Calendar

2010年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Recent Comments

« 高野孟の遊戯自在録007
メイン
高野孟の遊戯自在録009 »

高野孟の遊戯自在録008

9月21日(火)

 昨日、萩の写真を添付するのを忘れた。
hagi.JPG



















 品川発10:17で大阪へ。「ミヤネ屋」出演。トップニュースは「村木事件を担当した大阪地検特捜部の主任検事が証拠のフロッピーディスクのデータを改竄?」。前代未聞......と言うよりも、表沙汰になったのが初めてだというだけことで、最初にストーリーをデッチ上げてそれに沿って供述調書を創作し、脅しや欺しで無理矢理署名させて公判に持ち込んで、かつ都合のいい証拠だけ提出して都合の悪いものは隠蔽するという、検察の特に特捜部に顕著な"冤罪体質"が、最も愚劣な形で露見したのである。この前田恒彦という主任検事はクビ間違いなしだが、彼個人の"犯罪"として片づけるには余りにも事は重大で、大阪地検検事正のみならず検事総長の責任問題にまで発展するだろう。私は番組で、「特捜部というのはそもそも、戦後GHQが『そんなもの要らない』と言うのを、検察が必死で工作して、まず『隠匿退蔵物資事件捜査部』を作って、つまりは旧日本軍の物資が闇に隠れてしまうのを摘発してGHQの管理に移すという仕事をやって媚びを売って、それが後に東京地検特捜部に発展した。今回の事件は、結局、そこまで遡って、特捜というものが本当に要るのかどうかというところまで行くのではないか」という趣旨で発言した。

 17時半から法善寺横丁の「美加佐」で知人と一杯。さよりの一夜干しが極上だった。歩いて心斎橋の「BAR JAZZ」で久しぶりに聴くLPレコードのソニー・ロリンズでラムのロック。大阪泊。


9月22日(水)

 早朝大阪を出て帰宅。途中、君津ICで下りてホームセンター=ジョイフルホンダで木材、塗料等を買い、465号線沿いの「川口金物店」に寄る。川口さんは、辺鄙なところにポツンとある農具中心の小さな金物屋だが、ホンダやカインズなどのホームセンターにはないプロ用の農具・刃物を厳選して置いていて、南房総全域から客がやってくる。親父と話し込んで、「この鎌は、長野の伝統工芸士が作っていて、凄いんだ。ほら、見てごらん。首のところはこんなに厚みがあるのに先の方に行くとこんなに薄くなっている。こういう鎌は今はなくなってきた。3500円でちょっと高いけど、自分で研いでちゃんと使えるなら一生ものだよ」とか言われて、刃長7寸、柄1尺6寸の大型草刈り鎌を買ってしまった。

 溜まった雑誌を10冊ほど流し読み。『週刊朝日』は小沢復活論で、鈴木宗男、上杉隆らの座談会を載せている。今週の週刊誌では『週刊現代』だけが「小沢は終わった」論で、あとは大体において「小沢は必ず蘇る」論。まあそうなったほうが面白いからね。『クーリエジャポン』のメイン特集は「本当に必要な知識はマスコミでは得られない」、30ページ近くを使って主としてアメリカのネット・メディアの最新動向を伝えていて勉強になった。「ツイッターの次はタンブラー(Tumblr)だ」とか、「GOOGLEが実験中の新ニュース・サービス『ファストフリップ(Fastflip)』に注目せよ」とか、知らないことがいろいろあった。

 書斎からふと窓を見ると、10メートルほど離れた柿の木の葉っぱの上になにやら塊のようなものが......。双眼鏡で覗くと、何と蛇が昼寝している。これはヤマカガシかな。地が赤っぽいのはたぶん幼蛇。蛇の樹上昼寝は初めて見たので望遠レンズで撮っておいた。2時間後に見たらいなくなっていたので、どこかへ出動したのだろう。
hebi.JPG

今日は旧暦の8月15日で中秋の名月。この夜、かぐや姫は月に帰って行った。うちの3歳の孫娘は新暦の8月15日生まれで、月を見るのが大好きなので、私は「かぐや姫の生まれ変わりだ」とか言ってジジバカ扱いされている。娘に電話して「ちゃんとお月見をやりなさいよ」と念を押した。

 夕方、近くのスーパーにウィスキーその他を買いに行くと、レジ近くにヤマザキパンの「月見だんごセット」が置いてあるので買ってきた。家内が欧州旅行中で、一人でお月見をしても仕方ないとは思ったものの、孫の健康を祈ってススキを飾りだんごを供えた。それをやっている最中に背中のほうからNHKニュースが「先ほど今日が満月だと申し上げましたが、満月は明日でした」とか言っていた。「エッ」と思ったが、どうせ明日は雨だろうからこれでいいことにしよう。

tsukimi.jpg
9月23日(木)

