Calendar

2009年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Recent Comments

小沢一郎が「起訴相当」となった理由
市川 良 06/05
匿名 06/06
匿名 06/06
市川 良 06/07
馬鹿につける薬はない 06/07
06/07
06/07
06/07
06/07
仙田 M 06/14

« 2009年3月 | メイン | 2009年5月 »

2009年4月23日

草彅剛「全裸で逮捕」報道への違和感

それは褒められた行為でなかったことは理解できます。
しかし、本当に身柄を拘束されて、自宅を捜索されなければならないような「事件」だったのでしょうか。

最近ぼくは、自分の感覚がおかしくなったのではないか、としばしば考えさせられることが多くなりました。
自分がヘンになっているのかもしれないと。
今回の草彅君の事件もそうです。みなさんは、どうですか?

最初、草彅君が公然わいせつで逮捕されたと聞いたときは、たとえば路上で女性を目の前に性器を露出させたとか、全裸で街中を走り回ったとか、そんなことをイメージしました。

しかし、実際にやったことは、酔っぱらいによくある話のように思えます(違いますか?)。
適量を超える飲酒で泥酔して正体をなくし、深夜の公園で裸になった。
大声を出して近所の迷惑になった。
駆けつけた警察官に暴言を吐いたり、暴れたりした。

大声で近所迷惑だったのはわかりますが、これで「公然わいせつ」になるのでしょうか?

みなさんの周りにも、こんな話は、しょっ中じゃないにしても、ないわけではないでしょう。
繰り返しますが、けっして褒められた話ではありませんよ。
でも、新聞やテレビを見ていると、まるで大犯罪を犯したような報道です。

驚いたのはNHKの昼のニュース。
トップニュースで延々何分くらいやってたでしょうか、とにかく長かった。
ほかに伝えるべきことはないのでしょうか。
たとえば、千葉市長の汚職とか。

超人気アイドルの逮捕が衝撃的なことは理解できます。
しかし、それにしても……。
どうなんだろう。おかしいのは、ぼくのほうかな?

自宅にガサが入ったことで、「スワ、薬物か」という情報も流れました。
身柄を拘束されて、ガサ入れまであって、こりゃあ、単なる酔っぱらい騒動じゃなくて、背後になんかもっとデカイ犯罪があるんじゃないか、って。
誰だったそう思うでしょう。

これって、なんだか小沢秘書逮捕とおんなじ気がする。
単なる政治資金規正法違反なのに、「東北のゼネコン一斉聴取」とか、デカデカと書かれると、すっごい悪事を働いたような印象になります。

それをなんの留保もなく垂れ流すメディアもメディアです。
さっきのNHKもそうですが、東京新聞も夕刊1面トップですよ。
酔っぱらいの全裸騒動が。
いくらSMAPのメンバーとはいえ。

なんか違和感あるなと思って、元警視庁警察官の黒木昭雄さんに電話して聞いてみました。
現場の(元)おまわりさんとしては、どう思うかと。
そしたら、案の定、「これは、おかしい」と。

黒木さんによると、草彅君が泥酔状態で正常な判断ができない場合は、警察官は警察官職務執行法(警職法)によって泥酔者を保護するのが通常だそうです。
公園など公共の場所で全裸になっていれば、法的には「公然わいせつ罪」を構成することは可能だそうです。
しかし、警察官の職務の第一は市民の安全を守ることで、この場合、ふつうの判断なら逮捕ではなく保護なんだそうです。

「それがなぜ」という疑問は残りますが、黒木さんの説明にはぼくは違和感がありません。
そうだよな。酔っぱらいは保護されて、通称「トラ箱」に一晩とめおかれて、翌朝、おまわりさんから「説諭」されて、釈放、ってのがふつうだよな。

黒木さんはまた、こうも言います。
刑法38条には「意志なき行為はこれを罰しない」と。
つまり、泥酔状態にある草彅君は、これに当たると。
そもそも本件は「騒音苦情」であって、実害がない。
わいせつによる被害者もいな。
逮捕権の乱用ではないか、と。

