Calendar

2010年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 2009年12月 | メイン | 2010年4月 »

2010年1月 1日

明けましておめでとうございます

IMG_1178.JPG

 今朝6時55分、鴨川の海岸から見た太平洋の初日の出です。明けましておめでとうございます。今年も《THE JOURNAL》をよろしくお願いします。

 本サイトも創設から1年3カ月、歴史的な政権交代という追い風に煽られるようにして、昨夏の衆院選以降は月間200〜250万ページビュー(PV)をコンスタントに確保する一人前のメディアに成長してきました。これもひとえに熱心な読者の皆様のお陰と心から感謝しています。PVがこのくらいになると、大雑把に言って、発行部数20万部程度の月刊誌を持っているのと同じことになるので、今年はいよいよ真剣に、サポーター企業会員の拡大と広告スポンサーの募集に取り組んで、持続可能な財政的基盤を確立し、コンテンツの一層の充実を図りたいと思います。

 既存テレビ界が衰弱著しい中で、本サイトとしては、映像による発信を増強して、文字と映像の見境のない独自の表現スタイルを追求していきます。私自身も、「論説」(=インサイダー記事)やこもんず枠内のこのブログに加えて(と言うかこのブログの一部を映像化して)、「炉辺閑談」とでも題して、「今日の朝刊のこの記事は面白いですねえ」というようなことを一人語りするビデオクリップを自分で撮ってすぐ載せるということを試みようかと考えています。ルーズベルト大統領が始めた週1回のラジオ・メッセージが「炉辺談話(Fireside Talk)」ですが、週イチと言わず週に2〜3度、そういうことが出来るといいなあと思っています。私の家はメインの暖房が薪ストーブで、寒い朝は火を焚いて、コーヒーカップを片手に新聞を開くのが日課なので、その一部を中継するという感じになります。もっともストーブが要らない季節になればベランダのテーブルに移るので「緑陰閑談」ということになりますし、旅先だと「旅装閑談」ですが、まあどこにいても気分は炉辺ということで。「閑談」は「静かに話すこと」ですけれども、併せて、閑な時はやるが忙しい時は間が空くこともありえますという予防線でもあります。

IMG_1186.JPG

 景気の行方は今年の心配事の1つですが、鴨川と隣の天津の漁港はアジ、サバなど青物を中心に未曾有の好景気。船長から下働きのバイトまで含めた船員さんの平均年収は昨年、1200〜1300万円に達したと言います。いつもこうなら漁業も復興するのですが、そうはなかなかいかないようです。

 鴨川は湘南に先駆けた日本サーフィン発祥の地。多くのサーファーが住み着いていて、彼らの暮らし方の1つの形は、海が荒れている日にはサーフィンを楽しみ、海が凪いでサーフィンが出来ない日には漁船が出るので船員のバイトという何とも絶妙なものですが、そういう彼らでも昨年は800万円ほど稼いだそうで、質素な暮らしを旨とする彼らには恐らく数年分の収入となったでしょう。これも、「人生カネじゃない」と割り切って「半漁半波乗り」とも言うべき田舎暮らしを探究する、知恵ある若者たちのたくましい姿です。

IMG_1189.JPG

IMG_1192.JPG

 拙宅から車で5分の「大山千枚田」の元旦。大晦日にちらついた雪がうっすらと残った田んぼが初日を浴びて息づき始めています。その周りでは、この辺りから鋸南町にかけての名物で江戸時代から盛んに出荷されてきた水仙が、早くも満開。我が家の庭(と言うか原野)でも間もなく蕗の薹が出て、そうするとすぐに常連の鶯が5〜6羽やってきて、8月中旬まで居座って飽きもせずに鳴き続けます。風は冷たいがよく晴れて、春近しを実感する結構なお正月でした。▲

Profile

高野 孟(たかの・はじめ)

-----<経歴>-----

1944年東京生まれ。
1968年早稲田大学文学部西洋哲学科卒。
通信社、広告会社勤務の後、1975年からフリー・ジャーナリストに。
同時に内外政経ニュースレター『インサイダー』の創刊に参加。
80年に(株)インサイダーを設立し、代表取締役兼編集長に就任し現在に至る。
94年に故・島桂次=元NHK会長と共に(株)ウェブキャスターを設立、日本初のインターネットによる日英両文のオンライン週刊誌『東京万華鏡』を創刊したほか、PC-VAN・NIFTY-Serve・MSN、富士通ブロードキャストその他電子メディアのコンテンツ創造、講談社・小学館・集英社その他出版社のウェブサイト開設、『インサイダー』のメルマガ化、などを次々に手掛け、インターネット・ジャーナリズムの先駆的開拓者と呼ばれた。
現在、それらの経験を活かして、独立系メディアの総合サイト《THE JOURNAL》に取り組んでいる。
2002年に早稲田大学客員教授に就任、「大隈塾」の授業「21世紀日本の構想」、ゼミ「インテリジェンスの技法」、社会人ゼミ「ネクスト・リーダーズ・プログラム」を担当している。

-----<出演>-----

『サンデープロジェクト』
(TV朝日系、日曜10:00~)

『朝まで生テレビ!』
(TV朝日系、最終金曜25時頃~)

『たけしのTVタックル』
(TV朝日系、月曜日21:00~)

『情報ライブ ミヤネ屋』
(読売TV系、月~金曜21時~)

BookMarks

東京万華鏡:TOKYO KALEIDO SCOOP
http://www.smn.co.jp/

INSIDER:インサイダー
http://www.smn.co.jp/insider/

大阪高野塾
http://www.osaka-takano.com/

-----<著書>-----


『滅びゆくアメリカ帝国』
2006年9月、にんげん出版


『ニュースがすぐにわかる世界地図(2006年版)』
2005年、ポスト・サピオムック


『最新・世界地図の読み方』
1999年、講談社現代新書

『情報世界地図 98』
1997年、国際地学協会

『地球市民革命』
1993年、学研

『21世紀への世界時計』
1991年、集英社

『入門世界地図の読み方』
1982年、日本実業出版社

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.