Calendar

2006年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 昨夜の「朝まで」は6者協議再開と日本核武装論!
メイン
北朝鮮“崩壊”をどうコントロールするか? »

韓国に進出した国際ヤクザ組織の一覧表!

韓国で今年最大の観客を動員した映画は、チョ・インソンが三流ヤクザを演じた『卑劣な通り』だが、現実の韓国裏社会では、世界中のマフィアやヤクザが乗り込んで跳梁跋扈、大変なことになっている。

『朝鮮日報』10月23日付の記事によると、国家情報院は、韓国に進出したり韓国内の組織と連携しているロシアや日本などの国際的な犯罪集団が43グループに達することを把握している。そのうち日本から行っているのが半分近くで、山口組、住吉会、松葉会、酒梅組など21組織もある。

山口組は、04年に中堅の組員である堀江某ら7人を釜山に送り込んで賭博場を開設して摘発された。また東京のヤクザ組織である松葉会は03年末に韓国に覚醒剤を密輸しようとして組員2人が逮捕された。酒梅組の組長=金山耕三郎こと金在鶴(キム・ジェハク、67)は、昨年2月にソウルの一流ホテルに滞在し、義兄弟の契りを交わした韓国七星派のボス李某(62)などと接触して不動産取引に介入、韓国の政・官・財界の要人とも親しくしているという。

日本以外を含む国際ヤクザ組織の一覧表を『朝鮮日報』より転載させて頂く。

mafia.jpg

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/3712

コメント (1)

今のところ最強の国際犯罪組織は間違いなくCIAだ。日本のヤクザも皆CIAのおかげで戦後大きくなった。だから、反米右翼ってパワーないもんね。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

高野 孟(たかの・はじめ)

-----<経歴>-----

1944年東京生まれ。
1968年早稲田大学文学部西洋哲学科卒。
通信社、広告会社勤務の後、1975年からフリー・ジャーナリストに。
同時に内外政経ニュースレター『インサイダー』の創刊に参加。
80年に(株)インサイダーを設立し、代表取締役兼編集長に就任し現在に至る。
94年に故・島桂次=元NHK会長と共に(株)ウェブキャスターを設立、日本初のインターネットによる日英両文のオンライン週刊誌『東京万華鏡』を創刊したほか、PC-VAN・NIFTY-Serve・MSN、富士通ブロードキャストその他電子メディアのコンテンツ創造、講談社・小学館・集英社その他出版社のウェブサイト開設、『インサイダー』のメルマガ化、などを次々に手掛け、インターネット・ジャーナリズムの先駆的開拓者と呼ばれた。
現在、それらの経験を活かして、独立系メディアの総合サイト《THE JOURNAL》に取り組んでいる。
2002年に早稲田大学客員教授に就任、「大隈塾」の授業「21世紀日本の構想」、ゼミ「インテリジェンスの技法」、社会人ゼミ「ネクスト・リーダーズ・プログラム」を担当している。

-----<出演>-----

『サンデープロジェクト』
(TV朝日系、日曜10:00~)

『朝まで生テレビ!』
(TV朝日系、最終金曜25時頃~)

『たけしのTVタックル』
(TV朝日系、月曜日21:00~)

『情報ライブ ミヤネ屋』
(読売TV系、月~金曜21時~)

BookMarks

東京万華鏡:TOKYO KALEIDO SCOOP
http://www.smn.co.jp/

INSIDER:インサイダー
http://www.smn.co.jp/insider/

大阪高野塾
http://www.osaka-takano.com/

-----<著書>-----


『滅びゆくアメリカ帝国』
2006年9月、にんげん出版


『ニュースがすぐにわかる世界地図(2006年版)』
2005年、ポスト・サピオムック


『最新・世界地図の読み方』
1999年、講談社現代新書

『情報世界地図 98』
1997年、国際地学協会

『地球市民革命』
1993年、学研

『21世紀への世界時計』
1991年、集英社

『入門世界地図の読み方』
1982年、日本実業出版社

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.