Calendar

2011年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

Category

« 中国上海で活躍する日本人若手経営者、その成功の秘訣とは
メイン
破綻した中国企業のインフラビジネス、日本企業は運営ノウハウを武器に戦え »

学生はなぜ就職できないのか ── 超・国内志向の若者を待ち受ける「就活の悲劇」

 就活に追い詰められ、苦悶する学生たちの姿を追ったテレビ報道をしばしば目にする。だがそのたびに私は、学生たちの異様な言葉に驚きを禁じ得ない。

「70社受けました」「100社受けました」でも「ダメでした」といった具合のコメントがこれみよがしにテレビ画面に映し出される。内定をもらえなかった会社数の多さこそが、「超氷河期」と呼ばれる過酷な就活事情をストレートに物語っていると視聴者に訴えかけたいのだろう。だが、これほど無責任な報道はない。

 70社も100社も受験することが物理的にできるだろうか。おそらく希望した企業のHPにアクセスし、エントリーシートを送信した数ではないのか。そのなかで実際に説明会に参加し、さらに面接にまで進むことができた企業はいったい何社くらいあったのだろうか。そうしたディテールをすべてが切り捨てられ「70社」「100社」という数字だけが独り歩きしている。

 就活が過酷であればあるほど、その全体像を正確に伝えるのが、メディアの責務だろう。だが就活報道の実態は、野次馬以下だ。問題のありかをさまざまな切り口から掘り下げる努力も試みもない。まるで談合をしているかのうように、ただただ「非常事態だ」と大騒ぎをして、社会不安を煽りたてるだけの報道が目立つ。

 たしかに昨年の就職内定率は68.8%。「就職氷河期」と呼ばれた1996年当時を下回る厳しさだが、おなじ「氷河期」でも当時と今とでは状況が全く違う。

■今は本当の"就職氷河期"ではない
 採用が「量より質」にシフトしたのみ

「"就職氷河期"という言葉はリクルートが創った言葉ですが、それが(現状に)当てはまるとは思っていません。大手企業が新卒を一括、大量採用することが前提だった時代にあって、(バブル崩壊後に)あの大手もこの大手も採用を凍結するという事象が起こり、それを就職氷河期と表現しましたが、今は違います。苦しくても新卒を採用したいという企業は多い」

 リクナビの岡崎仁美編集長のコメントだ。

 私が出演しているBS日テレの情報番組『財部ビジネス研究所(TBL)』で就活問題を特集、そのインタビューに岡崎編集長が応えてくれた。

「(採用時に)量より質という方向性が厳格に貫かれている中で、需給バランスだけでいうと、学生はどこでも就職できる数字になっている。しかし実際は、(人事部は採用枠を)採り切らないまま採用をやめたり、中途採用と新卒採用にこだわらずに採用したりというような中で(新卒の)就職難という事態が続いている」

 それは数字の上にもはっきりと現れている。

>>ダイヤモンド・オンラインにも原稿アップしました。続きは こちらからご覧下さい!
http://diamond.jp/articles/-/11112?page=2
※ダイヤモンド・オンラインの無料会員登録が必要となります。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/7859

コメント (15)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

財部誠一さんの板を拝借します、ご容赦下さい。‥とはいえ、此処での財部論説とは無縁でもない。

遅場瀬ながら藻谷浩介さん著「デフレの正体」を読了。
日本のデフレの真因の一つを的確に突いて現場現物現実に近い視点から論じられていて素晴らしかった。
最近流行りの人口動態論ですが、日本でその影響が著しいことを解り易く語っていて深い有益な示唆が有る。
お薦めです!
日銀を脱デフレ失敗喪われた20年の主犯に仕立てるヒステリックな論に比べれば、格段に上等だと。

以下は我田引水(苦笑)。
残念ながら採用されなかった私のYoronz投稿
http://www.the-journal.jp/contents/yoronz/2010/03/post_63.html#comment-77475
と、その追い書き
http://www.the-journal.jp/contents/yoronz/2010/03/post_63.html#comment-77577
が藻谷論と合体されれば、現場現物現実論が一層視野広く補強されて、少なくとも遠くても「将来に灯りが観える」と思います。
但し、脱デフレの課題は生易しいものではないけれど。
草々

簡単に言えば、企業の青田刈りが直接的な原因。
行き過ぎた青田刈りは、4年間の大学教育を、無効にしている。
就職のための専門学校としての大学にしている。
大学に入って、曲がりなりにもお勉強するのは2年生まで。
3年生からは、就職活動になっている。
本人たちの責任だが、
人間、劣化する。