ここから先はぼくの推測ですが、「騒音苦情」を受けて駆けつけた警察官は、全裸で叫ぶ草彅君の異常な行動を見て、「こいつ芸能人だし、クスリやってんじゃないか」と思いこんだ、見込み捜査だったんじゃないかと。

だから尿検査までされ、陰性だったにもかかわらず、引っ込みがつかなくなって家宅捜索までやってしまった。
黒木さんは、「公然わいせつでのガサ入れなんて聞いたことない」と言います。どう考えてもやりすぎです。

そうして、ぼくが暗澹たる気持ちになるのは、こうした当然の疑問についてメディアがまったく触れないことです。
どこもかしこも「大犯罪者」扱いです。ヘリまで飛ばして。
確かに地デジ大使とか、レギュラー番組とか、被害総額は甚大でしょう。
でも、しかしです。

本当に、人一人の身柄を拘束するような事件だったのか。
ガサまで必要な事件なのか。
新聞報道によると、「公然わいせつの常習性を調べるために」家宅捜索したんだそうです。
これに納得する人がいるんでしょうか? おかしくないか。
公然わいせつの常習性って何だ。

と、ぼくは素朴に思いますが、みなさんはどうですか?

2009年4月16日

北野誠降板の件、鋭意取材中

確かに不可解な出来事ではありますが、今回ばかりは関係者の口がホントに重く、なかなか真相がつかめません。
ネット上で語られている憶測ももちろんトレースしています。
しかし、裏が取りきれないというか、つながりが証明できない状況です。
少なくとも宗教がらみの話は違うと思われます(現時点では)。

しかし、こうなるとますます真相が知りたくなるのが人情というもの。
みなさんご指摘のように芸能界の大きな「闇」は潜んでいるような。
担当記者が鋭意取材中ですが、さて締切までにどこまで迫れるやら……。

ところで、明日(というか今日)発売の週刊新潮では、阪神支局襲撃事件犯告白手記の「誤報」について、編集長自らの署名で10ページにわたる経緯説明を載せています。

詳細は同誌を読んでいただきたいのですが、前回、このブログで指摘したように、要は「騙された」ということのようです。
それについてはまた改めて。

2009年4月13日

週刊新潮vs.「実名告白者」の泥仕合始まる

まさかこういう展開になるとは誰も想像もしていなかっただろう。
「カネの切れ目が縁の切れ目」ということなのか……。
週刊新潮に朝日新聞阪神支局襲撃事件の実行犯だとして「手記」を載せられた、島村征憲氏(65)が、案の定、証言を翻し、週刊新潮編集部と「責任の押し付け合い」を始めている。

島村氏は4月に入って、週刊文春、産経新聞、毎日新聞、朝日新聞の記者と次々と接触、「俺は実行犯なんかじゃない」「事件当日は北海道にいた」「週刊新潮の最初の記事を見て、驚いた」「乗った俺はバカだけど、載せたやつ(週刊新潮)はもっと許せない!」などと激白し始めたのだ。

さらに、問題の「手記」についても、「新潮の記者に『この通りに答えてください』と紙を渡され、書いてある通りに話した内容をテープに録音された」と、記事が完全なやらせ、ねつ造であるかのようなことまで言い始めた。

これには新潮編集部も黙っておれまい。
各紙の取材に、「そういう事実はありません」と反論したが、新潮も、こういう形で島村氏の〝虚言癖〟を思い知るとは、なんとも皮肉な話である。

実は、新聞各紙の記事掲載後、週刊朝日の記者も島村氏に話を聞いている。
週刊新潮とはなぜ、「決裂」したのか。
これがまた、立て板に水のように詳細に教えてくれる。
ホントかウソかわからんが(爆)。

なんでも、新潮編集部は島村氏にマンションの世話までしていたのだそうだ。
(これは新潮も認めた)
それが、他のメディアと接触したことがバレて新潮がキレて、「あんた証言を翻したら詐欺罪で訴えるぞ!」と、脅したという(これは新潮は否定)。

