を公開して、これが民主党のやり方だ、と、まずはじめに、国民にに見せてください。
鳩山さん、小沢さん、民主党の一町目一番地を死守してください。

この声が届きますように!

「政府会見を記者クラブ以外のメディアにも開放する」が出来ないのなら、脱官僚なんて出来るはずがない。日本がこのような状況になったのも政治家だけの問題ではなくマスコミの官僚化、強者へのへつらい等が根っこにある。新官房長官の選挙期間の行動やその後の動きをテレビで見たが、自民党的体質を感じた。新政権のネックにならないといいのですが・・・。

小沢さんや鳩山さんの会見はビデオで見て知っていますが、一般メディアは記者クラブの解放については一切触れず、会見のビデオも編集され、出来る限り抵抗していることは知っていました。ここ数日妙にTVの論調が甘い感じがしていましたが・・・。藤井さんは、西松事件で党議員に検察批判をマスコミにするなと言って国策批判をさせない様にしました。藤井流とはどう言うものなのでしょうか。記者クラブのみならず今後の政治運営が気にかかります。

ただ記者クラブの解放を直ちに行うとかえって、これから行う民主党の政策に対して反対派のメディア攻撃の場にされ、足を引っ張られる可能性の方が大きいとも読みとれます。政治資金問題に関して検察が今後動きを見せるわけで、政権運営にどう影響するのか懸念材料です。取りあえず先送りして、時間を稼いでいるのでしょうか。

記者クラブの解放の意味付けとしては、特権性、癒着、情報操作、隠蔽の是正。ただジャーナリスト(定義不明)なら誰でもOKと言うのもちょっと、レポーター(ジャーナリスト?)とかの質問はこっちとしても遠慮してもらいたい。総務大臣に決まった原口さんはメディア改革について発言されていましたが、記者クラブの問題の部分が実質的に無力化されればよい訳で、何とか考えてほしい。

民主党政権の大きな1本柱は「ディスクロージャー」にあると思います。これを大黒柱にして国民の後ろ盾を失わないことを可能にし、支持を得ながら政策の実現にあたって行く、これしかないと思います。

もしこのまま記者クラブが温存されるなら抗議のメールを送りましょう。

cvgdf | 2009年9月16日 14:19
>平野や藤井のような君側の奸が民主党政権をダメにするのだろう。<

 いや鳩山氏の確信犯でしょう。そもそも鳩山氏が何故彼らを閣僚に任命したかを考えるべきです。藤井氏は財務官僚と攣るんでいることは誰もが知っていることです。小沢氏サイドが反対したのもそれを危惧したからでしょう。それを敢えて登用したことに彼の意思を感じます。

 彼は既に手打ちをしています。官僚サイドと。この内閣は1年と持たないでしょう。

時事通信(2009/09/15-20:09)
>民主党は内閣記者会に対し、16日の首相会見に雑誌記者10~15人程度、外国人特派員10人程度の出席を認めるよう打診。記者会側は特例的な措置として了承した。日本雑誌協会と日本外国特派員協会が窓口となって、人選に当たる。<

という記事がありました。


素朴な疑問ですが、
フリージャーナリストの方々や独立系ネットニュース(或いは、その協会等)は正式に書面で、民主党に取材依頼を提出し、事前のセキュリティチェック(企業or経歴審査等)は済んでいるのでしょうか?


安全がかなり以前に確認されていれば、民主党提示の依頼内容に実績もある上杉氏や神保氏などがリストアップされた筈、ということはないのですか?

それとも、民主党には取材参加希望を提出済みだけれど、審査時間が足りなかった或いは民主党が独自に撥ねたということなのですか?

藤井か・・・。日本会議所属で右翼志向・権力志向の強い国家神道系なんで、ちょっとヤバイかなとも思ってたが、早くも現実化するとは・・。

大方、そんなものだろうと思っていたので別に驚きはしませんでした。
マニフェストに明記されていないという神保氏の質問に「既定の事だから明記する必要もないことです」と答えていた鳩山代表の顔がその時だけ僅かだが気色ばんで見えたので。
神保氏が代表の会見でインタビューしていた日付は7月25日、選挙を控え大勢が当落予想で各週刊誌や新聞が民主党圧勝を打ち出し始めたころでしたのでなんかイヤラシイなと思っていました。
記者クラブの陰険さは、田中康夫元長野県知事の記者クラブ廃止、メディア道場(だと思いますが)と名づけオープンにした記者会見から地元の信濃毎日新聞や全国紙の朝日(山口さんの親会社ですよ)新聞などがチクチクやりだし、それから事あるごとに田中知事を重箱の隅をつつくように攻撃し始めましたのを見てもわかるように、とにかくやり口が嫌らしい。
メディアスクラムといいますが、自分たちの既得権益を守るためなら主義主張が普段は異なろうがまあ見事なほど一致して、対象者に対してあらん限りの揚げ足取りや情報の捻じ曲げ、リークなど引き摺り下ろすためなら屁とも思わずにやる連中が「新聞、テレビなどのメディアを敵に回すと政権が長く持ちませんよ」と言って脅迫するマスコミという第三権力の正体です。
山口編集長も他人事のようにお書きになっておられますが、ご自分の職場や同じ業界がこのような恐喝紛いの圧力をかけていることに対する自責の念はないんですか?
そりゃ民主党を責めるのは簡単ですよ、責任政党ですからね。
でもこういう既得権益に浸りきっておきながら、官僚批判や政党批判をそ知らぬ顔で展開して国民を欺いているマスコミの世界で飯を食っているご自身はどうなんですか?
フリージャーナリストや外国人ジャーナリスト、在野の市民記者がいくら記者クラブの問題を訴えても彼らには権限が無い、山口さんたち記者クラブに属している側が声を上げ、おかしい!こんな制度はやめるべきだと訴え変えていかなくて、変えようと努めている側の落ち度だけ批判しても意味が無いですよ。
神保氏や上杉氏が怒り批判するのは分ります。彼らはフリーなんですから。
でも山口さんは違うでしょ?
たとえば山口さんにお聞きしたいのは山口さんの職場、業界で記者クラブについてどう思っているのか生の声を報告してほしい。
本当に記者クラブという制度について現場の記者たち、あるいはかつての先輩上司も含め、一体どういう風に思っているのか報告してくださいよ。
でなければこの問題はいつまでたっても入り口で立ち往生したまま終わってしまいます。

今回何席か用意された、「週刊誌」「外国人特派員」諸氏にはなぜ完全オープンにしないかを問うてほしい。

それにしても内閣記者会の「特例的な措置として了承した」とは相変わらず上から目線ですな~。
マスコミ各社の「本社問題」「再版問題」「クロスオーナーシップ問題」等々、しつっこくえくっちゃうぞ。

「様子見」や「冷静な行動を」と呼びかける発言が相次いでいます。
「エキセントリックに騒げば敵の思う壺」というような主張です。

このような発言をなさっている方々の依拠する立場が判然としませんが、
ここで問題にしなければ、そして声を上げなければ、既定事実化されて、
このまま進んでいくリスクのほうが大きいように感じます。

むやみに解放すると、
『「4流ジャーナリスト群が一斉に質問攻め」を行った場合、政権が窮地に陥る』
という、ウーさんの論法は一見説得性が高いように思えますが、
記者クラブ制度のない他国で、「毎回総理の定期会見時に炎上」する
ような事態が起きていないことから、
杞憂であるか、有効な解決策があることがわかります。

フリージャーナリスト側の戦略や代案提示が必要という、
柳 文衛門 さんのご意見はごもっともです。

ただし『真実を国民が知る権利』は国民自らが求めていくべきで、
彼らに任せておけば良い、という考えではなく、
(柳さんがそう考えていると言うのではありません)
フリージャーナリスやインターネット・ジャーナリズムを後押しする
ピープルズ・パワーが必要ではないでしょうか。

もちろん、そういったムーブメントを仕掛けていくために、
フリージャーナリスやインターネット・ジャーナリズムが
何らかのコンソーシアムや国民を巻き込んだ連帯組織を作り上げていくこと
が必要なのかもしれません。

マニフェストの浸透度や洗練度はさておき、
今回の選挙で、国民が『自ら政権を選択することができるのだ』
という事実を知ったことは明らかです。

そしてこの真実は、もはや覆しようがなく、
国民をさらなる改革へと突き進ませる、大きな歴史的な転換点になった
のではないでしょうか。

つまり、ようやく日本でも、暴力的ではない平和的な『市民革命』が
起りつつあるのだと感じます。

その原動力こそ『真実の情報・報道』であり、
ここでその火を消してはならないのです。

今までの政権を見ていれば分かるように、最初にうだうだしていて後で後でとしているうちに、結局にっちもさっちも行かなくなりダメダメになる。
最初にできないで後でできるのか?小泉は当初から情報統制をし、ある意味恫喝まがいだった。彼を否定する記者で干された方々も多くいたはず。いきなり既得権者に取り込まれてどうする?官僚打破なんてこれ以上に難しいはず。ひとつひとつ着実に実行していく、ブレないと意思表明していなかったか?何よりも透明性を根本に掲げていただろ?

