Calendar

2007年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 8年間書き綴った『乗馬ライフ』コラムが最終回を迎えた!
メイン
2月6日夜10時30分はNHK「飛び出せ!定年」を! »

今日のサンプロは「そのまんま東」!

今日のサンプロは、そのまんま東=宮崎県知事がメイン。彼は00年に早稲田大学第2文学部に入学、4年生の時に田原総一朗塾長、高野補佐の「大隈塾」授業を200人の学生に混じって受講した、言うならば田原・高野の教え子。大隈塾は学生の中から次世代のリーダーとなるような人材を育成しようというのが趣旨なので、その意味で彼は早速、同塾生の中から出現したリーダー第1号ということになる。

卒業後、さらに政治経済学部に入って2年間在籍し、その間に政治や地方自治を熱心に勉強し、また大学院の公共経営科を指導する北川正泰=元三重県知事の下にも通って、自治体経営やマニフェスト選挙について学んでいて、並みのタレント知事とはちょっと素養が違う。彼が県知事選出馬を決意してから2週間で作り上げたマニフェストも、全文を改めて読めば、なかなか良く出来ていて、これが他の2候補に差をつける一因となったことを窺わせる。今日の朝日新聞第2社会面に出ていた記事によると、このマニフェストは、東自身が骨格を書いて、早稲田の公共経営を通じて知り合った大学院生やその仲間の主として団塊ジュニアの政策研究者や各分野のプロ15人のチームが無償で協力して作り上げたものだという。早稲田での体験は決して無駄になっていないどころか、大いに役立っていて、彼が志を持って早稲田に入り、大隈塾を受け、着々と準備してきたことが分かる。

とはいえ、保守の牙城である宮崎で、県庁の役人や議会の古狸らとこれからどうやり合っていくのかが問題で、早速いくつもの試練に見舞われているようだ。彼が今日の番組の中で言っていたところでは、就任早々に鳥インフルエンザ問題が勃発、「すぐに現地に行きたい」という新知事に対して役人は「前例がない(から行かなくていい)」「公用車の手配は手続きに時間がかかる」とか言って行かせたがらない。「じゃあ自分の車で行く」と言うと、「いや、それは困ります」ということでようやく片道3時間かけて、ともかくも現地に出向いた。帰ってから「県の防災用のヘリコプターがあるのに」と人に教えられ、役人にそれを言うと、「いえ、いま修理中で使えないので、敢えて知事には申し上げませんでした」と。こうやって何だかんだ言って知事に面倒な動きをさせないで自分たちの管理下に押し込めることに役人は全力を注ぐわけで、それと闘いつつ道を開いていくのは大変だ。1つ間違えば、田中康夫=前長野県知事のように県庁全体を敵に回して身動きがとれなくなるし、逆に転がれば、青島幸男=元都知事のようにいとも簡単に取り込まれて選挙民の視野から消えてしまうことにもなる。

まあとにかく頑張って欲しいですね。サンプロとしては、今後も節目ごとに東知事の奮闘ぶりを伝えていくことにした。▲

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/3754

コメント (1)

田中康夫3選ならずの因は現知事としての良い意味での知事特権を選挙にあえてつかわなかったとする見方が正しいと思う、田中康夫は自分に対しても律していた、
ところで田原さん高野さん都知事選に立候補してみない 
 れんほうさんの名があがっていたね

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

高野 孟(たかの・はじめ)

-----<経歴>-----

1944年東京生まれ。
1968年早稲田大学文学部西洋哲学科卒。
通信社、広告会社勤務の後、1975年からフリー・ジャーナリストに。
同時に内外政経ニュースレター『インサイダー』の創刊に参加。
80年に(株)インサイダーを設立し、代表取締役兼編集長に就任し現在に至る。
94年に故・島桂次=元NHK会長と共に(株)ウェブキャスターを設立、日本初のインターネットによる日英両文のオンライン週刊誌『東京万華鏡』を創刊したほか、PC-VAN・NIFTY-Serve・MSN、富士通ブロードキャストその他電子メディアのコンテンツ創造、講談社・小学館・集英社その他出版社のウェブサイト開設、『インサイダー』のメルマガ化、などを次々に手掛け、インターネット・ジャーナリズムの先駆的開拓者と呼ばれた。
現在、それらの経験を活かして、独立系メディアの総合サイト《THE JOURNAL》に取り組んでいる。
2002年に早稲田大学客員教授に就任、「大隈塾」の授業「21世紀日本の構想」、ゼミ「インテリジェンスの技法」、社会人ゼミ「ネクスト・リーダーズ・プログラム」を担当している。

-----<出演>-----

『サンデープロジェクト』
(TV朝日系、日曜10:00~)

『朝まで生テレビ!』
(TV朝日系、最終金曜25時頃~)

『たけしのTVタックル』
(TV朝日系、月曜日21:00~)

『情報ライブ ミヤネ屋』
(読売TV系、月~金曜21時~)

BookMarks

東京万華鏡:TOKYO KALEIDO SCOOP
http://www.smn.co.jp/

INSIDER:インサイダー
http://www.smn.co.jp/insider/

大阪高野塾
http://www.osaka-takano.com/

-----<著書>-----


『滅びゆくアメリカ帝国』
2006年9月、にんげん出版


『ニュースがすぐにわかる世界地図(2006年版)』
2005年、ポスト・サピオムック


『最新・世界地図の読み方』
1999年、講談社現代新書

『情報世界地図 98』
1997年、国際地学協会

『地球市民革命』
1993年、学研

『21世紀への世界時計』
1991年、集英社

『入門世界地図の読み方』
1982年、日本実業出版社

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.