« 2007年9月 | メイン | 2007年12月 »

2007年11月21日

お天道様に恥じないか

伊勢の老舗「赤福」から、和食の最高峰「吉兆」まで、食品をめぐる偽装事件が絶えません。

ここまでくると、何を信じていいのかわからないというのが、正直な実感です。
形式的な大企業のコンプライアンス重視よりも、なによりもブランドを大切にしてきた老舗の知恵が勝るはずだったのに、現実はそうではなかった。

古来、日本にはお天道様に恥じない生き方をするという、明快な哲学があったはずです。

ところがいまやコンプライアンスで手足を縛り上げなければ、まともな商売ができない時代になってしまったようです。

「赤福」と「吉兆」。
彼らは日本にはもう「お天道様」がいなくなったことを暗示しています。

その罪、万死に値します。

しかし老舗が腐る一方で、明確な企業理念をもった、まっとうな若手経営者が続々と誕生していることも間違いありません。

『経営者の輪』に登場いただいたレオス・キャピタルワークスの藤野英人社長の話を聞いていると、「赤福」「吉兆」による精神的ダメージが癒されます。

ぜひ、お読みください。

http://www.takarabe-hrj.co.jp/ring_023.htm

Profile

財部誠一(たからべ・せいいち)

-----<経歴>-----

1956年、東京生まれ。
1980年、慶應義塾大学法学部卒業。同年、野村證券入社。
1983年、野村證券退社。
1986年、出版社勤務を経てフリーランスジャーナリストに。
1995年、経済政策シンクタンク「ハーベイロード・ジャパン」設立。「財政均衡法」など各種の政策提言を行っている。

-----<出演>-----

『財部ビジネス研究所』 (BS日テレ、土曜23時〜 再放送:日曜9時〜)

『報道ステーション』
(テレビ朝日系/平日21:54〜)

BookMarks

オフィシャルホームページ
http://www.takarabe-hrj.co.jp/

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.