あ~あ。やっぱりか。。。
期待していただけに非常に残念です。
今まで同様、政府スジによるととかある側近者によるととか。。。
鳩山さん、透明性にとても期待していたんですよ。考え直して下さい。お願いします。

しょっぱなからこれですよ。
私の民主党政権への期待が早くも失せ、失望しています。
このままでは、おそらく民主党の掲げるマスコミ改革も何も手を付けられないことでしょう。
また、選挙で訴えた目玉政策もいくつかは…。

小泉の記者の手綱捌きですか。
まあ官邸主導、それから飯島秘書官のような旧自治省出身のコワモテが選り好みし、情報の選別化差別化を徹底してましたからね。
世にいうB層に向けた戦略と言うやつですが、飯島氏は特に雑誌メディア、オヤジ週刊誌のチェックはマメで小泉批判報道や自身の身辺報道に関してもすぐ内容証明を送りつけ裁判を持ち出すんで思い切った批判ができなくなり、自制せざるをえない事態に追い込まれたこともあるしね。
私はそれをしてはいけないと思います。
それを許したら権力にとってマスコミは恐くもなんともなくなる。
情報操作も平気で加担させられるようになる。
記者クラブは害悪ですが、同時にマスコミを統制しようという動きも害悪。
記者クラブ解放は、マスコミと政治の間の馴れ合いを消し、緊張感を生みお互いにフラットな立場で情報の受け取りをする、そういう意味において不可欠なものです。

世間には未だマスコミ報道に左右される人が多い
だから自民党政権がこんなに長く続いた
マスコミは選挙前から民主党を与党のように扱いネガキャンし
選挙後もまだ政権が始まっていない段階で
たった2週間で論文やダムや田中議員の過去やらと
次々とネガキャンを続けてきた
田原総一郎氏も選挙特番で
「長野の知事だった田中康夫氏は記者クラブを解放した途端に
マスコミに叩かれて潰された民主党も気を付けてやらないと・・」と
言っていたしセキュリティの問題もある
雑誌や外国のメディアは入れた?ようだし
開かれたという点では自民党政権よりは前進している

とりあえず官僚とマスコミ両方と喧嘩しないで
まずは官僚一本に絞ったということではないのでしょうか?

今日からメディア改革を強行して大手マスコミに
ネガティブキャンペーンを食らったらまた衆参でねじれて
グダグダの国会になるでしょう。
どんな成果を出しても一切報道されず醜聞とネガティブキャンペーンに
埋め尽くされるのは目に見えています。
安定した政権運営体制を確立するまでは安全運転でいいと思う。
とりあえず参院補選~来年の参院選くらいまでは待ってやれよと。

http://tbs954.jp/ac/
鳩山由紀夫内閣、発足。
閣僚の顔ぶれを見て、
良くも悪くも「一番注目している大臣」は誰ですか?
(フリーアンサーですが、選択肢はAをお選び下さい。)
↑本日の「アクセス」に思いのたけをぶつけてやりましょう。

「記者クラブ開放は、オレがツブス」。平野さんは本当こう言ったのでしようか。それは、いつ、誰に対して。また複数の記者が同じ言葉を聞いていたのでしようか。さらにその前後の文脈は、どうだったのでしようか。この内容を山口さんが聞いた時、複数の記者に確認をしたのでしようか。
私がもし記者クラブを開放されたくない会社の記者だったら、平野さんの言葉を少しゆがんだ文脈に変え、裏側からジワジワと流すと思う。特にこの「ザ・ジャーナル」のような、今後の民主党に期待をしている方が多く見るネット上に、広く浅く流します。さらに今回は、発信元が山口さんなら、真実性も倍になりますね。
記者クラブの開放は私も賛成ですが、誰でも彼でもその会場に入れるというのはどうかな、と思います。

こういう大事な事を報道しないで、鳩山氏の食事、夫人の奇矯な言動、かつての麻生氏の漢字読めない等、くだらないことばかり報道するマスコミは、根の部分で腐ってると思う。
腐ったのが、何処の力に寄るものかは知らないが。

一般マスコミ締め出しと、政府(民主党)の御用マスコミの重用がすでに始まっている。

言論の自由が、民主党政権下で失われる可能性があると思っている。

上下水道を全面的に改良し、国民に安全で美味しい水を飲んでもらいたい、と頑張ろうとしているのに、
肝心の各家庭の蛇口が握られ、ちょろちょろとしか水が出ないばかりでなく、わざとサビ混じりの水を飲まされる市民。

何も知らない市民は、上下水道を改良しようとしている側に不満を募らせるばかりで、蛇口を抑えられてサビ水を混ぜている連中には気づかない。

ヘタなたとえですが、蛇口を取り戻し、開放しなければ、美味しい水を作ろうとしている側の苦労もわからないし、美味しい水そのものも、いつまで経っても飲めません。

蛇口を握り、サビ水を混ぜている連中を一刻も早く追い出して欲しい。

鳩山さんの了承なしに平野さんが取材を拒否することなどできないと思います。平野さんが憎まれ役を引き受けただけだと思います。
ジャーナルのコメント欄できになるのは民主批判のときだけ、匿名にしたり、HNを変えたりする人が多い気がします。こういう勇気のなさが、政治を正す力になりえない原因だとおもいます。

やっぱり・・・

しょっぱなっから
基本の公約破っちゃったの?

予想通り。

その一方で、
ブルームバーグは許可されたのですね。

次の選挙が楽しみです。

公約破りと叫び続けます。

その他の政策も期待しているのが多いのですが、あまり期待できないのでしょうね。

是々非々の支持は続けますが、情報公開の観点から支持できません。

すね傷隠しにしても、旧態依然だね。

ホンと残念です。

私が民主党のただのファンなら、「少し様子を見てもいい問題だよ。」で、済むかもしれない。
でも、私は民主党のファンじゃない。(小沢信者だけど)
自民党により壊されたこの国を作り直してくれるというから投票しただけの国民だ。
民主党のよちよち歩きは、様々な場面であるだろう。我慢できる問題はいくらでも我慢して待とうと思っている。そして、そんな事ががかなり多いことと覚悟している。
しかし、最初の一歩、今回の問題は違う。
記者クラブの問題と、補正予算の執行停止問題、郵政の株式公開さし止めと西川更迭、そして母子家庭の特別加算だったかな?
これからの長い道のりで、「彼らは我慢していればやる」という、確信や期待を国民に持ってもらいたいと考えるならば、最初に出来る約束だけは何としても実行しなくてはならないのです。

記者会見の公開は、しばらく様子を見てやってよ…という問題とは違いますよ。

ダメなものは入れなくてもいい。なにも、自称ジャーナリストまで入れろと言っているんじゃないんだから

それでもやっぱり、「これから・・・」


市民とがっちり、スクラム組んで変えていく努力は、
続けていかなくてはならない。

このコメント欄にも色々な考えがそれぞれの立場や想
いがこめられている。これだけでも、まだ希望は持てる。

アナログTVでは聞くに堪えない、ニュ-ス解説が続
いているが、ここで交わされている意見達こそこそ
鳩山総理が訴えた「政権に参加する」知性だと思う。

中継を見ていたときにはムカッ腹が立って仕方ありませんでしたが、夕飯を食って風呂に入ってビール片手にこのサイトをロムしてたら、上杉さんの20メートルの前進じゃありませんが、それでも外国人記者を入れたということは前向きに評価したい。
次は頼むよ、鳩山総理。

「記者クラブを廃止し、政府会見を記者クラブ以外のメディアにも開放する」という作業が、そんなに簡単な作業なのでしょうか。
さまざまな抵抗はともかく、受け入れる側の準備も必要です。事前登録当によるセキュリティチェックや想定されるメディア数を把握した上での会見場所の準備等、野党の一政党の話ではなく、政府の会見ですから十分な準備が必要なのは、素人ながら簡単に理解できます。政権がスタートしてから担当者を決定し、準備を進め、それが整ったところで、通達するというのが当然の話ではないでしょうか。
それまでは混乱やトラブルを避けるために現状のままというのは、当たり前でしょう。
それを重大な公約違反と騒ぎ立てるなら、今日から高速道路が無料になってないと騒ぐのと同じではないですか。

それより、一種の権力を持った大手メディアが「新聞、テレビなどのメディアを敵に回すと政権が長く持ちませんよ」と言っていることが事実なら、こちらの方が大きな問題。政府に対する恫喝、脅迫ではないですか。そんなTV局が本当にあるなら、即刻放送権を剥奪した方がいい。

無血革命が実際に始まったばかりです。私は、暫くは静観するほうが得策だと思いますし、私の一票の責任は、4年間は耐えなければならないと考えてます。
その時に駄目な政権だとの結論が出たら、今回の自民党支持者に詫びなければならないかもしれませんね(笑)。

それよりもなによりも、NHKTVで、首相官邸に徒歩で来た長妻氏の姿を見ましたが、治安の良い我が国といえども、「なんでもありー!」の、このご時世、革命の中心人物の脇の甘さを感ずるところです。

また、今回の無血革命を平和裏に完了することが出来れば、我が国の民度の高さを世界に示す事にもなり、きっと、世界中の権力者らを驚嘆させることでしょう。
その先に、真の自民党の再生があり、複数の政権担当能力を備えた日本が在り、日本の平和憲法が、真の抑止力たり得るのだと、世界中に理解されると考えます。