 久々の慈雨。朝刊に村上正邦元労相の「躍進日本!春風の会」設立記念の会が9月28日、明治記念館で開かれるとの広告が出ていた。村上さんは2001年に、KSD財団が進める「ものづくり大学」計画を後押しして賄賂を受け取ったとして逮捕され、地裁・高裁とも有罪で05年に収監、昨年秋に仮釈放されていた。これも国策捜査の疑い濃厚な事件で、そのため宮崎学、魚住昭、佐藤優ら「神保町グループ」とは縁があって、そのせいかどうか、村上事務所からザ・ジャーナルに対し、「ニコ動も考えたが、こういうマトモな内容はやっぱりザ・ジャーナルだろう」ということで「当日の模様を生中継してくれないか」との申し入れがあった。自民党の右といっていい方面からもそのように言って頂くのはメディアとして有り難いことで、喜んでお受けすることにした。第1部は中曽根大勲位と米長邦雄永世棋聖の記念講演、第2部は懇親会。懇親会は多彩な顔ぶれになりそうなので、当方のゲリラ取材が活躍するだろう。

kama2.JPG
 雨で外に出られないので、昨日買った鎌のケースを製作。柄は柿渋、ケースは柿渋に「合煤」という焦げ茶色の伝統顔料を混ぜたものを塗った。ついでに、娘夫婦が稲刈りで使った2本を含め全部で5本ある鎌を片端から研いで油を塗って整備した。鎌は刃先が薄くてデリケートで、一度錆びさせたら劣化が始まってしまい、いくら研いでも刃こぼれが酷くなるので、お手入れが肝心。

 夕方、ニラレバ炒めと地元産アジの干物で、一昨日知人から送られてきた宮崎県国富町=八町坂酒造場の濁り酒「しこたま」を賞味しながら、通販で届いたDVD12巻セット『森浩一が語る日本の古代』のうち第1巻「考古学の楽しみ」、第2巻「旧石器時代・縄文時代」、第3巻「縄文時代・東の文化」、第4巻「弥生時代・西の文化」までを計4時間26分、一気通観。これはなかなか優れもので、最新の考古学の成果を漏れなくカバーしながら、どこがどう新しい成果なのかを上手に整理してくれている。昔は縄文時代を「原始時代」と呼んだものだが、とんでもない、当時世界最先端の高度な文明であったことがよく分かる。

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/7374

コメント (3)

■コメント投稿について編集部からのお願い

《THE JOURNAL》では、今後もこのコミュニティーを維持・発展させていくため、コメント投稿にルールを設けています。投稿される方は、投稿前に下記のリンクの内容をご確認ください。

http://www.the-journal.jp/contents/info/2009/07/post_31.html

ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

百姓一揆で使われそうな立派な鎌です。すこし見とれました。

お孫さんのこととなると「天才」でも「羨望の現代人」でもなくて単なる「ジジバカ」に下りてくるのが実にいい。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

高野 孟(たかの・はじめ)

-----<経歴>-----

1944年東京生まれ。
1968年早稲田大学文学部西洋哲学科卒。
通信社、広告会社勤務の後、1975年からフリー・ジャーナリストに。
同時に内外政経ニュースレター『インサイダー』の創刊に参加。
80年に(株)インサイダーを設立し、代表取締役兼編集長に就任し現在に至る。
94年に故・島桂次=元NHK会長と共に(株)ウェブキャスターを設立、日本初のインターネットによる日英両文のオンライン週刊誌『東京万華鏡』を創刊したほか、PC-VAN・NIFTY-Serve・MSN、富士通ブロードキャストその他電子メディアのコンテンツ創造、講談社・小学館・集英社その他出版社のウェブサイト開設、『インサイダー』のメルマガ化、などを次々に手掛け、インターネット・ジャーナリズムの先駆的開拓者と呼ばれた。
現在、それらの経験を活かして、独立系メディアの総合サイト《THE JOURNAL》に取り組んでいる。
2002年に早稲田大学客員教授に就任、「大隈塾」の授業「21世紀日本の構想」、ゼミ「インテリジェンスの技法」、社会人ゼミ「ネクスト・リーダーズ・プログラム」を担当している。

-----<出演>-----

『サンデープロジェクト』
(TV朝日系、日曜10:00~)

『朝まで生テレビ!』
(TV朝日系、最終金曜25時頃~)

『たけしのTVタックル』
(TV朝日系、月曜日21:00~)

『情報ライブ ミヤネ屋』
(読売TV系、月~金曜21時~)

BookMarks

東京万華鏡:TOKYO KALEIDO SCOOP
http://www.smn.co.jp/

INSIDER:インサイダー
http://www.smn.co.jp/insider/

大阪高野塾
http://www.osaka-takano.com/

-----<著書>-----


『滅びゆくアメリカ帝国』
2006年9月、にんげん出版


『ニュースがすぐにわかる世界地図(2006年版)』
2005年、ポスト・サピオムック


『最新・世界地図の読み方』
1999年、講談社現代新書

『情報世界地図 98』
1997年、国際地学協会

『地球市民革命』
1993年、学研

『21世紀への世界時計』
1991年、集英社

『入門世界地図の読み方』
1982年、日本実業出版社

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.