Calendar

2010年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks


メイン
高野孟:菅内閣発足へ!新首相は鳩山氏の"想い"を継承するのか!? »

【更新記事一覧!!】2010参院選 民主党政権審判の日

 前回の「総選挙2009 歴史は動くのか!?」に引き続き、今回もやります!

 題して、「参院選2010 民主党政権審判の日」。

 投開票日までの約1ヶ月間、「特番コラム・取材」「現地リポート」「政治家に訊く(参院選候補者)」等、総力リポートします。

 そして、7月11日(日)投開票当日は、特設スタジオから、ゲストをお招きしての「生番組(映像生中継)」をやりますので、是非、ご視聴&ご参加ください。

更新記事一覧--------------------------------------------------

【特別企画!】
<生中継>参院選2010 民主党政権審判の日(7/11)
田原総一朗×二木啓孝×山口一臣×高野孟:政局緊迫! 緊急オフレコトーク 与党過半数割れの危機!!(7/2)
「嵐の中の⇒嵐の中だった小鳩政権!! ~ニッポンは何を守ろうとしているのか!?」(6/8)

【インタビュー&対談】
神保哲生:参院選マニフェストを分析する──日本は増税・再配分二大政党制になった(7/10)
渡瀬裕哉:「争点すり替え選挙」を読み解く(7/10)
石井一二:参院選終盤で民主に逆風! 民主50議席で与党過半数割れ必至(7/9)
吉元政矩×高野孟(後編):普天間基地問題の根源を考える(6/24)
吉元政矩×高野孟(前編):普天間基地問題の根源を考える(6/24)
藤原和博:「天下り根絶」以後の官僚が生きる道(6/24)

【特番コラム】
高田昌幸:運命が引き起こす奇跡(7/12)
神保哲生:選挙特番 この選挙で何が問われているのか(7/10)
大内裕和:政権交代によって何が変わったのか--民主党の子育て・教育政策(7/10)
辺真一:安保理の裁定は引き分け、ドロー(7/10)
高田昌幸:官房機密費とメディア ── 連綿と続く癒着の構造(7/10)
高野論説:ドタバタは止めて菅政権に仕事をさせようではないか! ── 平成維新:2025年までの遙かなる道程(7/9)
松浦武志:特別会計改革への6つの注文(7/9)
若林秀樹:与野党を超え、タブーなき新たな外交・安保政策の確立を(7/9)
二見伸明:友よ、蜂起しよう! ── 「国民の生活が第一」の政治のために まだ、二日もある(7/9)
篠塚恭一:日本はどのような国を目指すのか 超高齢者社会を生き抜く"お互い"意識(7/8)
平野貞夫:「日本一新運動」の原点(3)── 政権担当能力とは?(7/8)
甲斐良治:国に「政策」あれば、むらに「対策」あり(7/8)
横田由美子:参院選注目の候補者、岡崎友紀氏を直撃レポート(7/8)
高田昌幸:事件報道の書き方を変えよ(2)(7/6)
高田昌幸:事件報道の書き方を変えよ(1)(7/5)
田中良紹:悩ましい日本の政治構造(7/5)
神保哲生:メキシコ湾原油流出事故で見えてきた石油時代の終焉(7/3)
平野貞夫:平野貞夫:「日本一新運動」の原点(2)(7/3)
大野和興:民主党・戸別所得補償政策の神通力は通じるか(7/1)
高野論説:混迷の一途を辿る米アフガン戦略 ── 米軍撤退開始まであと1年というのに(7/1)
二木啓孝:与党過半数割れで早くもはじまった民主の「友党」探し(6/29)
横田由美子:霞が関のアルカイダ(6/29)
二見伸明:なぜ、消費税増税? ── 「官」が「菅」を支配する(6/29)
浜矩子×神保哲生×宮台真司:まちがいだらけのマニフェスト選挙(6/27)
高野論説:菅政権に仕事をさせるかさせないかという選択 ── 参院選に問われていること
宮崎学:「清く」「正しく」「美しく」という基準(6/25)
森本敏:菅政権による普天間基地問題への取り組み(6/23)
辺真一:菅政権のアジア外交(6/22)
高野孟(映像):民主党政権審判の日に向けて参院選がはじまる!(6/21)
二見伸明:どうも腑に落ちない(6/16)
《尾立源幸が語る、事業仕分けのホンネ!》第1回 事業仕分けはこうして実現した(6/14)
高野論説:鳩山政権への挽歌(6/14)
田中良紹:政治を知らない「政治のプロ」たち(6/13)
神保哲生:脱・脱官僚のすすめ(6/13)
高野論説:ダブル辞任はどちらが仕掛けたのか?
── それはともかく、さあ、菅政権!(6/12)