詳細は明日発売の週刊朝日を見てほしい(都内駅売店では月曜日)。

ただ、この取材で明らかになったのは、週刊新潮はこの一件で相当なカネを使わされたということだ。
島村氏側には、出所以来、ある程度の生活の面倒を見てきたようだ。
証言に対する対価として、原稿料名目で90万円が支払われている。
さらに、トラブルになって以降は、例の「元アメリカ大使館員」の抗議に金銭で和解している。
これが数十万円単位のカネではない。
とでも弊誌(週刊朝日)にはマネできない話である。

それはさておき、それだけカネを使うというのは、やはり、週刊新潮は「信じていた」からだと思う。
でも、そうだとしたらあまりに悲しい。

だが、そう思ってこれまでの新潮の対応やコメントを読むと、なんとなく騙されていく過程が見えるようでもある。
詳細はまた改めるが、かなりイタイ話である。

まずは、今週発売の週刊朝日に目を通しておいてください。
(って、また宣伝か!すんません)

2009年4月 8日

週刊新潮「ガセ情報」掲載の経緯

とりあえず、明日(9日)発売の週刊文春と毎日新聞、産経新聞に、「実名告白」の当事者である島村征憲氏のインタビューが掲載される。

詳細は文春を読んでもらいたいが、関係者の話によると島村氏は文春などの取材に対して、「自分は(朝日新聞阪神支局襲撃の)実行犯ではない。週刊新潮の記事を読んで驚いた」などと「証言」しているらしい。
週刊新潮の担当者によって、勝手に「実行犯」に仕立て上げられたのだそうだ。

新潮手記で犯行声明文を書いたとされる野村秋介氏についても、「面識はあったが、そんなこと頼めるような立場でなかった」と否定している。そのうえ、詳細を極めた襲撃場面の描写については、「新潮の担当者が何かをパクって書いた」(つまり捏造した?)などと言い出すしまつだそうだ。

新潮編集部は「島村証言はテープに録音されている」と主張しているという。
(いまどきテープってありか? ふつうはICレコーダーだろ)

確かに、週刊新潮が何もないところから「証言」をでっち上げるようなことは絶対にないと思う。
島村氏は間違いなく、新潮には記事にあったようなことを「証言」したのだろう。
当然、それらはすべて録音されているはずだ。
そこまでは週刊新潮の主張を全面的に信じたい。

問題は、それがどうしてあんな記事になってしまったのかということだ。

もはや手記の信憑性を議論する段階はとっくに終わっている。
結論を言えば、「手記」は島村氏の虚言に基づく妄想だ。
相手によって言ってることがコロコロ変わる、虚言癖の典型である。

そして、こうした「トンデモ情報」は日常的に週刊誌の編集部にはもたらされる。
それをどう捌くかが、週刊誌記者・編集者の腕の見せどころで、新潮は、それがピカイチだったはずなのだ。

だからこそ、なぜ「手記」が掲載されたのかが詳しく知りたい。
正直、いつ弊誌が同じ過ちを犯すかもしれないのだ。

来週(16日)発売の週刊新潮では、手記を載せるに至った経緯を掲載してくれるという。

ここは、週刊誌業界全体のため、自らのプライドを捨て、どこに「穴」があったのか、何を間違ったのか、できるだけ率直に、明らかにしてほしいと切に願う。

2009年4月 4日

迷走する検察と新聞

 田原総一朗さんのブログに書いてあったとおり、確かに民主党の石川知裕議員の事情聴取のときは新聞が大きく取り上げたにもかかわらず、自民党候補予定の高橋嘉信氏の聴取はほとんど気づかないような記事だった。これはやはり、他の人も指摘しているように、高橋氏が検察のネタ元の一人ということなのだろうか。なんてことを思わせるだけでも、今回の捜査がいかに異常かを気づかされる。

 たとえば、3月30日の読売新聞が1面で「二階経産相側を立件へ」と書いた。西松建設が二階俊博経産相関連の政治団体の事務所経費(家賃)を肩代わりしていたという疑惑である。この記事は、東京近郊で配られる「14版」にしか載っていない特ダネだ。ぼくが住んでいるのは「13版地域」と呼ばれる埼玉県なので、記事はネットでしか読めなかった。配信は未明の3:00を過ぎたころだった。

