Calendar

2011年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

Recent Trackbacks

Category

« 2011年1月 | メイン | 2011年3月 »

2011年2月21日

学生はなぜ就職できないのか ── 超・国内志向の若者を待ち受ける「就活の悲劇」

 就活に追い詰められ、苦悶する学生たちの姿を追ったテレビ報道をしばしば目にする。だがそのたびに私は、学生たちの異様な言葉に驚きを禁じ得ない。

「70社受けました」「100社受けました」でも「ダメでした」といった具合のコメントがこれみよがしにテレビ画面に映し出される。内定をもらえなかった会社数の多さこそが、「超氷河期」と呼ばれる過酷な就活事情をストレートに物語っていると視聴者に訴えかけたいのだろう。だが、これほど無責任な報道はない。

 70社も100社も受験することが物理的にできるだろうか。おそらく希望した企業のHPにアクセスし、エントリーシートを送信した数ではないのか。そのなかで実際に説明会に参加し、さらに面接にまで進むことができた企業はいったい何社くらいあったのだろうか。そうしたディテールをすべてが切り捨てられ「70社」「100社」という数字だけが独り歩きしている。

 就活が過酷であればあるほど、その全体像を正確に伝えるのが、メディアの責務だろう。だが就活報道の実態は、野次馬以下だ。問題のありかをさまざまな切り口から掘り下げる努力も試みもない。まるで談合をしているかのうように、ただただ「非常事態だ」と大騒ぎをして、社会不安を煽りたてるだけの報道が目立つ。

 たしかに昨年の就職内定率は68.8%。「就職氷河期」と呼ばれた1996年当時を下回る厳しさだが、おなじ「氷河期」でも当時と今とでは状況が全く違う。

■今は本当の"就職氷河期"ではない
 採用が「量より質」にシフトしたのみ

「"就職氷河期"という言葉はリクルートが創った言葉ですが、それが(現状に)当てはまるとは思っていません。大手企業が新卒を一括、大量採用することが前提だった時代にあって、(バブル崩壊後に)あの大手もこの大手も採用を凍結するという事象が起こり、それを就職氷河期と表現しましたが、今は違います。苦しくても新卒を採用したいという企業は多い」

 リクナビの岡崎仁美編集長のコメントだ。

 私が出演しているBS日テレの情報番組『財部ビジネス研究所(TBL)』で就活問題を特集、そのインタビューに岡崎編集長が応えてくれた。

「(採用時に)量より質という方向性が厳格に貫かれている中で、需給バランスだけでいうと、学生はどこでも就職できる数字になっている。しかし実際は、(人事部は採用枠を)採り切らないまま採用をやめたり、中途採用と新卒採用にこだわらずに採用したりというような中で(新卒の)就職難という事態が続いている」

 それは数字の上にもはっきりと現れている。

>>ダイヤモンド・オンラインにも原稿アップしました。続きは こちらからご覧下さい!
http://diamond.jp/articles/-/11112?page=2
※ダイヤモンド・オンラインの無料会員登録が必要となります。

2011年2月 4日

中国上海で活躍する日本人若手経営者、その成功の秘訣とは

 BS日テレの番組『財部ビジネス研究所』で中国特集を放送した。上海で成功しつつある30代の日本人若手経営者を紹介したのだが、これがじつに印象的だった。

■現地化は中国語を話すことから

 いずれも外食ビジネス。イタリアン、スイーツ、スープカレーとジャンルは違うが、見事な現地化を実現していた。何が見事だったのかといえば、上海で働く彼らがみな中国語を話すことだった。市場での材料の仕入れも、中国人従業員とのコミュニケーションも、そして最も大切な接客も、すべて中国語でこなしていた。正直、驚嘆した。

 中国ビジネスの難しさは誰よりも分かっているつもりだ。惨憺たる日本企業のありさまをどれだけ目にしてきたか分からない。一見うまくいっているかのように見えても、じつは赤字から抜け出せない大企業も山ほどみてきた。

 その一方で、数は少ないが、中国で大成功をおさめた日本企業の取材にも力をいれてきた。いったいその差はどこにあるのか。

 「現地化」の一言に尽きる。

 中国で失敗の理由をあげつらえば無限に出てくるだろう。だが成功している企業には絶対的な共通項があり、その最たるものが「中国語を話せる」ことだ。逆に中国ビジネスに悪戦苦闘を続ける大企業の多くは、言葉の壁を優秀な通訳によって乗り越えようしている。コミュニケーションの深さは通訳の能力で決まると思っているのだ。

>>日経BPnetにも原稿アップしました。続きは こちらからご覧下さい!
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20110126/258306/?P=2

Profile

財部誠一(たからべ・せいいち)

-----<経歴>-----

1956年、東京生まれ。
1980年、慶應義塾大学法学部卒業。同年、野村證券入社。
1983年、野村證券退社。
1986年、出版社勤務を経てフリーランスジャーナリストに。
1995年、経済政策シンクタンク「ハーベイロード・ジャパン」設立。「財政均衡法」など各種の政策提言を行っている。

-----<出演>-----

『財部ビジネス研究所』 (BS日テレ、土曜23時〜 再放送:日曜9時〜)

『報道ステーション』
(テレビ朝日系/平日21:54〜)

BookMarks

オフィシャルホームページ
http://www.takarabe-hrj.co.jp/

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.