Calendar

2009年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« WBC連覇のあとの日本野球のために
メイン

政党マニフェストに見るスポーツ政策──「日本のスポーツ政策」は、まだ生み出されていない

 日本のスポーツや日本人アスリートの登場するスポーツは、連日多くの時間をかけてテレビで放送され、新聞でも政治面や経済面や社会面と同程度の紙面が割かれて報じられている。が、解散総選挙の現在、メディアが各政党のスポーツ政策を分析し、報じることは、まったくない。
 それどころか、前の国会に提出されていた「スポーツ基本法」の審議が解散のためにストップし、審議未了で廃案になったことは新聞が小さく報じただけで、テレビではまったく取りあげられなかった。

 スポーツと呼ばれている文化(人間の営み)は、いまやアメリカで20兆円規模のGDSP(Gross Domestic Sports Products=スポーツに関連して生産された付加価値の総和)があるともいわれ、経済的産業的にも無視できない存在といえる。が、日本では、スポーツ・ウェアは衣料産業、スポーツ・シューズは靴産業、プロ野球やJリーグの入場料や、ゴルフクラブの代金等は娯楽産業に分類され、GDSPのデータは存在しない。
 その一方で、オリンピックのとき、あるいは世界規模のスポーツ大会のときのみ「ニッポン、ニッポン」と騒ぎ、また、国のスポーツにかける予算の少なさが叫ばれるだけだ。

 今回の総選挙で示された(自民、公明、民主各党の)マニフェストを読んでも、各党ともにスポーツ政策を取りあげてはいる。

 たとえば自民党のマニフェストには、『4教育・文化』の項目に、『国家戦略としてのスポーツ・文化芸術の振興』として『「スポーツ基本法」を制定し、スポーツ庁を新設する。トップレベル競技者の育成・強化や地域スポーツを振興する。2016年の東京オリンピック・パラリンピックを国を挙げて招致する」と書かれている。

 公明党も、『スポーツ振興政策の抜本強化を図るため「スポーツ基本法」(仮称)の制定』と『「スポーツ庁」(仮称)の設置を目指し』たうえ、『総合型地域スポーツクラブ』の拡充、『国民に夢を与えるトップアスリートの育成支援』、『障がい者スポーツの振興』などを書き連ねている。

 これに対して民主党は、『スポーツ基本法の制定をめざす』と書く一方、『小学校の校庭や公共スポーツ施設の芝生化事業を強く推進』し、『地域密着型の拠点づくりの推進』『地域のスポーツリーダーの育成』そして『スポーツ医学の振興』等を書いている。

 各党とも、テーマがスポーツだけに、夢にあふれた未来を書き連ねているが、よく読めば自公と民主では基本理念に相違があり、自公(とくに自民)は、トップアスリートの競技力向上に重きを置いてスポーツ界全体を発展させようとする「トップ・ダウン型」、民主は、地域スポーツの基盤整備を重視する「ボトム・アップ型」といえる。

 どちらのスポーツ政策が優れているかはさておき、前国会で提出されたスポーツ基本法は、当初は与野党のスポーツ議員連盟所属議員が中心になって提出される予定だったのが、(もちろん政局の影響もあり)理念の対立が際立つようになり、与党単独提出となっていた。

 このスポーツ基本法とスポーツ庁設置に最も熱心だった(ロビー活動をした)のは日本オリンピック委員会(JOC)と日本体育協会(体協)で、この2団体が最も強く求めたのがオリンピック出場選手の強化費獲得だったため、与党の政策と合致したともいえる。また体協の会長が森喜朗・元首相であることや、元オリンピック選手の何人かが自民党議員になっていて、スポーツ界が自民党に(という以上に、半永続政権政党ともいうべき政党に)陳情するというスタイルが日常化していた。

 が、二大政党時代を迎えようとしている現在、スポーツ界全体と、あらゆるスポーツ団体が、日本社会にあるべきスポーツの未来像を明確にし、その実現にふさわしい政権を選ばなければならなくなった。

 もちろん、その「あるべきスポーツの未来」を示すために、各スポーツ団体内部でも議論が活発化し、明確な方針を持ったリーダー(各団体の会長)が、選挙で選ばれるべきだろう。

