Calendar

2009年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 鳩山民主党の自主外交とは
メイン
新たな吉田対鳩山の戦い »

日米首脳会談「信頼基礎に新たな関係を」─ 戦後史に残る一歩

(共同通信社2009年9月24日配信)

 日米の戦後史に残る歴史的な首脳会談が開催された。鳩山由紀夫氏は戦後初めての本格的な政権交代による戦後生まれの首相。一方のオバマ氏は、「チェンジ」を掲げ、一時の人気は薄れたとはいえ、期待される黒人初の米国大統領である。振り返れば、昨年11月の米大統領選挙での民主党オバマ氏の勝利は、日本でも米国のように「チェンジ」や政権交代が必要との印象を与えたことは間違いない。共に変革への期待が高い首脳として、過去に捉われない新たな日米関係の強化に期待したい。

 しかし日米の間には普天間基地の移転等様々な課題が山積している。米政府は日本の政権交代前から、民主党というよりは「在日米軍で必要なのは第7艦隊だけ」発言に象徴される小沢一郎代表(当時)に対する不信感が強かった。そして今回の総選挙で民主党は「アジア外交の強化」に加え、「緊密で対等な日米関係」の構築や在日米軍のあり方の見直し等を公約に掲げて政権交代を実現した。それだけに、現時点では期待感より警戒感が強いのが実情である。オバマ政権にとって、鳩山政権自体が「未知との遭遇」なのだ。


 両首脳は今回の会談において、日米同盟を進化させ、「核なき世界」等様々な課題に対して緊密に連携することで一致した。良好な日米関係を再構築する上で重要な第一歩を築いたと言えよう。しかし問題はこれからである。真の信頼関係を築くには、言葉だけの外交儀礼では長続きしない。両者の関係を深めることによって、お互いの政権基盤が強固になり、国益にプラスにならねばならない。

 オバマ政権は内政では医療保険改革等で保守層から批判を浴び、また安全保障ではアフガンでの対テロ戦争の成果がおもわしくなく、その支持率は4割を切った(米CNNテレビ)。だからこそ「困ったときの友こそ真の友」である。もし鳩山政権がインド洋の給油活動を止めるのであれば、それに代わる目に見える地域安定への貢献が必要だ。米国も新たな自衛隊の派遣を求めることはないであろう。しかし共に汗を流す人的な派遣を含めた民生分野での一層の貢献が必要である。

 また地球温暖化の問題で日本が温室効果ガスの90年比25%削減を国際公約したことは評価できるが、米国と事前に十分調整した形跡は見られない。この問題で米国は技術力や欧州共同体(EU)との関係で日本を頼りにしている。鳩山政権は独断専行せず、世界一、二の温室効果ガス排出国である米国を巻き込み、共に歩んでいく配慮が必要だ。

 米国は、政権交代は民主主義にとっての必然であると認識しており、日本の民主党そのものに不安がある訳ではない。自公政権下でも、3人連続で首相が1年で職を投げ出し、普天間基地等の問題を前進させることができなかった。

 もちろん日本外交の目的は日米関係を強化することではない。大切なことは、鳩山政権が世界から信用され、日本が真に影響力のある存在になれるかであり、そのためにも日米同盟の強化は必要なのである。

 鳩山政権は、日米同盟重視という基本的な枠組みを変えずに、新たな日米関係を構築できることを日本の国民、そして米政権に説得力を持って示すべきだ。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/5958

コメント (8)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 確かにオバマは国内で苦労していますね。また原文を読めば決してそうではないにしても、鳩山論文がハレーションを広げたことも事実。

 ゆえにインド洋でのガソリンスタンドの代替案を提示しなければならないことも同意です。

 しかし、一方で小沢氏の第7艦隊発言は、一面ではアメリカとしては横須賀は好きに使いたい、他の基地は時々の事情に応じて配備兵力・兵装の増減をフリーハンドで確保しておきたい、というアメリカの本音を突いたために生まれた不信感とも言えないでしょうか?
<THE JOURNAL>でもそれを裏付けるかのようなエントリーを読んだ記憶があるのですが。

 日米安保の本質は、アメリカに第一撃を含む域外戦闘を受け持ってもらう、その代わり中東でもどこでも在日米軍基地をハブにしてお好きなようにアメリカの世界戦略にお使いください、てなことだと思っているんですが、違いますでしょうか?