脱線してしまいましたが、今の日本には、政権とマスコミに、早急に複数のチャンネルを用意する必要があると思います。

記者クラブからはじき出されている方々も、民主党が結果を出したのと同じく、一大勢力を形成できると、政権の判断に振り回される必要が無くなりますよね。

これから何回も失敗することを覚悟しなければならない。長々と続いてきた既得権なんて、そう簡単にはつぶすことはできないと思います。1日失敗して失格なら、誰も変えることはできない。4年間じっくり見て、できなければ変えればいいだけの話。政権が変わったからすぐ変わるような簡単な話だったら、もっと早く誰かが壊してますよ。試行錯誤の中で少しずつ壊していくぐらいのことを許容する度量が無ければ国民主権などというのは無理です。田中良紹先生はおっしゃってるじゃないですか、「国民が権力を育てるんだ」と。われわれが、民主党を育てなければならないのに今から失望していては、既得権の思う壺です。

気弱な地上げ屋様の情報によれば、警視庁がストップをかけたとのことです。詳しくはブログを参照してください。
http://latache1992.blog56.fc2.com/blog-entry-165.html#comment547
現時点では、無償部屋などの既得権をなくすことは決まったようです。

山口編集長
お疲れさまです。あまり親会社ににらまれないようにしてください。まだ、道のりは長いと思いますから。民主党公約違反の批判の嵐はさておき。大手メディアには、全く期待していません。どうせ自己改革が出来るはずもありませんから。私個人は、相変わらず、別の角度から法案を制定し、経営上の優遇措置を剥奪して、会社をいくつか潰した方が良いと思っています。メディア規制をかけるのでは有りません。もっと根本的な大掃除をしたほうが、良いという事です。
あれだけの強大な利権と権力を温存した、大手メディアが、記者クラブを解放したところでもっと嫌らしい事をするのは、目に見えています。それほど「情報」司る立場にあるものは、強大な力を手にしているという事です。新政権を吹き飛ばすくらい、やろうと思えば、やってのけるでしょう。
それにつけても、私はこの問題以上に、日本人が「情報」というものに対する価値の認識が非常に低い事、また、「情報」というものの怖さにあまり気に留めていないところが、非常に気になります。やはり、民放などが、広告料、その他で、経営をまかないながら、無料で放送をするというのは、やはり問題が有ります。
本来「情報」というものは、物事を組み立てていく上で、非常に重要なツールとなります。ですから、必要とする人間に取って「情報」は金を出してでも欲しいものであるはずです。現在、日本人は情報の無料に慣らされてしまって、本来「情報」が持つ、非常に価値が高く、また危険でダークな部分をすっかり見落とした状態になっているのではないでしょうか。産業スパイなどその良い例で、この価値の高さと、怖さを知らないがために、セキュリティが確立されない状態になっているのではないかと思います。
また、TVなど民放が無料で垂れ流す情報に慣らされて、こいいう問題提起や、「情報」というものに対する意識が、骨抜きになっているように思えてなりません。記者クラブの解放だけでなく、それに付随して、何故特定のメディアに情報を集中させたらいけないのか、「情報」をフリーランスに解放する事によって、我々にどんなメリットがあるのか。基本的な事ですが、ここから多くの人に問題意識を持ってもらわないと、まだまだ、市民の中で報道の倫理は確立されてゆかないと思います。
彼らが怖いのは、視聴者である、市民であるはずです。我々が「報道」や「情報」の扱い方、正しいあり方に対する深い認識を持つ事も、メディアを変革させるためには必要な事と思います。

新しい日本の最大の抵抗勢力はマスコミですね。
ほんとどうしようも無い。

これから何回も失敗することを覚悟しなければならない。長々と続いてきた既得権なんて、そう簡単にはつぶすことはできないと思います。1日失敗して失格なら、誰も変えることはできない。4年間じっくり見て、できなければ変えればいいだけの話。政権が変わったからすぐ変わるような簡単な話だったら、もっと早く誰かが壊してますよ。試行錯誤の中で少しずつ壊していくぐらいのことを許容する度量が無ければ国民主権などというのは無理です。田中良紹先生はおっしゃってるじゃないですか、「国民が権力を育てるんだ」と。われわれが、民主党を育てなければならないのに今から失望していては、既得権の思う壺です。

気弱な地上げ屋様の情報によれば、警視庁がストップをかけたとのことです。詳しくはブログを参照してください。
http://latache1992.blog56.fc2.com/blog-entry-165.html#comment547
現時点では、無償部屋などの既得権をなくすことは決まったようです。

編集部様、先ほど匿名で同じ文を投稿してしまいましたので、匿名のほうを削除してください。

今日の会見はひどかった。鳩山自身が戦場にいることを忘れ友愛などと言ってポーッとしているからとっさの記者の質問に対応ができていない。西松問題を質問された時一度は口にしたが「国策捜査」とは二度言っていないと言った。行政のトップとしての立場、国会議員としての立場はわからぬわけではないが鳩山の本音を見た思いがする。残念である。
記者クラブの問題にしても改革しなければならないメディアを味方に付けて何とするのか。情けない限りだ。
小沢さんも唖然としているのではないだろうか。

はじめて投稿します。
民主党からも記者クラブ以外の人間が排除されたとのこと。
怒りをおぼえます。しかし、この情けない民主党を利用するしかありません。
今日地元選出の議員事務所に抗議しました。秘書氏は問題さえにんしきしていない。
一人一人が直接に民主党に圧力をかけていきましょう。

鳩山氏が「故人」献金疑惑と愛人問題という鬼子を抱える以上,今回の結論はある程度想定されたことだと思います。

選挙期間中,大手マスコミが室蘭に相当数の記者を動員し,「故人」献金疑惑の追及に当たっていたというのは,地元北海道では有名な話です。

このような傷を持つ鳩山氏が本当に官僚と戦うことが出来るのかを計る上で,今回の記者会見開放の問題は,まさに試金石になると思っていましたが,こうもあっさり前言を翻されてしまうと,官僚政治からの脱却というのも心許ないですね。

鳩山さんも小沢さんも改革者となりうるには,汚れが目立ちすぎると思います。

大手メディアが「新聞、テレビなどのメディアを敵に回すと政権が長く持ちませんよ」と脅して、民主党の「政府会見を記者クラブ以外のメディアにも開放する」方針を潰した。これこそが非難すべき大問題ではないのか。民主党が圧力に屈したと言われればその通りだが、小沢代表がなぜ辞任せざるを得なくなったのか、もうお忘れか?検察の完全なる失敗捜査(郷原氏他検察OB)にもかかわらず、メディアの洪水のような大本営発表の前に、結局なす術も無かった。

民主党は若葉マークの与党だ。残念ながら、メディアの脅しに立ち向かえるほどまだ強くはない。記者クラブ解放によって既得権益を失ったメディアは、民主党を総攻撃するだろう。民主党にはそれに耐えられるだけの力はまだ無い。失礼ながら、メディア解放で恩恵を受けるであろうマスコミが民主党を守ってくれるとも思えない。

そもそも脅しにかかるメディアとは、民主主義すら理解できない卑怯者である。少なくとも来年の参議院選挙に勝利して、政権を盤石なものにしてからでないと、相手にすること自体危険だ。民主党が約束を反故にしたと非難するのは、オープン化をめざす民主党潰しに加担するも同然で、結果的に記者クラブ側の思うつぼになるだけだろう。現にネトウヨたちはこの件で、公約違反だ、だから信用できない、参院選では叩きのめすべし、と元気だ。

二大政党制を目指した小沢氏らがそれを実現するまで16年かかった。記者クラブ解放を目指しても、そこに立ちはだかるメディアの力と本性を考えれば、すぐには無理だろう。急がば回れという言葉もある。解放の公約を実行させるには、記者クラブの問題とメディアの実態を広く国民に知らせ、世論を喚起することが一番の近道だと思う。

週刊朝日でぜひ、取り上げてほしいです。山口さん、がんばってください。
本当に少しでも多くの人達に知ってもらいたい。
こうもあっさり、約束を反故にする政党なんだと。
前政権と何も変わらない部分もあるのだと、認識しておく必要があるようです。
期待していたんですが、夢から覚めたような気分。ムードに踊らされていたのかな。

こういう記事をお書きになられたのはご立派だと思います。

取り急ぎその一言のみ。

確かに今日の結果だけ見て全てを決めるのはおっちょこちょいのすることですね。
2ちゃんのあの連中はしょせんあんなものだから放っとけばいいと思いますよ。
でもいつも不思議に思うのは上杉さんにしても、地上波の情報番組に出たり、朝日ニュースターのCS番組に出て記者クラブ問題を取り上げるのに現場のテレビ局関係者どう思ってんのかねえ。
山口ダメダメ編集長にしても朝日新聞の子会社に出向してるとはいえ朝日の社員には変わりないし、大谷さんにしても読売大阪社会部で黒田軍団のトップ記者でナベツネに叛旗を翻し、読売に三行半を叩きつけて辞めてフリーになって記者クラブ問題にも言及していたと思うけど、今じゃチンマリテレビのコメンテーター屋に納まっちゃってこの頃じゃすっかりベテランの域になっちゃって冗談のひとつもかますようになったけどそれでいいんですかねえ。
テレビはしょせんテレビというけれど、一本一本のギャラは結構いいから睨まれるようなことは言い難いんですかねえ。
なんか割り切れないなあ

