« 2008年11月 | メイン | 2009年1月 »

2008年12月30日

ダメだめ編集長の2008年日誌(前編)

■メタミドホス
最初聞いたときは「痛み止めッス」(イタミドメッス)かと思いましたよ。でも、いまでは日本中で知らない人はいないほどの超有名農薬(殺虫剤)に……。日本では使用禁止です。

■橋下徹大阪府知事
とにかく、この人の人気には驚きます。以前、テレビ(スーパーモーニング)で橋下さんとバトルになったことがあって、視聴者からはまるで2人がケンカしているように見えたらしく、テレビ局には「早くあの男(私のこと)をやめさせろ」っていう電話が殺到したらしい(爆)。さらに、番組が終わって編集部へ戻ると、なんと編集部へも抗議の電話が入っていたんです。人気者を相手にすると、恐いなぁと。そんな橋下さんもアッと言う間に大阪府知事に。いろいろ物議をかもしているようですが、大阪府民の圧倒的な支持で勝ったのだから、しがらみにとらわれず思い通りにガンガンやって欲しいです。

■名ばかりの管理職
いまどき「管理職にしてやるから」と言われて喜ぶ従業員はいませんよ。かしこいサラリーマンは決して責任ある役職につかず、リストラに対抗するため、日頃から会社の機密情報や役員のスキャンダルをためこんでおくのです。そしてもし、万一のときは週刊朝日にタレ込んでください(爆)。いつでも受付いたします。

■ロス疑惑
「ロス疑惑」と「ロス巡業」。ロスにはどうも「闇」がつきまとうようで……。
「週刊文春」の連載「疑惑の銃弾」から24年、当時の加熱報道がその後、名誉棄損訴訟の山になったことは周知のとおり。三浦和義さんは日本で無罪判決を受けた人。それがなぜ、いま??? いくつもの疑問符の謎が解けないまま、最後は三浦さんの自殺という衝撃的な幕切れになりました。面白かったのは、加熱報道当時、一線で取材していた先輩OBから続々と情報・助言がもたらされたこと。「あの時は詰めきれなかったんだけど、こんな話が…」「まだ生きていればだけど、こんな人物がね…」。編集部に居るだけで、勝手に集まってくるのです。何年経っても、あいかわらず記者魂をかき立てる事件だったことは間違いないようです。

■ガソリン税
政府がいかにインチキな存在であるかを教えてくれた一件でした。そもそもガソリン1リッターあたり約50円も税金を取られていたなんて。しかも、その半分の約25円は「暫定税」といいながら、かれこれ30年以上もとり続けているのです。「暫定」を広辞苑で引くと、「本式に決定せず、しばらくそれと定めること。臨時の措置」とあります。では、「臨時」はどうかというと「定期のものでなく、その時その時の必要によって行うこと」とあります。ちなみに、10年足らずに廃止になった「恒久減税」の「恒久」は、「久しくかわらないこと。永久」という意味です。日本の総理は漢字を読めず、官僚は辞書も引けないようですね。

■taspo(タスポ)
使ってる人、見たことありませんね、まだ。子どものころ、親父に言われてタバコを買いに行ってお駄賃をもらっていた身としては、こんなことまでしてタバコを売らなきゃいけないんかい、と正直、思いますけどね。

■後期高齢者医療制度
僚誌アエラが今年創刊20周年で、尾木和晴編集長が「人間でいえば成人式」と挨拶するので、創刊86年目に入った週刊朝日は、「人間でいえばとっくに後期高齢者です」と、いつもネタに使わせてもらっています(笑い)。それにしても、いくらお役所言葉とはいえ「後期高齢者」とは失礼な言い方ですね。制度そのものもさることながら、こういうモノの言い方には高齢者でなくとも怒りを感じます。人間、誰しも歳をとるもので、いつかは必ず高齢者になる。この当たり前のことに想像力が働いていれば、こんな言葉は絶対に出てこないはず。歳をとればとるだけ安心できる、そんな社会が理想では。

■メタボリック症候群
ン? 俺のこと?
ちょっと気が緩むとすぐリバウンド。なかなか「恒久減量」とはいきません。

■蟹工船ブーム
「プロレタリア文学=『蟹工船』=小林多喜二」。高校入試の暗記モノが現実社会で甦りました。でもこのブーム、日本共産党の党員が何十年かぶりに増え始めたという現象と併せて一過性のものだとは思えません。市場原理主義、暴走資本主義のなれの果てがリーマンショックとそれに続く雇用不安だったわけで、『蟹工船』が若者に読まれ始めたのはその予兆だったのではないでしょうか。「資本家と労働者」「搾取」「過剰生産」といった資本主義理解のキーワードを改めて勉強するいい機会にもなりました。目端の利く出版社がさっそくマンガ版を出しています。マンガなら麻生首相も読めるでしょうから、ぜひ読んで、考えてもらいたいものです。