 いずれにせよ相互不信はよろしくありませんので、日米同盟とは何ぞや、てなことを再定義するには大賛成でありますが、できれば奇麗事ではなく、アメリカの本音を解説していただけるとありがたいです。
アメリカの対イラク戦争協力もインド洋のガソリンスタンドも日本の国益にはかなっていなかったと思っていますので。

 それと気候変動対応の話ですが、鳩山総理が前提とされている主要国の意欲的な削減目標云々については、中国、そして国内事情で足を引っ張られているオバマの演説を聴いても年末どころか少なくとも京都議定書に変わる枠組みを構築することは無理だと思います。
ゆえに日本の削減目標も2020年までには到底行き着かないでしょう。

 しかし一方で日本の持っている技術の革新がダイナミックに進むことが期待され、新産業創出にもつながるでしょうし、鳩山イニシアティブを梃子とした資源外交も可能なのでは?と期待しています。
そういった意味で新政権の外交デビューとしては積極的に評価したいと思います。

>  両首脳は今回の会談において、日米同盟を進化させ、「核なき世界」等様々な課題に対して緊密に連携することで一致した

アメリカが 核の廃絶について踏み込んで言い方をしたのは、1946年のバルーク案以来でしょうか。このとき独占していた原子力を放棄するといったのだからすごい提案でしたが、それから60年近く経ています。
おもしろいのは、当時はアメリカのみが核を保有していた。それを放棄するといったが、できなかった。
今は多数の国が核を保有している。
常識的にいって 核廃絶の課題を実現することは バルーク案のときよりも、何倍も難しいと思いますね。(笑

「緊密で対等な日米関係」に思う。

対等に向かう努力が、今、求められていると考えます。

“SAPIOの9/30号に「米中超接近『G2』の衝撃』」”に出ている記事が事実とすると、米国の世界戦略は大きく変化しようとしている、ようです。

ともかく日米の友好は、より深くすべきでしょう。そのためには日本は、従属から脱して、主張すべきことはきっちり言う、主体性を打ち出すことが肝要かな、と思います。

それにしても、鳩山総理の外交の成功、良かったですね。

今夜も酒が美味い! 乾杯!!!

今偶然にイギリスのBBCWORLDNEWSを見ていたら、核軍縮の為の国連安全保障理事会の会議が映っていました。勿論、非理事国のわが国の鳩山首相も出席していました。
この映像見ていて、やはり、政権交代して良かった、と思いました。鳩山首相、最初は耳に通訳器付けていたけれど、すぐに外して、素のままの耳で、オバマ大統領の演説を聞き入っていました。
こういう姿を見て、つくづく、前政権のアホ首相でなくて良かった、と感じてしまいました、あの席に恥ずかしい人物が座っていなくて良かった、と。
やはり政権交代は「天の配剤」だったんだなあ、と。

「日米同盟」ってなんですか?
同盟というのは、私の知るかぎり軍事同盟でしょう。憲法で戦争を放棄しているわが国に同盟は似つかわしくありません。
大手メディアを筆頭にこの言葉を軽々に掲載されていることに違和感を覚えます。せめてザ・ジャーナルでは使ってほしくないと思います。
若林さんどう思いますか?

1)普天間基地について
この問題が進展しないのは、米海兵隊の領土(戦果)意識と、これ(県内移設)に関連して膨大な利益を享受できる日本人との思惑が合致しているからです。
ノーマルな日米の政府高官なら、この、無理な移転には困っていると思いますよ!。

そもそも、当時、橋本総理と太田県知事との間で取り決めたのは、撤去可能なメガフロート(完全浮体構造)の超巨大な飛行場であったはずで、それがいきなり、陸上案にすり替わり、あれよあれよと言う間に、いまのこう着状態なんです。

この違いが判りますか?
海兵隊は領土を失い、相変わらずの、土建的発想からしか未来を描けない日本の方々は、その利権を失うことなのです。

沖縄県民は、ほんとうに戦(いくさ)を嫌がる性質であり、例えは悪いのですが、針千本(熱帯魚?)のように、突けば、鋭利な針を四方八方に突き出しますが、決して、攻撃してくる事はありません。

要するに「なめられている」ということかもしれませんが、実は、こういう事実もあります。

世界最強の米軍ですが、異国の地では「基地から遠くはなれたところまでは出かけない」ということを。これには、軍の指導もあるのですが、なんてことはなく、地元住民が怖いのです。世界に睨みは効かせても、足下の周辺では、こんなもんです。

しかしながら、受けた被害の大きさに比べて、これまでの沖縄は平和すぎました。
でも、そこに、新たな米軍基地が建設されるとすると、さすがの針千本も、どうなるか判りません…、ということを、今度の衆院選で示しました。

