Calendar

2009年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Recent Comments

北野誠降板の件、鋭意取材中
suminoeman 04/19
テレビのジョン 04/19
t-baby 04/19
ほろよいセット 04/19
質問者 04/20
匿名 04/20
匿名 04/20
絶学 04/21
miyakawa 04/22
匿名 04/30

« 週刊新潮vs.「実名告白者」の泥仕合始まる
メイン
草彅剛「全裸で逮捕」報道への違和感 »

北野誠降板の件、鋭意取材中

確かに不可解な出来事ではありますが、今回ばかりは関係者の口がホントに重く、なかなか真相がつかめません。
ネット上で語られている憶測ももちろんトレースしています。
しかし、裏が取りきれないというか、つながりが証明できない状況です。
少なくとも宗教がらみの話は違うと思われます(現時点では)。

しかし、こうなるとますます真相が知りたくなるのが人情というもの。
みなさんご指摘のように芸能界の大きな「闇」は潜んでいるような。
担当記者が鋭意取材中ですが、さて締切までにどこまで迫れるやら……。

ところで、明日(というか今日)発売の週刊新潮では、阪神支局襲撃事件犯告白手記の「誤報」について、編集長自らの署名で10ページにわたる経緯説明を載せています。

詳細は同誌を読んでいただきたいのですが、前回、このブログで指摘したように、要は「騙された」ということのようです。
それについてはまた改めて。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/4113

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 北野誠降板の件、鋭意取材中:

» 北野誠事件で週刊朝日が動くか 送信元 Keynotes
テレビではまったく取り上げられていない(たぶん)の北野誠事件だが、ちょっと面白い展開を見せているようだ。単純な言論事件というよりは、経済戦争なのかもしれない。 [詳しくはこちら]

» だまされているんだよ、バカだから。週刊新潮 送信元 ラ・ターシュに魅せられて
あまりにマイナーで「ど〜でも良いニュース」なので、 スルーなさったかたも多いと思います。 岐阜地裁の40歳の裁判官が言った言葉。 「だま... [詳しくはこちら]

コメント (27)

北野誠事件?要するに芸能界のえぐい裏ネタをエサに長年イベントの集客を図っていてそれがばれたってことでしょ。どうでもよいこと。ところで週刊新潮は誤報を認めて謝罪記事を掲載しましたね。ある意味潔い。間違いはきちんと認めて訂正謝罪する。これは日本人の徳性の基本ですよね。それに引き替え週刊朝日の親会社である朝日新聞の誤報に対する対応は最悪ですね。教科書の進出書き換え誤報,従軍慰安婦捏造記事,文化大革命礼賛記事,ポルポト政権礼賛記事,安部・中川氏のNHK番組への事前関与の誤報等でまともな訂正謝罪はしましたか?朝日新聞は徳性は日本の会社じゃないみたいですよね。

北野誠事件。ネットではえらく盛り上がってますね。松竹や本人などがコトの真相をかたくなに漏らさないことが逆に大事にしてしまったんでしょうね。真相解明、お願いします。

朝日新聞の誤報については私も潔く訂正してほしいと感じていることがありますが、haaさんが書いておられる誤報のたぐいは大いに疑問です。haaさんはつくる会や日本会議に洗脳された方なのかと思ってしまいました。安倍・中川氏のNHK番組への事前関与は明らかじゃないですか。朝日側が安倍・中川氏との会話を録音したテープを公にすればいいんですよ。北野誠事件は北野誠氏の話が一番聞きたいです。

haaさん。
>週刊新潮は誤報を認めて謝罪記事を掲載しましたね。ある意味潔い。

ってどこが潔いのでしょう。本籍バレバレ。

新潮は好きな会社で、以前若干関わったこともありましたが、
20数年前からあの硬直した編集体制に危機感をもっている人は内部にいましたよ。
で今に至った。

北野氏については意欲ないです。

藤原紀香ではないと、芸能界を生き残れないのでは寂しい。

やはり「音事協」がキーワードでしょうか。

私も北野氏のイベントを見た事がありますが、まぁ少々エグい目の噂話をあくまでも噂話として楽しもうというレベルのものでした。ただ、08年11月のはかなりキツいネタだったとも聞きますが。

このイベントのネタで秀逸だったのは、大阪国際会議場でのもの。
武富士のコマーシャルとそっくりのダンサー(格好も人数も)を集め、同じ音楽で踊らせ、それが終わった瞬間に岸辺シローが登場して「ご利用は計画的に」の一言を発して会場が大爆笑でした。ああいう濃いイベントがもう見られなくなると思うと残念です。

北野さんのラジオでの発言、ここで知りました。↓ 朝日放送に確認できますか?

