Calendar

2008年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Recent Comments

« 東京の空がどんな色をしているかご存じですか?
メイン
明日のサンプロでは田母神論文を議論! »

鄭剣豪氏主催の中国視察ツァー募集中!

友人である在日中国人ビジネスマンの鄭剣豪氏が、11月下旬に中国・上海周辺の経済視察ツァーを企画し、募集している。
なお、これとは別に、高野は鄭氏の協力を得て、来年3月下旬に北京を中心に「2015年の中国を探る旅」を企画中(中日新聞=栄中日文化センター主催)。詳細が決まり次第、お知らせします。


「緊急企画」 中国でビジネスチャンスを見つける旅
世界的大不況に負けるな! 中国で活路を見つけよう
中国の酒と紡績基地「紹興市」から金物と電機部品の最大市場「姜堰市」へ
〜三連休を利用し4泊5日(11月21日〜25日)の緊急ツアー〜

主催:剣豪総研株式会社・剣豪ABC(準備中)、株式会社アジア通信社・中国経済新聞社

アメリカ発世界金融危機は世界同時不況に発展、トヨタ自動車はじめ日本企業の業績は大幅減益に陥り、これまで経験したことのない厳しい現状に直面している。

そんな中、隣国中国は成長のスピードが落ちたとはいえ、以前2ケタ近い成長を続け、米国に迫る巨大市場に育っている。

今回の中国市場緊急視察ツアーは、中国の酒産地・紡績基地「紹興市」から金物と電機部品の最大市場「姜堰市」へ、そして世界万博の開催が迫る中国最大の都市「上海」への視察が大きな目的である。メリットは以下の通りである。

(1)浙江省紹興市は中国名酒「紹興酒」の原産地である。紹興市政府は「中国紹興酒産業団地」を建設し、日本酒、日本焼酎の製造、販売会社を誘致している。日本で有名な「紹興酒」の生産工場が見学できる上に、現地の酒販売会社と日本のお酒を中国で販売する相談もできる。もちろん、美味しい「紹興酒」は飲み放題。

(2)紹興市は中国最大な紡績生産基地である。紡績工場の見学、取引相談ができる。

(3)紹興市は中国有名な観光地で、周恩来、魯迅の故郷で中国古代美人「西施」のゆかり地でもある。

(4)江蘇省姜堰市は中国最大の金物、電機部品の市場「華東五金城」がある。ここも見学、取引相談ができる。

(5)姜堰市は中国国家主席・胡錦涛氏の生まれた町、胡主席の生誕の家(未公開)、生活した街、父親が経営したお茶屋などが特別に見学できる。

(6)上海ガニの旬の時期で、特別の蟹料理を用意している。中国美人とカラオケで盛りあがるチャンスもあります。

・本ツアーは剣豪総研株式会社.剣豪ABCと(準備中)株式会社アジア通信社.中国経済新聞社の共同企画です。
・紹興市人民政府、姜堰市人民政府が参加者全員を完全にサポートします。

視察日期:11月21日(金)〜25日(火)
費  用:15万円(航空券、宿泊代、食事代、中国国内交通費)
宿泊ホテル:四つ星、シングル部屋            

本募集の締切日は11月14日(金)までです。
奮ってご参加ください。
お問い合わせ:剣豪、090−6738−5177
g-kengoo@kengoois.com
 

日 程 表

第一日 11月21日(金)
午前中、成田空港、関西空港から上海浦東空港へ。
午後、上海到着後、バスで紹興市へ。世界一番長い「海の橋」(35キロメートル)を通過。
夕方、紹興市長との懇談会。紹興人民政府主催の歓迎晩餐会に出席。
                         宿泊:紹興市
第二日 22日(土)
午前、紹興酒産業団地、紹興酒製造メーカーを視察。
午後、紹興市紡績工場、エレベータ製造メーカーを視察。
夜、魯迅の小説に書かれた酒屋「咸亨酒店」で紹興酒・飲み放題。
宿泊:紹興市

第三日 23日(日)
終日観光。周恩来故居、魯迅の故居、書道家王義之のゆかり地「蘭亭」、東湖など。
宿泊:紹興市

第四日 24日(月)
午前、バスで姜堰市へ(約3時間)
午後、中国最大の金物、電機部品の市場「華東五金城」を視察、胡錦涛氏の生誕の家などを見学。親戚と会える。
夕方、姜堰市長との懇談。姜堰市政府の歓迎晩餐会に出席。上海ガニ・食べ放題。
宿泊:姜堰市

第五日 25日(火)
午前、上海へ。
午後、上海浦東空港から帰国。
(上海で延泊ができる)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/3869

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

高野 孟(たかの・はじめ)

-----<経歴>-----

1944年東京生まれ。
1968年早稲田大学文学部西洋哲学科卒。
通信社、広告会社勤務の後、1975年からフリー・ジャーナリストに。
同時に内外政経ニュースレター『インサイダー』の創刊に参加。
80年に(株)インサイダーを設立し、代表取締役兼編集長に就任し現在に至る。
94年に故・島桂次=元NHK会長と共に(株)ウェブキャスターを設立、日本初のインターネットによる日英両文のオンライン週刊誌『東京万華鏡』を創刊したほか、PC-VAN・NIFTY-Serve・MSN、富士通ブロードキャストその他電子メディアのコンテンツ創造、講談社・小学館・集英社その他出版社のウェブサイト開設、『インサイダー』のメルマガ化、などを次々に手掛け、インターネット・ジャーナリズムの先駆的開拓者と呼ばれた。
現在、それらの経験を活かして、独立系メディアの総合サイト《THE JOURNAL》に取り組んでいる。
2002年に早稲田大学客員教授に就任、「大隈塾」の授業「21世紀日本の構想」、ゼミ「インテリジェンスの技法」、社会人ゼミ「ネクスト・リーダーズ・プログラム」を担当している。

-----<出演>-----

『サンデープロジェクト』
(TV朝日系、日曜10:00~)

『朝まで生テレビ!』
(TV朝日系、最終金曜25時頃~)

『たけしのTVタックル』
(TV朝日系、月曜日21:00~)

『情報ライブ ミヤネ屋』
(読売TV系、月~金曜21時~)

BookMarks

東京万華鏡:TOKYO KALEIDO SCOOP
http://www.smn.co.jp/

INSIDER:インサイダー
http://www.smn.co.jp/insider/

大阪高野塾
http://www.osaka-takano.com/

-----<著書>-----


『滅びゆくアメリカ帝国』
2006年9月、にんげん出版


『ニュースがすぐにわかる世界地図(2006年版)』
2005年、ポスト・サピオムック


『最新・世界地図の読み方』
1999年、講談社現代新書

『情報世界地図 98』
1997年、国際地学協会

『地球市民革命』
1993年、学研

『21世紀への世界時計』
1991年、集英社

『入門世界地図の読み方』
1982年、日本実業出版社

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.