Calendar

2009年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 2009年9月 | メイン | 2009年11月 »

2009年10月24日

津田昭治のギター・ソロによるバッハ名曲集が心地よい!

 日本の代表的クラシック・ギター奏者である津田昭治の新アルバム「ギター・ソロで弾くJ.S.バッハ名曲集」が現代ギター社から発売された。津田はギター独奏によるバッハを今まで何度もCDにしているが、今回のは滋賀県高島市ガリバーホールという響きのいいことで知られる会場での生録音で、その透き通っていながら暖かみのある音色がすばらしい。今日、薄ら寒い夕方に薪ストーブを焚いてこのCDをかけると、至福の空間が現出した。

 と、まあ他人行儀のようなことを言っているけれども、津田は私の高校同級生でブラスバンド仲間で、ブラスバンドではクラリネットだったがそれ以前も以後も本職というか天職にしていたのはギターで、早稲田の政経を出ながら(と言うのもおかしいが、いくらでも安楽な就職もあっただろうに敢えて苦難を選んで)ギタリストになった。ウクレレ奏者としても知られていて、クラシックやポピュラーのアルバムがいくつもある。

tsuda091024.jpg

購入はこちらから!
http://www.gendaiguitar.com/index.php?main_page=product_info&products_id=130235

2009年10月 6日

政治記者も「政権交代」

 池上彰が「記者も『政権交代』」と書いている(5日付朝日夕刊)。「新聞の読者の多くはご存じないことだと思いますが、取材する報道の側の『政権交代』も起きつつあります」。これまで新聞社もテレビ局も、政権与党だった自民党に多くのベテラン記者を充て、野党の民主党にはずっと数少ない、主として若手の記者を配してきた。政権が代わって、記者の配置も、自民党担当を減らして民主党担当を増やすという「政権交代」が必要ということになるが、「自民党幹部と信頼関係を築いてきたのに、手の平を返すように反対政党の取材担当になるのは潔しとしない」という記者も多いという。政治記者が長年にわたり永田町業界紙記者、派閥の御用記者に成り下がってきたので、こういうことになる。

 ここから先は池上は書いていないが、もっと有り体に言うと、森首相以来、小泉、安倍、福田と約10年間にわたり旧福田派政権が続いてきたために、それに連動してマスコミ各社政治部でも専ら福田派系が出世して主流派を占めてきた。昨春来の「小沢辞任せよ」や「二重権力」論などマスコミこぞっての反小沢論調の横溢、重箱の隅をつつくような民主党の揚げ足取りのキャンペーンも、そのようなマスコミ内の福田派系の専横体制と大いに関係がある。この体制はすぐには変わらず、来年春から夏前の人事異動までは大きくは動かないし、上層部の親福田派=親自民的傾向はその後も続くから、当分の間、反小沢=反民主的な論調は続止むことがない。しかし一方で親民主派も次第に台頭してせめぎ合いが起こる。この模様は、官僚体制の鳩山政権への対応の渾沌ぶりと同曲のもので、苔生した上層部には自民党時代へのノスタルジアもあって反民主傾向が強いが、やる気のある中堅・若手の中には積極的に新政権に奉仕しようという流れも出てきて、両者の矛盾が激化する。

 面白いことに、NHKは予算が国会に握られているから新聞社より政権交代には敏感である。朝日の某記者の解説によると、昨夏のNHKの戦争体験発掘のドキュメンタリーには「よくここまでやったな」と思わせる傑作が多かったが、これは、政権交代の予感の中で、これまでだったら上部からブレーキがかかって当たり前だったような内容でも、抑えることが出来ない雰囲気が広まっていたためで、つまりはNHKの政権交代へのそれなりの対応の現れなのだという。読売のネベツネもだいぶ前から民主党幹部と接触を始めている。こうしたことが実際の報道論調にいつからどういう変化をもたらすのか、興味は尽きない。▲

Profile

高野 孟(たかの・はじめ)

-----<経歴>-----

1944年東京生まれ。
1968年早稲田大学文学部西洋哲学科卒。
通信社、広告会社勤務の後、1975年からフリー・ジャーナリストに。
同時に内外政経ニュースレター『インサイダー』の創刊に参加。
80年に(株)インサイダーを設立し、代表取締役兼編集長に就任し現在に至る。
94年に故・島桂次=元NHK会長と共に(株)ウェブキャスターを設立、日本初のインターネットによる日英両文のオンライン週刊誌『東京万華鏡』を創刊したほか、PC-VAN・NIFTY-Serve・MSN、富士通ブロードキャストその他電子メディアのコンテンツ創造、講談社・小学館・集英社その他出版社のウェブサイト開設、『インサイダー』のメルマガ化、などを次々に手掛け、インターネット・ジャーナリズムの先駆的開拓者と呼ばれた。
現在、それらの経験を活かして、独立系メディアの総合サイト《THE JOURNAL》に取り組んでいる。
2002年に早稲田大学客員教授に就任、「大隈塾」の授業「21世紀日本の構想」、ゼミ「インテリジェンスの技法」、社会人ゼミ「ネクスト・リーダーズ・プログラム」を担当している。

-----<出演>-----

『サンデープロジェクト』
(TV朝日系、日曜10:00~)

『朝まで生テレビ!』
(TV朝日系、最終金曜25時頃~)

『たけしのTVタックル』
(TV朝日系、月曜日21:00~)

『情報ライブ ミヤネ屋』
(読売TV系、月~金曜21時~)

BookMarks

東京万華鏡:TOKYO KALEIDO SCOOP
http://www.smn.co.jp/

INSIDER:インサイダー
http://www.smn.co.jp/insider/

大阪高野塾
http://www.osaka-takano.com/

-----<著書>-----


『滅びゆくアメリカ帝国』
2006年9月、にんげん出版


『ニュースがすぐにわかる世界地図(2006年版)』
2005年、ポスト・サピオムック


『最新・世界地図の読み方』
1999年、講談社現代新書

『情報世界地図 98』
1997年、国際地学協会

『地球市民革命』
1993年、学研

『21世紀への世界時計』
1991年、集英社

『入門世界地図の読み方』
1982年、日本実業出版社

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.