Calendar

2010年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Category

« 日本にも真のリーダーを
メイン
パナソニックの「打倒サムスン」は実現可能か »

ニッポン放送の特番『財部経済研究所』

先ほど、ニッポン放送のラジオの収録をしてきました。『財部経済研究所』という特番です。

テーマは4つ。「新エネルギー」「農業」「就職活動」そして「日本経済」です。久しぶりにラジオに出演したのですが、プロのアナウンサーの方が良い聞き手となってくれたこともあり、楽しくお話させてもらいました。

それにしても、この国はどうしてまっとうな議論が起きないのでしょうか。

今日も驚くべきニュースが飛び込んできて、思わずツイッターでつぶやいてしまいました。未上場株の詐欺が後を絶たないので、企業は上場前に個人投資家への資金を集めをしてはならないというものです。あきれ果てます。

ちなみにニッポン放送の特番放送は7月4日(日)の20時からです。 是非、ご視聴ください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/7065

コメント (2)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。はじめて投稿される方は、投稿の前に下記のリンクの内容を必ずご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

ホントにくっだらないよね。
そんな、胡散臭い話に乗るほうがどうかしている。
証券会社でもないのに、なんで新株を持ってくるんだ。
そんな常識的なことも理解できないで、「だまされた」なんて馬鹿は、ほっておけばいい。
警察は、ただ「サギ」行為を追い詰めるだけでいい。

大体が、証券でも、銀行でも、保険でも、どこへ行っても「確認書」「署名」・・・そんな事で、いい加減な商品の営業が無くなると思っているのが間違っている。

高齢者の信用取引を、暗黙のうちに禁ずる行為は、「差別」なんじゃないのか。

「自己責任」は、どこにあるのか。
こんな下らん規制ばかり、そしてその規制をありがたがる企業と国民。
規制で太くなっていく政府系ナンジャラ法人。

ホントにヤンナルな~。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

財部誠一(たからべ・せいいち)

-----<経歴>-----

1956年、東京生まれ。
1980年、慶應義塾大学法学部卒業。同年、野村證券入社。
1983年、野村證券退社。
1986年、出版社勤務を経てフリーランスジャーナリストに。
1995年、経済政策シンクタンク「ハーベイロード・ジャパン」設立。「財政均衡法」など各種の政策提言を行っている。

-----<出演>-----

『財部ビジネス研究所』 (BS日テレ、土曜23時〜 再放送:日曜9時〜)

『報道ステーション』
(テレビ朝日系/平日21:54〜)

BookMarks

オフィシャルホームページ
http://www.takarabe-hrj.co.jp/

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.