二見伸明:「動かざること山の如く、動くこと雷霆の如し」 ── 孫子の兵法(6/10)
田中良紹:政界再編が準備されつつある(6/9)
平野貞夫:菅民主党新政権に感じること(6/8)
《出演者インタビュー》嵐の中の⇒嵐の中だった小鳩政権!!:宮崎学(6/7)
高野孟:菅内閣発足へ!新首相は鳩山氏の"想い"を継承するのか!?(6/7)

【現地リポート】
枝野幹事長、仙台で選挙区応援演説(6/21)

【政治家に訊く】
【第35回】金子洋一
【第34回】尾立源幸
【第33回】清水信次
【第31回】河上満栄
【第28回】喜納昌吉
【第26回】赤石清美
【第14回】蓮舫

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/7055

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile



前回の「総選挙2009 歴史は動くのか!?」に引き続き、今回もやります!
題して、「参院選2010 民主党政権審判の日」。
投開票日までの約1ヶ月間、「特番コラム・取材」「現地リポート」「政治家に訊く(参院選候補者)」等、総力リポートします。
そして、7月11日(日)投開票当日は、特設スタジオから、ゲストをお招きしての「生番組(映像生中継)」をやりますので、是非、ご視聴&ご参加ください。

BookMarks


民主党(代表:菅 直人)
衆:307名 参:116名
1996年結成、1998年野党政党が合流し現在の体制に。2009年の総選挙で政権政党に。
http://www.dpj.or.jp/


自由民主党(代表:谷垣禎一)
衆:116名 参:72名
1955年自由党と日本民主党が合同して結成した保守政党。2009年の総選挙で野党に陥落。略称は自民党。
http://www.jimin.jp/


公明党(代表:山口那津男)
衆:21名 参:21名
1964年結成。解散、分党を経て1998年現体制に。創価学会を母体とする。
http://www.komei.or.jp/


日本共産党(代表:志位和夫)
衆:9名 参:7名
1922年結成。政党交付金を受けていない唯一の政党。略称は共産党。
http://www.jcp.or.jp/


社会民主党(代表:福島瑞穂)
衆:7名 参:5名
1996年日本社会党が改称して発足。2003年に土井たか子から引き継ぎ福島瑞穂が党首となる。略称は社民党。
http://www5.sdp.or.jp/


国民新党(代表:亀井静香)
衆:3名 参:6名
2005年郵政民営化関連法案に反対した議員を中心に結成。
http://www.kokumin.or.jp/


みんなの党(代表:渡辺喜美)
衆:5名 参:1名
自民党を離党した渡辺喜美が中心となり2009年8月8日に結成。
http://www.your-party.jp/


新党改革(代表:舛添要一)
衆:0名 参:6名
自民党を離党した舛添要一を代表として2010年4月23日に結成。
ttp://shintokaikaku.jp/


たちあがれ日本(代表:平沼赳夫)
衆:3名 参:2名
自民党の党員であった平沼赳夫や与謝野馨らによって2010年4月10日に結成。
http://www.tachiagare.jp/


新党日本(代表:田中康夫)
衆:1名 参:0名
2005年当時長野県知事であった田中康夫を中心に、郵政民営化関連法案に反対、離党した議員と結成。
http://www.love-nippon.com/


新党大地(代表:鈴木宗男)
衆:1名 参:0名
元北海道開発庁長官の鈴木宗男が2005年8月8日の衆議院解散直後、8月18日に結成。党名は同郷の親友、松山千春との話し合いで決定。テーマ曲は『大空と大地の中で』。
http://www.muneo.gr.jp/


日本創新党(党首:山田 宏)
衆:0名 参:0名
2010年4月18日によい国つくろう!日本志民会議を母体として結成。
http://www.nippon-soushin.jp/

※データは2010年5月31日現在、表記は総議席数順です。

当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.