Calendar

2006年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Recent Comments

« 食と農と環境に関わるイベント情報あれこれ
メイン
集団的自衛権の3次元 »

予告通り参拝した小泉首相

やっぱり予告通り小泉首相は靖国に参拝した。参拝後の会見で小泉は、「中国、韓国の言いなりにはならない」「A級戦犯が合祀されているから行ってはいけないという批判があるが、私はA級戦犯のために行っているのではない」などの趣旨を改めて強調した。相変わらず幼稚極まりない非論理的な説明で、第1に、誰も中国・韓国の「言いなりになれ」などとは言っていない。中国や韓国は、日本の過去の戦争・占領政策に責任ある指導者と半ばその被害者でもある日本国民一般とを峻別することを前提として、戦後対日関係の再構築を進めてきたのであり、その根本のところを突き崩すことは止めてくれと言っていて、日本の識者の多くや中曽根康弘元首相をはじめとする批判者も、中国や韓国のそういう立場に配慮するのは日本の首相として当然だと言っているのである。相手の立場を理解してそれなりに配慮をするということと、言いなりになるというのは、別のことである。

第2に、「私はA級戦犯のために行っているのではない」と言い張ることには何の意味もないどころか、ますます問題をこじらせるだけである。靖国に参拝すれば自動的にA級戦犯にも参拝したことになるのは当たり前で、中国や韓国はそれを「困る」と言い、昭和天皇も富田メモが示すようにそれが嫌だから靖国に行かなくなり、現天皇もその立場を引き継いでいる。遺族の中にも合祀を迷惑に思っている人がたくさんいる。加えて、小泉自身も過去の戦争は侵略戦争であり、A級戦犯は戦犯であるとの歴史認識を明言してきた。だとすれば、この合祀問題をどう打開するのかの政治的イニシアティブを発揮するのが首相の役目であるはずで、そのことに一言も触れることなく参拝を繰り返して混乱だけを後に遺すのは無責任の極みである。

A級戦犯合祀が国論を二分する状況が続いているのはなぜなのかについて、読売新聞15日付の社説は「要因の1つは、A級戦犯が、軍事裁判(東京裁判)を行う戦勝国によって類型化されたものであって、戦争責任の所在が日本自身の手で検証されなかったことにあるのではないか」と指摘している。また与謝野馨経済財政金融担当相は同日付の朝日新聞「論陣論客」欄で、靖国・A級戦犯をめぐる論議をどう思うかと聞かれて、やはり、「先の戦争に対する不十分な責任検証が、今の混乱を引き起こしている」と述べている。これは正しいと思う。

読売は、ただ単に「戦争責任問題が検証されてこなかった」と嘆くだけでなく、自ら1年間かけてその作業を行い、13日付で2ページ、15日付で4ページを費やして、東京裁判とは離れて(と言っても一致する部分もあるのだが)独自の判断から、天皇から軍人、政治家、軍官僚の重要人物についての責任評価を試みている。これは誠に真摯な取り組みで、是非誰もが熟読して自分の考えをまとめ他人と議論するためのきっかけにすべきであると思う。

それは単なる歴史のお勉強のためではない。同じく15日付朝日新聞のopinion欄で作家の半藤利一が指摘しているように、陸海軍の死者約240万人の実に7割は餓死であり、また240万人のうち遺骨が戻ったのは124万5000人にとどまっていて、つまり日本国家は戦中も戦後も二重に彼らを見捨ててきたという現実がある。「死の実相を問わず遺骨も放ったまま、名前だけを『英霊』として靖国に祀ってきた。戦死者がこのように遇されている責任は戦後の日本人にもある」のであり、だから靖国問題、戦争責任問題は今の我々の生き方にも関わることなのだと思う。

東京裁判がおかしい、だからA級戦犯は冤罪だと言いつのる人もいるけれども、当時の日本人はたぶん、東京裁判をいいことに戦争責任問題をA級戦犯に押しつけて、あとは「一億総懺悔」とか言ってやり過ごして、自らその問題に向き合うことはしなかった。その結果、日本国家と社会は戦後、遺骨の約半分が帰ってきていなくても、当事者以外はさして気に掛けることもなかったのだろう。こういうことすべてを曖昧にしたままこの先も生きていくのかどうなのか。小泉の言動からはそのことを考える糸口は何も見えてこない。▲

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/3681

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 予告通り参拝した小泉首相:

» 首相を「非論理的」と断ずる高野孟こそが非論理的な件 送信元 シム宇宙の内側にて
本エントリは、首相による靖国参拝の是非を論ずるものではなく、高野による下記エントリの非論理性を問うものである。なお、本エントリで高野に敬称を用いていないの... [詳しくはこちら]

コメント (3)

極めて論理的な意見だと思います。
こういう当たり前の論議ができない
政治家って、政治家になっては
いけないと改めて思います。
それと国家神道によって戦争に
庶民を送り込んだ反省から、
政教分離は厳格に適用される
べきだとも思います。

小泉さんは頭がおかしいですよ

公約を守らないなんてたいした事で無いと 言ったくせに

公約は重いからと


彼の舌を見てみたいです。

早く消えて欲しいです。

高野さんの生テレビ出演久しぶりですね。楽しみにしてます。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

高野 孟(たかの・はじめ)

-----<経歴>-----

1944年東京生まれ。
1968年早稲田大学文学部西洋哲学科卒。
通信社、広告会社勤務の後、1975年からフリー・ジャーナリストに。
同時に内外政経ニュースレター『インサイダー』の創刊に参加。
80年に(株)インサイダーを設立し、代表取締役兼編集長に就任し現在に至る。
94年に故・島桂次=元NHK会長と共に(株)ウェブキャスターを設立、日本初のインターネットによる日英両文のオンライン週刊誌『東京万華鏡』を創刊したほか、PC-VAN・NIFTY-Serve・MSN、富士通ブロードキャストその他電子メディアのコンテンツ創造、講談社・小学館・集英社その他出版社のウェブサイト開設、『インサイダー』のメルマガ化、などを次々に手掛け、インターネット・ジャーナリズムの先駆的開拓者と呼ばれた。
現在、それらの経験を活かして、独立系メディアの総合サイト《THE JOURNAL》に取り組んでいる。
2002年に早稲田大学客員教授に就任、「大隈塾」の授業「21世紀日本の構想」、ゼミ「インテリジェンスの技法」、社会人ゼミ「ネクスト・リーダーズ・プログラム」を担当している。

-----<出演>-----

『サンデープロジェクト』
(TV朝日系、日曜10:00~)

『朝まで生テレビ!』
(TV朝日系、最終金曜25時頃~)

『たけしのTVタックル』
(TV朝日系、月曜日21:00~)

『情報ライブ ミヤネ屋』
(読売TV系、月~金曜21時~)

BookMarks

東京万華鏡:TOKYO KALEIDO SCOOP
http://www.smn.co.jp/

INSIDER:インサイダー
http://www.smn.co.jp/insider/

大阪高野塾
http://www.osaka-takano.com/

-----<著書>-----


『滅びゆくアメリカ帝国』
2006年9月、にんげん出版


『ニュースがすぐにわかる世界地図(2006年版)』
2005年、ポスト・サピオムック


『最新・世界地図の読み方』
1999年、講談社現代新書

『情報世界地図 98』
1997年、国際地学協会

『地球市民革命』
1993年、学研

『21世紀への世界時計』
1991年、集英社

『入門世界地図の読み方』
1982年、日本実業出版社

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.