根本的な原因は、家庭教育でしょう。
しつけでしょう。
これは、もうどう仕様も有りません。
小沢さんでも、小泉さんでもどう仕様も有りません。
もし、本当に真剣に家庭の再構築をと、考えたら30年は必要でしょう。いや、50年かな。

しかし、それを何とかしないと、本当に大変だ。
文部省だの、経団連だの、組合だのから離れて、
真剣に「しつけ」から考えて行かなければ。

財部さんの問題提起とは異なる答えかもしれない。
しかし、この点こそが問題だ。

>>おそらく希望した企業のHPにアクセスし、エントリーシートを送信した数ではないのか

ジャーナリストなんでしょ?「おそらく」ではなく根拠を示してくださいよ

今や非「正規が3割」という数字だって「おそらく」じゃないでしょうに

不安定な雇用、安すぎる賃金で将来の見通しもたたない人が増えているんですよ

財部誠一(2011年2月21日 18:45)氏
> (採用時に)量より質という方向性が厳格に貫かれている中で、需給バランスだけでいうと、学生はどこでも就職できる数字になっている。
(その後を拝見しようと試みましたが、登録まで必要な様で・・・うんざり。)


70も100も会社を就職活動して 結果的には、どこからも採用を得られなかった。 これは この方の就職活動行動に 問題があるのでしょう。 このことを、就職難状態のマスコミ報道に“紛れ込ませ”、垂れ流してしまう。。
既成のマスメディア・・・ 末期的症状です。
新聞の購読者数が激減し、テレビCM離れ・ネットCMが激増している。
当然の現象です。


中卒&高卒生が就職できない事に比べれば、大卒の就職難なんてど~でも良いでしょう。 親が 面倒見てくれます。。。

> 学生はなぜ就職できないのか ── 超・国内志向の若者を待ち受ける「就活の悲劇」


 “登録までしなければ・・・”全体の趣旨が把握できないのなら、タイトルだけで、、
数字的には 大卒者がとりあえづ就職しようと考えれば 100%出来るそうです。


 ただ 年度的には それぞれの企業が新卒採用しなかったのは事実です。
既存の企業は 勢いが停滞しています。
お隣の中国のように 目の前にある困難の先には 必ず展開がある。
そー考える企業が少ないですね。
シンボライズされるのが “就職難”です。
既存の日本企業は 新卒大量採用を受け入れる能力を失ってしまっています。

なんでか 政府・テクノクラート・既成企業・マスメディアが、
よってたかって 「堀江 貴文」氏を 抹殺するような“経済的風習”が 日本には今存在するからでしょう。。

 私が口を出せるところではないのを承知の上ですが、書き込みさせて下さい。
息子の話です。
 東京からは遠く離れたところに本社が在って、会社のトップの意識の遅れに絶望したくなりながらも、就職氷河期に社に入り、海外留学もさせて頂いた恩義を、他の社員の方達にお返しする為にも、成果を共有する努力をしておりました。 

 理系で技術系社員としての経験を積んで居た時に、人事や会社の打ち出す方針が余りにも現場と乖離していたので、流行りもあってMBAに留学を決めた。留学準備中にも、特許さえとれば年間何億かは入ってくると云う仕事を仕上げるべく、努力していた。 しかし一律人員削減と云うことで、4人を3人に。 

息子がとった手段は、自分には10ヶ月しかない。 高卒や派遣などの人たちで仕上げるには、全員が出来る人であらねばならないと。そこで3ヶ月を教育にあてて、(基礎的なことも含めて)実行。 派遣の人がやる気を起こして着いてきてくれて、飛躍的に能力がのびた。お蔭でぎりぎり間に合った。。。
ところが、会社は特許費用などの理由でそれを捨てた。
5年後、大企業と言われる会社で、同じ技術で特許をとって、収益を上げている。

 一般に知られている商売よりも、そのような技術で収益を上げているのに、経営陣さえ解っていなかった。相次ぐ値下げ競争で本業では収益が殆んど無くなっていたらしい。
昨年もドイツからの見学団体が来て、世界的にみても驚くほどの特許技術が眠っていることに、感嘆の声を上げていたそうです。

息子は仕事の合い間に、隠れて本来の「企画の仕事」を実行し、これは5年掛かって今、収益を上げているらしい。昔からそうでしょうが、若者らしく(若くないけれど)上は解っていないと憤りながら、それをばねに改革の芽を育てている。嫌われもするが見守ってくれる上司もいる。

 大企業では当たり前でも、日本には地方に在る為か、経営者の意識が時代について行ってない企業がある。海外に事業展開もして、田中康夫さんや共産党の徹底的な攻撃を受けつつ、それでも地方の人達の雇用のために、不利でも動かず頑張っていることに、余所者の息子も気がつき始めている。 

