Calendar

2010年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Category

« 「鉄の町」の地域おこし
メイン
尖閣沖事件、中国国内は静かな反応 »

日本振興銀行事件、 木村剛は果たして極悪人なのか?

 日本振興銀行が揺れている。金融庁から一部業務の停止命令を受けたばかりか、事実上の創業者であり、前会長の木村剛氏、西野達也社長ほか3人の合計5人が逮捕された。商工ローン大手SFCG(旧商工ファンド)との債券売買に関連するメールを検査前に削除したことが「検査忌避」にあたるとされた。そんな異常事態のなか、同行の社外取締役を務めていたみずほ銀行の元支店長で作家の江上剛(本名は小畠晴喜)氏が社長に就任。「再建を目指す」と記者会見で語ったものの、楽観が入りこむ余地はない。

 足元の深刻事由は「債権二重譲渡問題」だ。これはSFCGが自社の貸付債権を日本振興銀行と新生信託銀行やあおぞら信託銀行などに二重譲渡。債権譲渡条件で他行に劣後するにもかかわらず、振興銀行が先んじて債権回収を実行。権利が消滅した新生信託などが振興銀行を訴えたものだ。

 7月27日、最初に出された東京地裁の判決は振興銀行の敗訴だった。450万円ほどを不当利得金として新生信託に返還せよという内容。続けて29日に同地裁であおぞら信託の勝訴が言い渡された。同種の裁判は今後も続く。返還請求が相次げば、一部業務停止命令中の振興銀行の経営そのものを揺るがしかねない。

 振興銀行に経営上いくつかの問題があったことは間違いない。だが一連の報道を通じて強い違和感を覚えることがある。それは木村剛元会長の報道のされ方だ。日本銀行に勤務していた90年代、日本の金融界で誰よりもバブル崩壊後の不良債権問題処理に力を注ぎ、小泉政権誕生後は不良債権完全処理へむけて精力を傾注した人物である。

 確かに振興銀行の社長、会長就任以降、親族が経営する企業への融資が問題になるなど、社会的批判を甘受せざるをえない軽率さはあったかもしれない。

>>続きは日経BPネットで!
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20100729/239258/?P=2

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/7217

コメント (22)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。投稿される方は、投稿前に下記のリンクの内容をご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

財部様

ホリエモンのときから、竹中、木村氏と同じようにあなたの財政金融理論をよく拝聴すると同時に、書物も見ていました。
木村氏についてはまことに残念です。しかし法を犯したことは事実であり、処罰は受けなければなりません。その他は、立派な方であり、非難を受けるいわれもありません。マスコミの異常報道はこまりものです。
小沢氏の場合も同じです。しかし彼の場合は、法的には無罪なのです。木村氏以上のマスコミ報道の
異常さにも、声を上げてほしい。
人間として、尊厳は、平等であるべきです。

どうも、この記事の真意がよく分かりません。スタンスとしては擁護をされているようですが、それにしてはイメージだけで形作ろうとされているような。言わんとする事柄に対しては、やはりそれなりの客観的な補強材料が必要ではないかと思います。

只、調査忌避の問題に関しては、本人が否定している以上、現在においては推定無罪で公平に取り扱われるべきだと考えます。

木村氏の評価については、下記のような評価も実存することも確かで、可成りの説得力はあります。

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-b8c3.html

罪部さんなら、具体的にどの様に反論されるのでしょうか。或いは否定されるのでしょうか。

<財部様>
雨天の友ですね。竹中はじめ他の人は、木村氏について一切ノーコメントと、報じられています。
財部さんの経済論については、度々反対のコメントをしてきましたが、友を庇う真っ当な方でした、友情に拍手いたします。
さて、この事案は、まだ闇の中ですが、(なのでここからはあくまでも私の想像です)国策捜査の匂いがします。発端は、金融庁の検査でした。当時、大臣は、反新自由主義の亀井大臣(元警察官僚)です。私はこの事案は、竹中狙いだと思っていました。そこで、何がなんでも木村剛の身柄を取り、木村ラインから竹中の不正について切り込むつもりだったのではないか?とあくまでも想像ですが、私は見立てています。
竹中氏は、何故か国税をアメリカで支払い、あまりに身分不相応なペントハウスを多数米国内に所有するなど、私は、なんらか国際金融資本からの金を得た国賊と見なしています。竹中をつつけば、一番困るのはアメリカです。
ところが、民主党内で政変があり、米国からの日本への年次要望書を突っぱねた鳩山さんから従米従財務省の菅政権に変わりました。
そこで、本件は警察案件から検察特捜案件に変わりました。(アメリカも必死だったのでしょう)
特捜は、村木郵政事件を見るまでもなく、勝手にストーリーを作ります。メールの記録削除について銀行幹部の証言が変わったのは、その様にストーリーを作ったからで、検察リークに他なりません。
私は木村さんは冤罪と思います。ただ、亀井氏が相対的な力を失い、本丸に行き着けなくなりアメリカの影響下にある特捜が乗り出してきた事で、木村さんが何を言おうが、小泉政権下で国民の資産がアメリカに収奪されるシステムに関わった本当の黒幕は、罪を逃れ、木村さんは、トカゲの尻尾になりました。
財部さん、友として支援するなら、頑張ってください。微力ながら応援の声をあげます。