先ほどの平野の会見を聞いていても、謙虚さのかけらも無い傲慢さが垣間見えるものであった。漆間が去っても、この君側の奸が官邸を支配するのなら、政権交代の意味も乏しいものとなるだろう。。

鳩山内閣は既に閣僚が決まり、閣議も済んだわけだが、この際「特命」で田中康夫氏にマスコミ対策政務官に就任して、記者クラブ改革を指導してもらったら。

田中長野県知事時代記者クラブを「表現者道場」に変えて、マスコミを敵に回したが、その時実はマスコミの後ろに官僚がいた。正確には長野県の保守派とダム問題で対立しようとしている建設省。

首相官邸の中に、セキュリティが問題なら官邸の建物の外に、「表現者道場」を建ててそこにマスコミに入って頂く。
各社毎の部屋はどうしても欲しいなら相場の家賃を払ってもらう。
あの辺りの相場なら、1テーブル分でも月いくらになるだろうか?
1日1万で計算すればよいか。
それだけ国家財政に寄与できるのだから、マスコミ各社も協力せざるを得ないだろう。

国も財政が厳しいので、「表現者道場」へ入るパスも有料で発行する。
一人月1万円ぐらいでよいのではないだろうか?
複数発行の場合は割り増し料金とする。又は企業パスとして資本金に応じた金額にする。
年間パスしか売らないようにすれば、パパラッチのたぐいも入りにくいだろう。
年間12万先払い程度なら上杉氏も購入できるだろう。

それから官邸内のネット使用料も課金すると良いし、電話は勿論NTTの倉庫から10円玉しか使えない公衆電話にすればよい。

こういう方向で田中氏に仕切ってもらえればよいのではないだろうか。
マスコミが抗議したら田中氏のことだから「こういう場合も諦観して・・・」で終わる。

山口一臣様

> 数時間後に行われるであろう新内閣発足の記者会見も閣僚の会見も、「民主党革命」といえる今回の政権交代を象徴するかのように、本来はすべてのメディアに対して開放されるはずだった。それが直前に撤回され、従来どおり官邸記者クラブである内閣記者会に対してのみ、行われることになりそうなのだ。<

 先ず「メディア」という語で認識する概念を明確に定義する必要があるでしょうね。

 現実的な問題として、官邸の記者会見への参加をすべての「媒体」に大して許可するのは不可能でしょうから、資格要件を明確にして制限するのは必然的な事だと私は思量します。

 因みに、現場にいたジャーナリストの上杉隆さんにとっては、過去の記者会見で鳩山首相から直接許可を得ているにもかかわらず、入場拒否という結果担ったそうですが、上杉隆さんは、如何なる手続きで入場申請をし、誰から入場を拒否され、それに対して上杉隆さんは如何なる苦情を訴えたのでしょうか?

 その事実についての情報がないかぎり、単に、上杉隆さんが、記者会見場に入場できる「ジャーナリスト」としての所定の資格要件をに満足していないと見なされた可能性が高いだけのことで、「公約破り」云々と大騒ぎをするほどのことではないと、私は思量します。

 尚、いわゆる「会見」と「取材」及び夫々の「権利」と「責任」は、表裏一体というか「不二而して二」亦「二而して不二」の関係にあると、私は思量します。

 そこで、山口一臣様は、「ジャーナリズム」や「ジャーナリスト」の「権利」と「責任」について、どのようにお考えかお聞かせいただければ幸甚です。

マスコミもなんだかんだと言っても、所詮は自分の利権のためだけに動く金の亡者に過ぎないし、本日総理大臣に指名された民主党の代表であらせられる、黒鳩さんも、小沢氏も金の亡者、、、、精々かばいあって生きてください。
まるで犯罪者の集団ですね。

メディア解放は私も期待をしていましたが、すぐに変えられるなどとは全く思っていませんでした。

しょっぱなから公約違反でこの先が思いやられる、的な感想がここでは多く、山口さんも含め、むしろその幼稚な期待の方に驚きます。

制限された記者クラブの扉を開けさえすればすべてOKですか?それだけで情報開示達成ですか?
問題はそんなことではないはずです。無制限に解放した場合に起こりうる事態を想定して、新たなシステムを構築しない限り、無謀というか馬鹿としか言いようがないように思えます。
フリーの方も含め、「解放してくれ」と望むだけでは、ただの陳情と同じだと思います。望む以上は制度を変更した場合の新しい仕組みを考える責任があるはずです。

記者クラブの開放は、政権変わったからといってすぐできるものじゃないと思うのですが。

これで「やっぱり民主党だめじゃん」ってなるのは、記者クラブ所属の記者たちの思う壺だと思います。

ところで、山口編集長。
このエントリの目的はどちらなのでしょうか?

1.いきなり公約を破った民主党を批判

2.民主党が「公約を破った」にもかかわらず、それをまったく問題として報道しないメディアのおかしさを伝える

タイトルとこれまでのエントリから2.であると思いたいのですが、どうも1.も少し入っている感じがします。

それと、1.の目的でエントリを書いているとすると、新聞メディアが絶対に書かないテーマで、雑誌のスクープ記事として民主党を批判しているように見えます。

いくらなんでも、初日で始まったばかりの政権で1回できなかったからと言って、それを「公約破り」というのは酷いのではないかと思います。

もちろん、今後開放する気配がなかったら、批判されてしかるべきと思います。

その前になぜマニフエストに書かせなかったのか?
はっきり書かせておけば文句も出ないはずだ。文句が出るなら出た方がいい。
記者クラブを本気で解散させる気がないと思う。山口氏にも責任の一端はある。

記者クラブの弊害を見聞きし、どのぐらい深い問題であるかを、切実に思う人と、あまり切実でない人で、受け止め方が違うのでしょうね。

わたしは問題が深刻であると思っている上に、何かにつけて乾杯がしたかったので、今日は「やったー」と言ってビールが飲みたかった。(結局は、ぶつぶつ言いつつ飲みました)

「ニュースの深層」を見ました。

いままでオープンに記者会見を行っていた。それを閉じてしまった、というのが、納得いきませんねえ。

まあ過ぎてしまった事は仕方がないので、明日以降、また、じっと民主党を観察していきますか。

----
ところで記者クラブの解放について、社民党や国民新党の姿勢はどうなっているのだろう。

これが産経新聞社の「民主党さんの思い通りにはさせないぜ」ってことなんですかね。

民主党も情けないが、記者クラブの政府を脅迫してまで既得権を守ろうとするやりかたには反吐が出る。

公約であろうがなかろうが、上杉さんは衆目の中で交わされた約束を豪快に反故にされてさぞやご無念のことでしょうね。

 堀口雪文さんの、日本人と「情報」に対するご憂慮、このコメントの渦の中であるが故に際立って印象に残りました。
 一片の情報で全てを判断するすることなかれ。
 このコメントの渦の中にも、民主を潰したい方がどれほど潜んでいる事か・・・。

すでにどなたかがコメントされているかもしれませんが、記者クラブ開放を「民主政権の前提条件として捕らえる」か、「解体すべき既得権のひとつとして捕らえる」かによって、今日の件の受け止め方が変わるのではないかと。

前者だと、「失望した」とか「やっぱりだめだ」といった反応になり、後者だと、「始まったばかりなので今後を見ていく必要がある」といった反応になるのではないかと思います。

私は後者のような考えですので、今後を見ていくつもりです。
もちろん、記者クラブ開放は絶対に達成すべき重要なことです。しかし、既得権を持っている者の抵抗も激しいので、そう簡単にできるものでもないと思います。

今回だけで判断するのはもったいないことですし、そんなに簡単にあきらめてよい事柄ではないのではないでしょうか。

それから、
投稿者: kodinasu | 2009年9月17日 00:43
で、山口編集長に質問を書きましたが、それについても改めて考えてみました。

ジャーナリズムは、「権力に迎合せず監視して、事実を報道する」とうものですよね。(合ってるかな?)

で、鳩山内閣は始動したわけですから、すでにもう鳩山内閣/民主党は権力側なんですね。
そのこと忘れて、昨日までの感覚でコメント書いてしまいました(^^;

ということは、このエントリが鳩山内閣/民主党の間違っていると思われることを批判しているとすると、ある意味「報道のあるべき姿」なのかもしれないと思ったわけです。

ただ、初日から批判するのも。。。
100日とは言わずとも30日くらいは見守って欲しいものです。

山口氏のこの記事は大手メディアの「脅し」をまさに実践したものに見えます。

記者クラブを解放すると言ったのに約束を破った!と思い込んで組閣のその日にこの記事ですか?
記者クラブを解放するなら民主叩きをすると圧力をかける大手メディアとどこが違うのですか?貴方もまたメディアという権力を持っているのです。

仮に無防備に解放したとしましょう。大手メディアが新聞とテレビで新政権批判を大々的に展開すれば、あっという間に支持率は低下します。来年の参院選の頃にははや逆風となりましょう。
「小沢氏なら実行できたのに」などという意見もありましたが、選挙戦術を考えれば、今性急に大手メディアを敵に回すなどありえないと思います。
記者クラブ解放という、重要ではあるけれども今すぐに実行しなければならない課題ではないものを実行したせいで、政権が潰されては国民はたまったものではありません。それより先にやってもらわなければならないことがあるのです。
優先度の高い政策を実現して、国民からの信頼を得てはじめてメディア対策は可能になるでしょう。それもないままに優先順位を間違えるようでは、それこそ先行きが不安です。そもそも危機管理能力の弱さが指摘されている政党なのですから。
マスコミは情報をコントロールする力を持っているのですから、ここを変革するには周到な準備と緻密な戦略が必要です。もしかしたら官僚対策よりも難しいかもしれません。