 その会社に受かったといっても、その時は全く喜べませんでした。
でも今は、何処へでも飛び込んで行く勇気を誉めて挙げたい。

全く場違いなコメで申し訳ありませんでした。

tanu(2011年2月23日 03:03)氏
> 大企業では当たり前でも、日本には地方に在る為か、経営者の意識が時代について行ってない企業がある。海外に事業展開もして、田中康夫さんや共産党の徹底的な攻撃を受けつつ、・・・

 これ以前は、これ以後は、、
 この部分 よろしければ 再コメント お願いします。
       太郎 
 

だいぶ前に NHKがニュースの中で、日本の若者は最先端の工場でも行きたがらない現状を伝えていた。それで、仕方がないから 他のアジアの国から人を雇っている。しかも、日本人の平均給与と同じレベルでです。 これって、国内の工場の話です。そんなに工場が嫌か。知らないんだろ、工場の現場を。そんなにひどいところではないけどな。

Tanuさん | 2011年2月23日 03:03

非常に的確なご認識だと思います、ご謙遜でしょう。
特に私が認識している「日本経済のへたれ」の真因の一つAmongOthersを真に的確に突いておられると同感すると同時に、意を強くしています(笑)。御礼申し上げます。
上の(日本人を止めた)無国籍人 | 2011年2月21日 22:59 で言及しましたYoronzへの投稿が真にこの視点を論じています。宜しければご笑読戴けると幸いです。

日本の経営者は特にトップは少額で済みリスクが小さい研究開発投資は判断するが、巨額が必要でリスクが巨大な事業化投資を決断できなくなって仕舞っている。そのような事業化はBoldな挑戦心や強い事業家精神がなければ出来るものではないのです。
従って、引用【ドイツからの見学団体が来て、世界的にみても驚くほどの特許技術が眠っていることに、感嘆の声を上げ】ても経営者として反省もない(多分)。事業化されない技術の数の多さを自慢したかどうかは解りませんが(笑)。
此れらの結果として、端的な例が「iPodやiPadなどが日本では生れなかった」のだと思っています。技術技能的には、あんなもの(というと語弊が有りますが)を造るのは日本には全く問題がない(一寸大袈裟ですが)。
欠けていたのは商品企画力。更に深層の真因は、「経営者の挑戦心と決断力」が其れらを奪って仕舞ったと。

重ねて申し上げれば(ご子息に一部失礼かも知れません、ご容赦下さい)、要は、重責にある者達の略々全てが臆病で小粒になって仕舞ったのだと。
1. 地方の非大企業の経営者は、数億数十億円を売り上げる技術開発には投資はするが、其の開発成果について事業化は勿論その遥か前段の特許登録費用でさえ出し惜しむ。挙句に、事業を無断で大企業に奪われて仕舞う。
2. また、大企業経営者も、非大企業から数億数十億円規模の事業を盗むが如き(卑劣な?)所業に投資はするが、彼らが本来やるべき数百億-数千億円規模の事業は事業化投資を決断できないのだと。
3. そして「へたれ日本」が生まれ20年を喪った。

問題解決策は、非常に安直には「政財官界の世代交代」だと。遠大には、企業経営理念や株主達の思惑を改革する新しい資本主義の理念が必要だろうと思っています。
草々

元株やさん

貴方のご意見に賛成です。

でも、"日本の大企業は手元資金がジャブジャブに余っている。日銀によれば企業の「現金・預金」は10年9月時点で205兆9722億円(前年比5%増)と、過去最高。
"
大手マスコミは、このような事は絶対に報道しないですね。
来年度予算についても年度内成立できなければ日本が大混乱に陥るとの報道ばかりでした。尤もこの件は、NHK日曜討論での亀井議員の暴露と玄葉のついポロリ(6月までは大丈夫)でピタリと治まっちゃいました。

私は、正確な情報・有益な情報を発信できなくなったマスメディアの大改革(もしくは大解体)が急務であると思います。

選挙が有るならこの辺りを真正面から声高に訴えてくれないかな?と期待してみます。
政見放送は細工出来ないでしょうから…。

この板の財部さんの趣旨からはどんどん離れるようで、恐縮しながら‥。
末尾の永守さんの論説は、日本経済の現状の深い部分を読み解くには、精読に値する貴重な内容だと思います。
表(おもて)を十二分に理解することは勿論、行間と裏面に忍ばせた示唆も読み込めば、ですが。
http://s.nikkei.com/foXMej (日本電産永守重信社長)
草々