逮捕されようと、起訴されようと、判決が出るまでは容疑者であり犯人ではありません。極悪人か軽犯罪人かも決め付けることはできません。そういうことを問題にすること自体ナイーブな話と思います。
わかっているのは、振興銀行がSFCGの債権を買って、また買い戻させたこと。貸付残高が同行の親睦会的組織の会員企業に多いこと。どうやらあまり業績は良くなかったらしいということです。これらは格別罪ではありません。
小沢さんのときは、元側近の秘書が当局に情報を流し、当局がそれに飛びついたという背景がありました。
今回は、複数の流れがあると思います。一つは内部からのリーク、もう一つはSFCG大島元社長の資産隠しを洗っているうちに、振興銀行の不正取引疑惑が浮上してきたという線です。
したがって国策捜査というのはないんじゃないでしょうか。民主党政権には、検察の役人が安心して国策捜査を敷けるほどの安定感はありません。とりあえずネタがそろったので、パクろうということになったのだと思います。
そのネタがガセか鮮度落ちかは、この先の動きを見るしかありません。
ただ、個人的には、トップが指示して故意にメールを処分させたというアングルは、あまりにも稚拙ですね。可愛げがありすぎる。
普通、そんなやばい取引でメールなんか使いませんよ。

亀井さんが辞めちまって、警察の事件から特捜へ。
もう、これ以上の進展はないんでしょ。
せっかく「別件」でもいいからの捜査が始まって、小泉・竹中の政治犯罪への切り込みが始まるかと思ったのもつかの間、きっと残念な結果が待っているんだろう。

菅がその気になってくれればいいんだが、奴は官僚の手先になっちまったみたいだし、千葉のオバンは、死刑を執行させて見物もして、皆様の注意をあっちに向けちまった。

小泉政権のキーパーソンの一人が逮捕されたというのに、マスゴミは上っ面をなでているだけ。
現在の報道では、財部が言ってる状態そのもの。
マスゴミの、木村たたき。
「木村は、ずるい人間だ。
自分の女房の会社に融資させて、公私混同だ。」
程度で、終わってしまうのだろう。

こいつが、りそなの国有化の流れの中で果たした役割、そして竹中とのつながり。
そこまで行かねば、何も終わらないんだが、亀ちゃんがいなくなれば、何も進まないだろう。
今の小沢じゃ、警察に何かさせるのは無理だろうし。

小泉改革が、何だったのか。
金融再編とは、なんだったのか。
それを、知りたかったのだけれども・・・

菅じゃ、駄目だろうな。

特捜部には、
木村が自殺などしないよう、
せいぜい注意してやっていただきたい。

マスコミが100回報道したらそれは真実となるのです、この国では。

参議院選挙前の投稿以来、久しぶりの投稿です。

小鳩が去って以降、あたしの一年にわたる内なる革命の季節が終了したので、もうここには投稿しないと決めていました。
でも、常連さんのご意見は、しっかりチェックしておりました。

みなさんの怒りや焦り、かなしみや悔しみも、痛いほどわかりました。
でもみなさんは、あまりにも流行(芭蕉のいう不易流行という意味の)に流されすぎだと思ってました。もう少し長いスパンで捉えていただけたらと。
もちろん、高野さんのおっしゃるような、2025年は長すぎるのですが。

ところで、なぜいま投稿しているかといえば、常連のこと恵美さん、本田さん、元株やさんの財部さんの振興銀行の木村事件に対するコメントが、冷静かつ沈着で、ストンと胸に落ちたからです。

これからも、こんなコメントで勉強させてくださいね。

財部さんといえば、何年か前の冬、水掛不動の近くのお店から出てきたのを、ちらっとお見かけしました。
長いコートを着て、一人でどこかに去って行かれました。

木村剛は果たして極悪人かどうかは分かりません.ただ、小泉・竹中時代に時代の寵児の様にもてなされ、テレビにゲストとして、コメンテイターとして取り上げられていた頃、既に小生は家内に「この木村剛はおかしい」と彼の言動の中に胡散臭さを感じて言っていました。竹中氏についても初めから詐欺し的で、弁解王の感じがして好きにはなれませんでした。もちろん、小泉氏にも同じ様に感じました。学生時代、心理学などをかじりましたので、比較的その人の言動から本質が見える事があります。テレビが小泉氏に騙されたのも承知で、さらにその息子をヨイショする事にはびっくりさせられます。
世の中を悪くするものの第一はマスコミです。そしてそれに煽られる愚集です。  さらにそのご機嫌を取るかのように行動する愚かな議員です。

何とかならないでしょうか?