山口氏の要求は、一ジャーナリストの立場や利害によるものであって、国全体への現実的な影響を全く考えていないように思えます。そうした大局的な見方ができない方の書く記事などどれほどの価値があるのかと疑いたくなります。

今は事務次官会議を廃止し、官僚と大手マスコミとの癒着を
分断し官僚の都合のいい情報を垂れ流すことをストップさせたこと
でよしとすべき段階だと思われます。
記者クラブ制廃止は閣僚からの情報発信の一元化がある程度浸透してからでも
遅くはありません。
拙速は禁物です。
公約違反の批判を煽るだけです。
おっしゃるように「徐々に」達成されるべき課題だと考えます。

最初から躓いちゃったか、やっぱり。物事は最初が肝心なのにね。インチキ選挙じゃダメか。残念ですね、みなさん。わたしはこの件、もう期待しないことにします。

記者クラブ開放が成らなかったことには落胆を覚えたが、現段階で叩くのは拙速に思える。鳩山政権は発足したばかりであり、記者クラブ開放は大きな抵抗を生むだろうことから、しばらく様子を見るべきかと思うからだ(もちろん、いつまでも様子を見ているつもりはない。いつまでも変わらなければ微力ながら民主党に抗議するつもりだ)。
今回の件で一番気になるのは、事前に許可を得ていたと自ら発言している上杉氏が、なぜ入らなかったのかということだ。門前払いを喰らった神保氏に配慮して一緒に帰ってきたとのことだが、これが彼らの、そして私達の望む記者クラブ開放のために一番いい策だったのだろうか。
どんな経緯であれ、入ることができたのなら入るべきだったのではないか。そして、生放送の場で堂々と「何故ネットメディアは閉め出されているのか。記者クラブを開放すると言った言葉に偽りはないのか。今後開放されるのか」等の質問をぶつけるべきだったのではないか。
大手メディアに編集されカットされる恐れのない生放送での発言は、記者クラブ問題を世に知らしめる大きなチャンスだった筈だ。それを自らフイにした上杉氏に、勝手ながら怒りと落胆を覚える。

記者クラブも廃止できないで、八ツ場ダム廃止も予算の組み替えも出来るものか。

一部の既得権者の要求に屈した時点でこの内閣はもはや墜落過程にあると見做されてしまいます。

初めだから暫く様子を見ましょう、ではなく、公約して簡単に出来ることもやらずに、最初から躓いたことが大問題だと思います。

山口編集長様
記者会見で、特例の中に週刊朝日がはいり、
記者会見に参加していたのはほんとうですか?
その事実と、山口様の文面から受けた印象とは何処かが違うさんま雲と言う感じです。
ジャーナリスト側の庇いあいと、影にいる官僚の豪腕、官邸に入る瞬間の民主党から全ての権利を剥奪しておきながら、民主党の責任に全てをあげつらっている状態に疑問を抱く。
真理と真実に仕事するジャーナリストの魂を純粋に美しく飾る為にも、山口編集長のこの姿勢と、神保氏の極端な姿勢を明快に説明して欲しいものです。

「情報公開」は「脱官僚主導」と並んで、新政権の大きな柱であった筈です。その意味では非常に落胆致しました。

ここのコメント欄でも色々な意見があり、“もう少し様子を見てから・・”と云う考えも分かりますが、私はやはり“最初が肝心”と云う立場です。

まだ、事実関係がはっきりしない部分もありますが、少なくとも民主党側の準備不足(慢心や心変わりで無い事を祈ります)は否めないと思います。
政権をとる事が確定してから、記者クラブ側に対してきちんと話をしてきたのか、甚だ疑問です。

しかし、今の時点で我々が只失望しているだけでは解決しません。「情報公開・記者クラブの解放」の声をどんどん民主党に届ける事です。

それぞれの議員事務所に連絡しても良いと思いますし、私は専ら党本部の「国民の声」宛てですが、昨夜と今朝と二度電話を入れました。

昨夜の鳩山総理のスピーチにもあった様に、「国民が権力を育てる」意識を持つ事が大切なのではないでしょうか?
我々が民主党のお尻を叩いていくのです。

同時に、山口さんに注文です。
山口さんは、テレビ朝日「スーパーモーニング」に出演機会がありますよね。
今回の件、必ずテレビの中で問題提起して下さい。

“ネットでは言うけど、テレビではスルー”では、山口さん自身のジャーナリストとしてのスタンスが疑われます。
それこそ、大谷さん、上杉さん、鳥越さん総出演でガンガン討論して下さい。

これは必ず実行をお願いいたします。
既に先程、テレビ朝日視聴者センターにその旨提案させて頂きました。

(文章終わり)

民主党ファンの集会場たる「ジャーナル」の皆さん、今回の件では、賛否両論だけど、善良というか無垢と言うか。

山口編集長も業界のプロなんだから、こんな事態は当然想定の範囲内のはずなのにアリバイ工作ですか?

清純な女子高生でもあるまいし、大人の世界で自分たちの縄張り(歴史と伝統ある大マスコミ様だけのサークル)にどこの馬の骨かも分からないフリーライターなんか入れさせるわけが無いじゃん。

これは思想の左(朝日)右(産経)関係なく、いわば正規採用と派遣労働者の関係。

今回、開放されなかった記者会見が、半年経てば、とか、将来は、なんて期待している善意の意見が多いですが、民主政権が続く限り、そんな民主主義が実現することは永久に到来しないことをそろそろ、こちらのサークルの皆さまも認識しなければならないのでは?

政権を取ってしまえば権力者の勝ち、だまされて利用された人民に用は無い。
スターリンも毛沢東も金日成もそうだったでしょう。

 「エコのためテレビを消そう」公共の電波でスキャンダル報道の洪水はウンザリだ
 「記者クラブによる横並び一斉報道」新聞社は既得権益を自覚せよ 
 もっと良いキャッチコピーがあるかもしれませんが、Tシャツにプリントして街を歩きませんか。マスコミによる民意の操作を既存新聞社と地上波テレビに依存している人たちに気付いてもらうために。抗議メールと山口編集長頼みでは、閉じた輪からは広がりません。私一人が、消費者の立場から新聞の定期購読を止め、テレビを消しても影響は微々たるもの。マスコミより「口コミ」そんな時代ですから。それに、健全なジャーナリズムを育てることは、現政権への保険にもなりますよね。田中良紹さんの以前の記事に、新聞なんて騒いでなんぼの商売だから、のようなアメリカのご婦人の「大人の意見」があって拍子抜けしたというような話がありました。官製に慣れた真面目な日本人は「新聞に書いてあったから間違いない」「テレビで言ってた」を素直に受け入れている人がまだまだ大多数のようです。そういう方たちが、Tシャツの文字に気付いて「ナンジャー」と思ってくれるだけでもいいじゃないですか。1票だけでなく、こんな形の国民参加や意思の表明もこれからは「アリ」ではないかと。  

今日の東京新聞では上杉隆氏の話として、民主党の記者クラブの解放について触れています。
新聞を選ぶ時代なのだと思います。

今日の東京新聞では上杉隆氏の話として、民主党の記者クラブの解放について触れています。
新聞を選ぶ時代なのだと思います。

これにはがっかりですね。

民主党に何を期待していたのかといえば、一番はマスコミ改革だったので・・・

小沢氏には嘘ばかり書いてなんでも批判に繋げるマスコミが、平野氏をやけに持ち上げてたのがよくわかりました。

今は民主党は勢いがありますが、落ち着いてしまったら既存の大手メディアにいくらでも絡め取られていきますよ。

と、思ったのですが年内は予算の組み替えなどが最優先でしょうし、やる事が山ほどありそうなので、その間もマスコミに邪魔されると仕事が困難になるでしょうから、確かに100日間は批判すべきではなかったですね。

ただマスコミ改革への期待も高かっただけに、その辺の拍子抜けはありました。

青山様

>民主政権が続く限り、そんな民主主義が実現することは永久に到来しないことをそろそろ、こちらのサークルの皆さまも認識しなければならないのでは?
政権を取ってしまえば権力者の勝ち、だまされて利用された人民に用は無い。
スターリンも毛沢東も金日成もそうだったでしょう。<


えーそうだったんですか?では貴方、早く逃げないと!(笑)共産国、独裁国家で貴方みたいな上文を書けば、国家反逆罪で国家総動員で捜査し、強制執行されちゃいますよ。

なんてね。良かったね、堂々と政府を自由に批判できる国で。しかもその批判した政府は、貴方を含め国民の為に官僚から主権を取り戻そうと戦ってくれてます。

>ウー様

>政府は、貴方を含め国民の為に官僚から主権を取り戻そうと戦ってくれてます。

ですから、国民の為に官僚と戦ってくれてます(まだ、戦っていませんが)、ではなくて、自分たち権力奪取した者たちの為に官僚と戦う?ということでしょう?

