Calendar

2007年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Comments

小沢一郎が「起訴相当」となった理由
市川 良 06/05
匿名 06/06
匿名 06/06
市川 良 06/07
馬鹿につける薬はない 06/07
06/07
06/07
06/07
06/07
仙田 M 06/14

Recent Trackbacks

« 2007年7月 | メイン | 2008年4月 »

2007年8月 2日

惨敗の原因を理解できない安倍首相

 自民党が大敗したのは、国民の多くが総裁安倍晋三に「NO」を突きつけたからにほかならない。しかし、安倍はそれが理解できないでいるという。なぜ自分が嫌われているのか、なぜマスコミが自分を批判するのか。
 
 安倍周辺の話によれば、安倍は「こんな短期間にこれだけ多くの重要法案を通し、国民のために尽くした総理はいないのに、国民は理解してくれない。マスコミの報道に問題がある」と本気で思っているらしい。

 安倍晋三は空気が読めない---。自民党が敗退した最大の原因がこれだと思う。

 安倍の街頭演説を聞いた。現職の総理大臣の登場にもかかわらず、わざわざ足を止めて聴き入る人はほとんどいない。街行く人に安倍の言葉はまったく届いていなかった。

 内容も内容だ。

「労働組合に牛耳られた民主党はいつも反対ばかりです。公務員制度改革にも、社会保険庁の改革にも反対なんです……」

 国民が聞きたいのは、こんな野党批判であるわけがない。安倍は、国民がいま何に困っていて、どこに不満があり、誰に怒りを感じているかをまるで理解していなかった。
 
 単なる想像力の欠如なのか? それは、結局のところ安倍の出自に由来しているのではないか。世の中には安倍と同質の人間ばかりが暮らしているわけではない。それを、安倍は経験として知らないのではないか。そうでなければ、あのKYぶりを説明できない。


週刊朝日8月10日号(8月1日発売!)

00008272_c_syukan20070810.jpg

Profile

山口一臣(やまぐち・かずおみ)

-----<経歴>-----

1961年東京生まれ。早稲田大学第一文学部卒。ゴルフダイジェスト社勤務を経て、89年朝日新聞社入社。高校時代から愛読していた『朝日ジャーナル』編集部に配属され、あこがれの「ファディッシュ考現学」(田中康夫)を担当するも3年で休刊の憂き目に。『週刊朝日』へ異動し、事件&事件の日々を送る。その後、何を血迷ったのか広島の公教育問題で日教組を徹底批判し、「朝日なのに産経と論調が同じ」と物議をかもす。9.11テロ直後のニューヨーク、パキスタンを取材。米軍によるアフガニスタン市民への誤爆を伝えまくる。デスク時代に北朝鮮拉致被害者関連の記事で下手を打ち、『週刊文春』に叩かれ、副編集長を解任、更迭される(停職10日の処分付き)。その後、広報部へ配属されるが約半年でお払い箱。百科編集部で子ども向け週刊科学誌『かがくる』の創刊などに携わり、05年5月から再び副編集長、同年11月から、『週刊朝日』第41代編集長に。85年にわたる『週刊朝日』の歴史で中途採用者が編集長になるのは、これが初めて。

-----<出演>-----

『スーパーモーニング』
(テレビ朝日系、8:00~)

『愛川欽也 パックインジャーナル』
(朝日ニュースター、毎月第1土曜)

『大竹まこと ゴールデンラジオ』
(文化放送、毎週火曜・5月8日から)

『週刊朝日編集長登場』
(asahi.ポッドキャスト)

BookMarks

週刊朝日 談[DAN]
http://www.wa-dan.com/

好評発売中!
↓ ↓ ↓

詳細はコチラ

只今発売中!
↓ ↓ ↓

詳細はコチラ

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.