Calendar

2009年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Recent Comments

« 西松建設事件 検察批判はつつしもう!
メイン
小沢秘書逮捕と「検察の裏金」 »

ガダルカナル化する検察捜査

桐蔭横浜大学法科大学院教授で、
コンプライアンス研究センター・センター長の郷原信郎さんが、
「日経ビジネスオンライン『ニュースを斬る』に寄稿しています。
大変参考になるので、
西松建設事件に関心のある人は読んでみてください。
題名は、
「『ガダルカナル』化する特捜捜査~『大本営発表』にまどわされてはならない~」

http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20090315/189047/?P=1

知っている人には釈迦に説法ですが、
郷原さんは、東京地検特捜部に在籍していたこともあり、
長崎地検の次席時代に自民党長崎県連の政治資金規正法事件を手掛けた、
政治資金規正法のプロ中のプロです。

郷原さんの論考を読むと、世の中の見え方が変わってきます。
新聞の見方も変わってきます。

このコンプライアンス研究センターでは、企業不祥事などがあると、
マスコミの記者等を対象にしたレクチャーを開催しています。

告白すれば、ぼくも「小沢秘書逮捕」の一報を聞いたとき、
状況も内容もよくわからず、とにかく特捜部が逮捕したんだから、
何か極悪なことをしたんだろう、と思い、
小沢さんも辞めないとまずいだろうなぁ~、と思ったクチです。
それが、たまたま郷原さんの「記者レク」を聞いて、
見方がガラリと変わりました。

こんな程度のことなら、起訴されても辞めたらまずいだろうなぁ、と。
それは二階さんや尾見さんや森喜朗さんら自民党の人たちも同じです。
だいたい、自民党の方は立件されてもいないのですから。

なんて、ぼくが書くより、
郷原さんの論文を読んでみてください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/4103

この一覧は、次のエントリーを参照しています: ガダルカナル化する検察捜査:

» 漆間さん、待っててね!「政権が代わったら隠しているのを全部出す」から 送信元 ラ・ターシュに魅せられて
岡田さんはエライ!よくぞ言ってくれました。 いずれ総理に就任するであろう、この人がここまではっきりと情報公開に意欲を見せたという事は... [詳しくはこちら]

コメント (12)

検察批判になぜそこまで必死なのか?
一方の側からの意見のみ取り上げてなんとか世論誘導したいと思っているようだがジャーナリストとして恥ずべきことではないのか?

っていうか推測(本人も記事で分析している捜査の経過と現状は推測だと言ってるが)だけで「人員投入してるせいで裁判員制度などに悪影響が」って言っちゃう人の意見がどこまで参考になるのか(どうせ影響が出てることの根拠なしで放言しちゃってるんだろうし)


まあなんというか偏ってるね
ダメだめ編集長さん
なんでそこまで民主党、および小沢氏を擁護しようとするのだろうか

落ち着いてください。

この引用先の記事は検察の体制は否定しているものの
国策調査自体に付いては否定してますよ。

編集長の主張と矛盾してる物引用してどうしますか。

山口様
私もこの郷原先生の分析をTBしました。検察OBと言う立場でこのような真っ当な意見表明できるのは、勇気と愛国精神以外の何物でもないのでは。それにしても、感心するのは「見当はずれ」や「都合の良い情報を都合良く解釈」する輩の意見も堂々と掲載する貴殿の度量です。あなたは、「ダメだめ」ではありません。素晴らしいジャーナリストですよ。早速週刊朝日を購入します(笑)!

>『大本営発表』にまどわされてはならない

『大本営発表』を現代の記者クラブに所属している報道機関の記事
と理解してよろしいのでしょうか?

ならば築地系特有のうわべだけの正義面をしないで、休刊日も情報共有
も横並びの記者クラブ制度は間違えていると大々的に発言して欲しいですね。

>新聞の見方も変わってきます。

少なくともネット上では新聞の論調(ある意味、世論誘導)の意図は見抜かれて
いると思います。
ニューヨークタイムスが危ないらしいですが日本の大新聞もせいぜいもってあと
10年ではないでしょうか。

菅も小沢も「企業献金を禁止すべき」とまさに「お前が言うなw」
と突っ込まざるを得ない発言をしていますねw 2chで「仮に誰かが出会い系での買春の容疑でつかまったとして 「売買春ではない、合意のセックスだ」と無罪を主張する傍ら 『これを教訓に出会い系は禁止すべきだ』いったらお前らどう思う? 」という皮肉がありましたけどまさにそんな感じですねw

