Calendar

2009年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Comments

« 携帯でポップコーンを作る方法
メイン
携帯でポップコーンは出来なかった! »

BOSEヘッドフォンに新製品登場

 我が家はBOSEファンで、居間のオーディオ(ラジオ&CD)も書斎のパソコンのスピーカーもみなBOSEだが、私がとりわけ愛用しているのはノイズキャンセリング・ヘッドフォン「クワイアットコンフォート」。いま使っているのはQuietComfort3だが、この9月末にさらにノイズキャンセリング機能を高めた新製品QuietComfor15が、価格も7000円余り安くなって登場した。

http://www.bose.co.jp/jp_jp?url=/consumer_audio/headphones/quiet_comfort/quiet_comfort15/qc15.jsp&src=em090930

 ノイズキャンセリングとは、BOSEが航空機パイロット用の高性能ヘッドセットの開発を通じて培ってきた技術で、不必要なノイズをマイクで識別してそれと逆位相の音波を発して低周波ノイズだけを音響的に消してしまうというビックリの優れ技。また中高周波ノイズは主として研究され尽くしたイヤーカップの形状や圧迫感の少ないクッションなどの性能によって侵入を軽減する。

 私のように旅行が多い者には必需品で、新幹線や飛行機の中で着用してiPodや座席のジャックに接続したり、何も聴きたくない場合はノイズキャンセリング機能だけオンにしておけば、ゴォーッという列車や飛行機の轟音もかなり遠ざかって、自分だけの静寂環境に浸ることが出来る。それでいて、(安全性への考慮から)人の話し声の周波数帯域は全部は消さないので、車内・機内放送やスチュワーデスの話しかけの音声は聞き取れる。世界の主要航空会社のファーストクラスには席ごとに常備されていると言うが、当然だろう。

 新幹線や飛行機のような高速交通機関は低周波・超低周波騒音公害の塊で、聞こえる騒音だけでなく聞こえない騒音までが体に影響して、安眠を妨げたり疲労や肩こりを余計に酷くしたりするので、それを軽減するという効果もある。

 別に旅行先でなくとも、喫茶店で携帯パソコンを開いて作業をする時や、自宅の書斎であってさえも、これを着けていると余計な音が聞こえずに集中力が格段に増す。大都会暮らしの人は特に、様々な騒音や低周波騒音の被害に気づかずに(気づかないようにしていないと生きていられないという一面もある)、原因不明の体調不良や精神不安定に苦しんでいる場合がある。自分を取り巻いている「音」を自覚的に見直すきっかけとしても、この優れものを試してみることをお勧めする。▲

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/6002

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

高野 孟(たかの・はじめ)

-----<経歴>-----

1944年東京生まれ。
1968年早稲田大学文学部西洋哲学科卒。
通信社、広告会社勤務の後、1975年からフリー・ジャーナリストに。
同時に内外政経ニュースレター『インサイダー』の創刊に参加。
80年に(株)インサイダーを設立し、代表取締役兼編集長に就任し現在に至る。
94年に故・島桂次=元NHK会長と共に(株)ウェブキャスターを設立、日本初のインターネットによる日英両文のオンライン週刊誌『東京万華鏡』を創刊したほか、PC-VAN・NIFTY-Serve・MSN、富士通ブロードキャストその他電子メディアのコンテンツ創造、講談社・小学館・集英社その他出版社のウェブサイト開設、『インサイダー』のメルマガ化、などを次々に手掛け、インターネット・ジャーナリズムの先駆的開拓者と呼ばれた。
現在、それらの経験を活かして、独立系メディアの総合サイト《THE JOURNAL》に取り組んでいる。
2002年に早稲田大学客員教授に就任、「大隈塾」の授業「21世紀日本の構想」、ゼミ「インテリジェンスの技法」、社会人ゼミ「ネクスト・リーダーズ・プログラム」を担当している。

-----<出演>-----

『サンデープロジェクト』
(TV朝日系、日曜10:00~)

『朝まで生テレビ!』
(TV朝日系、最終金曜25時頃~)

『たけしのTVタックル』
(TV朝日系、月曜日21:00~)

『情報ライブ ミヤネ屋』
(読売TV系、月~金曜21時~)

BookMarks

東京万華鏡:TOKYO KALEIDO SCOOP
http://www.smn.co.jp/

INSIDER:インサイダー
http://www.smn.co.jp/insider/

大阪高野塾
http://www.osaka-takano.com/

-----<著書>-----


『滅びゆくアメリカ帝国』
2006年9月、にんげん出版


『ニュースがすぐにわかる世界地図(2006年版)』
2005年、ポスト・サピオムック


『最新・世界地図の読み方』
1999年、講談社現代新書

『情報世界地図 98』
1997年、国際地学協会

『地球市民革命』
1993年、学研

『21世紀への世界時計』
1991年、集英社

『入門世界地図の読み方』
1982年、日本実業出版社

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.