 特捜事件で朝刊に「立件へ」という文字が出ると、たいていその日のうちに何か(たとえば家宅捜索とか容疑者逮捕とか)が起きるというのがこれまでの常識だった。特捜部は「前打ち」(事前に記事になること)を極端に嫌う。だから、朝刊で前打ちするということは、新聞としてもギリギリの判断なのだ。前打ちをした社は、たいてい「出入り禁止」の制裁を受けるからだ。

 今回、読売が「出禁」になったかどうかはわからない。だが結局、その日の午後になっても何も起きなかった。他紙も夕刊で「立件へ」を追っかけていない。

 そういえば、かなり前にも毎日が「二階氏側、週内にも立件へ」と打ったことがあった。そのときも結局、何も起きなかった。新聞が捜査機関の動きを先取りして「立件へ」などと打つのは、かなり勇気がいることだ。よほどの確証がない限りやらない。数日のうちに動きがなければ、結果として「誤報」になる。週刊誌記者という職業柄、複数の新聞を読み比べるという生活をかれこれ25年もやっているが、この緊張感のなさはあまり経験したことがない。 

 これは、とりもなおさず捜査が迷走していることの証拠だと思う。

 通常、こういう特ダネを抜かれると、他紙は後追いの確認取材に走らされる。「読売の記事は本当なのか?」「二階をやるのか?」と、それぞれのネタ元検事に当たりに行く。他紙が夕刊で追いかけていないということは、他紙のネタ元が読売の記事を否定したからだ。「ああ、あれはまだその段階じゃないよ」とか「二階関係も調べてはいるが、いまのところ難しい」とか。ところが、今週の金曜日になって、やおら毎日が読売と同じ「事務諸費疑惑」を書き始めた。土曜日の朝刊では、ついに関空や羽田空港の工事との関連に触れ、「東京地検特捜部は来週にも、上級庁と最終協議に入る模様だ」と打った。本当に二階氏はやられるのか?
 
 実は、おとといの昼くらいから、「二階経産相の関係者が10日に逮捕される(らしい)」という情報が飛び交い始めた。永田町周辺を回っている記者から複数、報告があがってきた。本当だろうか? と、正直思った。この4月10日は天皇陛下と美智子さまの結婚50年の祝賀行事がある。そんな日に検察が新たな政界ルートに手を着けるだろうか? わからんが。

 ちなみに読売はその後の続報はなく、朝日はまだ「二階立件」を書いていない。

 つまり、何がいいたいのかと言うと、検察はそんなにまでして「二階氏側を立件」しなければならないのだろうか? ということだ。ぼくが繰り返し言っていることだが、「そんなことに税金を使う意味があるのか」を冷静に考えてみる必要があると思う。もしこれが本当に「民主党だけじゃバランスが悪いから、自民党関係者も……」という捜査なら、あまりに国民をバカにしていると言わざるを得ない。

 しかし、残念ながら「そうかもしれない」という気も半分くらいしている。でもそうなったら、こんどこそ本当に(この言葉は何度も使いたくないが)、日本の民主主義はおしまいだ。「小沢氏の秘書逮捕」とバランスをとるため「二階氏側を立件」するというのが、公益に資することとは、ぼくには到底思えない。そんなことに公権力を使っていいはずがない。

 毎日が以前(いつだったっけ?)、「二階氏側立件へ」と書いたときは、直接会って現金を受け取っていたとか、パーティー券の規制を逃れようとしていたとか、とにかく今回とは別の「疑惑」だったはずだ。それが、新たに「家賃肩代わり疑惑」と「空港工事の引き換え疑惑」が出てきたわけだ。ちょっと立ち止まって考えて欲しい。こんなことがあるだろうか?

