Calendar

2008年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Recent Comments

« 昨日のサンプロでの高村外相の微妙な発言
メイン
「ジャーナリスティックな地図/世界・日本」が発売された! »

サンプロで安倍さんは“躁”状態だった!

昨日のサンプロに、退陣以来初めてのTV出演だそうだが、安倍晋三前首相が自宅から中継で地球温暖化をめぐる議論に参加した。終始にこにこと愛想よく、饒舌で、「昨年のドイツ・サミットで《2050年にCO2半減》を提案して「真剣に検討する」という議長総括を引き出したのは自分だ」と自慢げに語った。番組の構成も、安倍を持ち上げるというか、今回の洞爺湖サミットで果たして福田康夫首相は安倍の昨年の成果をさらに前に進めることが出来るか、そのためには安倍は福田にどうアドバイスしたのか、という流れだったので、なおさら上機嫌だったのだろう。が、番組プロデューサーは「張り切ってしゃべりすぎで、予定していたバイオ燃料についてのコーナーが丸々飛んでしまった」と歎き、また脇で見ていた某政治記者は「安倍さんは躁鬱的なところがあり、今日は完全に躁だった」と感想を漏らした。

私は、NewsSpiralへのコメントでも書いたが、実はそもそも「2050年にCO2半減」という目標設定自体がナンセンスだと思っていて、なぜなら、その頃にはどう転んでも石油生産はかなり急激な下り坂に入っている一方、水素発電など代替エネルギー技術の開発と普及は大幅に進んでいて、黙っていてもCO2半減など達成されているに決まっているからだ。その頃には福田の言う「低炭素化」はすでに過去のテーマとなっていて、世界はとっくに「無炭素化」に向かっている。なのに、福田は「低炭素化」を叫び、2050年に半減の目標でG8が合意することにサミットの課題を絞り込み、しかもその合意達成に失敗しそうなところに追い込まれている。これって、二重、三重に滑稽ではないか。

それにしてもメディアが「サミット翼賛」の大合唱を演じ、広告までもがエコ技術の全面広告(旭化成など全紙に3ページ広告を打った!)ではやし立てている有様は一体何なのか。「2050年半減」自体がナンセンスだなどという声は、本サイト以外のどこからも出て来ない。▲

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/3850

コメント (4)

仰るとおり脱化石エネルギー技術(核は論外)は相当程度実用化されているのだろうと考えます。その実用性か確認されたからこその昨今の似非エコキャンペーン(トヨタあたりの”エコ換え”なんてのは、愚の骨頂である。)なのだと思います。一体何の有様なのかを、本サイトの一流ジャーナリストの先生方に解説いただきたくお願い申し上げます。

月尾先生が出てくるようだったので少し見ようと思っていたが、竹中さんと安倍さんが出てきたので堪らなくなって回してしまった。高野さんの話からすると正解だったかも知れない。今後は、折角、ブッシュがいなくなるのだから、日本もまともな政策を持って進めて欲しいものだ。今回のサミットのテーマは、原油・穀物問題だと思う。環境問題は来年ブッシュがいなければ自然に流れは決まる。2050年に幾らなんて話で騒いでいるのは滑稽でしょうがない。

地球が食糧難で人類が半減してしまうことを計算にいれているのかも、人口削減策が暗号でとりかわされたのかもしれないな

2050年についての今回の政治的合意がナンセンスであるのは同意しますが、将来CO2が自然消滅するとういうお考えはちょっと楽観しすぎではないでしょうか?
それより、今回のG8では、食糧危機、石油高騰という議題が最優先で取り上げられるべきだったのではないかと思います。各国が協調して、政治的に何か手を打つ絶好のタイミングだったと思うのですが、、、五十年後の環境が最大の議題なんて、状況把握ができてないと言いたくなります。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

高野 孟(たかの・はじめ)

-----<経歴>-----

1944年東京生まれ。
1968年早稲田大学文学部西洋哲学科卒。
通信社、広告会社勤務の後、1975年からフリー・ジャーナリストに。
同時に内外政経ニュースレター『インサイダー』の創刊に参加。
80年に(株)インサイダーを設立し、代表取締役兼編集長に就任し現在に至る。
94年に故・島桂次=元NHK会長と共に(株)ウェブキャスターを設立、日本初のインターネットによる日英両文のオンライン週刊誌『東京万華鏡』を創刊したほか、PC-VAN・NIFTY-Serve・MSN、富士通ブロードキャストその他電子メディアのコンテンツ創造、講談社・小学館・集英社その他出版社のウェブサイト開設、『インサイダー』のメルマガ化、などを次々に手掛け、インターネット・ジャーナリズムの先駆的開拓者と呼ばれた。
現在、それらの経験を活かして、独立系メディアの総合サイト《THE JOURNAL》に取り組んでいる。
2002年に早稲田大学客員教授に就任、「大隈塾」の授業「21世紀日本の構想」、ゼミ「インテリジェンスの技法」、社会人ゼミ「ネクスト・リーダーズ・プログラム」を担当している。

-----<出演>-----

『サンデープロジェクト』
(TV朝日系、日曜10:00~)

『朝まで生テレビ!』
(TV朝日系、最終金曜25時頃~)

『たけしのTVタックル』
(TV朝日系、月曜日21:00~)

『情報ライブ ミヤネ屋』
(読売TV系、月~金曜21時~)

BookMarks

東京万華鏡:TOKYO KALEIDO SCOOP
http://www.smn.co.jp/

INSIDER:インサイダー
http://www.smn.co.jp/insider/

大阪高野塾
http://www.osaka-takano.com/

-----<著書>-----


『滅びゆくアメリカ帝国』
2006年9月、にんげん出版


『ニュースがすぐにわかる世界地図(2006年版)』
2005年、ポスト・サピオムック


『最新・世界地図の読み方』
1999年、講談社現代新書

『情報世界地図 98』
1997年、国際地学協会

『地球市民革命』
1993年、学研

『21世紀への世界時計』
1991年、集英社

『入門世界地図の読み方』
1982年、日本実業出版社

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.