Calendar

2008年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Recent Comments

« 新たな「KY」宰相の誕生
メイン
ダメだめ編集長の2008年日誌(前編) »

ダメだめ編集長の2008年日誌(後編)

■秋葉原無差別殺傷事件
このところ頻発する刹那的な事件でずっと気になっていたのが、容疑者の多くに「20代無職」という共通点があることでした。新自由主義的な考え方がもてはやされ、日本の伝統だった終身雇用制が崩れたことが、何らかの影響を与えているのではないか、と。アキバ事件の原因がそれだけでないことは十分承知していますが、それでも大きなウエイトを占めていることは間違いないでしょう。雇用の不安は治安の悪化、社会不安につながります。企業経営者にとっては、正社員を雇うより非正規雇用のほうが安上がりで「いつでも切れる」という安易な発想なのでしょうが、そのことがめぐり巡って治安維持のコスト増につながる可能性があるわけです。こうしている間にも実体経済は悪くなる一方で、雇用がどんどん失われている。私たちは、この事件から得た教訓を忘れてはいけないと思います。

■居酒屋タクシー
「居酒屋タクシー」とは、よく考えましたね。ハイ、座布団一枚! タクシー業界は規制緩和で台数が増え、熾烈な営業合戦になっています。個人タクシーが上客を確保するため飲食など「車内接待」を始めたのはそのためです。霞が関の官僚はそれを利用して、やれ酒を出せ、つまみを出せとやっていたのですから、まさにマッチポンプそのもの。規制緩和は利用者や業界のためでなく、官僚の官僚による官僚のための政策だった? と疑いたくもなりますね。

■iPhone
ソフトバンクに勤める先輩に言われて使い始めて早3カ月。まだ、持っている人が少ないので、どこへ行ってもモテモテですよん。「へ~、iPhone持ってるんだぁ。ちょっと見せて見せて…」「おもしろいっすねぇ、これ…」「ひゃ~、こんなこともできるんだぁ」などなど。ちょっと鼻が高いです。でも、それ以上でも、それ以下でもありません。(なにしろ、全然、使いこなせていないもんで)

■北京オリンピック
あれ、これ今年の出来事だったんですね。すっかり忘却の彼方に……。

■グーグル・ストリート・ビュー
プライバシー侵害だとか犯罪に利用されるだとか、いろいろ批判はありますが、あのカメラを付けた車を津々浦々に走らせるというアナログぶりには脱帽です。まさに平成の伊能忠敬。グーグルさんには、この調子で世界の紛争地帯からアフリカの砂漠まで、地球上のありとあらゆる場所を走ってもらいたい。そして、端からどんどん更新していくべきです。それにどんな意味があるかわからんが。始めた以上は、最後までやり遂げる。途中で投げ出さない。中途半端に止めるなら、最初からやらない。だよね。

■事故米
まず、この「事故米」という言い方が気に入らない。正確に言えば「汚染米」でしょう。こういう言葉のごまかしに長けているのが官僚です。ダマされてはいけません。最初、聞いたときは、米が交通事故にでもあったのかと思いましたよ(おバカ?)。しかし、農薬に汚染されたお米を「三笠フーズ」という食品会社に「食品として使ってはいけません」と言って売っていた、なんてバカな話がどこにあるでしょう。だいたい、三笠フーズは「フーズ」じゃないですか。農水官僚はバカではないので、すべて知った上で「犯行」に及んだとしか思えません。そこには相当な甘い汁があったはず。解明が待たれます。

■自民党総裁選
ねぇ、思惑どおり5人も出馬して盛り上がって、テレビや新聞にも「自民党」が散々露出して、民主党の扱いがどんどん小さくなって。そうして筋書きどおりに麻生さんが総裁に選ばれて、所信表明演説で民主党代表の小沢さんにケンカ売って、国会の冒頭で果敢に解散に打って出て、国民的な麻生人気で快勝して、連立仲間の公明党も大喜びで……アレ? どこでシナリオ狂ったかな。

■パナソニック誕生
この不景気に大枚はたいてサンヨー電機を買って(まだ買ってないか)、テレビCMもばんばん打って。私なんざぁ、あまりに頻繁にCMが流れてるんで、ついつられて冷蔵庫買っちゃいましたよ(470Lのやつ)。やっぱり宣伝は4マス(新聞、雑誌、テレビ、ラジオ)です。こういうお客さんがいるうちはね。

■文民統制
いやぁ、田母神さんの一件でしょ。あれは「文民統制」以前の問題ですよ。軍事ジャーナリストの田岡俊次さんが、「あの一件の最大の問題は、自衛隊の指揮官があれほど無能だということが他国にバレてしまったことだ」とおっしゃってましたが、まったくその通りです。軍隊の指揮官は錯綜する情報を読み解き、場面場面に応じた柔軟で的確な判断が要求されます。田母神さんの一連の行動や発言、そしてあの論文を読む限り、とてもじゃないけど軍の指揮をまかせられる人ではないな、と。一例だけあげると、田母神さんは防衛省を辞めさせられるハメになって、「これじゃあ北朝鮮と同じだ」という趣旨の発言をしたとされていますが、かの国で軍幹部が国の方針に反する発言をしたら、辞職どころで済みませんよ。北朝鮮に対する認識が甘すぎます。