日本国民もまた、行動しました。

私に言わせれば、米国のシビリアンコントロールが、どれだけ徹底されているかは疑わしいわけで、米国に立ち向かう時は、米国民政府と米国軍、二者の使い分けが必要なのです。

この問題の結論としては、普天間基地移転膠着の顛末は不問に伏すということで、嘉手納基地への統合で、めでたしめでたしです。

しかしながら、グァムへの移転費用を(中身無しで)日本に捻出させた米国海兵隊、恐るべしでしょう。

2)核廃絶について
広島・長崎で実証実験してしまった、バカな指導者らがこの世を去って、そして、時は移り変わり、占有していたはずの最恐の武器が、あっちこっちで開発される事態を受けて、米国大統領(敢えてオバマとは申しません)の「核廃絶宣言」になったのでしょうが、日本の皆さん、これには、冷静に対応しましょう。

先ず、日本は「核兵器を保有していません」。「核の管理に関しては、世界的に、ガラス張りです」(ということを原則として書きますが、困った事に、欺かれるということも、世の常です…)。

プラハ宣言の理想(究極の目標)とは、このことではないでしょうか?。

なんと、世界第?位だとかを競いながらも、既に実現している国が、あ〜るではないですか…。

「核の傘?」、そりゃー、日本人には、黒い雨の恐怖がありますから、傘は欲しいですよね!。

「核の抑止力?」、実は、巻き込まれちゃって、大迷惑してますよ!。

ってなもんでしょ。

と、ちゃかし加減で、書いてしまいましたが、ご提案です。

日本は、実績ある、理想の国家(モデル)として参加するのみで「びた一文、金は出さない!」ということです。

勿論、広島・長崎の犠牲から学んだ、医療(治療)研究の提供は別枠です。

しかし、何故、このタイミングで、核廃絶なのでしょうか?。

このことは、よく読み解く必要があると思います。

もっと、いっぱい、伝えたいのですが、次のように、まとめてみます。

人を殺してしまう事に、核兵器も一発の鉛玉も関係ありません。

米国大統領が、真に核兵器廃絶を願うのならば、先ずは、自国内の銃器所持の廃絶にとりかかってみてください。
それが、世界最大で最強の武器保有国が、真に世界に信用される第一歩となることでしょう。

鳩山首相の外交デビューは、アメリカしか見なかった前政権と異なり、。世界に大きな発信をした。『鳩山イニシアティブ』世界をリードし、日本に世界の目を向けさせる。CO2 25%削減目標もしたたかな発言だ。日本の閉塞感を打破し、エコ産業に日本の知恵と技術を発揮させ、世界を巻き込んで新規産業の拡大と日本の技術を世界に売る大きなチャンスが出来た。日本の企業、マスコミがこれを否定的に取っていたら日本の発展はないだろう。日本は近年もノーベル賞受賞者が理工関係でもこれだけ出した。そして総理が地球温暖化対策を世界にアピールすれば、世界は日本の能力を信じまともに捉えるでしょう。この信頼に、産業界がどう進歩させるか?景気、雇用の再編もココから生まれる。麻生の8%では世界から日本の将来に期待もされなかった。起死回生のチャンスと捕らえ、日本人が改めて努力する処に道は開けるのではないか。期待したい。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

若林秀樹(わかばやし・ひでき)

-----<経歴>-----

1954年東京生れ。
1976年早稲田大学商学部卒業。
1979年ミシガン州立大学院農学部修士課程終了。
現在、08年3月からワシントンにある政策シンクタンク、CSIS(戦略国際問題研究所)の客員研究員。
80年からヤマハ(株)勤務、労組役員を経て93年からワシントンの日本大使館1等書記官として政府開発援助(ODA)と日米協力を担当し米国際開発庁(USAID)から表彰を受ける。帰国後は電機総研副所長を務め、01年に民主党比例区で参議院議員に初当選。在職中は「次の内閣」経済産業大臣・財務副大臣、国際局副局長を歴任。さらにイラク、シリア、イラン等を訪問し安全保障、復興支援、核問題等幅広く国際問題に取り組む。08年はCSIS(戦略国際問題研究所)客員研究員として活動し、09年1月より非常勤客員研究員。現在、(財)日本国際フォーラム常勤参与・主任研究員。

BookMarks

-----<著書>-----


『希望立国、ニッポン15の突破口』
2006年9月、日本評論社



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.