Calendar

2007年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Recent Comments

« 安倍首相のTV大作戦は奏功するか?
メイン
雑談SP!高野VS田原VS二木 参議院選挙を読む! »

一人区で自民は4つしか勝てない?

今週の『サンデー毎日』のトップ記事は「29一人区で“自民当確5”の衝撃」(http://www.mainichi.co.jp/syuppan/sunday/)。こりゃあ崩壊ということだ。ところが、昨夜大阪で聞いた政界情報通の話では、かの野中広務は周辺に「一人区で自民党は4議席」というもっと厳しい予測を語っているという。こういう極端な数字が出てくるのは、往々にして、わざと流して陣営を引き締めたり、世論的に「そこまで自民を負けさせていいのか」と思わせたりするための情報操作である場合があるのだが、野中は小泉・安部政権には冷ややかな立場だから、そういうバイアスは掛かっていないだろう。

さて、参考までに、「どの党に投票するか?」についてメディア各社の一部内部資料を含めてデータを比べてみよう。

まあ世論調査というは、やり方次第でずいぶん違うものだということがよく分かるが、それでも7月初旬で自民vs民主の比例の数字を見ると、すべて民主が自民を上回っている。統計学的にはめちゃくちゃだが、ここにある6社の数字の平均を取ると、自民23.75、民主28.65ということになる。3年前の参院選直前の数字と比べると、大体において、自民が数ポイント低く、民主が数ポイント高いようだ。周知のように、3年前の選挙は自民が得票数でも議席数でも民主に負けて、それでも小泉は開き直り、安部幹事長だけが責任をとらされて代理に格下げされた。今度は幹事長のクビだけでは済まされそうにない。

(1)A新聞社

調査時期     (5/26-27) (6/30-7/1)

自民(選挙区)   26    28
自民(比例)    28    27
公明(選挙区)    5     6
公明(比例)     6     7
民主(選挙区)   30    33
民主(比例)    35    35
共産(選挙区)    4     4
共産(比例)     4     5
社民(選挙区)    2     1
社民(比例)     3     1
その他・未定     -     -

(2)B新聞社

調査時期       (6/5-7) (6/26-28) (7/3-5)

自民(選挙区)    25.30  21.70  24.20
自民(比例)     22.20  20.80  22.00
公明(選挙区)     3.50   5.30   4.20
公明(比例)      4.50   5.60   4.60
民主(選挙区)    25.10  24.00  22.80
民主(比例)     23.90  22.20  25.00
共産(選挙区)     2.80   3.10   3.50
共産(比例)      2.90   3.90   3.50
社民(選挙区)     0.80   1.30   1.70
社民(比例)      1.70   1.20   2.50
その他・未定(選挙区)34.80  37.40  35.90
その他・未定(比例) 36.70  37.50  34.60

(3)C新聞社

調査時期      (5/19-20) (6/30-7/1) (7/7-7/8)

自民(選挙区)    33   26   25
自民(比例)     31   19   22
公明(選挙区)     4    4   -
公明(比例)      4    5    5
民主(選挙区)    20   25   28
民主(比例)     21   25   26
共産(選挙区)     4    3   -
共産(比例)      3    3    4
社民(選挙区)     2    1    -
社民(比例)      3    2    2
その他・未定(選挙区)36   40    -
その他・未定(比例) 38   45    -

(4)D通信社

調査時期      (6/23-24) (6/30-7/1) (7/7-7/8)

自民(選挙区)    21.40  19.20  19.80
自民(比例)     19.80  17.90  17.60
公明(選挙区)     4.30   5.30  -
公明(比例)      4.90   5.70   5.80
民主(選挙区)    22.00  22.90  23.30
民主(比例)     22.10  24.50  24.60
共産(選挙区)     2.30   4.20  -
共産(比例)      3.10   4.20   3.80
社民(選挙区)     0.90   1.00  -
社民(比例)      1.20   1.30   2.40
その他・未定(選挙区)41.10  39.30  -
その他・未定(比例) 42.00  41.00  41.60

(5)Eテレビ局   

調査時期      (7/6-7/8)

自民(選挙区)    32.20
自民(比例)     25.20
公明(選挙区)     2.80
公明(比例)      5.10
民主(選挙区)    27.20
民主(比例)     26.70
共産(選挙区)     3.60
共産(比例)      3.40
社民(選挙区)     0.80
社民(比例)      1.50
その他・未定(選挙区)31.10
その他・未定(比例) 33.80

(6)Fテレビ局

調査時期      (7/7-7/8)

自民(選挙区)    30.50
自民(比例)     28.70
公明(選挙区)     6.40
公明(比例)      6.80
民主(選挙区)     35.50
民主(比例)     34.60
共産(選挙区)     3.80
共産(比例)      5.00
社民(選挙区)     2.20
社民(比例)      3.10
その他・未定(選挙区)14.00
その他・未定(比例) 13.20

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/3787

コメント (2)

いろは  比例で田中康夫 有田芳生の新党日本がその優秀さゆえに超膨大な票を取った時も一人と彼ら2人だけが議員で この場合一票の価値がさがる それとも新党日本は推薦候補リストしてあるう

新党日本公認候補ただいま3人.

 田原さん高野さん二木さん山口さんなどなどとどんどん公認してまさしくジャーナリスト党でどんどん国政ひっぱろう ついでに俺も公認してくれてもいいよ

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

高野 孟(たかの・はじめ)

-----<経歴>-----

1944年東京生まれ。
1968年早稲田大学文学部西洋哲学科卒。
通信社、広告会社勤務の後、1975年からフリー・ジャーナリストに。
同時に内外政経ニュースレター『インサイダー』の創刊に参加。
80年に(株)インサイダーを設立し、代表取締役兼編集長に就任し現在に至る。
94年に故・島桂次=元NHK会長と共に(株)ウェブキャスターを設立、日本初のインターネットによる日英両文のオンライン週刊誌『東京万華鏡』を創刊したほか、PC-VAN・NIFTY-Serve・MSN、富士通ブロードキャストその他電子メディアのコンテンツ創造、講談社・小学館・集英社その他出版社のウェブサイト開設、『インサイダー』のメルマガ化、などを次々に手掛け、インターネット・ジャーナリズムの先駆的開拓者と呼ばれた。
現在、それらの経験を活かして、独立系メディアの総合サイト《THE JOURNAL》に取り組んでいる。
2002年に早稲田大学客員教授に就任、「大隈塾」の授業「21世紀日本の構想」、ゼミ「インテリジェンスの技法」、社会人ゼミ「ネクスト・リーダーズ・プログラム」を担当している。

-----<出演>-----

『サンデープロジェクト』
(TV朝日系、日曜10:00~)

『朝まで生テレビ!』
(TV朝日系、最終金曜25時頃~)

『たけしのTVタックル』
(TV朝日系、月曜日21:00~)

『情報ライブ ミヤネ屋』
(読売TV系、月~金曜21時~)

BookMarks

東京万華鏡:TOKYO KALEIDO SCOOP
http://www.smn.co.jp/

INSIDER:インサイダー
http://www.smn.co.jp/insider/

大阪高野塾
http://www.osaka-takano.com/

-----<著書>-----


『滅びゆくアメリカ帝国』
2006年9月、にんげん出版


『ニュースがすぐにわかる世界地図(2006年版)』
2005年、ポスト・サピオムック


『最新・世界地図の読み方』
1999年、講談社現代新書

『情報世界地図 98』
1997年、国際地学協会

『地球市民革命』
1993年、学研

『21世紀への世界時計』
1991年、集英社

『入門世界地図の読み方』
1982年、日本実業出版社

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.