Calendar

2009年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

« 編集長の仕事 ―― どうしても企画書が浮かばないときの切り札
メイン
納税者の視点で検察の捜査を監視しないと »

週刊新潮は死んだ(爆)

(この話題、しつこくてすみません。でも、他人事でないもんで…)


1987年5月に起きた朝日新聞「阪神支局」襲撃事件の「実行犯」による、「実名告白手記」と称する「週刊新潮」の4回に渡る連載が先週終了しました。

事件の被害当事者である朝日新聞社は連載終了まで静観していましたが、2月23日付の朝刊紙面で、「週刊新潮『本社襲撃犯』手記 『真実性なし』と判断」という検証記事を掲載しました。

今週発売の「週刊朝日」も、「検証 週刊新潮『朝日新聞襲撃犯』手記これだけの矛盾」という特集記事を載せています。

結論からいうと、「週刊新潮」の記事はガセでした。

4回の連載で実行犯を名乗る島村征憲(まさのり)氏(65歳)が、真犯人だと断定できる根拠は結局、最後まで示されませんでした。

犯行に至る経緯や当日の模様は、まるで物語のように詳しいのですが、肝心な部分が書かれていない。
真犯人のみが知り得る“秘密の暴露”も期待された物証も出ませんでした。
それどころか、手記はつじつまの合わないことや矛盾だらけでした。

同24日付の朝日新聞には、島村氏に「襲撃を指示」したとされるアメリカ大使館の元職員が、新潮社を訪れ抗議したという記事が出ています。
この記事によると、元職員は島村に3万円貸したことはあるが、「週刊新潮」の記事はデタラメだと言っているそうです。
ああ、ついにこんなことまで……。

さらに驚いたのが同日付の読売新聞です。
島村氏が詐欺で警察に逮捕されたとき、「俺があの事件の犯人だ」と言って、95年に東京・八王子のスーパー「ナンペイ」で起きた、女子高校生ら3人が射殺された事件の「真犯人」を名乗ったそうです。

要は、島村氏は虚言癖のある詐欺師なのです。

朝日新聞の116号事件取材班は、「週刊新潮」の記事を「虚報」だと断じ、「『いい加減にしてほしい』と怒りがこみ上げてきた」と憤りを隠しませんでした。
仲間を殺されているのですから、当然です。

ぼくは正直いって、悲しみで一杯になりました。
なぜならこれは、「週刊新潮」のみならず、週刊誌ジャーナリズム全体の死を意味することに等しいからです。

「週刊新潮」といえば、創刊半世紀を越える老舗の名門週刊誌です。
古さでは「週刊朝日」も負けていませんが、その独特の筆致や物の見方は長く週刊誌記者のお手本とされてきました。

ぼくも駆け出しの頃から「週刊新潮」を読み、今日まで目標にしてきた週刊誌です。
過去、世の中を揺るがしたスクープは数知れません。

その「週刊新潮」がなぜ、あんな記事を載せてしまったのでしょうか。

週刊誌に限らず、マスコミの現場には毎日たくさんのタレコミが寄せられます。
その中には、未解決事件の犯人に関する情報や、「実は私が犯人だ」と名乗る者、あるいは、警察が捕まえた容疑者とは別の真犯人がいるといった類のものが少なくありません。

いずれも、「もし、それが本当ならば」大スクープにつながるような話です。

しかし、残念ながら、それらの九分九厘はウソなのです。

それでも週刊誌記者の悲しい性(さが)で放置はできない。
どんなウソくさい話でも、一度は会って話をして信ぴょう性があるかどうか、徒労とわかっていても裏取りをしようとするものです。

そんな無駄な作業はこの業界にいれば誰もが山のように経験しています。
ぼくもガセネタを追って北海道から九州まで奔走させられたことがあります。
あやうく騙されそうになったのも一度や二度ではありません。

ガセネタ告発者の目的はお金目当てだったり、単なる愉快犯だったり、心の病だったりいろいろです。

虚言癖のある人に限って、新聞や雑誌の記事をよく読み込んでいて、話にディテールがあり、自信満々に話すので、慣れるまではなかなか見抜けないという面もあります。

しかし、島村氏のウソはいずれも簡単に見抜けるものばかりでした。
現に、島村氏は小学館の「SAPIO」編集部にも同じような手紙が送りつけているそうですが、「SAPIO」編集部はまったく相手にしなかったようです。
今回も「週刊朝日」の記者がたった数日、北海道に出張しただけで、いくつも矛盾が明らかになりました。それどころか、編集部から何人かに電話するだけで、島村氏の証言への疑問が沸いてくるのです。

週刊新潮は1年間も彼のウソが見抜けなかったのか?

