Calendar

2006年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Recent Comments

« サンプロ出演予定
メイン
明日、小泉は行くンかなあ…… »

昨日のサンプロでは、94歳日野原重朗さんが圧巻だった!

 昨日のサンプロも盛りだくさんだったが、中でも94歳の“現役医師”である日野原重朗さんが圧倒的な存在感があった。この歳にして未だに聖路加病院で現場診療に携わって患者と接しつつ、年に講演180回(と言ったと思うけど、そうだとすると2日に1回)、車や新幹線の中でも原稿を書いて累積著書200冊、夜2時に寝て5時に起き、エレベーターは使わずに階段を2段跳び……。

 私がコピーライターでガンガン仕事をしていたのがのが30歳で、やがてそれにも飽きてその2年後にフリーライターになって「インサイダー」創刊に参加したのが32歳。その頃から今日まで30〜32年で、ずいぶん長い道のりを歩んできたような気がするが、今から日野原さんの年齢に達するのにさらに32年。何だか気の遠くなる想いで、まだまだ人生駆け出しにすぎないんだと思い知らされたのだった。

 その日野原さんが終始一貫、反戦平和の闘士だったというのも面白い。京大医学部在籍中に、関東軍直轄の第731細菌作戦部隊が中国の捕虜のみならず村丸ごとの住民に対して病原菌を散布する実験を繰り返していたことを知って、以来「戦争は人を精神病にする」という想いを抱き続けてきた。日本最高の長寿者であり医師であるこの人が「生命と健康の最大の敵は戦争」と言うことの意味は深い。

 この日のサンプロは他に、パキスタン系英国人による航空機同時爆破未遂事件についての手嶋龍一さんの解説、5党論客による靖国参拝と安倍晋三、森喜朗前総理の「安倍独走をどう見る」。森さんは、麻生、谷垣以外が立候補せず、党内に「安倍支持」が広がっていることについて、「来年参院選は非常に厳しい。橋本元総理は参院選で負けてその日に辞任した。今回も、候補を出さなかった各派がたちまち安倍の足を引っ張る側に回るのではないか」との懸念を表明した。“安倍政権”の幹事長については、番組中で中川、古賀、久間、額賀などの名前を挙げたが、番組終了後の記者団のぶら下がりでは、「今名前を挙げた人は、ないということだ」と煙に巻いていた。私は、「幹事長、官房長官もさることながら、小泉が8月15日に参拝すれば、一層ゴチャゴチャになってしまうアジア外交の立て直しは、安倍ひとりに任せておいても出来ないので、外相に誰を据えていかに緻密に進めるかが肝心で、下手をすれば参院選でどうのという前に安倍政権が行き詰まる可能性さえあるのではないか」と問うたが、森さんは「その通り」と言っただけだった。

 靖国問題では、小泉が明日、“最後っ屁”のように行くかどうかの緊迫を前に、主として、熱烈安倍支持派=靖国護持派の自民党=山谷えり子さんと共産党=小池晃さんとの間で論戦があった。が、靖国参拝の是非、A級戦犯と極東裁判の評価、新旧総理が行くか行かないか、といった話は、ここ何年も繰り返されてきたことで、それよりも、せっかくこの総裁選を機に、

(1)古賀元幹事長(遺族会会長)らの「分祀」論、
(2)山崎元副総理の「別施設」論、
(3)そのバリエーションとしての「千鳥ヶ淵」拡張案、
(4)麻生外相の「特殊法人」論、
(5)小沢一郎=民主党代表の「名簿から抹消」論

……と、A級合祀問題の解決案が出揃ってきたので、前向きに打開するにはどうしたらいいかを議論しなければ意味がない。これについては、近く『インサイダー』のほうでまとめる予定なので、読者のみなさんにも考えて頂きたい。▲

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.the-journal.jp/mt/mt-tb.cgi/3677

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

※[投稿]ボタンをクリックしてから投稿が完了するまで数十秒かかる場合がございますので、2度押しせずに画面が切り替わるまでお待ちください。

Profile

高野 孟(たかの・はじめ)

-----<経歴>-----

1944年東京生まれ。
1968年早稲田大学文学部西洋哲学科卒。
通信社、広告会社勤務の後、1975年からフリー・ジャーナリストに。
同時に内外政経ニュースレター『インサイダー』の創刊に参加。
80年に(株)インサイダーを設立し、代表取締役兼編集長に就任し現在に至る。
94年に故・島桂次=元NHK会長と共に(株)ウェブキャスターを設立、日本初のインターネットによる日英両文のオンライン週刊誌『東京万華鏡』を創刊したほか、PC-VAN・NIFTY-Serve・MSN、富士通ブロードキャストその他電子メディアのコンテンツ創造、講談社・小学館・集英社その他出版社のウェブサイト開設、『インサイダー』のメルマガ化、などを次々に手掛け、インターネット・ジャーナリズムの先駆的開拓者と呼ばれた。
現在、それらの経験を活かして、独立系メディアの総合サイト《THE JOURNAL》に取り組んでいる。
2002年に早稲田大学客員教授に就任、「大隈塾」の授業「21世紀日本の構想」、ゼミ「インテリジェンスの技法」、社会人ゼミ「ネクスト・リーダーズ・プログラム」を担当している。

-----<出演>-----

『サンデープロジェクト』
(TV朝日系、日曜10:00~)

『朝まで生テレビ!』
(TV朝日系、最終金曜25時頃~)

『たけしのTVタックル』
(TV朝日系、月曜日21:00~)

『情報ライブ ミヤネ屋』
(読売TV系、月~金曜21時~)

BookMarks

東京万華鏡:TOKYO KALEIDO SCOOP
http://www.smn.co.jp/

INSIDER:インサイダー
http://www.smn.co.jp/insider/

大阪高野塾
http://www.osaka-takano.com/

-----<著書>-----


『滅びゆくアメリカ帝国』
2006年9月、にんげん出版


『ニュースがすぐにわかる世界地図(2006年版)』
2005年、ポスト・サピオムック


『最新・世界地図の読み方』
1999年、講談社現代新書

『情報世界地図 98』
1997年、国際地学協会

『地球市民革命』
1993年、学研

『21世紀への世界時計』
1991年、集英社

『入門世界地図の読み方』
1982年、日本実業出版社

→ブック・こもんず←



当サイトに掲載されている写真・文章・画像の無断使用及び転載を禁じます。
Copyright (C) 2008 THE JOURNAL All Rights Reserved.