Calendar

2008年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Recent Comments

« 今日は椅子の取材にカメラマンが来た!
メイン
格差は小泉のせいだというのは本当か? »

麻生の心ない言葉で医師の「心が折れた」!

 23日付毎日新聞2面「時代の風」欄、精神科医の斎藤環さんの言葉は重い。麻生太郎首相が「医師には社会的常識がかなり欠落している人が多い」という発言に対し日本医師会の唐沢祥人会長が直ちに抗議、麻生は発言を撤回し謝罪したが、医師たちの怒りはとどまるところを知らない。

「とりわけ深刻なのは医療の最前線を懸命に支えてきた医師たちの落胆ぶりである。『総理の発言で心が折れた。もう現場から撤退します』といった声が少なくないのだ」

 麻生の前にもう1つ二階失言がある。11月10日に舛添要一厚労相と会談した際に二階俊博経産相が、救急患者に即応できない病院が増えている問題に関連して「何よりも医者のモラルの問題だと思いますよ。忙しいだの、人が足りないだのというのは言い訳にすぎない」と言い、これも抗議を受けて撤回、謝罪している。

 斎藤さんは、麻生や二階のような発言が続くのは、彼らがマスコミによる偏向した医療バッシングの影響を受けているからだと指摘する。

「『たらい回し』『受け入れ拒否』『診療拒否』といった誤った言葉が、いまだに流通していることに驚かされる(正しくは「受け入れ不能」)。こうした誤用を改めずにいるマスコミは、果たして政治家の失言を嗤えるだろうか」

 労働基準法など無視が当たり前の過酷な労働環境にありながら、第一線で献身的に働くたくさんの無名の医師たちがいる。この人たちの心が折れてしまえば、本当の医療崩壊が始まる。

「2000年にWHOは各国の医療を比較検討し、そこで日本の医療は総合1位と評価された。低いコストで世界一の健康寿命を達成し、国民が自由に医療機関を選ぶことができ、費用の負担も公平である点などが評価されたのである。欧米に比べればはるかに低い報酬と比較にならないほど過酷な労働環境で、患者の命を救うことを第一に考えている医師たちによって、この偉業はなしとげられた。今、その偉業はゆっくりと、過去のものになろうとしている」と。

 この言葉を聞けば、麻生の発言は単なる失言として謝れば済むようなことではないことが分かる。なにしろこの国の政府は4半世紀にわたって、「医師が増えれば医療費が膨張する」という奇妙な論理に固執して、「医学部定員の削減」を閣議決定までして医師の養成を抑制してきたのである。医師が減れば医療費が減る? そんなことがある訳ないじゃないか。今年になって政府は医学部の定員を増やすことを決めたが、それで医師の卵がなんぼか増え始めるのは7年先のことである。

 次の表はWHOがまとめた人口当たりの医師数(2000〜06年)の統計から上位30位辺りまでを順に並べ替えたものである。日本はほとんどの先進国より少なく、トップのキューバの3分の1、ロシアやベルギーの半分である。

《人口1万人当たり医師数》
01 キューバ     59
02 ギリシャ     50
03 ロシア      43
04 ベルギー     42
05 スイス      40
06 オーストリア   37
  イタリア     37
  オランダ     37
09 アゼルバイジャン 36
  チェコ      36
  デンマーク    36
12 ドイツ      34
  フランス     34
  ポルトガル    34
15 フィンランド   33
  スペイン     33
  スウェーデン   33
18 ウクライナ    31
19 ハンガリー    30
20 アイルランド   29
21 アメリカ     26
22 オーストラリア  25
  トルクメニスタン 25
24 エジプト     24
  キルギス     24
  ヨルダン     24
25 日本       21
  ニュージーランド 21
27 メキシコ     20
  タジキスタン   20
29 カナダ      19
  ベネズエラ    19
  ルーマニア    19

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/3873

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

高野 孟(たかの・はじめ)

-----<経歴>-----

1944年東京生まれ。
1968年早稲田大学文学部西洋哲学科卒。
通信社、広告会社勤務の後、1975年からフリー・ジャーナリストに。
同時に内外政経ニュースレター『インサイダー』の創刊に参加。
80年に(株)インサイダーを設立し、代表取締役兼編集長に就任し現在に至る。
94年に故・島桂次=元NHK会長と共に(株)ウェブキャスターを設立、日本初のインターネットによる日英両文のオンライン週刊誌『東京万華鏡』を創刊したほか、PC-VAN・NIFTY-Serve・MSN、富士通ブロードキャストその他電子メディアのコンテンツ創造、講談社・小学館・集英社その他出版社のウェブサイト開設、『インサイダー』のメルマガ化、などを次々に手掛け、インターネット・ジャーナリズムの先駆的開拓者と呼ばれた。
現在、それらの経験を活かして、独立系メディアの総合サイト《THE JOURNAL》に取り組んでいる。
2002年に早稲田大学客員教授に就任、「大隈塾」の授業「21世紀日本の構想」、ゼミ「インテリジェンスの技法」、社会人ゼミ「ネクスト・リーダーズ・プログラム」を担当している。

-----<出演>-----

『サンデープロジェクト』
(TV朝日系、日曜10:00~)

『朝まで生テレビ!』
(TV朝日系、最終金曜25時頃~)

『たけしのTVタックル』
(TV朝日系、月曜日21:00~)

『情報ライブ ミヤネ屋』
(読売TV系、月~金曜21時~)

BookMarks

東京万華鏡:TOKYO KALEIDO SCOOP
http://www.smn.co.jp/

INSIDER:インサイダー
http://www.smn.co.jp/insider/

大阪高野塾
http://www.osaka-takano.com/

-----<著書>-----


『滅びゆくアメリカ帝国』
2006年9月、にんげん出版


『ニュースがすぐにわかる世界地図(2006年版)』
2005年、ポスト・サピオムック


『最新・世界地図の読み方』
1999年、講談社現代新書

『情報世界地図 98』
1997年、国際地学協会

『地球市民革命』
1993年、学研

『21世紀への世界時計』
1991年、集英社

『入門世界地図の読み方』
1982年、日本実業出版社

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.