■内定取り消し
人は単なる労働力やモノではありません。それぞれがそれぞれの人生を持ち、幸福を追求している生き物です。そのことが理解されていたからこそ、かつての日本の経営者は不景気になっても雇用に手をつけるのは最後の最後にしていたはずです。それがいまの日本の経営者は、真っ先に人件費に手をつける。しかも「切りやすい」新入社員や非正規雇用から。企業が厳しいことはわかります。でも、まずやるべきことをすべてやった結果の「内定取り消し」だとは、とうてい思えないのです。

■定額給付金
うちは子どもが3人いるので家族5人で合計8万4000円。けっこうなボーナスです。早く寄越せよと思っていたら、2次補正は年明けに先送り。しかも、来年になっても麻生政権が続いているかどうかで、本当に配られるかは微妙かも。しかし、誰しもお金はもらって嬉しいものでしょうが、こんな政策で支持率がアップすると本気で思っていたのでしょうか。あのお方は。マンガみたいな話です。

>>前編を読む!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/4018

コメント (4)

 赤旗で2か月以上前に出た記事ですが、編集長氏はご存じないのでしょうか?

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-10-25/2008102501_01_0.html
「事故米 「極力主食用に」
農水省が通知していた
売却方法も定める
紙議員入手

 残留農薬やカビなどが混入した(輸入)汚染米転売問題で、農水省が「事故米穀」(汚染米)を「主食用」として売却することを容認していたことが二十四日までにわかりました。同省が日本共産党の紙智子参院議員に提出した総合食料局長通知「物品(事業用)の事故処理要領」に明記されていました。三笠フーズなどによる汚染米の食用転売は、同省の方針にそったものだった疑惑が浮上しました。(以下略)」

会社は人を、また人材を、リースした品物としか思っていないのでしょうか。
あまったらそのぶん返せばいいだけと…
しかも、派遣切りや内定取り消しをした企業にはお金(内部留保)がまだまだ残っているというではないですか!
今の時代の会社が置かれている状況は、金銭も有り余りウハウハで、表面的にはそれでいいのかもしれません。
しかし未来を担う人材を確保し、育てていかなければ、いずれ人材不足になり、技術面で遅れをとり、間違いなく競争に負けると思うのです。
人があっての技術の進歩、人があっての販売促進です。
そのことを経営者はどう思っているのでしょうか。
長期的な経営計画というのをどうお考えのつもりなのでしょうか。

事故米の被害って,単に食べてしまっただけではナイかも知れません.

ネットニュースに流れていた
"アナフィラキシーショック"っていうのはきっとご存じですね.
(確かタレントさんが入院ってあった…)
過去に"アレルギー"って言う言葉は,単なる"好き嫌い"として使われていたみたいですが,そうでは無くって,命に係わる"ショック症状"を引き起こします.

わたし自身も"えび"のアレルギーがあって,高校生の頃にそうとは知らず,
"アナフィラキシーショック"を身をもって知りました.

最近,ご飯にアレルギー症状を起こす子供達が増えているそうです.
これはもしかすると,"事故米"を食べて育ったために引き起こされているのではないかと思うのですが…確証はどこにもありません.

でも,なにも無いと否定は出来ないと思います.

KYという言葉が流行りました。今年流行らないかなと思っている言葉はJYです。
意味は二つあります。
一つ目は「状況読めない」
二つ目は「時代読めない」
空気が読めてもJYだったら駄目でしょう。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

山口一臣(やまぐち・かずおみ)

-----<経歴>-----

1961年東京生まれ。早稲田大学第一文学部卒。ゴルフダイジェスト社勤務を経て、89年朝日新聞社入社。高校時代から愛読していた『朝日ジャーナル』編集部に配属され、あこがれの「ファディッシュ考現学」(田中康夫)を担当するも3年で休刊の憂き目に。『週刊朝日』へ異動し、事件&事件の日々を送る。その後、何を血迷ったのか広島の公教育問題で日教組を徹底批判し、「朝日なのに産経と論調が同じ」と物議をかもす。9.11テロ直後のニューヨーク、パキスタンを取材。米軍によるアフガニスタン市民への誤爆を伝えまくる。デスク時代に北朝鮮拉致被害者関連の記事で下手を打ち、『週刊文春』に叩かれ、副編集長を解任、更迭される(停職10日の処分付き)。その後、広報部へ配属されるが約半年でお払い箱。百科編集部で子ども向け週刊科学誌『かがくる』の創刊などに携わり、05年5月から再び副編集長、同年11月から、『週刊朝日』第41代編集長に。85年にわたる『週刊朝日』の歴史で中途採用者が編集長になるのは、これが初めて。

-----<出演>-----

『スーパーモーニング』
(テレビ朝日系、8:00~)

『愛川欽也 パックインジャーナル』
(朝日ニュースター、毎月第1土曜)

『大竹まこと ゴールデンラジオ』
(文化放送、毎週火曜・5月8日から)

『週刊朝日編集長登場』
(asahi.ポッドキャスト)

BookMarks

週刊朝日 談[DAN]
http://www.wa-dan.com/

好評発売中!
↓ ↓ ↓

詳細はコチラ

只今発売中!
↓ ↓ ↓

詳細はコチラ

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.