小沢氏が(いっそのこと)企業献金そのものを全面禁止にしてしまえとの発言は、当然のことながら、公共企業受注企業からの献金を禁止にすべしというごまかしの発言や、(どうせ出来ないであろう)自民党サイドへの牽制発言であり、あるいは、今回の事件で同盟関係にひびが入りかねない社民や共産等の同じ野党勢力へ向けての発言なんじゃないですか?ようは、(小沢氏は)俺は決められたルールの中で白黒なしでやってるだろ?ルールを変えて勝負するなら、それはそれでいいじゃないか、ということなんじゃないでしょうか。ルールの解釈を手前勝手に捜査に適用する捜査当局に対する皮肉にも聞こえました。

捜査当局が突然後付けで、「出会い系の利用は即売買春容疑を意味する」などと強弁し出したっていう設定なら、これは本件の例えとしてある程度当てはまるかもしれない。そしてその場合には、「だったら、はなから出会い系そのものを禁止にしておけよ」と容疑者側が反応したとしても何の不思議もない。いうまでもなく、そんな設定は現実にはありえない。つまり、出会い系なんて例えになっていないということ。

小沢氏の嫌疑は有罪と断定するなと言う。(これは分かります)
しかしそれと同じ口で検察の捜査は国策調査であり異常と断定する。(?)

これはいかがな物かと存じます。


違法捜査の疑いがあると言う意見があること理解できます。
しかしこれは一つの意見であり小沢氏の嫌疑と同様に確定事項ではない筈です。
それは民主党の支持者の方も当然理解しているとは思いますが、どうなんでしょう。
まさか小沢氏の嫌疑は確定ではないが、国策調査は確定と言う気でしょうか?

このような嫌疑がある以上、小沢代表は進んで説明責任は果たすべきだ!
と、いうのが民主党支持者の勤めでもあると思うんですがね・・・。
何故か不思議とこの声はほとんど支持者からは聞かないんですよ。

これこそ民主党と小沢氏の見解、という大本営発表をそのまま信用している姿です。
もしくは、信用してなくても何が何でも庇わないといけない事情でもあるの?
と勘繰りたくなります。

この不思議な現象を「『ガダルカナル』化する特捜捜査~『大本営発表』にまどわされてはならない~」
という記事に掛けまして。


「『ガダルカナル』化する民主党~『大本営発表』にまどわされてはならない~」


という言葉にしてブーメランにリボンを付けまして贈らせて頂きます。
 
 
さて話を戻しますが、そもそもこの問題は小沢代表が秘書の逮捕後に説明責任を
果たしてないから、小沢氏の説明に「納得しない」が世論調査で7割を超えているのではないでしょうか。
そもそも国策調査であるか否かと、嫌疑への説明責任は全く関連の無い事柄です。
検察がどんなに情報をリークしようとも、しっかり説明責任を果たせば必ず吹き飛ばせます。
国策調査であるというならむしろ積極的に説明責任果たすべきではないでしょうか?
しかしそれが全くなされていない、やったのは迷惑を掛けたと言う謝罪と検察批判だけです。

もちろん自民党に付いて出ている疑惑に付いてもしっかり各議員は説明するべきです。
その説明が不足であるなら、倫理的責任に則って辞めて貰うほうがいいです。
それも自民党支持者の務めだと思ってます。
決して庇わないし、この際汚職自民党議員も死滅させて欲しいですね。


結局ですね、この問題を個人ではなく無理矢理「政党だけ」の問題にしてませんか?
汚職にまみれたという疑念を掛けられている政治家に与野党の差なんて有りますか?
支持政党の政治家の言い分をそのまま受け入れ、
全力で庇うと言うような愚かなことをしてる方が、どの口で愛国を語りますか?

民主党支持者は民主党の自浄を求め。
自民党支持者は自民党の自浄を求める。
マスコミも各政党の支持者もそういうスタンスであってもらいたいものですね。
それが日本のためになるって物ですよ、

説明責任を果たさなければならないのはマスコミのほうである。いまこそ日本の民衆はそう叫ぶべきではないのか?小沢氏の企業献金全面禁止発言で揺さぶりをかけられた政界だが、自民から共産まで政治というパイの存亡をかけて戦うときがきたようだ。政治というパイの存亡をかけるという大義名分なら自民から共産まで大連立を組めるだろう。何故なら政治というパイがなくなってしまえば、日本から議会制民主主義が消えてなくなってしまうからだ。そこまで踏み込んだ議論を期待しています。

コーヒーボーイさんが言われる大連立もこの際有りなのかもですねえ。
数年前では考えられないような暴論でしたが、この世界恐慌状態では・・・。
一致団結してとにかく法案を通す速度を優先するのは有りとは思います。
もちろん予め連立期間を決めてやって頂きたいとは思いますが。

