メイン

ニュースレター アーカイブ

2008年9月22日

ニュースレター第19号「歴史を塗り替える米大統領選」

久しぶりのニュースレターの発行で申し訳ありません。
今、このファイルをアップロードできませんので、申し訳ありませんがリンクから入ってください。

今回のテーマは大統領選であり、改めてその特徴と見どころを整理しました。

アメリカは大恐慌以来の金融危機を迎え、今後の経済情勢は不透明です。
一方で大統領選挙まであと40日余りとなり、どちらの候補者がこの問題に的確に対応できるのか、
26日から始まる大統領討論会に大きな関心が集まります。
どうやら日米同時期選挙の様相であり、日米共に選挙の行方に目が離せませんね。

皆様のご意見、ご感想を賜れば幸甚です。

2008年8月 8日

オリンピックと政治(ニュースレター第18号)

北京オリンピックがいよいよ始まりました。

ニュースレターは米中関係シリーズの第3弾として、ワシントンにおける中国のプレゼンス、そして米中関係の日米関係への影響がテーマです。

早速コメントをいただきましたが、かつての東京やソウルがそうであったように、アジアでのオリンピックは常に「ポリティカル」であり「経済成長」の転機です。

中国はこれを機にさらに経済的に発展すると思われますが、一方で経済成長共に「民主主義」のうねりが高まるのがオリンピックです。中国政府にとってオリンピックは惹きつけられる「魔物」であり、「両刃の剣」となりかねません。しかしもう誰にも勢いのついた「五輪列車」の動きは止められません。

Profile

若林秀樹(わかばやし・ひでき)

-----<経歴>-----

1954年東京生れ。
1976年早稲田大学商学部卒業。
1979年ミシガン州立大学院農学部修士課程終了。
現在、08年3月からワシントンにある政策シンクタンク、CSIS(戦略国際問題研究所)の客員研究員。
80年からヤマハ(株)勤務、労組役員を経て93年からワシントンの日本大使館1等書記官として政府開発援助(ODA)と日米協力を担当し米国際開発庁(USAID)から表彰を受ける。帰国後は電機総研副所長を務め、01年に民主党比例区で参議院議員に初当選。在職中は「次の内閣」経済産業大臣・財務副大臣、国際局副局長を歴任。さらにイラク、シリア、イラン等を訪問し安全保障、復興支援、核問題等幅広く国際問題に取り組む。08年はCSIS(戦略国際問題研究所)客員研究員として活動し、09年1月より非常勤客員研究員。現在、(財)日本国際フォーラム常勤参与・主任研究員。

BookMarks

-----<著書>-----


『希望立国、ニッポン15の突破口』
2006年9月、日本評論社



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.