Calendar

2007年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Comments

« 毎週火曜日は大阪読売テレビ「ミヤネ屋」に出演!
メイン
田中康夫が驚いていた! »

生き物文化誌が「鶴見良行」特集/懐かしかった!

私も会員になっている「生き物文化誌学会」の会報『ビオストーリー』第6号が「歩く学問・鶴見良行の眼」を特集している。

ikimono.jpg

鶴見さんは、『バナナと日本人』(岩波新書)、『なまこの眼(まなこ)』(ちくま学芸文庫)などの名著で知られるアジア学者で、『鶴見良行著作集』全12巻がみすず書房から出てもいる。鶴見俊輔さんの従弟で、1926年に米国に生まれ19歳で終戦を迎えるまで米国に育って米国籍も持っていた。が、戦後、日本国籍を選んで帰国して、やがて東京・麻布の国際文化会館のスタッフをやりながら、鶴見俊輔、吉川勇一、武藤一羊の各氏らと共に「べ平連」を作ってベトナム反戦と脱走米兵支援の活動に取り組んだ。75年にベトナム戦争が終わると、アジアの民衆生活に根ざした学問をやろうと、吉川・武藤両氏らと共に「アジア太平洋資料センター(PARC)を創設、そこを拠点に独特の“足で歩く学問”を展開した。

私は、師匠の山川暁夫氏が彼らと親しかった関係から、PARCが出来たときから出入りし、ボランティアでそのニュース発行を手伝ったりし、後にはPARCの事務所があった神田神保町のビルの1つ下のフロアが空いたというのでそこにインサイダーの事務所を移してPARCの人たちといろいろなことを一緒にやったので、談論風発止まるところを知らない鶴見さんからも多くのことを教わった。

この特集には、鶴見さんが晩年奉職した龍谷大学の中村尚司経済学部教授と生き物文化誌学会会長の対談「鶴見良行が目指したもの」をはじめ、彼のお弟子さんや担当編集者だった人たちによる思い出話など8編が収められていて、胸に染みるような懐かしさと共に読んだ。

『ビオストーリー』は、小長谷有紀さん(国立民族学博物館教授)が編集長、編集委員には秋篠宮文仁さんも入っている。書店もしくは発行元の京都「昭和堂」(075-706-8818)で注文できる(1500円)。また生き物文化誌学会の活動にご関心ある向きは下記を参照のこと。

http://www.net-sbs.org/


また、アジア太平洋資料センター(PARC)については次を。

http://www.parc-jp.org/

PARCがその事業の1つとして毎年5月〜12月に行っている「PARC自由学校」は、言わばアジア・第3世界志向のカルチャーセンターで、毎年すばらしいプログラムを組んでいる。2007年のカリキュラムは、ことばの学校(英語・中国語・タミル語・アラビア語の8講座)、世界を知る学校(連帯経済・東アジア像・暮らしから考えるグローバリズム・ポストアメリカの世界・民際協力の5講座)、社会を知る学校(不安社会ニッポン・となりに生きる外国人・オルタナティブメディア・検証戦後史の4講座)、環境と暮らしの学校(エコ的豊かさ・食農教育・からだとこころ・さかな・東京で農業など6講座)、表現の学校(写真教室・詩・ラテンダンス・西アフリカダンス・三線・ミュージアム入門の6講座)で、以前に何度か講師を務めたことのある私でも他の教室を覗いてみたくなるような、まさに鶴見学を継承する充実した内容。現在、生徒募集中なので上記HPを見て申し込んでください。なお札幌、名古屋、京都、福岡でもそれぞれに地域に根ざした個性的な自由学校が開かれている。▲

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/3763

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

高野 孟(たかの・はじめ)

-----<経歴>-----

1944年東京生まれ。
1968年早稲田大学文学部西洋哲学科卒。
通信社、広告会社勤務の後、1975年からフリー・ジャーナリストに。
同時に内外政経ニュースレター『インサイダー』の創刊に参加。
80年に(株)インサイダーを設立し、代表取締役兼編集長に就任し現在に至る。
94年に故・島桂次=元NHK会長と共に(株)ウェブキャスターを設立、日本初のインターネットによる日英両文のオンライン週刊誌『東京万華鏡』を創刊したほか、PC-VAN・NIFTY-Serve・MSN、富士通ブロードキャストその他電子メディアのコンテンツ創造、講談社・小学館・集英社その他出版社のウェブサイト開設、『インサイダー』のメルマガ化、などを次々に手掛け、インターネット・ジャーナリズムの先駆的開拓者と呼ばれた。
現在、それらの経験を活かして、独立系メディアの総合サイト《THE JOURNAL》に取り組んでいる。
2002年に早稲田大学客員教授に就任、「大隈塾」の授業「21世紀日本の構想」、ゼミ「インテリジェンスの技法」、社会人ゼミ「ネクスト・リーダーズ・プログラム」を担当している。

-----<出演>-----

『サンデープロジェクト』
(TV朝日系、日曜10:00~)

『朝まで生テレビ!』
(TV朝日系、最終金曜25時頃~)

『たけしのTVタックル』
(TV朝日系、月曜日21:00~)

『情報ライブ ミヤネ屋』
(読売TV系、月~金曜21時~)

BookMarks

東京万華鏡:TOKYO KALEIDO SCOOP
http://www.smn.co.jp/

INSIDER:インサイダー
http://www.smn.co.jp/insider/

大阪高野塾
http://www.osaka-takano.com/

-----<著書>-----


『滅びゆくアメリカ帝国』
2006年9月、にんげん出版


『ニュースがすぐにわかる世界地図(2006年版)』
2005年、ポスト・サピオムック


『最新・世界地図の読み方』
1999年、講談社現代新書

『情報世界地図 98』
1997年、国際地学協会

『地球市民革命』
1993年、学研

『21世紀への世界時計』
1991年、集英社

『入門世界地図の読み方』
1982年、日本実業出版社

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.