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1125096751

「週刊新潮」の今回の誤報。永田メール事件を思い出しました。巧妙にはめられたのでは? そうでなくても、やはり経緯は知りたいものです。

北野誠事件が、もし、宗教がらみの話であれば、きわめて問題であると考えます。言論弾圧です。あのNHK番組への事前関与問題が思い起こされます。
ぜひ、この事件の真相を明らかにしていただきたいです。

放送局は誰に向いて放送しているんでしょうね。北野問題の続報きっちり取材してくださいね。

鋭意取材なさるなら、こっちの方が面白いですよ。

asahi.comの
「民主党の牧義夫・衆院議員(51)=愛知4区=が、障害者団体向けの郵便割引制度が悪用された事件で捜索を受けた「福祉事業支援組織・白山会」(東京都文京区)のライバル団体を批判する質問を国会でしていたことが分かった」

衆議院HPで検索できる牧議員の発言内容を比較してみて下さい。

村西とおるブログ
http://muranishi-ch.com/new/news/blog.cgi?mode=main&no=62
芸能界もマスコミも政界も何の為にあるかと言う事ですね。
悩ましい事でありますが、出来るだけご都合主義の罠に嵌らぬようにお願いします。
 でも、全ては我々国民レベルが作り出す事なので、しょうがないですが…。
 

憶測を呼ぶような意味深な身の引き方、まぁ、普通のタレントさんだったら特に問題はないんでしょうけど、時事ネタの批評を盛んに行っている人がなんの説明もないということとなるとこれまで起用していたマスコミなどに対して不信感が増しますよね、取材期待してます!

何処のメディアも発信しない。
言論統制が始まったのですよ。

>今回ばかりは関係者の口がホントに重く、なかなか真相がつかめません。

ジャーナリストとして追求すべきは、徹底的に追及するのが、その基本姿勢になるものです。

でなければ、今までの記事のすべてが、「関係者の口が軽くて、簡単に真相がつかめました」になるからです。
別に揚げ足をとるつもりはありませんが、ジャーナリストとして、自らの記事の質を低める発言は、読者に対して失礼じゃないですか?
朝日の名にかけて、徹底的に追求し、諸悪の根源を暴いていただきたいと思います。
願わくば、同じマスコミに携わる同業者の仲間の首が切られているという意識を持っていただけたら、私たち読者も一定の基準を保ちつつ、記事を拝見することが出来ます。

マスコミに携わるものとして、同僚の首が切られかかってるという危機感が感じられないのはなぜですか?
なぜ、事態の本質を語らないで関係者の「口が重い」とかが「真相」不明の原因にしてしまうのですか?
この問題について、ちゃんと、緻密な取材をされているのか、大いに疑問に思います。

もう北野誠一人だけの芸能スキャンダル問題だけではないと言うことを、理解していない所に問題があると思います。
力の在る者がマスコミに圧力を掛け黙らし、情報操作をして国民を誘導する。こんな事はまるで戦前のやり方ではないですか。
これは、あなた達マスコミの存在を問われている事を認識して下さい。

北野さんの謹慎処分問題、深くて重いんじゃないかな。
「エグイ裏ネタ」が悪いのなら、平日の民放朝8時台はみんなダメじゃん。
(もちろん個人のプライバシー保護は大切です。それは前提です。)
問題は北野さんが言いすぎやり過ぎだったかを、当事者が全く情報提供しないのと、北野さんに「弁明の機会の供与」を全く与えないことだと思います。
北野さんが本当に悪かったのなら、第三者機関なりが合理的に判定すればいいし、今は一方的な“闇の圧力”が好き勝手にしているように見えるし、
今後、図に乗った同様の圧力連中が、同じ方法で次から次へと気に入らない芸能人を闇へ葬ろうとするのは目に見えている。
結論を急ぐよりも、真実をつかむ事の方が大事。
編集長の“本音ちらり”のあげ足を取るのでなく、根気に期待しましょうよ。

北野誠の件、もしかしたら1人のタレントの行き過ぎた発言による謹慎問題だけなのかも知れない。
でも、何故かこの件は「いや~」なものを感じる。
そして、それは私だけでなく多くの方が言いも知れぬ不安を感じ、これだけネットで話題になってるのでしょう。

これだけ世の中の事がTVやネットで、時には個人情報さえ流される世の中に、これだけ話題になってることが、いっさい表に出て来ようとはしない。

マスコミの役割は、こう言う闇にこそ光を与えるのが使命なのではないでしょうか?

ただ、うわべだけの情報ではなく、本質をしっかり見極めた取材を期待しております。

たかがラジオ番組たかが芸人が干されただけで何を騒ぐんだ、などとわざわざその番組のファンサイトに書き込む人もいます。今回のことを「自業自得」の一言で片付けていい話とは思えません。正体を明かさず他人の仕事を奪うようなことをする存在を野放しにする方があの番組の内容より余程危険です。

 ラジオの番組では「答えの言えない積立クイズ」として実名を伏せて、イベントでは、「サイキックミーティング」「濃い口トークミーティング」としてお金を取って実名を明かす。そうやって、芸能界の裏情報をリスナーに知らせていった。誰の何の情報であるかではなく、このスキーム自体が、今から思えば、コンプライアンスにひっかかるものであったと、リスナーの一人として反省しています。
 しかし、その反省はあっても、あれほどスキャンダル好きの、生徒が問題を起こせば学校の先生のプライバシーまでハイエナのようにあさり、暴露してしまうどのテレビ局が何もなかったかのごとく沈黙を守っていることが、逆に、こいつらの正体をあからさまにしているようで、面白いです。