■船場吉兆
吉兆にあんなにいろんな種類があるなんて、事件が起きるまで知りませんでしたよ。船場吉兆はその種類のひとつだそうで。一連の「偽装事件」で私たちが学ぶべきは、ブランドや看板を安易に信じてはいけないということ。値段が高い店はおいしいお店が多いかもしれないけれど、インチキも混ざっているということです。インチキな店に高いカネを払うくらいなら、安く出うまい店を探したほうが懸命なわけで。いずれにしても、ブランドや看板にダマされない、自分自身の価値判断が大切な時代になったようです。

>>後編に続く!

ダメだめ編集長の2008年日誌(後編)

■秋葉原無差別殺傷事件
このところ頻発する刹那的な事件でずっと気になっていたのが、容疑者の多くに「20代無職」という共通点があることでした。新自由主義的な考え方がもてはやされ、日本の伝統だった終身雇用制が崩れたことが、何らかの影響を与えているのではないか、と。アキバ事件の原因がそれだけでないことは十分承知していますが、それでも大きなウエイトを占めていることは間違いないでしょう。雇用の不安は治安の悪化、社会不安につながります。企業経営者にとっては、正社員を雇うより非正規雇用のほうが安上がりで「いつでも切れる」という安易な発想なのでしょうが、そのことがめぐり巡って治安維持のコスト増につながる可能性があるわけです。こうしている間にも実体経済は悪くなる一方で、雇用がどんどん失われている。私たちは、この事件から得た教訓を忘れてはいけないと思います。

■居酒屋タクシー
「居酒屋タクシー」とは、よく考えましたね。ハイ、座布団一枚! タクシー業界は規制緩和で台数が増え、熾烈な営業合戦になっています。個人タクシーが上客を確保するため飲食など「車内接待」を始めたのはそのためです。霞が関の官僚はそれを利用して、やれ酒を出せ、つまみを出せとやっていたのですから、まさにマッチポンプそのもの。規制緩和は利用者や業界のためでなく、官僚の官僚による官僚のための政策だった? と疑いたくもなりますね。

■iPhone
ソフトバンクに勤める先輩に言われて使い始めて早3カ月。まだ、持っている人が少ないので、どこへ行ってもモテモテですよん。「へ~、iPhone持ってるんだぁ。ちょっと見せて見せて…」「おもしろいっすねぇ、これ…」「ひゃ~、こんなこともできるんだぁ」などなど。ちょっと鼻が高いです。でも、それ以上でも、それ以下でもありません。(なにしろ、全然、使いこなせていないもんで)

■北京オリンピック
あれ、これ今年の出来事だったんですね。すっかり忘却の彼方に……。

■グーグル・ストリート・ビュー
プライバシー侵害だとか犯罪に利用されるだとか、いろいろ批判はありますが、あのカメラを付けた車を津々浦々に走らせるというアナログぶりには脱帽です。まさに平成の伊能忠敬。グーグルさんには、この調子で世界の紛争地帯からアフリカの砂漠まで、地球上のありとあらゆる場所を走ってもらいたい。そして、端からどんどん更新していくべきです。それにどんな意味があるかわからんが。始めた以上は、最後までやり遂げる。途中で投げ出さない。中途半端に止めるなら、最初からやらない。だよね。

■事故米
まず、この「事故米」という言い方が気に入らない。正確に言えば「汚染米」でしょう。こういう言葉のごまかしに長けているのが官僚です。ダマされてはいけません。最初、聞いたときは、米が交通事故にでもあったのかと思いましたよ(おバカ?)。しかし、農薬に汚染されたお米を「三笠フーズ」という食品会社に「食品として使ってはいけません」と言って売っていた、なんてバカな話がどこにあるでしょう。だいたい、三笠フーズは「フーズ」じゃないですか。農水官僚はバカではないので、すべて知った上で「犯行」に及んだとしか思えません。そこには相当な甘い汁があったはず。解明が待たれます。