 また、そのようなスポーツ政策を示すスポーツ団体には、JOC、体協、およびそれらに所属する団体だけでなく、すべてのスポーツ団体が参画し、新設されるスポーツ庁(もしくは文化省スポーツ局)には、すべてのスポーツ団体が加わるべきだろう。

 たとえば、パラリンピックなどに出場する障害者スポーツは、現在では厚生労働省の管轄で、障害者の治療やリハビリやメンタルケアの一環と考えられている。が、世界的な常識として障害者スポーツも、スポーツと考え、スポーツ基本法とスポーツ庁(または文化省スポーツ局)の管轄とすべきだろう。

 また、高校野球や大学野球はどうとらえればいいのか。全国高等学校野球連盟(高野連)や全日本大学野球連盟は「教育の一環」であり「スポーツ」ではなく「体育」ととらえている。つまり「スポーツ庁」が誕生しても、所轄官庁は現状のまま文部科学省に留まるべき存在と主張するかもしれない。

 ならば文科省は、試験期間中の野球大会の開催を規制したり、高校生や大学生のスカウト活動を禁じるなど、高校野球や大学野球を教育(体育)の範囲内にとどめ、スポーツとしては、知育(野球)クラブの育成に務めるべきだろう。

 また、現在文科省管轄の大相撲はどうだろう。プロ・スポーツの一種として当然スポーツ庁(または文化省スポーツ局)の管轄に移行するべきと考えられるが、日本の伝統文化を守り伝えるものとの考えから文科省に留まることを(文科相と相撲協会は)主張するかもしれない。

 解散前の国会で廃案となったスポーツ基本法とスポーツ庁構想でも、そのあたりがきわめて曖昧で、という以上にまったく考慮されておらず、JOCと体協は(さらに政党も)、スポーツ、アマチュア・スポーツ、プロ・スポーツ、障害者スポーツ、体育、健康スポーツ、リハビリテーション・スポーツ、レクリエーション・スポーツ、伝統競技・・・といった定義と分類を避けたまま、スポーツ庁の新設という結果(とメダリスト育成予算の獲得?)を急いだようにも思える。

 いずれにしても日本の新しいスポーツ政策は、今回の解散総選挙の結果、一から新たに考え直さなければならなくなった。

 かつての政権政党への陳情でなく、また省庁やメディアの既得権と利権に阻まれることなく、日本のあらゆるスポーツの真の総合的発展への第一歩・・・「日本のスポーツ政策」が、二大政党制とスポーツ界の自覚のなかから生まれてほしいものだ。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/2819

コメント (8)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクに書かれている文章を必ずご確認いただきますよう、お願いします。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

なお、投稿されたコメントは、このサイトを構築するシステムの関係上、「毎時5分と35分」に自動更新されるよう設定されています。投稿されてもすぐに反映されませんが、上記の時刻になれば自動で書き込まれます。

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

小学校や公園で少年野球・少年サッカーが練習している光景を良く見る。たいていコーチが説教していたり、怒鳴ってしかっていたりする。一方、昔TVで見た映像だが、ブラジルの子供サッカー指導ではとにかく褒める。その子のいいところ、頑張ったところを探して褒める。
 スポーツは何のためにあるのだろうか?怒られてするスポーツって楽しいのだろうか?日本にまず必要なのは、年齢に関係なく楽しめるスポーツ環境を整備することと、きちんとした指導体制(体育理論だけでなく児童心理、栄養学なども含めたトータルの)の構築と考える。その意味で民主党のボトムアップこそ必要だ。    
 オリンピックの成績も大事だろうが、国威発揚の場として政治利用するのはやめてもらいたい。