今月発売の「新潮45」には、「週刊新潮」取材班の署名で、「白日の下に曝された朝日新聞襲撃事件 20余年の沈黙を破った実行犯の手紙と犯行ノート全公開!」という取材過程を書いた記事が掲載されていますが、それを読んでも、「そこまで取材をしたのなら島村氏の証言を真実だと信じても仕方がなかった」と思えるような説得力はなかった、というのが正直な感想です。

考えられることは、「週刊新潮」の取材力がそこまで落ちてしまったか、あるいは、島村氏の証言がウソだと知っていながら掲載したかのどちらかしかありません。

そんなことはあり得ないと信じたいところですが、もし、後者だとしたら、とても悲しい。
これは「週刊新潮」だけの問題ではありません。

「だから、週刊誌はダメなんだ……」まじめな話、ぼくは週刊誌の歴史は、この言葉に対する抗いの歴史だったと思っています。

「そんなことはない」

業界の先輩たちは、「週刊誌はだから、ダメなんだ……」という物言いと常に戦ってきました。
そうして、新聞やテレビでは入り込めない領域で数々のスクープをものにし、読者の信頼を勝ち得てきた。
それを引き継いで、たまたまいまの時代、週刊誌を担っているのが、ぼくたちだ、というに過ぎないのです。

新聞ジャーナリズムに対して、もっとも果敢に戦い、成果をあげてきたのが、週刊新潮ではなかったのか。
それまで新聞社にしか発行できなかった週刊誌市場に、出版社として初めて斬りこみ、
いつしか新聞社発行の週刊誌を抜きさったのが、週刊新潮ではなかったのか。
部数においても、内容においても。

でも、これじゃあまた、「だから、週刊誌はダメなんだ…」に逆戻りです。
ぼくは、それが悔しくて仕方ありません。

まあ、しかし出てしまったものはしょうがないですね。
同じ週刊誌で禄を食む者として、今は、なんとか週刊誌の信頼回復に努めるしかないと思うばかりです。

(追伸)しつこくてすみません。
今週発売の週刊新潮に朝日新聞の検証記事に対する「反駁」が出ています。
これがまた、ヒドイものです。
朝日の検証記事の問題点をあげつらい、「まず結論ありき」のヤツ当たりに近い、としています。
はっきり言って、朝日の検証記事なんてどうでもいいのです。
重要なのは、島村証言が真実かどうかです。
その「挙証責任」は週刊新潮側にあります。
万一、朝日の検証記事にミスや思いこみがあっても、それが島村証言が真実だということにはなりません。

島村氏が襲撃の指示を受けたという「佐山」の証言に対する見解はどうなのか。
週刊朝日が指摘した、時系列が会わない件についてはどうなのか。
八王子スーパーの事件の真犯人だという島村氏の証言を、どうして真実と信ずるに至ったのか。
来週号であらためて読ませてもらいたいものです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/4024

コメント (7)

週刊文春トップ屋出身の作家で私とは昭和19年生まれの「一休会」仲間の大下英治が『トップ屋魂/週刊誌スクープはこうして生まれる!』という半生記的な本を出した。これを読むと、週刊誌とは本来何であったかがよく分かる。

静岡支局爆破未遂事件は、実は報道されていませんが、遺留指紋が3つあるのです。そこに、その島村さんという人物のものはないのです。そもそもこれでアウトでした。

他社のことをどうこう言う前に、朝日新聞社はまだ生きてるつもりなの?