今回の大手マスコミの脅かしに屈したということは、これから続々襲い掛かる官僚のさまざまなテクニックを行使した脅迫にも、屈するか手打ちするか、その第一歩でなければ良いのですがね。

期待していただけに肩透かし、がっかり感はかなりありますけど、実際の事はあれこれと下ごしらえをしてからでないと実行できないんじゃないかしらん。
警備とか会場設備的なこともそうでしょうし、それらは難なくクリア出来ましょうが、これまでのところ情報源と情報受給者との間に介在する伝達役の大部分を大手メディアが占めていることを考えると、情報を伝える経路のバランスが改善されることが先にあってもいいんじゃないかな。記者クラブを排したとしても、情報伝達の大部分は既存の記者クラブ的メディアが行うことに変わりは無いでしょう。
クロスメディア所有の是非云々について民主党は言っているのだから、そのあたりを土台にして時間をかけてやっていくのだろうと期待します。
独立系のネットメディアとか、フリーのジャーナリストとか、ご活躍は存じてますけど、まだまだ圧倒的にテレビやラジオ、新聞だと思いますよ、世の中。このThe Journalのようなサイトで闊達にご意見をされておられる皆様のような方々、あるいは他のネット上の何がしも含めて、ごくごく少数ですもの。
テレビの(自称)報道番組だけ観てる人とか、ネット利用者でも大手ポータルの大手メディア配信ニュースしか読まない人とか。それでも政治に興味があってニュースを丹念にチェックしている、と思ってたりするのが現実。

>ですから、国民の為に官僚と戦ってくれてます(まだ、戦っていませんが)、ではなくて、自分たち権力奪取した者たちの為に官僚と戦う?ということでしょう?<

もう既に戦ってますよ。事務次官会議の廃止されました。マニフェスト実現をそれぞれ各大臣が初登庁で公言してますね。この鳩山閣僚大臣の言葉、重いですよ。自民党時代のお飾りとはずいぶん違いますね。以前の大臣には誤魔化すことしかいえなかった。官僚の用意した文を読み上げるだけでしたもの。新大臣の、戦う方向を示した決意の表れは、官僚達も生唾を飲んだのでは?ココからがマニフェスト選挙の良い所ですね。国民がどう進んだ、進んでいないがはっきり判るところが素晴らしいですね。
権力を握った自分達の為に戦うって?もうそんな時代ではないですよ。権力者が利権と票の為に誰かを優遇していく自民党のような政治を今、続けられると思いますか?元官僚の有能な民主党若手議員が何故、その地位や安定した給与を捨ててまで議員の道を選んだのか?偏見の目で見ず、冷静に民主党議員の行動を見届けてください。

上杉さん、ミヤネ屋で昨日の門前払いに対して公約違反だとして皮肉を込めて「土鳩内閣」だと。(笑)民主党も、偏見報道を繰り返してきた大手マスコミよりも彼等ちゃんとした目を持った有能な、フリージャーナリストを優遇する対策を早めないといけませんね。

山口さんについては、以下のURLでも「引用」されていました。

http://critic6.blog63.fc2.com/blog-entry-146.html

平野博文氏で、大丈夫なのかなあ、と言う重いです。

平野氏はPanasonic、直嶋氏はトヨタ自動車、川端氏は東レの労働組合出身、それに中井氏を加えれば「随分」(旧)民社党系の大臣が多い印象です。

3人は、大手製造業の民間企業の会社員出身の為か、上のURLでも書かれている様に、労働者派遣法の改正に乗り気とは言えません。

「来年の参議院選挙」までにやらなければ、反故に成りかねません。

これでは、以前、朝日新聞でも指摘された様に、経団連から単体労働組合に「代わった」だけに成るでしょう。

何処か、ジョージ・オーウェルの「動物農場」で、「指導者が人間から豚に代わったどころか、以前より酷い状態で働かされ、彼等豚が『人間』に見えてきた」と言う
「笑えない結末」に見えて来ます。

人間は「経団連」、豚は「単体労働組合」・・・。

背筋が寒くなります・・・。

「気持ち悪い」さんや「青山」さんに喜ばれているようではな~

最近、お見かけしないが、一般人さんはこの件についていかがお考えだろう。
見解を伺いたい。

前略
 初めて投稿させていただきます。上杉さんや山口さんの憤りはよくわかりますが、民主党の立場から考えたら、マスコミがネガテブャンペーンを繰り返せば、一般の国民は知らず知らずのうちに脳に刷り込まれてしまいます、これは政党としては耐えられないことではないでしょうか、小泉流にいえばB層は簡単にだまされるでしょう。山口さんたちが差し当たり行わなければならないのは、現在の大手マスコミのこのような体質をわれわれB層に分からせてくれることだと思います。そのためのキャンペンーをぜひお願いします。

山口さん、民主党へのネガキャン大成功ですね。特に実名を出しての、個人攻撃は、有効でしたね。これで、未来も安泰。

週刊上杉隆
>記者会見のオープン化は確かに小さな約束だったかもしれない。
だが、足元のそうした小さな公約すら果たせないような政権に、官僚政治の打破などという壮大な改革など、到底成し遂げることはできないのではないか。


言いすぎです。


そもそも、戦場も、部隊も、戦機の熟し方も違う展開戦全体の行方を、1ヶ所の1回の勝敗だけで結論付けて、他所の部隊にも「負けだ。負けだ。」と伝令を飛ばしているようです。
「お前、戦場に来るなよ。」と言いたくなります。


今回の舞台のように、何十年も定着してきた「記者クラブ主催」という場に、上杉氏たちが当然のこととして参加するためには、何時までに、誰が、どのような決定をしなければならないか、というプロセスのオフィシャルな確認、クリアが欠落しています。
これはこれで、開放闘争を継続すればいい話なのではないですか。
或いは、「記者クラブ主催」に依存しない、もっと広範囲の会見を組織できないのかなど。


残念ながら「フルオープン」ではなかった記者会見だったとしても、
藤井財務相の「官僚が行政府の代表のような顔をして記者会見することは許さない」という強いコメントを始めとして、多くの大臣のコメントにも、「官僚の暴走は今後一切許さない」という政権全体を貫く、強固な意志は十分に伝わりましたし、
私には、本気で「脱・官僚依存」に切り込んで行くんだ、と頼もしく見えましたが。
(勿論、一朝一夕で霞が関改革が成るなどとは甘く見てはいません。)

次官会見を一律禁止にしたら、大手マスコミが「報道の自由の侵害」だと叫んでいますね。
次官会見こそ 官僚情報を一方的に流す場として使われてきたわけで、それを禁止にしたのは 非常によかったと思いますね。
それにしても、大手マスコミはここまで堕落したか。会見で情報をもらうのではなく、足で取材して情報を得て、それを国民に伝えてください。そうすれば、各マスコミごとの流す情報に差が出てくるし、なによりも官制情報が垂れ流されることがなくなる。

何故か政府の実績は報道されず、漢字間違い・庶民感覚無しなんかで批判される

一方、民主党が選挙で勝ったら、何故か鳩山氏がモスでハンバーガーを買ったら大きく報道され、何度も数万円の食事をしてもスルーされる。
個人献金事件も深く追求されず、秘書のせいってことにしても批判されない。公約の多くの部分を無視するような発言をしてもスルーされる。

こんな状況なのに、マスコミの利益を害するようなことはしないに決まっている。

うーん・・・
記者クラブの開放はとっとと進めて欲しいところなんですけど、
事務次官会議の廃止でさえ、新聞労連まで巻き込んで「知る権利の侵害だ」
とほざいています。
そんなテンパった状態のメディアに、記者クラブ開放で追い打ちをかければ、
奴ら何しでかすかわからん、といった怖さもありますw

投稿者: 安芸祇園 | 2009年9月17日 21:26 様、

>奴ら何しでかすかわからん、といった怖さもありますw

なるほど、そういう観点もありますね!

記者クラブの輩は何もしでかさないで国民の知る権利を阻害してますがな。

http://diamond.jp/series/uesugi/10094/
週刊・上杉隆 より
実は、筆者は官邸に入れる許可を事前に得ていた。だが、官邸入口で犯罪者のごとく扱われる神保たちの姿をみて、あまりの気の毒さに、一緒に出てきてしまったのだ。・・・抜粋

http://www.tbsradio.jp/ac/
アクセスより 神保さんに「記者クラブ制」について
http://podcast.tbsradio.jp/ac/files/actk20090916.mp3
神保さんも民主党とは長いので鳩山さんと直接話せるパイプがあり話をしたが、鳩山さんは知らず間に合わなかったとのこと、また1つのチャンネルしかない危険について話しています。

酷い誘導尋問を見ましたw

67 名前:無党派さん 投稿日:2009/09/17(木) 22:39:35 ID:o8b6hml1
>>33
共同世論調査

http://www.47news.jp/CN/200909/CN2009091701000915.html

問7 鳩山首相は小沢一郎氏を国会や党運営に当たる幹事長に任命しました。
   小沢氏は大きな力を振るうことになります。あなたは、この人事についてどう思いますか。

失礼ながら、民主党の口約束を本気で信じていたジャーナリストの方々に失望します。こうなる事は初めからわかっていたのではないですか?
本気で民主政権になれば記者クラブ解放を行ってくれると思っていたのだとしたら純粋すぎるにも程があると思います。