日本のスポーツ外交について

玉木様、こんにちは、初めまして。一度、貴方様に意見を言いたくてお便りかメールを差し上げようと思っていました。
さて、つい2日前ですか、元水泳選手の古橋広之進さんが亡くなられました。開かれていたローマでの世界水泳選手権では、理事全員と関係者、そして観客全員が起立して黙祷を捧げました。これも一種のスポーツ外交と言えるでしょうね。古橋さん、死して世界の水泳関係者を走らせたのですから。
それにしても、日本の「スポーツ外交」、どうなっているんでしょう。
アテネ五輪の前、図書館でスポーツ新聞を読んでいたら、世界競技種目の格付けという記事に出会いました。記憶を辿って見ますと、
五輪のオリジナル競技種目とサッカーは「A]という格付けがされており、日本人が大好きな野球とか柔道は一番下の「C」か「D」の格付けでした。
という事は、よく考えて見ると、日本のスポーツ界の意見を世界に発信するには、五輪のオリジナル競技種目出身ではないといけない事になります。
でもそういう人材、日本にいるでしょうか?日本の場合、どうしても柔道や野球に注目が集まります。でも日本のスポーツ界の意見の世界への発信、という点では柔道や野球出身の人材では、役不足です。
ここで思い出したのですけど、テニス(五輪のオリジナル競技種目)出身の川廷栄一氏、JOCの幹部だったのですけど、日本テニス協会の不正経理事件で辞任したのですけど、実は川廷氏が世界スポーツ界との太いパイプを持っているおかげで、日本のスポーツ界の意見発信で大きな役割を果たしていた、という事がありました。
テニスは、欧米ではエスタブリシュメントが普通にやるスポーツで、しかも国際スポーツ界で大きな影響力を持っているスポーツ、こういう事で川廷氏は大きな力を持っていたのです。
しかし、川廷氏の辞任後、世界スポーツ界をまともにやりあえる、そういう人物、日本にいるのでしょうか?
確か、去年でしたか、柔道のヤワラちゃんの北京五輪出場が大きく報じられた日に、テニスの伊達公子さんの現役復帰も報じられました。そのニュース、世界に目を向けて見ると、イギリスのBBCWORLDNEWSのスポーツ面では伊達さんの事だけが報じられ、ヤワラちゃんの事は全然報じられませんでした。これは、世界における、テニスと柔道の「立ち位置の違い」に拠ります。
世界的に見れば、テニスの方が圧倒的に上なのです。
日本のスポーツ外交を再構築していく上で、世界の中でどのスポーツ競技が上にあるのか、という事も考慮していく必要があるのではないか、と思うのです。
最後に、玉木様、貴方様が巻末インタビューに参加された、マーティー・キーナート著「文武両道、日本になし」という本、この本、本当に素晴らしいと思います。

<スポーツ界における既得権益の排除を>
古橋さんの事が、さも立派な方のように各メディアが取り上げているが、私はそう思わない。死者に対して失礼とは思うが、彼こそ水泳界の権威の塊で、とっくに引退されてしかるべき年齢でも、地位を手放さず、日本水泳界をダメにした戦犯です。私は、学生時代競技として水泳をやっていました。その当時30余年も前から彼は水泳連盟に君臨していた。お蔭で、各国が、理論に基づいた指導体制・プログラムで、オリンピックのメダルを獲得する中、わが国の水泳界は、あいかわらずの根性論を捨てられず、大きく後塵を拝する事になった。オリンピックの国際A標準を突破し、当然出場資格があった選手を国内選手権にマックスの体調にもっていかなかったとの理由で出場させなかった。
私も選手をしていたので良く分かるが、目指すべき目標の大会に体調をマックスにもっていく為には、さんざん練習で身体を追い込んだ後、調整期間として、序々に練習量を落として体調を整えるのが、普通で、当然オリンピックに照準を合わせるなら、出場権をかけた国内大会には、万全の体調で出場する事はできない。それでもA標準を突破したのである。
つまり彼は、日本の水泳界の発展を願った訳でもなく、選手生命を考慮する事なく、自分の面子を優先させた。
私は、陸連の仕事(広告)もした事があるので、他の競技に関しても多少の知識はあるが、全てとはいわないまでも、各競技団体の役員は、派閥、学閥に支配され、コーチングの専門家でもなく、時代遅れの自分のやり方を方針として打ち出したり、選手の体調が悪くても電通が仕切る放映権が発生するスポーツ競技に、宝のような選手を無理やり出場させる事もあり、要は面子が大切で、選手の事など二の次の組織が多数あるのです。
このような、組織自体にある既得権益や老害を何とかしないと、日本のスポーツは立ち行かないと考えます。
なお、今、水泳がメダルの取れる競技になったのは、30年位前にスポーツクラブができて、幼児教室もスタートし、コーチングの専門家がアメリカで学び指導したからで、やっと世界と戦える理論的な指導を受けた選手が現れたからです。
ちなみに、私の高校は進学校でしたが、某スポーツクラブのコーチが先輩であり、短時間の練習で効果があがる理論的な指導により、インターハイにも出場できました。

