Calendar

2009年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 2009年4月 | メイン | 2009年6月 »

2009年5月31日

朝日新聞も「声」欄は読む価値がある!

 本サイトへの書き込みを読む限り、西松建設事件での小沢一郎公設秘書の逮捕以後の「小沢辞めろ」キャンペーンに嫌気が差して朝日新聞の購読を止めてしまった人が多いようで、それももっともだとは思うけれども、同紙の中で読者投稿欄の「声」だけはなかなか頑張っている。これまでも、同紙の反小沢の異常なまでの論調を批判する投書を何度か載せてきたが、今日も「西松建設事件、人権侵害では」という東京都小平市、59歳の一文を載せている。秘書の保釈に触れつつ、「自白を求めるためだけの長期勾留は重大な人権侵害ではないのか」と指摘、また秘書の拘留中に「関係者の話による」報道を繰り返した各報道機関は、今こそ西松建設だけでなく、政治献金全体の実態について、また今回の立件に至るまでの経緯について、競って報道して欲しい。それが報道機関に課せられた“説明責任”である」と断じている。

 その通り。世間には“説明責任”を求めながら自分のことになると“説明責任”を果たさないのがマスコミだ。今日は読売新聞東京本社が社員同士の飲み食いを取材費と偽って経理処理していて脱税に問われたことが明らかになったが、人様の脱税や裏金や不正経理を居丈高に告発しながら自分がこれをやっているんでは話にならない。自民党や民主党の派閥の弊害とか言うけれども、新聞社くらい派閥の弊害が目に余る企業もあまりない。天に唾するようなことを言っているのである。

 朝日の「声」欄が、担当者の良心に基づく抵抗なのか、せめてそこでは他人の褌で異見を出して自らを免罪しようという社としてのバランス感覚による方針なのかは分からないが、まだ朝日を購読している方は懲りずにどんどん投書すれば万が一にも載るかも知れないので、頑張って頂きたい。私の一貫した考えでは、マスコミを端から敵視するのは間違いで、確かに全体としては酷いものではあるけれども、第1に、それがまだ圧倒的な影響力を持っていることは認めざるを得ず、第2に、その中で頑張って良心的な仕事をしようと悪戦苦闘しているジャーナリストや制作者は(一般に想像されているよりも遙かに多く)いるのであって、従って第3に、そこでは正論を吐く人間(例えば私?)がゲリラ的に隙間に入り込んで発言する余地があって、その限りにおいて、いつ首を切られてもおかしくないと覚悟しつつ言いたいことを言っている訳なのだ。かつて日本TVの中村敦夫「ザ・サンデー」ではブッシュ父の湾岸戦争をコテンパンに批判して読売の圧力で中村共々降板させられ、TV朝日「サンプロ」では「民主党に首を突っ込みすぎた」という理由で一時出演中止になったことが2度もあったが、まあ何とか続けていて、それはTV朝日が田原を手放せず、田原は高野を手放せないという危うい構造で成り立っていることで、きわどい話なのである。

 マスコミは本質的には終わっているが、現象的にはまだ多大な影響力を持っていて、ネット世論は質は高いが、量は多くない。そこで、私らプロのジャーナリストもアマの読者・視聴者もこのマスコミという怪物との賢い付き合い方が問われるのである。▲

Profile

高野 孟(たかの・はじめ)

-----<経歴>-----

1944年東京生まれ。
1968年早稲田大学文学部西洋哲学科卒。
通信社、広告会社勤務の後、1975年からフリー・ジャーナリストに。
同時に内外政経ニュースレター『インサイダー』の創刊に参加。
80年に(株)インサイダーを設立し、代表取締役兼編集長に就任し現在に至る。
94年に故・島桂次=元NHK会長と共に(株)ウェブキャスターを設立、日本初のインターネットによる日英両文のオンライン週刊誌『東京万華鏡』を創刊したほか、PC-VAN・NIFTY-Serve・MSN、富士通ブロードキャストその他電子メディアのコンテンツ創造、講談社・小学館・集英社その他出版社のウェブサイト開設、『インサイダー』のメルマガ化、などを次々に手掛け、インターネット・ジャーナリズムの先駆的開拓者と呼ばれた。
現在、それらの経験を活かして、独立系メディアの総合サイト《THE JOURNAL》に取り組んでいる。
2002年に早稲田大学客員教授に就任、「大隈塾」の授業「21世紀日本の構想」、ゼミ「インテリジェンスの技法」、社会人ゼミ「ネクスト・リーダーズ・プログラム」を担当している。

-----<出演>-----

『サンデープロジェクト』
(TV朝日系、日曜10:00~)

『朝まで生テレビ!』
(TV朝日系、最終金曜25時頃~)

『たけしのTVタックル』
(TV朝日系、月曜日21:00~)

『情報ライブ ミヤネ屋』
(読売TV系、月~金曜21時~)

BookMarks

東京万華鏡:TOKYO KALEIDO SCOOP
http://www.smn.co.jp/

INSIDER:インサイダー
http://www.smn.co.jp/insider/

大阪高野塾
http://www.osaka-takano.com/

-----<著書>-----


『滅びゆくアメリカ帝国』
2006年9月、にんげん出版


『ニュースがすぐにわかる世界地図(2006年版)』
2005年、ポスト・サピオムック


『最新・世界地図の読み方』
1999年、講談社現代新書

『情報世界地図 98』
1997年、国際地学協会

『地球市民革命』
1993年、学研

『21世紀への世界時計』
1991年、集英社

『入門世界地図の読み方』
1982年、日本実業出版社

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.