>太郎様
聞きかじりの生半可なことを申して失礼しました。最近は、勉強もしない人には聴く資格が無いと突放されております。すぽっと、抜けていました。

*大企業では、企画部の規模も大きく、事業の立ち上げ?始めから、関係部署が全て集まって勿論財務なども、いざ製品化する段になってから予算が無いなどと云うことは無い。
そうで、息子も勉強してきたことを基に、そのような段取りを踏んでいったのだと。 主力製品はともかく、そのような文化が無かったということです。

田中さんは、きっと、選挙の時に元元会長辺りが経団連がらみで、応援しなかったこともあるかも。。。
私がそう思っただけのことです。


(日本人を止めた)無国籍人 様

有難うございます。
実は「日本経済のへたれ」を読んだので書きたくなってしまったのです。
2011年2月23日 12:30の 2.なども、よく申して居りました。
悔しいでしょうね。みすみす解っているのに、上が理解できなかったりして。

若い人は経験は少ないので、広い視野となるとどうか解りませんが、新しい知識を取得してきているのは確かです。スポーツ界ではあのように素晴らしい人材が育っているのですから、日本人が駄目になったわけでは無いと思いたいです。
厳しくて大らかな環境。自由と規律。産業界も政界も名コーチが輩出するようになれば。

私の力では、難しい本など読めませんので、皆様が噛み砕いて書いて下さることに感謝しております。

tanuさん | 2011年2月25日 03:46

ご丁寧なご反応、有り難うございました。
私の文章が一つの切っ掛けになってtanuさんをコメントに挑戦させたというシナリオは、私にとっては無上に(一寸大袈裟(笑))嬉しいことでした、多謝。
僭越ながら、「好いお母さん」ですね。

こんな書き物だけのネットの場で軽々しいことを申し上げるのは控えたいので、一般論で申し上げれば、
経営層に手酷い仕打ち(裏切り?)を受け自分の仕事への誇りを奪われ悔しさを囲った有為のビジネスマン達が、独立して起業する雰囲気がこの社会に出来上がると善いですね。
端的な好例が、稲盛和夫さんの京セラでしょうか。彼はそのようなことを理由に「松風」という京都の小さいが立派な会社を飛び出し起業して、「世界の稲盛」になった。松風は未だに京都の小さいが立派な会社のまま。
まあ、起業の失敗例も多数ありますが。

若者のこのような挑戦や頑張りが、「政界や官界や経済界の世代交代」を実現する一つの起爆剤なのですが。
草々

大雑把な考えです。
昔から一つの会社の寿命は30年程といわれます。
明治維新以降 繊維・石炭・造船・鉄鋼・商社など 時代を引っ張って来た企業群があります。
次々に 新たな新興企業が闊歩してきました。
それが 新規採用を常に吸収してきた。
流通に代表される”ダイエー”なども 飛ぶ鳥を落とす?ような時期もありました。
結構シニカルに云われ続けることもあります。
一流大卒が採用できるようになったら 数十年先は斜陽産業です。

 現在の 大企業は”哀しいかな”下請けの犠牲・社員のリストラ・非社員の遣い回しでやり繰りしてます。

 中高生の就職が無い。
それは 新しい企業が育たない国の風土が出来てしまい。天下りにシンボライズされる既得権益が蔓延ってるだけのことです。このまま放置すれば、現在の中東で起こってる破壊的”世直し”が日本なりの形で生まれます。

 国にも 人の生涯のように死への衰退があります。現在の日本は”社会制度の死”を迎えつつありますね。

このお話を娘に聞いてみた。

結局は、家庭に問題が有るようだ。
家庭に問題が有るという事は、国と国民の在り方にまで、問題は広がってしまう。

娘曰く、
「今の大学って、講義中の飲食は当たり前。席を立って、あっちへ行ったりこっちへ行ったりも、当たり前みたいだよ。」
「大学と言っても、どの程度の大学までかは、解らないけど・・・・小学校の延長よ。学級崩壊したまんま、大学になってるみたい。」

はてさて、困った時には、困った事がいっぱい団子になっているわけで、そんな困った事の団子だから、みんな困っているわけで・・・

何もかもをぶち壊すところから始めなければ、何も始まらないのかもしれません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

財部誠一(たからべ・せいいち)

-----<経歴>-----

1956年、東京生まれ。
1980年、慶應義塾大学法学部卒業。同年、野村證券入社。
1983年、野村證券退社。
1986年、出版社勤務を経てフリーランスジャーナリストに。
1995年、経済政策シンクタンク「ハーベイロード・ジャパン」設立。「財政均衡法」など各種の政策提言を行っている。

-----<出演>-----

『財部ビジネス研究所』 (BS日テレ、土曜23時〜 再放送:日曜9時〜)

『報道ステーション』
(テレビ朝日系/平日21:54〜)

BookMarks

オフィシャルホームページ
http://www.takarabe-hrj.co.jp/

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.