em5467-2こと恵美 様

おっしゃる通りです。どの世界にもなかなか権力を放さない方はおりますね。政治の世界でも総理を辞めてからアアデモナイ・コウデモナイと後ろでゴタゴタやる方がおられます。スポーツの世界では一般の方が辞めさせる事は難しいでしょうが、政治の世界では国民の一票で愚かな元総理は退場させる事が出来ますね。その選挙区の皆さん頑張って下さい。
 陸連も政治家が絡んでいたそうですが、、、。マラソンでもオリンピックに照準を合わせるなら、国内の大会で必ずしも成績が標準にいっていなくても、それまでの実績を加味して決定した方が良かったのではと思う時がありました。高橋尚子のオリンピックに連覇がかかった選考会で2位であったが、最後に失速したという理由で代表になれなかった時も残念だった。変わりに選ばれた選手の成績も野口みずきを除いてそれほどではなかった。

「マニフェスト」を議論・検証するのがメディア、具体的には新聞やニュース番組の役割なのであれば、各党のマニフェストの中のスポーツ政策を議論・検証するのは「スポーツ新聞」「スポーツニュース」であって然るべきだと思うのですが、「スポーツ新聞」「スポーツニュース」が、言葉の通りの意味での「スポーツ新聞」「スポーツニュース」としてまったく機能していない気がします。政治もメディアも含めて国民のレベルだと言ってしまえばそれまでですが、もうちょっと、どうにかならないものかと思います。

玉木様
自公民以外の政党でもきちっとスポーツ政策を立てている共産党等ありますが、なぜあえて取り上げないのでしょうか?
不公平ですね。

海外にはすごい人がたくさんいますね。

日本は遅れをとっています。

やっぱり、文武両道って難しいです。

しかし慶応義塾大理工学部の福谷浩司さんがドラフト1位でドラゴンズに指名されました。文武両道で、すごい。

ゴルフ界はというと思い浮かびません。しかし、大学ゴルフ界に文武両道プロゴルファーになる卵がいます。
東大法学部4年の高野隆

彼は朝日杯争奪日本学生ゴルフ選手権には4回出場し、6位に入った。他にも日本学生ゴルフ選手権3回出場、日本アマ出場などトップクラスで活躍する。

九州大2年の永井貴之

彼は九州ジュニアゴルフ選手権4位、国体選手にも選ばれた。日本学生ゴルフ選手権出場など、全国大会の常連。

和歌山県立医科大学医学部医学科1年の辻田晴也

彼は関西高等学校ゴルフ選手権2位、全国高等学校ゴルフ選手権に3回出場など全国大会の常連、西日本医科総合体育大会では2位。

他のスポーツ界に負けず、文武両道3羽ガラスが将来誕生すれば、おもしろいですね。

文武両道日本にありと言われたいです。

コメントを投稿

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

玉木正之(たまき・まさゆき)

-----<経歴>-----

1952年、京都府京都市生まれ。
東京大学教養学部中退。
大学在学中からフリーライター、雑誌記者として活動を開始。
その後スポーツライター、音楽評論家、放送作家、小説家として多方面に活動を展開。
来年(2007年)にはオペラ演出家としてもデビュー予定。
現在は『スポーツ・ヤァ!』(角川書店)を中心に執筆。
同誌と協力して『スポーツライター養成・実践塾』を開講。
2003年11月から自身のホームページ『Camerata di Tamaki』(www.tamakimasayuki.com)を開設。
国士舘大学大学院スポーツシステム研究科客員教授も務める。

BookMarks

オフィシャル・ウェブサイト
http://www.tamakimasa
yuki.com/


-----<著書>-----


『スポーツ解体新書』
2003年1月、日本放送出版協会


『スポーツとは何か』
1999年8月、講談社


『オペラ道場入門』
2000年5月、小学館

『京都祇園遁走曲』
1994年9月、文藝春秋

-----<訳書>-----


『日本式サッカー革命』
2004年7月、集英社インターナショナル

『和をもって日本となす』
1990年4月、角川書店

当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.