ルールを破ったら相応のペナルティを与えればいいだけであり、「ルールを破るヒトは極悪人」という扱いを止めないといけないと思います。 そのへんは小沢問題にも通じるところです。

shousiminjp様
 私が今日の日本の状況に危機感を抱いているのは小沢氏がいかにもルールを破ったかのような言説が行われ、あたかもそれが事実の如く、新聞、テレビ、雑誌などの大衆メディアで垂れ流し続けられていることです。
 西松事件にしても実態の無い政治団体というのは西松関係者の裁判での証言で否定されています。
又、陸山会の土地購入についての嘘の記載との嫌疑についても、地目変更の条件のある土地取引では問題とされるような期日づれではありません。小沢氏はルール破りなど一切していないのです。
 日本の未来を託すことが出来る大政治家がこんな事実に反した風説の流布で潰されるようなことは決してあってはならないのです。

 人間は誰でも極悪人になりえます。最初立派な志を持っていた人が極悪人になり下がることは、歴史を振り返っても多々あることです。

 金融再生プログラムを作った頃の木村さんは間違いなく優秀で高潔で立派な人だったと思います。歴史に残る功績を成し遂げたと思いますし、それは消えることはないでしょう。

 しかし、銀行経営に乗り出したあたりから歯車が狂い始めたのでしょうね。
 高い志ゆえに、現実と理想の間で生じる齟齬に耐えかねて、徐々に悪に手を染めていったのでしょう。
 2~3年前から、すでに振興銀行のおかしさについては再三指摘されてきましたが、ついに軌道修正できなかったのですね。

 ハッキリ言えることは、独裁体制の組織の中で、独裁者が事態を把握していなかったなどという言い訳は、ほとんどウソだろうということです。
 
 小沢や堀江も同じ。
 取り巻きたちに罪をなすりつけて、自分は「知らなかった」で通そうとする。
 実に姑息な極悪人になり下がったものだと思います。

 かつては尊敬の念を抱いていた人物だけに、とても残念な気持ちです。

振興銀行のsfcgからの債権買い取りは、SFCGの二重譲渡で進行銀行は裁判に負けている。
これは明らかに、振興銀行の経営ミス。中小企業融資を目標に設立された振興銀行が、商工ローンの債権を買い取り、それを買い戻させるという手法で利益を上げていたのは、当初の目的と違い、木村のビジネスモデルが失敗モデルであったということではないでしょうか。そうした、失敗を糊塗するために、金融庁の検査忌避を繰り返したのは、あれだけテレビで金融機関に対する厳しい検査を主張していた、木村氏としては大いに問題ありではないでしょうか。財部氏が木村氏を擁護する理由が分かりません。

M.I.(団塊世代) | 2010年8月 1日 16:19 さま
 「小沢氏はルール破りなど一切していない」というのは言い過ぎだと思いますよ。 現状報道されている事実からいって、裁判で無罪になる可能性は十分ありますが、有罪になる可能性もかなりあるという程度の範囲でしょう。
 しかし、有罪になっても、少々の罰金と議員資格の停止くらいで、 議員辞職になる可能性はあっても量刑的にはたいしたことではないしょう。
 それを、有罪を恐れるばかりに、「一切ルールは違反していない」という人間がいて、その不自然さから「ルール違反をした小沢は極悪人である」というこれも無理な主張との宣伝合戦のような形になってしまっている。
 そここそが問題だと思います。

[ shousiminjp ] 様

「 有罪になっても, 少々の罰金と議員資格の停止くらいで, 議員辞職になる可能性はあっても, 量刑的にはたいしたことではない 」

上記を裏付ける規定の事実を説明して下さい。 

shousiminjp様
「現状報道されている事実」とおっしゃっていますが、どんな事実があるのですか?
 私が知る限り、報道されていることは検察捜査を正当化するための検察ストーリーにそった特捜によるリーク情報やメディアの想像に過ぎず、物的証拠に裏付けられた事実とは程遠いものです。
 「嘘も百回言えば事実となる」という名言どおりで、多くの人達を洗脳する上で有効なナチスが使った手法が、今日の我国でも使われているのです。

投稿者: 良心派 | 2010年8月 5日 12:23 様

政治資金規正法 第28条 と23-26条あたりをお読みください。

投稿者: M.I.(団塊世代) | 2010年8月 6日 10:06 さま
>「現状報道されている事実」とおっしゃっていますが、どんな事実があるのですか?

