Calendar

2007年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Comments

檀れいさんとツーショット
kichi 06/26
A亭 06/27
A亭 06/27
つば九郎 11/26

« 週刊ポストのスクープその後
メイン
毎日新聞から抗議文 »

檀れいさんとツーショット

画像の確認

今週の週刊朝日の表紙はちょっとおもしろいので見てください。

元宝塚女優の檀れいさんに登場いただいているのですが、なんと、目をつぶったままなのです。

他誌の編集部にも聞いてみましたが、表紙のモデルが目をつぶっているというのは、前代未聞なんだそうです。

ところが雑誌をひっくり返すと、目をパッチリと開けた檀れいさんがニッコリ……。(^_^)

実はこれ、サントリーとのタイアップなんです。

新発売のビール飲料「金麦」のCMに檀さんが起用されたことをきっかけに、うちの広告部と編集部が協力して、こんなおバカな企画を考えたしだい。

実際、印刷会社(凸版)の担当者から、「これは表紙と裏表紙の写真が逆さまですよ」と連絡が入ったほど(爆)。

まあ、編集部としては何か話題になるおもしろいことをやろう、という目論みで考えた企画です。

ついでに、裏表紙をめくると、檀さんと私のツーショット写真が……。

一応、広告対談ってことになってますが、ちょっとヤリ過ぎかな?

ぜひ、ご覧いただけると嬉しいです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/3998

コメント (4)

なんとなく他の週刊誌と比べて遊び心が垣間見えるのが週刊朝日の良いところですよね。
今後も期待しております。

表紙をCMで構成するともうかる そしてその金で権力のタクラミをアバク このアイデア料の私へのペイは10%でいいからな

前文では後尻だったので 表紙にスポンサーのバーナーを入れるような見せ方

あの企画で僕は初めて檀さんを知り、一発でノックアウトされた。表拍子をめくったところにも金麦の広告がついてましたよね。
編集長とのツーショットは正直激しく嫉妬しました。(笑)
「こんなの編集長の権力の乱用だ!」
そう心の中で何度叫んだことか。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

山口一臣(やまぐち・かずおみ)

-----<経歴>-----

1961年東京生まれ。早稲田大学第一文学部卒。ゴルフダイジェスト社勤務を経て、89年朝日新聞社入社。高校時代から愛読していた『朝日ジャーナル』編集部に配属され、あこがれの「ファディッシュ考現学」(田中康夫)を担当するも3年で休刊の憂き目に。『週刊朝日』へ異動し、事件&事件の日々を送る。その後、何を血迷ったのか広島の公教育問題で日教組を徹底批判し、「朝日なのに産経と論調が同じ」と物議をかもす。9.11テロ直後のニューヨーク、パキスタンを取材。米軍によるアフガニスタン市民への誤爆を伝えまくる。デスク時代に北朝鮮拉致被害者関連の記事で下手を打ち、『週刊文春』に叩かれ、副編集長を解任、更迭される(停職10日の処分付き)。その後、広報部へ配属されるが約半年でお払い箱。百科編集部で子ども向け週刊科学誌『かがくる』の創刊などに携わり、05年5月から再び副編集長、同年11月から、『週刊朝日』第41代編集長に。85年にわたる『週刊朝日』の歴史で中途採用者が編集長になるのは、これが初めて。

-----<出演>-----

『スーパーモーニング』
(テレビ朝日系、8:00~)

『愛川欽也 パックインジャーナル』
(朝日ニュースター、毎月第1土曜)

『大竹まこと ゴールデンラジオ』
(文化放送、毎週火曜・5月8日から)

『週刊朝日編集長登場』
(asahi.ポッドキャスト)

BookMarks

週刊朝日 談[DAN]
http://www.wa-dan.com/

好評発売中!
↓ ↓ ↓

詳細はコチラ

只今発売中!
↓ ↓ ↓

詳細はコチラ

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.