残念なのは分かりますが、ちょっと裏切られたからといって恨み節を垂れ流すのもおかしくありませんか?
建設的な批判なら共感も出来ますが、このような振られた男が愚痴をこぼすような文章を、仮にもジャーナリストの方が発表するのは残念でなりません。
もっと御自分の影響力に自覚を持ってください。

誰彼なく、入ってちょうだいというのもおかしな話で事前に身元調査や、雑誌枠やネット記者枠とかいるのでしょう。所詮、ジャーナリストなんていいかげんな肩書きですから。何か資格があるわけでなく、そんな人たちが興味本位で官邸に出入りする国なんて考えられません。

これまでの記者クラブ+αどこまで入れるのか、何を基準にするのかちゃんとして欲しいものです。

政府記者会見に、フリーの記者を入れるとなると、事前の身元確認に追われることになりますし、その身元確認のシステムも作らないといけなくなります。
最初の記者会見で、完全オープンな記者会見を開くというのは無理なのではないですか?
むしろ、雑誌記者、海外メディアにオープンにしたことを褒めるべきでは?
まあ鳩山首相に名指しで指名された上杉氏くらいは首相権限で入室させるべきだったかも、とは思いますが。

まあ次の会見ではきっと準備を整えてやってくれるでしょう。

逆に言えば次にフルオープンの会見をセットしなければ大手マスコミの無形の圧力に早くも屈したという可能性が大になりますが。

このエントリへの違和感が消えないので、またコメントさせていただきます。

気になるところがこのあたり、

--------------------------------------
 そのときの共通する殺し文句が、
 「新聞、テレビなどのメディアを
敵に回すと政権が長く持ちませんよ」
というものだったという。
--------------------------------------

脅しに負けて開放されなかったのなら、確かに民主党も批判されて当然でしょう。
しかし、ジャーナリストとしては、「誰がどんな脅しをしていたか」についても
調査して報道するべきなのではないでしょうか?
既得権を守るためにどんなことが行われているか、事実を国民に伝えるべきだと思います。
さすがに親会社が気になって無理ですかね?

失礼な言い方ですが、山口編集長も所詮「マスゴミ」と呼ばれる人たちと、
なんら変わらないということですね。

前からは記者クラブの既得権を守るために抵抗し、後ろからはサポートしている振りをして、
初日の会見で約束が守られなかったといって叩く。
いやぁ~、良くできた作戦ですね。どっちに転んでも叩けます。

今回、山口編集長に対してちょっと失望しました。

違うというのであれば、それを是非新たなエントリで証明してください。
そこらのジャーナリストとは違うことがわかれば、上の言葉は撤回させていただきます。
エントリ、期待しております。

yuimakituさんのコメントで紹介されてますが、上杉さんの記事を読むと、どうも違和感ありますね。
上杉さん一人がどうこうという問題が全てではないのは当然でしょうが、少なくとも上杉さんは、入れたのに入らなかったにも関わらず、約束したのに入れてくれなかったと非難しているわけですよね。

「門前払いを食った」と始めて、「実は許可をもらってたのだが入らなかった」と翻す記事の書き方もどうかと思いますしね、週刊上杉隆。

フリーランスの上杉さんに許可を出してあったのに、当人が自分の意思で入らず、そのことも含めてというより、そのことが象徴的に取り上げられて、フリーランスを排除したと責められてはなぁ・・・。鳩山さんも可愛そうに。

 初めて投稿させて頂きます。

 私もこのニュースを知ってからメディアに対して失望と怒りを覚えました。次官会見報道の禁止を既存メディアが「報道の自由の侵害」とするなら、フリーランスの締め出しも既存メディアによる「報道の自由の侵害」ではないですか?

 今回の件は民主党が公約破りをしたというより、既存メディアの陰謀で公約破りをさせられたという解釈でもいいのではないかと思います。

 しかしながら、ネット上での民主党に対する評価の仕方が必ずしも的を得たものではない(殆どが過去の問題の揚げ足取りばかり!)という考え方をもってすれば、インターネット系のメディアが蚊帳の外であるのもあながち無理もないかと思います。インターネットは顔の見えない文字だけの世界ですし、ライターの方の個別の性格というのは全くわかりません。ひょっとしたらテロリストが煽り目的で記事を書いているのかもしれないし、世直しを謳う人間が書いているかもしれない。それを思えばインターネット上に氾濫している情報の質や信憑性について議論されてもいいんじゃないかなと思ったりします。

クニヒコ様

上杉氏が望むのは自分だけの特別待遇ではないと考えれば理解できるのではないでしょうか。私はいいと思いますよ、上杉氏の記事。
文章の流れも違和感はありませんでした。

大手メディアから一切こういった情報が得られない中で、山口氏、上杉氏、神保氏の書く記事はとても貴重です。
今回の政変で得られたものは、自分が記事を読みたいと思える筋の通ったジャーナリストを見つけられたことだと私は思っています。
高野氏、田中氏の記事も本当に興味を持って読むことが出来ますし、The Journalは毎日のようにアクセスしてます。

前回は、怒りをもって書き込みました。その後情報を追っていましたが、やや冷静に眺めるようになりました。
もちろん口約(?)通りにインターネットメディアなどの記者を入室させなかったことは問題だとおもいます。しかしこれを声高に追求することにより反対勢力を利することは本意ではありません。また事務方の記者懇談会などを規制する方向を打ち出したことなどから一方的に記者クラブに迎合しているようではないことなどを見て個人的には冷静に様子を見ていこうと思い始めました。
 また上杉氏ついてはそのご意見などは日頃から納得することが多いのですが、今回の氏の行動はジャーナリストとしては評価できません。入室ができたのなら、フリーのジャンーナリスとして自分の目と耳で伝えることが仕事です。それにもにもかかわらず、神保氏などに同情をしてでてきたことを反省していただきたいです。

いくら弁明しようが、記者クラブという特権階級をぶち壊せなかった、ぶち壊そうとしなかった鳩山さん。

平野・藤井といった官僚に阿る佞臣・君側の奸に早くも取り込まれたことは否定しようが無い。

小沢さんや亀井さんといった耳に痛いことを言う人物を傍に置くほうがいいですよ、鳩山さん。

記者クラブ問題に関しては、旧自公政権下で政府、官僚の情報操作と一部の新聞社の記者排除、メディアの横一列の偏向報道等々といった混沌状態を見せつけられ、実に腹立たしい思いをしてきました。

記者クラブの即刻廃止の気持ちはよく分かります。しかし廃止すると果たして問題は本当に解決するのでしょうか。年金問題で不祥事を重ね国民の信頼を完全に失った社会保険庁を解体して問題はすべて解決しないのと同じではないかと思います。まずは膿を出し切ることの方が大切なのではないでしょうか。

これまで多くの事件が起こる度に表層的に対象の個人あるいは組織をたたきのめすだけというスタイルはマスメディアが行ってきたお得意の手法です。この思考停止状態からは決して問題の本質は見えてきません。

記者クラブは悪の巣窟だと表層的に判断して即刻廃止とする議論は、逆に、過去のマスメディア手法に我々が洗脳されているようにさえ見えます。

拙速を避け、正しい方策を見つける努力を一人一人が行うことが必要です。我々は民主主義社会の世に住んでいます。具体的には多くの方法が考えられますが、透明性と情報公開を大前提にし、利害関係者による合理的かつ公正な討論に基づいて合意形成された結果、やはり「記者クラブを廃止した方がよい」という結論に至れば、廃止しても決して遅くはないと思います。このパスを経て、この経験をすることの方が主権国民にとり、得るものがはるかに多い筈です。

いずれにしても、「記者クラブ制度」に関しては多様な意見も現実に存在しているわけですので、最初から結論ありきではなく、公開討論による民主的合意形成の場を現政権下で設定されることを提案したいと思います。

いや、結論は既に出ている。
記者クラブは廃止ではなく解放すべきである。
これが結論だ。そして今回は部分開放でしかなく不十分、全面開放に向けていっそう努力することが国民との公約を果たすうえで必須と言える。これに抵抗しているのが平野官房長官であるとすれば平野氏は民主党を危機に陥れる大罪人と言われても仕方ないだろう。

地元選出の新人代議士より記者クラブの件回答がありました。
ご紹介します。

まず記者クラブの件です

昨日記者クラブの件について調べてメールを打つ準備をさせていただいていたところでした。お返事遅くなり申し訳ありません。

私といたしましても、今回の記者クラブでの記者会見はこれまでの民主党方針に照らし違和感があり、確認しようと思っていたところでもありましたので、ご意見をいただきましたことに感謝申し上げます。

党本部の回答は、党本部での記者会見は100%開放しているとのことでした。

しかし、今回の会見は「官邸」での会見でありました。党本部によりますと
「総理に指名されたのが今日なので、慣例に従わざるをえなく、
]大変申し訳ありませんでした」とのお詫びがありました。

奥野さんからのご意見以外にも、「記者会見のオープン化」に対する今回の件へのご意見が多数あったそうです。

私も奥野さんのご意見を踏まえて「官邸および各省庁の記者会見を党本部にならい
オープンにする早急なる取り組みをもとめます」と要望をだしましたので、できるだけ早く、記者クラブそのものを改革したいと存じます。今しばらくのご猶予をお願い申し上げます。


