Calendar

2006年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« いま「朝まで」やってますが
メイン
サンプロ出演予定 »

岸井氏拉致・監禁事件の真相

 岸井成格さんは27日午前11時、TBS玄関前で早稲田大学大隈塾の教官および学生からなる3人組によって拉致され、銀座アップル・ストアで最新のインテル搭載MacBookを無理矢理購入させられた上、都内某ホテル32階のスイート・ルームに監禁され、強姦さながらの状態でめでたく“IT処女”を奪われた。

Kishii.jpg

 この問題は、高野・岸井間で長きにわたり懸案となっていたもので、《ざ・こもんず》が始まる際にも、私が「岸井さん、いよいよやらないとダメだよ」と言い、彼も「そうかあ、いよいよパソコン買いに行くかあ……」と言ってはいたものの腰が上がらず、《ざ・こもんず》の岸井ブログも、達筆の手書き原稿をファックスで送ってきて、誰かがワープロで起こして、代わりにブログ画面に入って搭載するというのでは更新も思うにまかせず、困っていた。が、いよいよ10月から岸井さんが「大隈塾ゼミ2」を開設することになり、ゼミを持つとなると連絡や資料提供やレポート提出も全部ネット経由でないと手間がかかってお話にならない。それで、せっぱ詰まってこの拉致・監禁事件の自作自演となった。

 岸井さんは、私と同様、早稲田の客員教授として、大隈塾授業(全学部200名対象)、その卒業者から20名余を選抜して私が主として担当する大隈塾ゼミ「インテリジェンスの技法」、月1回3時間の社会人プログラムを担当し、大隈塾ゼミでは私が海外などに行って留守の時に授業を担当するなど補助的な役割を果たしてきたが、このほどそれから分離して独立した「大隈塾ゼミ2=ジャーナリズムの心構えと実践」を岸井ゼミとしてスタートさせることになったのである。

 で、この日スイート・ルームでは、14時からまず1時限目として、梱包を解いてセットアップし、電源の入れ方・切り方、マウスの使い方から始まって、ともかくもホテルのEthernetに繋いでGoogle検索を初体験。「毎日インタラクティブ」をブックマークしたり、《ざ・こもんず》に読者登録して「いやあ、更新していなくて恥ずかしいなあ」とつぶやいたりして。それでもう頭がほとんど満杯状態なのをコーヒー・ブレークで冷まして、2時限目はWordの練習。最初に入力・変換した文字は、やっぱり、「自民党総裁選」でした!

 3時限目は、今度はアップル・ストアのお姉さんが勧めてくれたかわいいスヌーピーの「タイピング・エース」というブラインドタッチ練習のソフトをインストールして、はい、右の人差し指をJのキーに、左の人差し指をFに置いて、軽快な音楽に乗せてリズミックにF、J、F、J、F……、次はF、G、F、G、J、H、J、H……と。さあ、これが終われば酒が飲めるぞぉ〜とばかり4時限目に突入してメールの練習。初メールは件名「記念すべき初メール」、宛先は奥さんと娘さん。おめでとうございました!

 夕方には、大隈塾ゼミOBの男女多数も駆けつけ、近くのバーで岸井さんを囲んでさんざん飲んで、さらにスイート・ルームに上がって深夜に至るまで祝宴が続いたのであった。

 なお、岸井氏によると、このことは「岩見隆夫さんには絶対に秘密」である。携帯電話を持っただけで岩見先輩から「裏切り者!」と罵られたほどで、パソコンに触ったなどということがバレると何をされるか分からないとのこと。岩見さんが自分で本欄を見ることはないけれども、これを見た人が岩見さんに「岸井さんもとうとう…」などとうっかり話題にすることのないよう、重々お気を付け下さい。▲

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/3687

コメント (2)

きゃはは 高野さん面白い~~

岸井さんには申し訳ないですが
笑わせていただきました。
著名なジャーナリストの方の中でも
まだPCに触れる事も出来ない方がいらっしゃるとは。
写真に写っている岸井さん、一生懸命でなんだか可愛いです。
頑張って下さいね♪♪

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

高野 孟(たかの・はじめ)

-----<経歴>-----

1944年東京生まれ。
1968年早稲田大学文学部西洋哲学科卒。
通信社、広告会社勤務の後、1975年からフリー・ジャーナリストに。
同時に内外政経ニュースレター『インサイダー』の創刊に参加。
80年に(株)インサイダーを設立し、代表取締役兼編集長に就任し現在に至る。
94年に故・島桂次=元NHK会長と共に(株)ウェブキャスターを設立、日本初のインターネットによる日英両文のオンライン週刊誌『東京万華鏡』を創刊したほか、PC-VAN・NIFTY-Serve・MSN、富士通ブロードキャストその他電子メディアのコンテンツ創造、講談社・小学館・集英社その他出版社のウェブサイト開設、『インサイダー』のメルマガ化、などを次々に手掛け、インターネット・ジャーナリズムの先駆的開拓者と呼ばれた。
現在、それらの経験を活かして、独立系メディアの総合サイト《THE JOURNAL》に取り組んでいる。
2002年に早稲田大学客員教授に就任、「大隈塾」の授業「21世紀日本の構想」、ゼミ「インテリジェンスの技法」、社会人ゼミ「ネクスト・リーダーズ・プログラム」を担当している。

-----<出演>-----

『サンデープロジェクト』
(TV朝日系、日曜10:00~)

『朝まで生テレビ!』
(TV朝日系、最終金曜25時頃~)

『たけしのTVタックル』
(TV朝日系、月曜日21:00~)

『情報ライブ ミヤネ屋』
(読売TV系、月~金曜21時~)

BookMarks

東京万華鏡:TOKYO KALEIDO SCOOP
http://www.smn.co.jp/

INSIDER:インサイダー
http://www.smn.co.jp/insider/

大阪高野塾
http://www.osaka-takano.com/

-----<著書>-----


『滅びゆくアメリカ帝国』
2006年9月、にんげん出版


『ニュースがすぐにわかる世界地図(2006年版)』
2005年、ポスト・サピオムック


『最新・世界地図の読み方』
1999年、講談社現代新書

『情報世界地図 98』
1997年、国際地学協会

『地球市民革命』
1993年、学研

『21世紀への世界時計』
1991年、集英社

『入門世界地図の読み方』
1982年、日本実業出版社

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.