 せめて、週刊誌にはまだ、なにものにも屈しないジャーナリズム精神が残っていることを期待しています。

 北野誠さんのこと、ただのお笑い芸人と思われるかもしれませんが、人がひとり、仕事をなくしてしまったのですから、報道の力で、その理由をあきらかにしていただきたいです。

素朴な疑問ですが、ネットがいまほど発達していない時代、今回の北野誠さんのように突然に干されて会見も報道もないまま消滅していった芸能人っているんですか?

北野誠のえぐい裏ネタの内容一覧。過去問を見ても何も感じない?
http://www001.upp.so-net.ne.jp/psychic/psychic/quiz/index.html

上の答え。たとえばこれ
http://mobile.seisyun.net/cgi/read.cgi/human7/human7_ms_1188483479
これは毎日新聞が英字サイトでHENNTAIのガセネタをまき散らかして日本を貶めたのと同レベルの下衆ぶり。自業自得としかいいようがない。

今回の事件で気持ちが悪いのは、直接なんらかの被害?があったらしいABCラジオが、説明責任を果たしていないこと。それ以上に気持ちが悪いのは、これに同調して他の放送メディアが北野誠の出演を視聴者に何の理由もなく一斉にやめたことだ。たとえば何らかの圧力で一人の人間がメディアから抹殺されたのであれば、これは人権問題であるし、言論の自由を脅かす、憲法違反ではないのか?

この件ではまだ名前が挙がっていないジャニーズ、そして件のバーニング。これら二つから同時に睨まれたとしても、
全局から一斉に抹殺、
事務所と放送局が協会退会というのは解せない。

政教分離ができないカルト集団創価学会による政治的圧力はなさそう、とする根拠は?

ざこば、偉い。

以前、前田武彦も与党から抹殺された。

北野「派遣社員って今何人いるのかい?」

アナ「ちょっと分からないですね」

北野「結構いるんだろ?やっぱりね、今の与党はおかしいよ、絶対!首相が漢字すら読めない事態だもの」

北野「それにもう一つの与党は宗教で政治献金を収集して『大勝利、大勝利』って教祖様が世界行脚している写真を載せているでしょ?有名な新聞に・・・。」

アナ「それはちょっと・・・。」

北野「お金で幸せを掴もうなんてダメ、宗教がそれをしているんだもの、笑っちゃうよ。」

アナ「ここで宗教の話はしないほうがいいかと・・・。」

北野「何がちょっとなの?あと、お前蟹工船って読んだことあるでしょ?アナウンサーなら」

アナ「はい、学生時代に読みました 暗い話ですよね」


なぜかCMが流れる

アナ「先程、不適切な発言がありましたことを心よりお詫び申し上げます。」

北野「何?俺が不適切な発言をしたって言うの?俺が赤旗を読んでいるからってその宣伝なんてしてねぇぞ!」

アナ「それじゃありません。」

北野「そうかそうか。」

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

山口一臣(やまぐち・かずおみ)

-----<経歴>-----

1961年東京生まれ。早稲田大学第一文学部卒。ゴルフダイジェスト社勤務を経て、89年朝日新聞社入社。高校時代から愛読していた『朝日ジャーナル』編集部に配属され、あこがれの「ファディッシュ考現学」(田中康夫)を担当するも3年で休刊の憂き目に。『週刊朝日』へ異動し、事件&事件の日々を送る。その後、何を血迷ったのか広島の公教育問題で日教組を徹底批判し、「朝日なのに産経と論調が同じ」と物議をかもす。9.11テロ直後のニューヨーク、パキスタンを取材。米軍によるアフガニスタン市民への誤爆を伝えまくる。デスク時代に北朝鮮拉致被害者関連の記事で下手を打ち、『週刊文春』に叩かれ、副編集長を解任、更迭される(停職10日の処分付き)。その後、広報部へ配属されるが約半年でお払い箱。百科編集部で子ども向け週刊科学誌『かがくる』の創刊などに携わり、05年5月から再び副編集長、同年11月から、『週刊朝日』第41代編集長に。85年にわたる『週刊朝日』の歴史で中途採用者が編集長になるのは、これが初めて。

-----<出演>-----

『スーパーモーニング』
(テレビ朝日系、8:00~)

『愛川欽也 パックインジャーナル』
(朝日ニュースター、毎月第1土曜)

『大竹まこと ゴールデンラジオ』
(文化放送、毎週火曜・5月8日から)

『週刊朝日編集長登場』
(asahi.ポッドキャスト)

BookMarks

週刊朝日 談[DAN]
http://www.wa-dan.com/

好評発売中!
↓ ↓ ↓

詳細はコチラ

只今発売中!
↓ ↓ ↓

詳細はコチラ

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.