小沢代表の企業献金全面禁止については、趣旨については支持したいです。
(今までどのくらい企業献金貰ってたんだという立場はこの際無視し、政策として支持します)

ただし全面禁止するということは、「個人献金」も含めて全て禁止する必要があるんですよね。
企業は「個人」の集合体であり、企業に属する個人の献金が企業への便宜に繋がるのであれば、それはただの献金の迂回路を示すだけに過ぎないからです、全く何の意味もありません。それを踏まえた上で支持するのは、日本の無駄にお金が掛かる政治を是正して欲しいという思いです。


企業献金全面禁止=献金全面禁止を実行した場合以下のような弊害も生じることを、
有権者側も覚悟する必要はあると思います。

・政党助成金の多いところが純粋に有利になる
 自民党が資金面で有利になると思うんですが、
 これは自民党支持者の自分も支持しません、不公平です。

・有権者に立候補者の声が届きにくくなる
 選挙活動が縮小しますので、国民は自分で情報を収集するしかない、
 これは投票率の低下にも繋がります
 
・組織票や、党独自の収入源、そして強力な支持母体があるところが有利となる
 赤旗を発行する共産党、宗教非課税と聖教新聞を発行する公明党。
 後は各政党の支持母体の強さに依存する事になり、政策が争われ難くなります。

企業献金禁止というものを本気でやろうとする(政治家の企業からの便宜を完全に払拭する)場合。個人の献金も完全に禁止にしないと意味がないんです。


小沢氏にここまでやる覚悟があるなら、自分は政党の枠を超えて応援します。
逆にこういう覚悟もなく、ポーズだけで言っているのであれば、揺さぶりでもなんでもなく、だたのサーカスの道化だと思いますよ。

でもこのスタンスはすぐにでも分かると思います。
小沢氏の指示を受けた民主党が、個人献金まで踏み込んで全面禁止を党見解として発表するか否か、献金自体の全面禁止とするなら本気です、こうなると自分も応援せざるを得ません。個人献金に踏み込まないなら、ただの下らない、有権者を騙そうとする悪質なパフォーマンスです。


さあどうなるでしょうか・・・度重なる長文失礼致しました。
個人ブログ上でこれ以上の持論を展開するのは大変失礼に当たりますので、
この辺でもう書き込みは辞めます。


山口編集長の今後のご活躍を影ながら応援しております。

↑を
書いた3日後に「個人献金は増やすべきだ」
という民主党鳩山氏の発言が来ましたね。


予想通りというか、馬鹿にしているというか何というか・・・。
だから民主党は支持できない。


国民は細かいことは考えない、理解できない、だからポーズだけとってれば良い。
後はマスコミが都合よく「細かい解説は抜きで」報道してくれる
とでも思ってるのかな・・・。

↑馬鹿にしている?
違うでしょう。
クリーンさを求めるなら、献金は基本的に個人によるものに限定という主張の方が国民的コンセンサスが得られるというものでしょう

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

山口一臣(やまぐち・かずおみ)

-----<経歴>-----

1961年東京生まれ。早稲田大学第一文学部卒。ゴルフダイジェスト社勤務を経て、89年朝日新聞社入社。高校時代から愛読していた『朝日ジャーナル』編集部に配属され、あこがれの「ファディッシュ考現学」(田中康夫)を担当するも3年で休刊の憂き目に。『週刊朝日』へ異動し、事件&事件の日々を送る。その後、何を血迷ったのか広島の公教育問題で日教組を徹底批判し、「朝日なのに産経と論調が同じ」と物議をかもす。9.11テロ直後のニューヨーク、パキスタンを取材。米軍によるアフガニスタン市民への誤爆を伝えまくる。デスク時代に北朝鮮拉致被害者関連の記事で下手を打ち、『週刊文春』に叩かれ、副編集長を解任、更迭される(停職10日の処分付き)。その後、広報部へ配属されるが約半年でお払い箱。百科編集部で子ども向け週刊科学誌『かがくる』の創刊などに携わり、05年5月から再び副編集長、同年11月から、『週刊朝日』第41代編集長に。85年にわたる『週刊朝日』の歴史で中途採用者が編集長になるのは、これが初めて。

-----<出演>-----

『スーパーモーニング』
(テレビ朝日系、8:00~)

『愛川欽也 パックインジャーナル』
(朝日ニュースター、毎月第1土曜)

『大竹まこと ゴールデンラジオ』
(文化放送、毎週火曜・5月8日から)

『週刊朝日編集長登場』
(asahi.ポッドキャスト)

BookMarks

週刊朝日 談[DAN]
http://www.wa-dan.com/

好評発売中!
↓ ↓ ↓

詳細はコチラ

只今発売中!
↓ ↓ ↓

詳細はコチラ

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.