Calendar

2011年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

« 高野尖報:イエメンの「大統領制」の実態
メイン
高野尖報:日本はそんなにダメな国なのか? »

高野尖報:北朝鮮にも波及?中東ネット革命

 26日付日経の小さな記事で、北朝鮮北東部の両江道・恵山で24日朝、エジプト民主化デモの事実を伝え「独裁政権を追い出す運動が国際的に展開されている。目を見開き、世の中を見ろ」という内容のビラが大量にまかれたと報じている。韓国の北朝鮮向け民間ラジオが伝えたところを引用したもの。中国国内で印刷して持ち込まれ、住宅地や路上にバラ撒かれたもので、誰が撒いたかは不明。また中朝国境に近い平安北道・新義州では、住民が警察との小競り合いから抗議デモが発生、軍部隊が鎮圧に当たったという。

 近着の『AERA』3月7日号に「北朝鮮でも暴動が始まった」によると、新義州の件は、市場で警官に殴られた商人が意識不明になり、家族や仲間数百人が抗議に立ち上がり、軍が主導して45人が死亡したとも言われる。『AERA』によると、

▼2月14日ごろ、平安北道・竜川など数カ所で「もう生きていけない、電気と米をよこせ」という抗議も起きた。

▼咸鏡北道・清津では、14年間にわたって些細な罪で住民を刑務所に送って住民の恨みを買っていた元警察署長が数人の住民から石を投げられて死亡した。

 北では、フェイスブックはもちろんインターネットそのものが使えず、携帯電話がようやく始まったばかり。08年末に、皮肉なことに、エジプトの通信企業オラスコム・テレコムと提携して携帯事業を始めたばかり。とはいえ人口2400万人のうち携帯を使えるのは、金を持っている60万人程度でしかない。が、アラブの独裁国も中国も北朝鮮でさえも、経済を発展させようとすれば世界との情報接続を増進せざるを得ず、となるとその電子手段が反独裁の民主化運動の武器となることを阻むことが出来ない。▲

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/7876

コメント (2)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。投稿される方は、投稿前に下記のリンクの内容をご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

高野 様

情報から隔絶遮断した社会が存在できない現代社会では、「みざる、いわざる、きかざる」は、不可能です。独裁者にとっては、極めて都合が悪くなってきました。

国民から隠しておこうとする秘密外交文書も秘密性を確保することが困難になってきました。

記者クラブなどの既得権益なども
形骸化し、ネット伝達で同じ情報を最小費用で、必要な人に伝えられるようになっています。企業の広告も安く効果的に成果が上がります。今尚、記者クラブなどが、今までの権益が独占的に得られると考えているとしたら、時代遅れもはなはだしいことです。

すべてが変わっており、年金生活者である我々も、ネット情報に身近に接せられるかどうかで、情報の過疎が極端に差が出てきます。新聞、テレビなどはなくともネット情報なしでは生活がしにくくなっています。

本格的な情報社会に対応する心構えができているかどうかが、生活の豊かさに差をつけることは確かです。

北朝鮮も、情報は徐々に社会の中に蓄電し、大きなパワーが爆発するときは、それほど先のことではないような気がします。

当たり前のことが当たり前に行われる社会が一番強いのではないでしょうか。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

高野 孟(たかの・はじめ)

-----<経歴>-----

1944年東京生まれ。
1968年早稲田大学文学部西洋哲学科卒。
通信社、広告会社勤務の後、1975年からフリー・ジャーナリストに。
同時に内外政経ニュースレター『インサイダー』の創刊に参加。
80年に(株)インサイダーを設立し、代表取締役兼編集長に就任し現在に至る。
94年に故・島桂次=元NHK会長と共に(株)ウェブキャスターを設立、日本初のインターネットによる日英両文のオンライン週刊誌『東京万華鏡』を創刊したほか、PC-VAN・NIFTY-Serve・MSN、富士通ブロードキャストその他電子メディアのコンテンツ創造、講談社・小学館・集英社その他出版社のウェブサイト開設、『インサイダー』のメルマガ化、などを次々に手掛け、インターネット・ジャーナリズムの先駆的開拓者と呼ばれた。
現在、それらの経験を活かして、独立系メディアの総合サイト《THE JOURNAL》に取り組んでいる。
2002年に早稲田大学客員教授に就任、「大隈塾」の授業「21世紀日本の構想」、ゼミ「インテリジェンスの技法」、社会人ゼミ「ネクスト・リーダーズ・プログラム」を担当している。

-----<出演>-----

『サンデープロジェクト』
(TV朝日系、日曜10:00~)

『朝まで生テレビ!』
(TV朝日系、最終金曜25時頃~)

『たけしのTVタックル』
(TV朝日系、月曜日21:00~)

『情報ライブ ミヤネ屋』
(読売TV系、月~金曜21時~)

BookMarks

東京万華鏡:TOKYO KALEIDO SCOOP
http://www.smn.co.jp/

INSIDER:インサイダー
http://www.smn.co.jp/insider/

大阪高野塾
http://www.osaka-takano.com/

-----<著書>-----


『滅びゆくアメリカ帝国』
2006年9月、にんげん出版


『ニュースがすぐにわかる世界地図(2006年版)』
2005年、ポスト・サピオムック


『最新・世界地図の読み方』
1999年、講談社現代新書

『情報世界地図 98』
1997年、国際地学協会

『地球市民革命』
1993年、学研

『21世紀への世界時計』
1991年、集英社

『入門世界地図の読み方』
1982年、日本実業出版社

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.