記者クラブ制度という先進国にはありえない情報談合にヌクヌクとしている日本のマスコミにジャーナリズムは無い!。

私は週刊雑誌は読まないけど、新潮と講談社は老舗と牙城かなと思っていて、その雑誌は信頼に値すると思っていたのですが、こういうこともあるのですね。

宮崎さんのブログはコメント数少ないですが、山口さんは多いですね。
宮崎さんの方がファンが多いと思うけど、みんな氏の気分を害するようなコメントは迂闊に書けないのかもしれない。

今話題の北野さんはどんな事件を起こしたのですか

!「週刊新潮」の記事はガセ?

貴方の記事はちらっと今読みました。
文章というものは全体ではありません。
プロが書くものは特にそうです。
プロは何処かにポイントを置いて見せ、読ませます。
一般的に言って、その読ませたいポイント周辺は、まやかしであったり、誘導であったり様々です。

私はこの「ガセ」という下品な言葉を読んだだけで、疑問を感じます。

何を持って「ガセ」と決めますか?
貴方の主観に過ぎないのではありませんか?
週刊新潮は、右左美醜善悪真偽取り混ぜて報道します。

読者は一つの記事を追いません。
長い流れの中で全体を見渡し、自分に必要かつ感動を探し、真実を見つけようとします。

週刊新潮は、こうした一般の読者の視点に立つと、非常に公平な報道をします。

私の住所氏名は勿論、母の電話番号から父母の住所氏名まで書き込み、酷い中傷を行っている最中、貴方と週刊朝日は、上杉隆を宣伝し、私の個人情報と中傷を宣伝しました。
今振り返ってどういう感想を持ちますか?

これは朝日ニュースター・週刊文春も同じです。
朝日ニュースターは、住所氏名電話番号公開と同時に、故意にそれまでなかった上杉のブログ紹介文を掲載し、LINKを貼りました。

週刊文春は表現こそ週間新潮より上品ですが、私の名誉毀損に何役買ったことでしょう?

そうしたことから考えますと、混ぜご飯的、かなり、いえ少しだけ品のない週刊新潮は面白い雑誌です。

「ガセ」とは?
貴方が書いているものが「ガセ」ではなかった、貴方が企画したものが「ガセ」でないのなら、何故上杉隆は、東京地検が私に対する名誉毀損罪刑事告発、個人情報保護法違反で事情聴取逮捕を行わないのでしょう?

勿論私は貴方の書いたものを「ガセ」だと断定したい訳でもそう思っている訳でもありません。
仮定の話です。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

山口一臣(やまぐち・かずおみ)

-----<経歴>-----

1961年東京生まれ。早稲田大学第一文学部卒。ゴルフダイジェスト社勤務を経て、89年朝日新聞社入社。高校時代から愛読していた『朝日ジャーナル』編集部に配属され、あこがれの「ファディッシュ考現学」(田中康夫)を担当するも3年で休刊の憂き目に。『週刊朝日』へ異動し、事件&事件の日々を送る。その後、何を血迷ったのか広島の公教育問題で日教組を徹底批判し、「朝日なのに産経と論調が同じ」と物議をかもす。9.11テロ直後のニューヨーク、パキスタンを取材。米軍によるアフガニスタン市民への誤爆を伝えまくる。デスク時代に北朝鮮拉致被害者関連の記事で下手を打ち、『週刊文春』に叩かれ、副編集長を解任、更迭される(停職10日の処分付き)。その後、広報部へ配属されるが約半年でお払い箱。百科編集部で子ども向け週刊科学誌『かがくる』の創刊などに携わり、05年5月から再び副編集長、同年11月から、『週刊朝日』第41代編集長に。85年にわたる『週刊朝日』の歴史で中途採用者が編集長になるのは、これが初めて。

-----<出演>-----

『スーパーモーニング』
(テレビ朝日系、8:00~)

『愛川欽也 パックインジャーナル』
(朝日ニュースター、毎月第1土曜)

『大竹まこと ゴールデンラジオ』
(文化放送、毎週火曜・5月8日から)

『週刊朝日編集長登場』
(asahi.ポッドキャスト)

BookMarks

週刊朝日 談[DAN]
http://www.wa-dan.com/

好評発売中!
↓ ↓ ↓

詳細はコチラ

只今発売中!
↓ ↓ ↓

詳細はコチラ

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.