Calendar

2007年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Recent Comments

« 檀れいさんとツーショット
メイン
おとといの続き... »

毎日新聞から抗議文

またまた更新があいてしまいました。

ごめんなさい。

例によって、いろいろトラブル処理に追われてました(爆)。

もっとも新しいトラブルは、毎日新聞からの抗議文です。

抗議文を受け取るのはさすがに慣れっこになっていますが、今回の抗議は、かなり「激烈」でした。

ことの発端は、週刊朝日の先週号(7月20日号)に掲載した記事です。

内容は、毎日新聞が3月に「世界的スクープ」と報じた、「幻のレンブラントは発見された」という記事が、実はインチキだったという話です。

中吊り広告の見出しに、「毎日新聞『幻のレンブラント』でたらめ報道」とつけたところ、先方から激怒ファックスが送られてきたというわけです。

詳しくは、ぜひ記事を読んで欲しいのですが、要はこういう話です。

レンブラントは言わずと知れたオランダを代表する画家です。

毎日新聞の「スクープ」とは、そのレンブラントが描いたと思われる作品を大阪の「会社社長」が所蔵していることがわかった、というもので、3月16日付の同紙大阪版の1面トップを飾った記事です。

大阪で「発見」された作品は「黄金の兜の男」というもので、「会社社長」が父親の遺品を整理しているときに「見つかった」と、毎日新聞の記事には書いてありました。

この「黄金の兜の男」は、ベルリンの国立絵画館にもありますが、レンブラント本人の作品でないことが結論づけられているといいます。

そんなものがホントに日本で見つかったとしたら、それは確かにスゴイスクープだと思います。

しかし……。
(ごめんなさい。ちょっと時間がなくなりました。続きは明日描きます)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/3999

コメント (1)

アーチストの内心事情をいうと作品にサインする時いつも同じサイン体で書くことに嫌になり違う書き方でサインを入れることがよくある ペンと絵の具筆 下敷きの柔らかさ 材質など 時々左手で描いたりもする そういうことで表現体が違ってくる 後世美術鑑定家がサインが違うといってニセモノになることがあるのではないか しかも作風も作家やっているとなじみの作風にあきてちがう表現をしてマンネリを把握しようとココロミ それも作風が違うと後世鑑定されニセモノ扱いになっている世界の名画がかなりあると感じている 描いた本人しかわかりしれないことを 後世鑑定家が見たことのようにいえることがおかしい けっこうアーチストはギャグでへたに描いたりして笑っている

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

山口一臣(やまぐち・かずおみ)

-----<経歴>-----

1961年東京生まれ。早稲田大学第一文学部卒。ゴルフダイジェスト社勤務を経て、89年朝日新聞社入社。高校時代から愛読していた『朝日ジャーナル』編集部に配属され、あこがれの「ファディッシュ考現学」(田中康夫)を担当するも3年で休刊の憂き目に。『週刊朝日』へ異動し、事件&事件の日々を送る。その後、何を血迷ったのか広島の公教育問題で日教組を徹底批判し、「朝日なのに産経と論調が同じ」と物議をかもす。9.11テロ直後のニューヨーク、パキスタンを取材。米軍によるアフガニスタン市民への誤爆を伝えまくる。デスク時代に北朝鮮拉致被害者関連の記事で下手を打ち、『週刊文春』に叩かれ、副編集長を解任、更迭される(停職10日の処分付き)。その後、広報部へ配属されるが約半年でお払い箱。百科編集部で子ども向け週刊科学誌『かがくる』の創刊などに携わり、05年5月から再び副編集長、同年11月から、『週刊朝日』第41代編集長に。85年にわたる『週刊朝日』の歴史で中途採用者が編集長になるのは、これが初めて。

-----<出演>-----

『スーパーモーニング』
(テレビ朝日系、8:00~)

『愛川欽也 パックインジャーナル』
(朝日ニュースター、毎月第1土曜)

『大竹まこと ゴールデンラジオ』
(文化放送、毎週火曜・5月8日から)

『週刊朝日編集長登場』
(asahi.ポッドキャスト)

BookMarks

週刊朝日 談[DAN]
http://www.wa-dan.com/

好評発売中!
↓ ↓ ↓

詳細はコチラ

只今発売中!
↓ ↓ ↓

詳細はコチラ

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.