Calendar

2007年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 憲法記念日
メイン
ザ・ウィンザーホテル洞爺 »

安倍首相(の秘書)に訴えられました!

先週、いろいろなところで報道されたので、ご存じの方も多いと思いますが、安倍首相の秘書が訴えてきたようです。

「ようです」というのは、まだ訴状が着いていないからです。

いろいろ準備があって、またブログ書けませんでした。

ごめんなさい。m(__)m

は~。

ということで、この件についても触れたいのですが、今日のところは、とりあえずは「訴状が到着してから……」という定番のコメントでご勘弁ください。

方針等が決まったたころで、ブログでもご報告したいと思います。

しかし、週刊誌というメディアは、どうしても「訴訟」と無縁ではあり得ません。

じつは、きのうあるところで飲み会があったのですが、いくつかの雑誌の編集長さんが来ていました。

話題が「訴訟」の話になって、「ところで、みんなどれくらいアル?」と聞いたところ、「うちは3つ」「うちは4つかな?」てな感じでしたが、週刊現代の加藤さんは、「うちは40いくつだ、ガハハ(笑い)」と豪快に言ってました。

これは、一連のJRもの関連の訴訟で、加藤さんによると、「順調に勝ち進んでいる」とのこと。その他をあわせると勝率7割くらいだそうです。

いわゆるメディアに対する名誉棄損訴訟は、

(1)真実相当性=つまり、記事に書いてあることが真実か、あるいは、記者が真実であると信じるに足る相当な理由があったか、

(2)公共公益性があるかどうか、

の2点を、訴えられた側が立証しなければいけません。

記事に公共公益性があり、しかも書いてあることが真実ならば、メディア側の「勝ち」ということになります。

ちなみに、週刊朝日は、私が編集長になってから8回判決があり、すべて全面勝訴でした。(^○^)

8連勝で記録更新中です(たまたまですが)。

現在抱えている訴訟は、3件です。

もちろん、なるべくなら訴訟に至らないところで、話し合い等で解決できればいちばんいいのですが、不調で、訴えられるのは、宿命ですね。

ぼくは、編集部のみんなには、常々「訴訟を恐れるな」と言っています。

万が一、訴えられても、きちんとした取材をしていれば、恐れなくていい、という意味です。

ま、でも訴えられないに越したことはないのですが……。(いろいろエネルギーも使うしね)(^^ゞ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/3988

コメント (1)

今日の国会で日本青年会議所が靖国側から思想誘導のPRーDVDを希望する学校におろして生徒を染めているむね 共産党が安倍氏に質問していた 安倍氏の返答は特定の考え方を日本国はおしつけないポリシーのむね 答えていたが 安倍氏の言動と活動は一致していると思う人はしあわせですかな

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

山口一臣(やまぐち・かずおみ)

-----<経歴>-----

1961年東京生まれ。早稲田大学第一文学部卒。ゴルフダイジェスト社勤務を経て、89年朝日新聞社入社。高校時代から愛読していた『朝日ジャーナル』編集部に配属され、あこがれの「ファディッシュ考現学」(田中康夫)を担当するも3年で休刊の憂き目に。『週刊朝日』へ異動し、事件&事件の日々を送る。その後、何を血迷ったのか広島の公教育問題で日教組を徹底批判し、「朝日なのに産経と論調が同じ」と物議をかもす。9.11テロ直後のニューヨーク、パキスタンを取材。米軍によるアフガニスタン市民への誤爆を伝えまくる。デスク時代に北朝鮮拉致被害者関連の記事で下手を打ち、『週刊文春』に叩かれ、副編集長を解任、更迭される(停職10日の処分付き)。その後、広報部へ配属されるが約半年でお払い箱。百科編集部で子ども向け週刊科学誌『かがくる』の創刊などに携わり、05年5月から再び副編集長、同年11月から、『週刊朝日』第41代編集長に。85年にわたる『週刊朝日』の歴史で中途採用者が編集長になるのは、これが初めて。

-----<出演>-----

『スーパーモーニング』
(テレビ朝日系、8:00~)

『愛川欽也 パックインジャーナル』
(朝日ニュースター、毎月第1土曜)

『大竹まこと ゴールデンラジオ』
(文化放送、毎週火曜・5月8日から)

『週刊朝日編集長登場』
(asahi.ポッドキャスト)

BookMarks

週刊朝日 談[DAN]
http://www.wa-dan.com/

好評発売中!
↓ ↓ ↓

詳細はコチラ

只今発売中!
↓ ↓ ↓

詳細はコチラ

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.