 本来なら、捜査機関はまず犯罪や法律違反の事実を認知して、関係者から話を聞くなどの捜査を始めるのがふつうだろう。前に別件で「立件へ」と書かれた同じ人が、こんどは「事務所家賃肩代わり」でまた「立件へ」と書かれている。これはどういうことかと言えば、「立件」する内容はどうでもよくて、とにかく何でもいいから「二階氏側」を「立件」しようとしているとしか思えない。

 はたして、こんなことが許されるのか。

 特捜部の目的は「犯罪行為の摘発」などではなく、「二階氏の関係者逮捕」することで、二階氏と自民党にダメージを与えようとしているのだ。すでに新聞報道などによって、強制捜査に着手していないこの段階で、二階氏は「疑惑政治家」と見られている。これは恐ろしいことだと思う。

 読売新聞と毎日新聞の記事を総合すると、西松建設は関西空港や羽田空港の工事を受注するため、二階氏の関連政治団体に事務所マンションを提供し、その家賃に相当する金額を社員の名義を使った偽装個人献金として二階氏側に提供していた、というような話だ。新聞を読む限りだが、これを全部立証するのは相当、難しいことだと思う。小沢秘書逮捕の事件でにわか勉強した知識を総動員しても、事務所家賃の件で「二階氏側」を捕まえて、起訴して有罪にもっていくのはかなり剛腕が必要に思えるのだ。

 そして、誤解を恐れずにあえて言わせてもらえば、
(1)二階氏が西松建設から事務所家賃を肩代わりしてもらったこと、と、
(2)検察がこんなふうに恣意的に権力を行使して人を逮捕すること、

 のどっちがより「悪い」かを考えて欲しい。ぼくは、圧倒的に後者が悪いと思う。

 なんだかこんなこと書いてると法律違反を是認しているようで嫌だが、それでも絶対にそうだと思う。
 一個人の小さな法律違反より、権力を保持する者が好き勝手に権力を行使していることのほうが問題 なのだ。民主党の政治家も自民党の政治家も、そのことにあまりに鈍感過ぎる。

 もし今後、二階氏側が立件されるようなことになったら、自民、民主は結託して、検察と徹底的に戦う方針を示すべきだと考える(二階氏側が否認の場合)。そうでなければ、自民党も民主党も、民主主義政党とは言えないのではないだろうか。

Profile

山口一臣(やまぐち・かずおみ)

-----<経歴>-----

1961年東京生まれ。早稲田大学第一文学部卒。ゴルフダイジェスト社勤務を経て、89年朝日新聞社入社。高校時代から愛読していた『朝日ジャーナル』編集部に配属され、あこがれの「ファディッシュ考現学」(田中康夫)を担当するも3年で休刊の憂き目に。『週刊朝日』へ異動し、事件&事件の日々を送る。その後、何を血迷ったのか広島の公教育問題で日教組を徹底批判し、「朝日なのに産経と論調が同じ」と物議をかもす。9.11テロ直後のニューヨーク、パキスタンを取材。米軍によるアフガニスタン市民への誤爆を伝えまくる。デスク時代に北朝鮮拉致被害者関連の記事で下手を打ち、『週刊文春』に叩かれ、副編集長を解任、更迭される(停職10日の処分付き)。その後、広報部へ配属されるが約半年でお払い箱。百科編集部で子ども向け週刊科学誌『かがくる』の創刊などに携わり、05年5月から再び副編集長、同年11月から、『週刊朝日』第41代編集長に。85年にわたる『週刊朝日』の歴史で中途採用者が編集長になるのは、これが初めて。

-----<出演>-----

『スーパーモーニング』
(テレビ朝日系、8:00~)

『愛川欽也 パックインジャーナル』
(朝日ニュースター、毎月第1土曜)

『大竹まこと ゴールデンラジオ』
(文化放送、毎週火曜・5月8日から)

『週刊朝日編集長登場』
(asahi.ポッドキャスト)

BookMarks

週刊朝日 談[DAN]
http://www.wa-dan.com/

好評発売中!
↓ ↓ ↓

詳細はコチラ

只今発売中!
↓ ↓ ↓

詳細はコチラ

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.