今や鳩山政府と小沢民主党です。
小沢民主党が健全野党です。
おかしい点は小沢氏に介入してもらうしかないです。

特に鳩山側近は完全な従来型の体制はでしょう。
それを打ち破りましょう。

この公約破りが週刊朝日の記事にならなければ大マスコミと何ら違いはない。

岡田外相 全メディアに記者会見を原則開放
 岡田克也外相は18日の記者会見で、今後は定例会見を原則週2回とし、事前登録を前提に、同省記者クラブ所属の報道機関に限らず、全メディアに開放すると発表した。従来のように閣議直後に限定せず、少なくとも週1回は外務省内で記者会見する。

 岡田氏は、閣議後の首相官邸や国会でのぶらさがり取材は、記者クラブ所属以外のメディアは参加できず、十分な情報発信はできないと指摘。「時間をしっかり取って質問に誠実に答えるのがあるべき姿だ」と述べた。

 日本新聞協会、日本民間放送連盟、日本雑誌協会、日本インターネット報道協会、日本外国特派員協会の会員のほか、外国記者登録証保持者やフリーランスの記者も対象とする。
[ 2009年09月18日 20:03 (スポニチ)

こんな約束事があったなんて驚きですね
でもこれは民主党による公約破りではなく
(小沢氏自身、公約ではなく、党と記者との約束事と発言している)
記者クラブと、それを取り仕切る
人間との協議問題ではないのか?
ようするに当事者間と話し合ってください。
それを公約違反などと正確な情報を伝えないのでは記者クラブと同じ穴のムジナでしかないでしょう。
記者クラブが信じられないようにネット配信も信用ならないということです。

バム様

上杉さんひとりの問題ではない、というのは良くわかってるんですけど、「門前払いを食った」というのと「許可をもらっていた」と言うのは決定的に違いますので。
なんにせよ、各々のジャーナリスト色のフィルターが掛かるのは致し方ないわけですが、今回わたしには、いささか公平を欠く文脈に思えましたもので。

岡田外務大臣が外務省の記者会見を全てのメディアに開放すると言明したそうです。

ここでは評判の悪い岡田氏だが、この判断に敬意を表します。

ただし、このニュースは朝日と読売の紙面には出てないとか。
テレビのワイドショーも無視するでしょう。

官僚と官僚制度よりも、真実を知らせない大手マスコミの閉鎖性のほうが、国民生活にとって悪影響が大でしょう。

マニフェストには出てないでしょうが、大手マスコミの報道姿勢を正させることを民主政権には是非やってほしいものです。

情報網を握っている相手と戦うのは大変な勇気が必要ですが、北朝鮮や朝鮮総連と長い間たったふたりで闘ってきた横田夫妻のご苦労と勇気を考えれば、300議席の民主党にできないことは無いと思います。

ぜひ、民主党の各大臣には、岡田外相に続いてほしいと思います。

山口様、そんなに早くつぶせるほど既得権益は甘くありません。批判ではなく政権の背中を押すようなことはできないのでしょうか?

気弱な地上げ屋様の情報によれば、さすがに最初からは無理だったので、平野さんが泥をかぶったそうです。
http://latache1992.blog56.fc2.com/blog-entry-165.html#comment555

発足100日間は、政権移行と政策 (マニフェスト) 実現のための準備期間であるため、"目に見える成果" は、早急にはでないそうです。
http://latache1992.blog56.fc2.com/

100日間は批判すべきではないでしょう。

そうなのかもしれませんね。
批判の仕方にも注意が必要でしょう。大事なことは、民主党が間違った方向に向かわないように背中を押すことで、ただぶっ叩けばいいというものではないでしょう。
何でもかんでも批判するだけではその間で「得する誰か」がニンマリするだけだと思います。

参院選で民主が勝ってから山ほど時間はあったのに
何の対策も出来てない民主党。
とことんの無策無能ぶりを自民政権よろしく
悲鳴の出るまで叩き続ければいいのでは?
100日猶予?寝ぼけんなよ雑誌屋。
その間に補正予算を切られた企業がどんだけ潰れて
どんだけの人間が首をつる事になると思ってるんだ?
それでいて来月からは外国人参政権とかいうのの議題を話し合うそうだけど。
この不況に景気と関係ないじゃん。
おい、テレビ新聞期待してるぞ。
バンバン民主に突っ込んでくれよ。

「記者クラブ主催の記者会見」なら、参加できないのもムリはありませんが。雑誌やネットメディアが独自に主催、または共催して行うことはできないものなんですか?
まあ週刊誌のイメージといえば「あることないこと書く」、ネットは「便所の落書き」では、共催されても参加するのは腰が引けるかも知れませんが

追記ですが

週刊朝日はアホですか?
民主党政権が来れば未来はバラ色ですか?
週刊誌がそこまで能天気なのはなんか裏金でも貰ったんですかね

ちょっと異常です

最近の大手マスコミの論調が全てを物語っています。民主党に対して異常な程、好意的です。
平気で国民を裏切るのが政治屋ですから。
来年の参院選で思い知らせてやりましょう。

最近遺族会から抗議を受けてしまいましたね
とっとと謝罪したらどうですか?

私はTAV交通死被害者の会の事務局の人間です。(このコメントは個人として書いています)
「週刊朝日9月4日特大号」の堺屋太一氏の記事に関して、このようなブログをお持ちであるならば、記事掲載の背景などを記して「謝罪」をされてはいかがですか?

ダイヤモンドオンラインの
上杉氏の記事、新保さんの記事
そして当記事とたくさんのコメントを読んだ上で

民主党政権の第一期(4年)を
将棋の一局に例えるなら

初手の一手で騒ぐなかれ
指し手の本意を考えよう!

と思いますね。

「記者クラブ」廃止=飛車角取り位
難しいのかも知れないし・・

脱官僚、天下り根絶などなど

大勝を得るために、それなりの攻め方の順序が
あるのかもしれない

今回、民主党に票を投じた者として
落胆は、勝負が決まってから
今は、「友愛」を持って応援しようと
思うのです。

最後に「そんな攻め方があったのかぁ!」と
感動することを期待しつつ。

人のこと全然言えないじゃん、この嘘つき

週刊朝日9月18日号
ttp://teitoku.sakura.ne.jp/cg/GJ200905/20090918%5B1%5D.jpg

週刊朝日12月18日号
ttp://publications.asahi.com/syukan/nakazuri/image/20091218.jpg

コメント【民主党】切り刻まれた日本国旗【転載】
http://www.youtube.com/watch?v=EvQhwMK0SII

党首討論で首相が暴露
http://www.youtube.com/watch?v=zf9ayzw6_xk&feature=related

【民主党】 菅直人自爆劇場/言い訳がひどい
http://www.youtube.com/watch?v=Pe4RmyRX1YI
管直人氏がスパイの解放に署名していたことを安部氏に暴露されてあわてて人のせいにしています。
「私は誰か知らずに署名したんだ」と。無責任に気軽に署名するんですね。

汚沢とパト山の金の問題も嫌われている
外国人参政権も嫌われている
借金を無視した外国人への子供手当ても嫌われている
普天間問題も嫌われている
ルールを無視して天皇陛下を支那人に面会させた件も嫌われている
汚沢が民主党のバカを引き連れて支那詣でした件も嫌われている
バカ松の口蹄疫対策の無策も嫌われている
痴葉(ちば)クソババアが殺人犯の死刑執行をしない件も嫌われている
クソ亀の郵政国営化も嫌われている
前代未聞の強行採決も嫌われている
プラス材料は事業仕分けのみ
バカ民主はチンカスとマンカスだらけ
終了~

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

山口一臣(やまぐち・かずおみ)

-----<経歴>-----

1961年東京生まれ。早稲田大学第一文学部卒。ゴルフダイジェスト社勤務を経て、89年朝日新聞社入社。高校時代から愛読していた『朝日ジャーナル』編集部に配属され、あこがれの「ファディッシュ考現学」(田中康夫)を担当するも3年で休刊の憂き目に。『週刊朝日』へ異動し、事件&事件の日々を送る。その後、何を血迷ったのか広島の公教育問題で日教組を徹底批判し、「朝日なのに産経と論調が同じ」と物議をかもす。9.11テロ直後のニューヨーク、パキスタンを取材。米軍によるアフガニスタン市民への誤爆を伝えまくる。デスク時代に北朝鮮拉致被害者関連の記事で下手を打ち、『週刊文春』に叩かれ、副編集長を解任、更迭される(停職10日の処分付き)。その後、広報部へ配属されるが約半年でお払い箱。百科編集部で子ども向け週刊科学誌『かがくる』の創刊などに携わり、05年5月から再び副編集長、同年11月から、『週刊朝日』第41代編集長に。85年にわたる『週刊朝日』の歴史で中途採用者が編集長になるのは、これが初めて。

-----<出演>-----

『スーパーモーニング』
(テレビ朝日系、8:00~)

『愛川欽也 パックインジャーナル』
(朝日ニュースター、毎月第1土曜)

『大竹まこと ゴールデンラジオ』
(文化放送、毎週火曜・5月8日から)

『週刊朝日編集長登場』
(asahi.ポッドキャスト)

BookMarks

週刊朝日 談[DAN]
http://www.wa-dan.com/

好評発売中!
↓ ↓ ↓

詳細はコチラ

只今発売中!
↓ ↓ ↓

詳細はコチラ

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.