お答えします。

http://www.the-journal.jp/contents/newsspiral/2010/02/post_499.html
をみまして、
(4)小沢氏は、この定期預金を担保に個人名義で銀行から4億円の融資を受け、同額を陸山会に貸し付けた

とありますが、
それは政治資金規正法第八条に違反していると私は判断しています。

マスコミは基本的には事実から面白いストーリーを作り上げて流布しているだけだとおもいます。
 勿論一時の産経新聞のひどい誹謗ぶりとか、 時々でてくる読売の捏造的報道とかいまのゲンダイ等政治的な偏向ぶりもありますが、 「マスコミは洗脳を意図的に行っている」というのは現状では嘘だといってもいいと私は思っています。
(そもそもテレビも新聞もほとんど見てないのでピンとこないんですが(笑))

shousiminjp様
 お答えを頂き、有難うございます。
小沢氏が個人名義で銀行から融資を受け、それを陸山会に貸し付けたことが政治資金規正法第八条に違反している貴方は判断したとおっしゃっています。
 私は法の専門家ではありませんので法の解釈の是非は論じられませんが、検察が法の専門家である点は間違いありません。貴方が言われるようにそれが法違反であれば西松事件から始まって、何としても小沢氏起訴に持ち込みたかった検察がそれを見逃した理由は何でしょうか? 一時的な資金の立替などは違法に当らない為ではないですか?
 本来、政治資金規正法の制定目的は政治活動を規制するのではなく、政治資金の出入りの透明性を高め、国民監視のもとに置くことです。検察という官僚組織の恣意的な運用によって国民に選ばれた政治家を抹殺する道具とされてはならないのです。

レスしてから一日待ちましたが・
どうも反映されていません・・
なんかまずいことがあって蹴られたのか・・・

ともかく、 私のここでの趣旨は「法律を破ることと悪人・善人とは別に考えよう」です。 ルールはペナルティと対になってのルールであり、 ペナルティを覚悟してルールを破るヒトは、ルールを破らない(破れない)ヒトより自分は好感が持てます。

もうひとつ 対になる概念として 審判(政府)側はルール違反にペナルティはヒトをみたりせずに粛々と適用していかなければなりません。
 そうして グレーゾーンのなかでルールをどう解釈するかのせめぎ合いを通して社会としてのルールの適用の仕方が定まっていくというのがまっとうな社会のあり方だと思います。

本日ついに振興銀行が破綻しました。旧経営陣の責任も追及されることになると思いますが木村氏はどのように責任を取ると思われますか?財部様のご意見をお伺いしたいと思います。
ちなみに私は財部様の記事はいつも感服しておりますが、木村氏に関する記事のみが違和感があります。
木村氏にはこれまで公表された事実から見てコンプラアンスに反する行為があったということだと思います。コンプライアンス違反というのは法令の条文への違反の有無だけではなく「本来こうあってほしいと期待されることに対して反すること」いうことであることは財部様には釈迦に説法と思いますが、木村氏にはその観点で欠けるところが多々あり、それは経営者として致命的であり、その人がリードした財政改革に対する信用を失墜させたことはたいへん残念な結果であったと思います。
李下に冠を正さずという故事を木村氏は考えなかったのでしょうか?
HP社の前CEOマークハード氏がライバルのOracle社の共同社長に就任したこともやはりコンプライアンスに反する行為といえるでしょう。
コンプライアンスが企業の脚を縛るとかなんとか批判がありますが、米国企業を見ていると縛らなければ、何度でも世の中を悪くすることを繰り返すでしょう。
木村氏の評価については十分、世の中で議論すべきと思います。
その意味で財部様には意見をかえず論陣を張っていただきたいと思います

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

財部誠一(たからべ・せいいち)

-----<経歴>-----

1956年、東京生まれ。
1980年、慶應義塾大学法学部卒業。同年、野村證券入社。
1983年、野村證券退社。
1986年、出版社勤務を経てフリーランスジャーナリストに。
1995年、経済政策シンクタンク「ハーベイロード・ジャパン」設立。「財政均衡法」など各種の政策提言を行っている。

-----<出演>-----

『財部ビジネス研究所』 (BS日テレ、土曜23時〜 再放送:日曜9時〜)

『報道ステーション』
(テレビ朝日系/平日21:54〜)

BookMarks

オフィシャルホームページ
http://www.takarabe-hrj.co.jp/

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.