■自民党総裁選
ねぇ、思惑どおり5人も出馬して盛り上がって、テレビや新聞にも「自民党」が散々露出して、民主党の扱いがどんどん小さくなって。そうして筋書きどおりに麻生さんが総裁に選ばれて、所信表明演説で民主党代表の小沢さんにケンカ売って、国会の冒頭で果敢に解散に打って出て、国民的な麻生人気で快勝して、連立仲間の公明党も大喜びで……アレ? どこでシナリオ狂ったかな。

■パナソニック誕生
この不景気に大枚はたいてサンヨー電機を買って(まだ買ってないか)、テレビCMもばんばん打って。私なんざぁ、あまりに頻繁にCMが流れてるんで、ついつられて冷蔵庫買っちゃいましたよ(470Lのやつ)。やっぱり宣伝は4マス(新聞、雑誌、テレビ、ラジオ)です。こういうお客さんがいるうちはね。

■文民統制
いやぁ、田母神さんの一件でしょ。あれは「文民統制」以前の問題ですよ。軍事ジャーナリストの田岡俊次さんが、「あの一件の最大の問題は、自衛隊の指揮官があれほど無能だということが他国にバレてしまったことだ」とおっしゃってましたが、まったくその通りです。軍隊の指揮官は錯綜する情報を読み解き、場面場面に応じた柔軟で的確な判断が要求されます。田母神さんの一連の行動や発言、そしてあの論文を読む限り、とてもじゃないけど軍の指揮をまかせられる人ではないな、と。一例だけあげると、田母神さんは防衛省を辞めさせられるハメになって、「これじゃあ北朝鮮と同じだ」という趣旨の発言をしたとされていますが、かの国で軍幹部が国の方針に反する発言をしたら、辞職どころで済みませんよ。北朝鮮に対する認識が甘すぎます。

■内定取り消し
人は単なる労働力やモノではありません。それぞれがそれぞれの人生を持ち、幸福を追求している生き物です。そのことが理解されていたからこそ、かつての日本の経営者は不景気になっても雇用に手をつけるのは最後の最後にしていたはずです。それがいまの日本の経営者は、真っ先に人件費に手をつける。しかも「切りやすい」新入社員や非正規雇用から。企業が厳しいことはわかります。でも、まずやるべきことをすべてやった結果の「内定取り消し」だとは、とうてい思えないのです。

■定額給付金
うちは子どもが3人いるので家族5人で合計8万4000円。けっこうなボーナスです。早く寄越せよと思っていたら、2次補正は年明けに先送り。しかも、来年になっても麻生政権が続いているかどうかで、本当に配られるかは微妙かも。しかし、誰しもお金はもらって嬉しいものでしょうが、こんな政策で支持率がアップすると本気で思っていたのでしょうか。あのお方は。マンガみたいな話です。

>>前編を読む!

Profile

山口一臣(やまぐち・かずおみ)

-----<経歴>-----

1961年東京生まれ。早稲田大学第一文学部卒。ゴルフダイジェスト社勤務を経て、89年朝日新聞社入社。高校時代から愛読していた『朝日ジャーナル』編集部に配属され、あこがれの「ファディッシュ考現学」(田中康夫)を担当するも3年で休刊の憂き目に。『週刊朝日』へ異動し、事件&事件の日々を送る。その後、何を血迷ったのか広島の公教育問題で日教組を徹底批判し、「朝日なのに産経と論調が同じ」と物議をかもす。9.11テロ直後のニューヨーク、パキスタンを取材。米軍によるアフガニスタン市民への誤爆を伝えまくる。デスク時代に北朝鮮拉致被害者関連の記事で下手を打ち、『週刊文春』に叩かれ、副編集長を解任、更迭される(停職10日の処分付き)。その後、広報部へ配属されるが約半年でお払い箱。百科編集部で子ども向け週刊科学誌『かがくる』の創刊などに携わり、05年5月から再び副編集長、同年11月から、『週刊朝日』第41代編集長に。85年にわたる『週刊朝日』の歴史で中途採用者が編集長になるのは、これが初めて。

-----<出演>-----

『スーパーモーニング』
(テレビ朝日系、8:00~)

『愛川欽也 パックインジャーナル』
(朝日ニュースター、毎月第1土曜)

『大竹まこと ゴールデンラジオ』
(文化放送、毎週火曜・5月8日から)

『週刊朝日編集長登場』
(asahi.ポッドキャスト)

BookMarks

週刊朝日 談[DAN]
http://www.wa-dan.com/

好評発売中!
↓ ↓ ↓

詳細はコチラ

只今発売中!
↓ ↓ ↓

詳細はコチラ

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.